がるちゃん 中国。 【海外発!Breaking News】豚をバンジージャンプに使った中国のテーマパークに非難殺到

「まるでホラー映画」 中国・武漢の病院、長蛇の列 募る恐怖といら立ち 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

がるちゃん 中国

「小皇帝」がそのまま大人に 8月には山東省済南から北京行きの列車に乗った男が、「自分の座席だ」と説明する女性に対して頑として譲らず、席を替わるよう説明する乗務員にも「足が悪いので車椅子を持ってきて」などとごねる映像がネットで公開され、この男の身元がネット検索で暴露されるなどの騒ぎとなった。 男はその後、ネットで謝罪した。 さらに9月19日には湖南省から広東省深圳に向かう高速鉄道車内で、やはり他人が予約した窓側の席に座った女が、すぐ隣の通路側の席に移るのを拒否し、乗務員の説得にも「私は間違っていない!」反抗する様子がネットで公開された。 この女に対し、鉄道当局は200元の罰金と、180日間列車の切符の購入を禁止する処分を発表した。 この2人の男女はいずれも30代前半のいわゆる「八〇后」で、1人っ子政策により両親に甘やかされて育った「小皇帝」が、そのままわがままな大人となった「巨嬰」(巨大な赤ちゃん、giant infant)ではないかとの議論が起きた。 「巨嬰」という言葉を有名にしたのが、2016年に中国で出版された「巨嬰国」という書物だ。 「(中国式)巨嬰」の特徴とその社会的な背景を分析したこの本でも、巨嬰の特徴として「ナルシスト」「極端にわがまま」「自己中心」「依存心が強い」などを挙げたが、中国社会を批判する内容だとして、直ちに発禁本となった(この本は台湾の知人から手に入れたので、いずれ機会を見て紹介したいと思っている)。 この2人の乗客もまるで赤ん坊のように、他人の不利益など気にすることなく、駄々をこねればなんとかなる、という心理状態だったのではないか。 そしてこうした「ゴネ得」の中国人がさらに海外旅行でも出現し、外交問題に発展した。 「墓場に連れて行かれた」と訴え 9月2日、曾という3人の中国人観光客がスウェーデンの首都、ストックホルムのホテルの従業員から暴言を受け、さらには警察によりホテルの外に追い出され、最後には墓場に連れて行かれ放置されたとネットで訴えた。 このニュースを15日に伝えた人民日報系の環球時報は、「予定よりも早くホテルに到着し、昼まで部屋には入れないと言われ、父母は健康がすぐれないためロビーのソファーで休ませてほしいと頼んだが、ホテル側は拒否、暴力的に追い出された」「警察は意識がもうろうとする両親を殴打し、無理やり車に乗せ、ストックホルムから数十キロ離れた荒野の墓地に置き去りにした」などと報じた。 曾一家はその日のうちにスウェーデンを離れ、同紙は「スウェーデン警察の老人に取った行動は、現代国家には想像できないものだ」と批判した。 これを受けて在スウェーデン中国大使館は「人権を標榜するスウェーデンが人権を軽視した」などと厳重な抗議を行い、ネットでも怒りが巻き起こった。 「ごろつき国家だ」「今度スウェーデン人を見たら殴ってやる」「スウェーデンは国が分裂し、民族が絶滅すればよい。 ガス室に送ってやる」このようなひどいコメントがネットで登場した。 これに対しスウェーデンの現地メディアは、「3人が予約を間違えて前日の深夜に到着、客室は満員で翌日の昼でないとチェックインできないと説明したことでトラブルになった」「中国の観光客は体の調子が悪いからロビーのソファーで寝かせてくれと要求、ホテル側が拒否し、ホテルを出るよう求め、3人と言い争いになり、警察に通報した」などと報道、警察の対応も事態を沈静化させるもので、暴行などはなく問題はなかったと指摘した。 さらに事件当時の動画を公開、警察が老人らを注意深くホテルの外に運び、老人が路上で泣きわめき、曾は女性警官とぶつかってもいないのに自分から路上に倒れ、警察が殴ってもいないのに「警察が我々を殺そうとしている」と英語で叫ぶ様子などが中国にも伝わった。

