うっかり ミス が 多い。 またうっかり?ケアレスミスが多い…なくす方法は。病気じゃない

うっかりミスが増えてきたら、脳の老化のスタートです。

うっかり ミス が 多い

皆さんは「ケアレスミス」というワードをご存知ですか? おそらく、ほとんどの方が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 実際に「ケアレスミス」をしてしまったという経験のある方も多いと思います。 例えば学生であれば、学校の試験やテストで、また社会人であれば、職場での業務中に「ケアレスミス」をしてしまうことは多々あります。 今回は、そんな誰もが知っているであろう「ケアレスミス」について話していきたいと思います。 まずは、「ケアレスミス」とは一体何なのか、「ケアレスミス」という言葉の意味からおさらいしていきましょう。 そして、日頃から「ケアレスミス」をしてしまいがちの人に共通する特徴などにも触れていきたいと思います。 ではまず、日頃から「ケアレスミス」をしてしまうことが多い人の特徴の一つ目はというと、「私生活での自分の体調管理が粗末な人」です。 自分の体調管理の粗末さが原因で、日頃から「ケアレスミス」をしてしまう人の具体例を挙げるとしたら、一番多いのは、「私生活において徹夜をしがちで、睡眠時間を十分に確保できていない人」です。 何日も徹夜が続いていたりして、十分な休息が取れていなかったりすると、疲れが蓄積してしまいますよね。 そういった状況の時には、判断力や注意力が大幅に低下しがちです。 そのため、普段であれば考えられないような簡単なミスをしてしまったりすることが増えます。 体の調子が万全でない状態で、テストや試験、仕事に取り組んでも、「ケアレスミス」をしてしまうのは当たり前ですよね。 明確な目標を持っていない人 続いて、日頃から「ケアレスミス」をしてしまうことが多い人の特徴の三つ目はというと、「勉強や仕事の要領をある程度わかってきて慣れてきたとき」です。 これは勉強や仕事にかかわらず何でもそうですが、慣れた時が一番危ないと言われています。 勉強や仕事、また部活などで、ある程度要領がわかってきて、それに慣れてくると、誰でも自分の力を過信してしまいがちです。 自分ならできると自分の力を信じすぎてしまって、本来行わなければならないはずのプロセスを飛ばしたり、自分流の方法で仕事をしてしまいがちです。 そうなると、「ケアレスミス」が起こりやすくなってくるので、どんな時も程よい緊張感を持って勉強や仕事、なた部活などに取り組む姿勢というのが大切になってきます。 せっかちな性格の人.

次の

うっかりミスは○○○が原因⁈ 仕事でミスが多い人の特徴と立ち直り方

うっかり ミス が 多い

最初に簡単な実験をしてみましょう。 顔を上げて周りの景色をしっかり見てください。 人やモノなどいろいろと目に入ると思いますが、とにかくすべてをしっかり観察してください。 では、あなたに質問です。 「いま見た風景のなかに、青色のモノはありましたか?あったとしたらそれは何でしょうか?」 顔を上げたくなるのを我慢して、目を閉じて思い出してください。 おそらくほとんどの人が思い出せないでしょう。 では、もう一度周りの景色を見渡してください。 今度は青色のモノが、まるで浮かび上がるように目に飛び込んできたはず。 同じ景色をしっかり見ていても、目に入って記憶に残る事柄は、注意をどこに向けていたかで変わってきます。 人は、ちゃんと見ているようで見ていないのです。 注意をしようとしていても、しっかり見ていないのです。 つまり、アテンションミスは特別なことではなく、つねに起こっている事象です。 まずはこの事実を自覚することが、アテンションミスをなくす第一歩となります。 注意を向けないための 「注意」が必要 仕事中、スマホを開きたくなったことはありませんか?ゲームやメールをチェックしたくなったり、気になるニュースを見たくなったり。 ついつい手が伸びるのを我慢していると、あなたの注意はスマホに向けられます。 人間が同時に注意を払える数は、せいぜい7つ前後です。 「気になる」「集中できない」という状態は、この貴重な注意力を消費している証拠。 また外的条件だけではなく、心情にも注意しなければなりません。 とくに消費するのが「不安」「心配」「後悔」など。 これらはいったんハマるとどんどん増幅して、あなたの注意力を蝕みます。 最近の調査で 「人は起きている時間の半分近く、そのとき行なっている活動と無関係なことを考えている」という結果が出ています。 つまり、人間は注意力が散漫になりやすい生き物です。 アテンションミスを減らして仕事で成果を出すには、注意という貴重な資源をきちんとマネジメントする必要があるのです。 アテンションミスを 起こさないためには? アテンションミスを完全になくすことはできません。 だからこそ、 アテンションミスが起きることを前提に考えて、事前に対策を講じる必要があります。 一番簡単でベターな方法は、チェック作業。 報告書や見積書などの書類を上司に見せるとき「ちゃんとチェックしたか?」と言われるほど、チェック作業は仕事の基本なのです。 そのチェック作業を明文化したものが「チェックリスト」です。 製造業や建築業に携わる人たちの中には、日々使っているという人も多いでしょう。 一度リストを作ってしまえばそれ以降は頭を使う必要がないので、仕事効率がアップします。 職場にチェックリストがない場合も、自分なりのチェックリストを作って日々の業務で活用することをオススメします。 「がんばらないこと」が 大切.

