ハルキヨ。 『何度か友人と利用させてもらっています。 主にufotableの作成した作品とコラボしているカフェで』by ハルキヨ13 : ufotable cafe (ユーフォーテーブル カフェ)

会津藩主〈松平容保〉の家老〈田中玄清(ハルキヨ)〉の家臣〈磯部三武八(サブハチ)〉について以下のこと...

ハルキヨ

小春は意味がわからず困惑しましたが、峯田を迎えに来た執事の江戸川さんから峯田が留学することを告げられました。 小春は峯田の留学に素直に感激し、尊敬すると笑顔になります。 しかし、峯田から留学の年数は5年くらいになることもあると言われて、その意味がよく理解できず思考停止しました。 小春は5年がどれくらいの長さかわからなくなってしまったのです。 その様子を見かねた峯田は、詳しい話は明日すると小春に告げました。 後日、峯田が学校に登校すると、小春の姿がありません。 小春の友達が連絡をとってみると、小春は海にあるベンチで雀にかこまれながら座っていました。 小春は快速電車を乗りすごし、来たこともない海街にたどり着いてしまったのです。 しかし、小春の携帯電話の充電がすぐに切れてしまったので、学校にいる友達と連絡がとれなくなってしまいました。 しかも、その海は電車がほとんど通っていなくて、ボーッとしている間に終電が通過してしまい・・・。 小春は野宿を考え不安になりました。 すると そこに、友人の志村から叱責された峯田がやって来ました。 峯田は小春に呼び掛けますが、峯田に気がついた小春はダッシュで逃げて行きます。 峯田は追いかけながら小春に理由を聞くのです。 小春は峯田から別れ話を聞かされたくないからだと理由を述べ、泣きながら「別れるなんて言わないで」と伝えます。 峯田はその言葉に、「別れる気はないし、会いたかったら会える」と返してくれました。 小春に話したかったことも別れ話ではなく、留学の予定についてだということも話します。 小春は峯田家の財力がすごくて行動力もあることを思いだし、安堵したのでした。 私も小春が最初に言ったのと同じように、留学には賛成ですね。 峯田自身が決めたのですから、峯田には必要なことなのでしょう。 好きな人の留学なら応援したいものです。 でも、別の国で勉強をするのだからすぐには帰れないことも、目に見えてわかります・・・。 小春は今まで周りに留学した人なんて居なかったでしょうから、留学が長いと頭ではわかっていても気持ちが追い付かないかもしれません。 そして、長い間会えないという考えが、ふられる恐怖に変わっていくかもしれません。 遠距離恋愛は別れる原因の大きな要因だからより怖くなってしまうでしょう。 だから、彼氏からはっきり別れないと宣言してもらえたらすごく安心しますし、彼氏のことがもっと好きになると思います! それから、小春の身長が教室のドアより大きかったのは面白かったです。 峯田が男子の中ではかなり小さいこともありますが、ふたりの身長のバランスがありすぎて、小春が某人気漫画の巨人みたいでした 笑 でも小春は純粋で女の子らしい子なので、とっても可愛いですよ! カテゴリー•