次の

【海外発!Breaking News】マスク不足が深刻の中国で、生理用ナプキンを代用する男性<動画あり>

がるちゃん 中国

海外留学・海外転勤におすすめのプレゼントの選び方 海外留学や海外転勤となると、身の回り品や生活必需品など持っていく物がたくさん。 なるべく不要な荷物は減らしていきたい物です。 せっかく贈ったプレゼントがあまり使わない物だったり、嵩張るものだったりすると、けっきょく持っていけず・・・なんてことも。 ということで、プレゼント選びのコツはずばりこの3つ!• 軽くてコンパクトでかさばらないもの• 現地でなかなか手に入らないもの• 実用的なもの ではこの3つのポイントを頭に入れて、実用的で嵩張らないおすすめのプレゼントをみていきましょう。 でも、なかなか日本人としてみんなと共同の場所には干したくないなと感じるところもありますよね。 そして、海外は木造ではなく、コンクリート造の建物が多いです。 となると、部屋にネジ釘を打って洗濯物吊るすスペース作ったりするのがとても難しんです。 そんなとき日本の「かける角度を調整できる室内物干し」が重宝します。 ドアの上に掛けれるのが非常に便利!僕らも海外で使用していますが、本当に重宝しています。 なかなか外国では手に入らないアイデア商品なので、喜ばれること間違いなしのプレゼントだと思います。 国によっては環境に対する配慮により、法律でビニール袋が禁止されていることもあります。 外国は日本以上に環境対策が進んでいるところも多いです。 買い物のときだけでなくても、飛行機内に持ち込む荷物を一つにまとめたりするときにも重宝します。 コンパクトサイズにたためるエコバッグは一つ持っておくと安心です。 夏場の暑い時期なんかにちょっとお弁当持ってお出かけしたいな〜というときなどに助かります。 こちらの保冷バッグは買い物バッグとしても使うことができ、生鮮食料品などを傷めずに安全に持ち帰ることができるので便利ですね。 これは海外に行ってから必要性に気づく盲点的気な存在。 海外でも国によっては手に入るところもありますが、なんせ折りたたんだ時のサイズが大きい! そして、作りがチープで雑なのですぐに壊れる!と言った意見が多いです。 日本と違い、あまり傘をささない国も多いですが、現地に行ってもやはりわたしたちは日本人。 みんなと同じように濡れるのには抵抗があります。 バッグの中にすっぽり入る日本のコンパクトで丈夫な折り畳み傘は、プレゼントとして喜ばれるでしょう。 日系のモールやスーパーなどがある国に行く場合は現地で調達できます。 しかし、日本ブランド以外の現地の魔法瓶は、保温保冷機能が全く機能していないことがあります。 そこはやはり日本クオリティーを求めたくなるので、世界の「TIGER」や「ZOJIRUSHI」などの魔法瓶を持っていくと安心です。 荷物の重量制限を考えた時、できれば軽い魔法瓶を贈りたいものです。 長期の海外留学、海外赴任となると、日本と留学先・赴任先を何度も行ったり来たりなんてこともありますよね。 そんな時に、飛行機の中で座ったまま楽に寝れるトラベルネックピローはとても役に立ちます。 でも海外留学や海外赴任となると、現地の生活に必要なものの準備に追われて、旅の準備は意外と忘れるもの。 空港にお見送りに来てくれて、ネックピローをプレゼントされると感動ですね。 このJ型トラベルネックピローは、普通のU型ネックピローよりも首が安定し、使い心地が良いんです。 また、ホックがついているので、バッグやスーツケースなどに簡単に付けることが出来るので、いちいちパッキングする必要もなく便利です。 ファスナーにも、南京錠をつけることができるので治安の悪い外国でも安心して使うことができます。 また開口部がガバッと開き荷物の出し入れも楽ですし、収納スペースが広いのでかなり使い勝手がいいです。 私も今までいろんなリュックを使って来ましたが、海外旅行でこれが一番使いやすいです。 男女兼用で使えるデザインなので、プレゼントで贈ると喜んで毎日使ってくれると思いますよ。 慣れない海外生活が続くと、どうしても食の問題が出てきます。 ホームシックになる大きな理由は「食」 やはり、日本で育った僕らは外国に行っても「日本の味」を求めてしまうものです。 でも日本食を作るとなると、材料や調味料が簡単に手に入らなかったりします。 そんな時に、ちょっとでも日本のお菓子があると精神を安定させることができます。 外国生活が長くなってくると、日本から友達が遊びに来る時などは、日本のお菓子を持って来てもらうのを楽しみにしている人も多いです。 また、自分で食べなかったとしても、現地の人たちに「日本のお菓子」をおすそ分けするととても喜ばれます。 今まで、日本のお菓子で特に喜ばれたのは、「チョコレート」と「柿の種」です。 トラベラーに必要なものをコンパクトに収納できるようよく考えられています。 非常に薄くスリムな財布なのですが、お札にクレジットカード、SIMカードにペン、さらには航空券にパスポートまで収納することができます。 飛行機での移動の際に必要なものを全て収めることができとてもスマート。 また、使われている素材は、使えば使うほど味の出る牛革。 耐久性に優れ長く愛用することができます。 毎日使うものだからこそ、大切な人からプレゼントされると嬉しいもの。 実はわたしも、妻からプレゼントしてもらった財布を愛用しています。 財布を贈られるって嬉しいものです。 長く使えて、実用性にも優れているので、大切な人へのプレゼントに最適なアイテムです。 詳しいレビュー記事はこちら。 レビュー記事.

