お 元気 で お過ごし ください。 「お体に気をつけて」の正しい使い方!敬語や類語も例文つきで紹介

元気スイッチ

お 元気 で お過ごし ください

お元気 / 相手の健康を気遣うときなどに使う敬語阜サ。 類似の慣用語には、「ご健勝」「ご自愛」「ご健康」「ご多幸」などがあります。 天候不順の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 ご一家様にはまずますお元気でお過ごしのことと、お喜び申し上げます。 あちらこちらから花の便りも聞こえてくるころ、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。 ご健康に留意され、ご活躍くださいますようお祈り申し上げます• とてもお元気なお姿を拝見いたしておりましたのに、突然の悲報に接し、ただ呆然といたしております• これからもお元気で、末永くお幸せにお過ごしください• しごらくご無沙汰いたしておりますが、森田様はお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 寒い日が続いていますが、お元気でいらっしゃいますか• 虫のすだきにも秋の気配が感じられる今日この頃、中島様にはお元気でお過しのこととお喜び申し上げます• 時節柄、お体をご自愛ください。 これからもますますお元気で• すっかり秋の色が濃くなって参りました。 お元気にてお仕事にお励みのことと存じます• 早川先生、お元気ですか• この機会に、ゆっくりご養生なさり、一日も早くお元気な姿をお見せください• 母子ともにお元気とのこと安心いたしました• どうぞいつまでもお元気でいてください• 各地から桜の便りが聞かれる季節となりましたが、皆さまにお元気でお過ごしのことと存じ上げます.

次の

「元気で」か「元気に」か、どちらでしょうか?

お 元気 で お過ごし ください

「お元気で」の敬語は?ビジネスでの使い方 別れ際の挨拶として、「それではお元気で」や「どうぞお元気で」といった言い方をすることがあります。 プライベートな場面はさておき、ビジネスシーンではどう使われているのでしょう。 まずはその使い方から紹介します。 「お元気で」はビジネスではあまり使われない そもそも、ビジネスシーンで「お元気で」という言葉はあまり用いられていません。 別れ際に「お元気で」と言うと、しばらく会わないことを連想させます。 仮にしばらく会わないとしても、ビジネスでのおつきあいは続いていくものです。 そのため、関係が終わることを連想させるような「お元気で」という表現は、ビジネスシーンではあまり好まれません。 また、退職される方に対して「お元気で」ということもありますが、中には「上から目線」として取る方もいます。 はなむけの言葉として使うのであれば、「お元気で」という言葉だけでは不十分なようです。 「どうぞお元気で」よりも「ご自愛ください」などがベター 「お元気で」という言葉には、「健康に注意してください」や「日々を健やかに過ごしてください」といった思いも込められています。 こうした意味合いから、ビジネスシーンではより丁寧な「ご自愛ください」といった言い方のほうが、よく使用されています。 「ご自愛ください」とは、自分の体を大切にしてください、という意味の言葉です。 「お元気で」と同義語で、敬語表現として使うことができます。 なお、「お体をご自愛ください」と言われることもありますが、これは誤用です。 「体」という意味が重複することになるので、「ご自愛ください」だけで十分です。 皮肉めいた意味もある「お元気で」 健康を気遣うような意味がある一方で、「お元気で」には皮肉めいた意味もあります。 「今後そちらの会社とは付き合いません」「今後は一切連絡しない」といった意味合いで「お元気で」と言われることも、ないわけではありません。 ビジネスシーンではあまり使われない言葉ではありますが、「お元気で」という際はぜひとも笑顔で言いたいものです。 メールや手紙で使える「お元気で」の言い換え 別れ際の「お元気で」という言い方は、「ご自愛ください」以外にもいろいろな言い方があります。 メールの絞め文としても使いやすい、丁寧なフレーズをいくつか紹介します。 健康を気遣う「つつがなくお過ごしください」 「お元気でお過ごしください」というように健康を気遣う表現では、「つつがなくお過ごしください」が便利です。 「つつが(恙)」とは、病気などの災難・災いを意味します。 「つつがなく」というと、病気などの災難がないということになります。 同じ意味合いでは、「ご健康にご留意ください」というストレートな言い方もあります。 「留意」とは、心にとめ、気を付けてくださいという意味です。 どちらの表現でもよいのですが、「つつがなくお過ごしください」のほうが気品もあり、健康面だけでなく、平穏無事にといった願いが込められるのでおすすめです。 再会を望む「またお会いできるのを楽しみにしています」 ビジネスで「また一緒に仕事をしたい」と言ってもらえるのは非常に光栄なことです。 また、「一緒に仕事をしましょう」といった意思を示すことは、信頼関係の表れでもあります。 そうした意味から、ビジネスシーンでは別れ際に、「またお会いできるのを楽しみにしています」という言い方もよく用いられています。 別れ際やメールの絞め文としてもおすすめの表現です。 より丁寧にいうのであれば、「またお会いできますことを楽しみに致しております」や「またご一緒できることを楽しみにしております」といった言い方もあります。 「ご健勝をお祈り申し上げます」も定型句 ビジネス文書や手紙、スピーチなどの絞め文として、定型句ともなっているのが「ご健勝をお祈り申し上げます」という表現です。 「健勝」というのは、元気な様子・健康な様子を表す言葉で、「これからも健やかに過ごされることを願います」といった意味になります。 文書やメールでは、絞め文として、「末筆ながら皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とすることもあります。 目上の人に「お元気で」と言われたら?返事のパターン 取引先など目上の人に「お元気で」と挨拶をされた場合、めったにないことだけに、返答に困ることもあります。 「お元気で」の返し方を紹介します。 「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる 「お元気で」という言葉には、相手の健康への気遣いが込められています。 そのため、「お元気で」と声をかけてもらった際には、その気遣いに対して「ありがとうございます」と、まずは感謝の言葉を返します。 相手の気遣いに対し、こちらからも気遣う言葉を返すのがマナーです。 まとめ 「お元気で」という言い方は、口頭・メールともに、ビジネスではあまり用いられません。 中には皮肉ととられることもありますので、より丁寧な言い方を心がけるのがおすすめです。 本文で紹介したように、健康を祈るような言い方はいくつかありますので、異なる言葉で言い換えるとコミュニケーションもうまくいきます。

次の

元気スイッチ

お 元気 で お過ごし ください

A ベストアンサー 尊敬語とは、相手を敬う言葉です。 〉「お体にお気をつけて、いつまでも元気でいて下さい」 小学生ぐらいの孫が祖父母宛に出す手紙なら、この程度でも良いですが、他人の目上宛なら「尊敬語」には物足りません。 尊敬語 丁重語 一例 「ご健康にご留意なされて、末長くお元気にお過ごしくださいませ」 この例の、ご健康とは心身 体 全体を気遣う意味です。 ご留意なされては、気を付ける意味の丁重語です。 末長くは、いつまでもの丁重語です。 お過ごしは、暮らす 生活をおくる の丁重語です。 「くださいませ」は目上に「下」さいは無礼なので、「ください」と平仮名で書き表したほうが失礼に感じません。 「くださいませ」の「ませ」は「いらっしゃい」の丁重語「いらっしゃいませ」のように使います。 更に尊敬語を使うなら、「お健やかにお過ごしいただけますことをお祈り申し上げます」ぐらいになります。 この場合の「お健やか」は「お元気」の丁重語になります。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

次の