次の

『』by ハルキヨ13 : レガート

ハルキヨ

小春は意味がわからず困惑しましたが、峯田を迎えに来た執事の江戸川さんから峯田が留学することを告げられました。 小春は峯田の留学に素直に感激し、尊敬すると笑顔になります。 しかし、峯田から留学の年数は5年くらいになることもあると言われて、その意味がよく理解できず思考停止しました。 小春は5年がどれくらいの長さかわからなくなってしまったのです。 その様子を見かねた峯田は、詳しい話は明日すると小春に告げました。 後日、峯田が学校に登校すると、小春の姿がありません。 小春の友達が連絡をとってみると、小春は海にあるベンチで雀にかこまれながら座っていました。 小春は快速電車を乗りすごし、来たこともない海街にたどり着いてしまったのです。 しかし、小春の携帯電話の充電がすぐに切れてしまったので、学校にいる友達と連絡がとれなくなってしまいました。 しかも、その海は電車がほとんど通っていなくて、ボーッとしている間に終電が通過してしまい・・・。 小春は野宿を考え不安になりました。 すると そこに、友人の志村から叱責された峯田がやって来ました。 峯田は小春に呼び掛けますが、峯田に気がついた小春はダッシュで逃げて行きます。 峯田は追いかけながら小春に理由を聞くのです。 小春は峯田から別れ話を聞かされたくないからだと理由を述べ、泣きながら「別れるなんて言わないで」と伝えます。 峯田はその言葉に、「別れる気はないし、会いたかったら会える」と返してくれました。 小春に話したかったことも別れ話ではなく、留学の予定についてだということも話します。 小春は峯田家の財力がすごくて行動力もあることを思いだし、安堵したのでした。 私も小春が最初に言ったのと同じように、留学には賛成ですね。 峯田自身が決めたのですから、峯田には必要なことなのでしょう。 好きな人の留学なら応援したいものです。 でも、別の国で勉強をするのだからすぐには帰れないことも、目に見えてわかります・・・。 小春は今まで周りに留学した人なんて居なかったでしょうから、留学が長いと頭ではわかっていても気持ちが追い付かないかもしれません。 そして、長い間会えないという考えが、ふられる恐怖に変わっていくかもしれません。 遠距離恋愛は別れる原因の大きな要因だからより怖くなってしまうでしょう。 だから、彼氏からはっきり別れないと宣言してもらえたらすごく安心しますし、彼氏のことがもっと好きになると思います! それから、小春の身長が教室のドアより大きかったのは面白かったです。 峯田が男子の中ではかなり小さいこともありますが、ふたりの身長のバランスがありすぎて、小春が某人気漫画の巨人みたいでした 笑 でも小春は純粋で女の子らしい子なので、とっても可愛いですよ!.

次の

世果埜春祈代 (せはてのはるきよ)とは【ピクシブ百科事典】

ハルキヨ

小春は意味がわからず困惑しましたが、峯田を迎えに来た執事の江戸川さんから峯田が留学することを告げられました。 小春は峯田の留学に素直に感激し、尊敬すると笑顔になります。 しかし、峯田から留学の年数は5年くらいになることもあると言われて、その意味がよく理解できず思考停止しました。 小春は5年がどれくらいの長さかわからなくなってしまったのです。 その様子を見かねた峯田は、詳しい話は明日すると小春に告げました。 後日、峯田が学校に登校すると、小春の姿がありません。 小春の友達が連絡をとってみると、小春は海にあるベンチで雀にかこまれながら座っていました。 小春は快速電車を乗りすごし、来たこともない海街にたどり着いてしまったのです。 しかし、小春の携帯電話の充電がすぐに切れてしまったので、学校にいる友達と連絡がとれなくなってしまいました。 しかも、その海は電車がほとんど通っていなくて、ボーッとしている間に終電が通過してしまい・・・。 小春は野宿を考え不安になりました。 すると そこに、友人の志村から叱責された峯田がやって来ました。 峯田は小春に呼び掛けますが、峯田に気がついた小春はダッシュで逃げて行きます。 峯田は追いかけながら小春に理由を聞くのです。 小春は峯田から別れ話を聞かされたくないからだと理由を述べ、泣きながら「別れるなんて言わないで」と伝えます。 峯田はその言葉に、「別れる気はないし、会いたかったら会える」と返してくれました。 小春に話したかったことも別れ話ではなく、留学の予定についてだということも話します。 小春は峯田家の財力がすごくて行動力もあることを思いだし、安堵したのでした。 私も小春が最初に言ったのと同じように、留学には賛成ですね。 峯田自身が決めたのですから、峯田には必要なことなのでしょう。 好きな人の留学なら応援したいものです。 でも、別の国で勉強をするのだからすぐには帰れないことも、目に見えてわかります・・・。 小春は今まで周りに留学した人なんて居なかったでしょうから、留学が長いと頭ではわかっていても気持ちが追い付かないかもしれません。 そして、長い間会えないという考えが、ふられる恐怖に変わっていくかもしれません。 遠距離恋愛は別れる原因の大きな要因だからより怖くなってしまうでしょう。 だから、彼氏からはっきり別れないと宣言してもらえたらすごく安心しますし、彼氏のことがもっと好きになると思います! それから、小春の身長が教室のドアより大きかったのは面白かったです。 峯田が男子の中ではかなり小さいこともありますが、ふたりの身長のバランスがありすぎて、小春が某人気漫画の巨人みたいでした 笑 でも小春は純粋で女の子らしい子なので、とっても可愛いですよ! カテゴリー•

次の