次の

ウイグル族の女性に中国人との結婚を強制か?少数民族の同化政策に怒りの声

がるちゃん 中国

中国の陸上競技に出場した湖南省の2人の女子選手の「男性化」が注目を集めた。 7月11日、中国で行われた全国陸上競技選手権大会・女子400Mリレーの決勝で、湖南女子チームが3分35秒67で勝利し、2位のチームより3秒も速かった。 試合はテレビで生中継され、選手らがインタビューを受けた。 湖南省女子陸上代表選手4人のうち2人、廖夢雪さんと童曾歡さんについて「骨格や足腰、話す声はまるで男性」との指摘が相次いだ。 2選手は今年5月11日、国際陸上競技連盟(IAAF)の世界リレー2019横浜大会にも出場。 その後にインタビューに応じた廖選手の声が男性の声そのものだった。 2人の「男性化」について以前からも疑問視する声があった。 中国陸上委員会が「検査の結果、2人は正真正銘の女性だ」とし、批判は2人に対する「侮辱だ」と一蹴した。 しかし、男性的な外見から、疑問の声は後を絶たない。 ホルモン剤の過剰投与との見方がある。 中国共産党機関紙の人民日報は27日、SNSを中心にこの話が話題になっていると報じた。 「2選手は外見や声からとても女性とは言えないとネットユーザーが言っている。 あなたはどう思いますか」とネットユーザーに向けて質問を投げかけた。 「女性には見えない」「間違いなく男性だ」「私たちは男性だ、彼らは自分で言ったようなものだ」「これは混合リレーチームだ」などの書き込みが散見する。 長い間、中国のスポーツ選手はドーピング疑惑を掛けられている。 「(男性ホルモンなど)摂取していないなんてありえない」「ドーピングチームだ」「ホルモン剤が効きすぎているのだろうか」などのコメントが中国SNSに多数上がっている。 1993年、シュトゥットガルト世界陸上競技選手権大会で、中国女子選手は1500、3000、1万メートルで優勝した。 選手らが所属する「馬軍団」は組織ぐるみで長期にわたって、ドービングしていたとのちに選手らが暴露した。 1994年11月に広島で開催されたアジア大会で、中国選手11人(うち7人が水泳選手)がドーピング検査で陽性と判断された。 また、競泳男子1500メートル自由形で世界記録保持者の孫楊さんは2014年、ドーピング違反で3カ月の出場停止処分を科された。 (翻訳編集・佐渡道世) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の