日テレ お 得 祭り。 日テレ「イッテQ!」にヤラセ疑惑!「ラオスの橋祭り」は捏造!?現地の観光省担当者「こうした自転車競技は存在しない」

PJA

日テレ お 得 祭り

一部誤解を招く表現があったことは謝罪したが、内容は全面的に否定。 事態は泥沼化の様相を呈してきた。 物議を醸しているのはタレント、宮川大輔(46)が世界のマニアックな祭りを体験する「-イッテQ!」の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。 5月20日放送回では、東南アジア・ラオスで開催された「橋祭り」に参加。 宮川は自転車に乗り、泥水の上に設置された細い板を、障害物をよけながら渡りきる催しに挑んだ。 だが、週刊文春は現地で関係者らを取材したとして、祭りの存在を否定。 さらに「橋祭り」は番組側が企画して自転車などを用意し、参加者を集めるために賞金まで用意したと報じた。 これを受け、日テレは文書で、「橋祭り」は現地の会社から「東南アジアのテレビ局でも取り上げられる人気の催し」と説明を受け、資料映像も確認した上で、ラオスの情報文化観光省に正式な手続きを経て許可をもらったと主張。 祭りの名称は分かりやすくするために意訳したが、セットの設置や賞金を渡した事実はないと全面否定した。 一方で、4月8日に行われたコーヒーフェスティバルの敷地内で同フェス参加者を「橋祭り」の観客として撮影したと報じられた件については、ラオスでは村単位で開催されている祭りで、今回の会場では初開催だったと説明した上で「放送では毎年(同会場で)行われているかのような、誤解を招く表現となりました」と謝罪した。 だが、この日テレの発表を受けて、今度は文春が反論し、「『イッテQ!』のエンドロールに、『海外コーディネーション』としてクレジットされているM社の社長は取材に対し、『橋祭り』を自ら企画したことを認めています」と主張。 泥沼化の様相も呈してきたが、日テレは「『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招くことがないような形で放送します」と番組も企画も継続を宣言している。

次の

イッテQ「祭り企画」3月再開へ でっち上げ報道で休止:朝日新聞デジタル

日テレ お 得 祭り

これについて本日先ほど、文春オンラインが新たなスクープを報じました。 文春オンライン:2018年11月14日 「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレが謝罪 上記は、明日発売される週刊文春の予告編です、詳細は明日発売の文春を読むと把握できるはずです。 そもそも、このサイオン村というのはタイのペッチャブーン県にあり、村の村長によると世帯数わずか90世帯前後の小さな村です。 その村の人たちは、さすがに毎年こんな祭りをやっていれば、祭りの事は知っているはずです。 タイの日本人社会では、以前からイッテQの海外取材はタイでの取材が多く、そこで収録、報道された多くの番組には、現地在住の日本人からも祭りの時期や場所が違ったり、そもそもそんな祭りは地元のタイ人に聞いても知らないようなものであったりして、疑問の声が多く聞こえていました。 だからこそPJA NEWSでは当初から、ラオスにとどまらない問題となる可能性がある事から、本ニュースに特に注目して取り上げてきました。 その位置づけで、ギャラクシー賞などテレビ業界の賞も受賞しています。 これが、例えば映画のインディージョーンズなどのように、空想の物語を前提とした番組ならフィクションでいいのですが、この位置づけのイッテQは、そのようなフィクションではありません。 そして忘れてはならないのは、日本も含めてどの国にも、その国の歴史や文化というものがあり、そこに根差したものが世界各地の祭りとなっているということです。 当然ながら、そこにはそれぞれの国民の誇りがあります。 それを日本の大手テレビ局が、ありもしない海外の文化や祭りなどをねつ造して放送していたのでは、とんでもなく大きな問題となるのです。 ましてやPJA NEWSでも多く取り上げてきたように、タイでも今は海外からタイについてのフェークニュースは大きな社会問題となっている中です。 これが祭りではなく虚偽の内容での申請となっていれば、それを日本で、毎年の祭りという異なる内容で大手テレビ局が放送していた事になり、その場合はタイでの違法性の懸念が出てくるのではないでしょうか。 既に本ニュースは海外の政府も問題視している事で、海外メディアも大きく注目するニュースとなっています。 日本のメディアの方々の一部には、海外の文化などをねつ造する事を問題とも思わない人がいる事を感じており、それが日本メディアの問題の一つだと感じています。 海外メディアの視点などがないから、こんな意識になってしまうのでしょうか。 これは、その一部の日本のメディアの方が改めなければならないと思います。 日本の大手テレビ局発の、海外文化のフェークニュース騒動となった本ニュース。 タイの文化、祭りのねつ造疑惑として、今後は海外からの注目も大きくなりそうです。

次の

日テレ『イッテQ!』打ち切りは待ったなし! BPOが”祭り企画”をヤラセ認定で窮地に|日刊サイゾー

日テレ お 得 祭り

日テレ公式宣伝部インスタグラムより 日本テレビ系のドル箱番組『世界の果てまでイッテQ!』が、いよいよ断崖絶壁に立たされてしまったようだ。 同委員会では、昨年5月放送の「ラオス夏祭り」、2017年2月放送の「タイ・カリフラワー祭り」について審議した結果、「今回の2つの『祭り』は番組のために現地で用意したものであった」と判断した。 両企画は、現地で恒例的に開催されている祭りに、番組が参加したかのように放送していたが、実際には現地コーディネーターが撮影用に紹介したものを番組独自で制作した企画で、「出演者が、もともとある祭りに参加しているように視聴者を誘導した。 多くの視聴者が番組に求める約束に反したものだったと言われても仕方がない」(同委員会)と指摘している。 ヤラセ疑惑報道後、日テレはいったん否定しながらも、最終的に認めて、極めてイメージが悪くなり、視聴者からの信頼感が損なわれてしまいました。 その後、視聴率は降下し、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に逆転される結果に」(テレビ関係者) そして、さらに同番組はアクシデントに見舞われた。 「ロケ中にANZEN漫才・みやぞん、フォーリンラブ・バービーが大ケガを負ってしまいました。 この上、BPOからヤラセ認定を受けて、さらにイメージダウン。 これじゃ視聴者もスポンサーもソッポを向いて、打ち切りも待ったなしかもしれませんね」(同) 視聴率が落ちたとはいえ、今でも大方の回で15%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)超えを果たしており、日テレの全番組の中で最も高いレベルの数字を維持している同番組。 それだけに、さすがに打ち切りは回避したいところだろうが、そうせざるを得ない状況に事態は流れているのかもしれない。

次の