次の

仕事のミスが多い人の指導方法。ミスを減らす12の対策

うっかり ミス が 多い

仕事における単純なケアレスミスをなくす方法を考える前に、ケアレスミスとなる原因を探しましょう。 ケアレスミスとなる原因の中には、メールのタイピングミス、仕事に必要な備品の忘れ物、単純な伝達ミスなどあります。 これらが原因で起こるケアレスミスは、いつ起こるかは解りません。 笑って許されるうっかりミスなら良いですが、それが重大なミスを呼んでしまうかもしれません。 こうしたうっかりミスが起きてしまうのは、何が原因なのでしょうか。 ケアレスミスをなくす方法を見る前に、まずはその原因を知りましょう。 ケアレスミスの原因は複数案件の同時進行が多数 仕事でのケアレスミスの原因は「うっかり」という心の油断から起きてしまうケースがほとんどです。 普通にしていれば何なくできる事なのに、あれこれ自分で仕事を抱えていることが原因で、うっかりミスになるのです。 そうしたミスが起きる原因の一番は、やはり「仕事量」ですよね。 仕事の案件をあまり多く抱えすぎるのもミスが増える原因ですので、仕事量を少なくすることも考えましょう。 そうすれば、うっかりミスも見落とすことが減るでしょう。 仕事でケアレスミスをしてしまう人の特徴とは? 仕事のケアレスミスは笑って許されるミスもあるかもしれません。 が、ケアレスミスをなくすことなく、小さなミスが積み重なってしまうと「またアイツか!」と言われるようになってしまいます。 結果的にケアレスミスが原因となって信頼を失ってしまうかもしれません。 うっかりケアレスミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。 上司からの指示などを後周しにする人は、結果的にそれを忘れてしまう場合が多く見られます。 ケアレスミスをなくすためには、効率を重視するのも確かに大事な事ですが、言われた事は、できる事からサクサク片付けた方が良いケースもあるという事です。 例えば、朝の時間にギリギリの時間まで寝ているなど、忘れ物や寝過ごしなどのケアレスミスをしやすいです。 時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。 ケアレスミスをなくすためにも、日頃から余裕を持つよう心がけましょう。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がケアレスミスをなくす結果につながります。 まだあった!ケアレスミスを犯す人の典型的な5つの特徴! 上記以外の特徴にも、ケアレスミスをする人の典型的特徴があります。 仕事でケアレスミスをなくす方法は? ケアレスミスをしてしまう人の特徴について見ていきました。 それでは最後に、仕事でケアレスミスをなくす方法について見ていきます。 これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。 ケアレスミスをなくすことで、指摘を受ける回数も減り、仕事の評価も上がりますよ。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 確認することで、ケアレスミスをなくしていきましょう。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がミスをなくす方法につながります。 社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事です。 それを防ぐ為には、一度してしまったミスを覚えておく事です。 また、ケアレスミスをなくすためには、何かのメモなどに書き留めておくのが効果的でしょう。 もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。 このうっかりミスをなくす方法も、いろいろな場面で応用してみてください。 気にしすぎないことが大事!万一ケアレスミスをした場合は事後対処を ケアレスミスをすると、その分だけ信頼が下がってしまいます。 スピード重視のタイプ、正確さ重視のタイプ、バランス型のタイプ。 自分に求められている仕事のスタイルは何なのかを把握する事も非常に大切です。 ケアレスミスはしないに越した事はありませんので、うっかりミスをなくす方法を知る事は大切です。 しかし、ケアレスミスが起きてしまう事はあります。 そうした時には、その後の対応もしっかりする事が大切だと覚えておきましょう。 仕事でのうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法は「マメな再確認」と「メモを工夫する」の2点! 仕事における単純なうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を見ていきましたが、いかがでしょうか。 ケアレスミスが発生するのには、いくつかの原因がありますが、それを引き起こす人にも共通の特徴があることが分かりました。 ケアレスミスをしてしまうと周りに迷惑がかかってしまいますし、上司からため息がもれてしまいますのでなくす努力をしていきましょう。 またケアレスミスをなくすには、日常から時間や気持ちに余裕を持つ事が大切になってきます。 確認とメモの2点に注意して仕事を進めましょう。

次の