ドコモ 来店 予約。 ドコモショップの来店予約は機種変更では使っては行けない!

ドコモのホームページ、来店予約、問い合わせ、料金プランについて

ドコモ 来店 予約

非常に混雑しまくるドコモショップ。 なんでこんなに混んでるんだよ~といいたくなりますよね。 以前ドコモショップの混雑について記事にしたんだけど多くの人からご意見、ご感想頂きました。 そしてその記事を書いた時はまだ一般的ではなかったサービス。 ドコモショップの来店予約です。 来店予約を簡単に説明するとこの図の通り! ドコモショップへ事前に予約を入れとけるサービスです。 これにより、自分が行く時間がピンポイントで伝わるので待ち時間はなく スムーズに案内してもらえるというものです。 ただだからといってなんでもかんでもドコモショップへ行くと結局同じことで今度は予約を取りづらくなってしまうかもしれません。 契約内容の変更だったり、自分でネットでできる事はネットでやりたいですね。 そうそう、今回ご紹介するのはドコモで機種変更する際の事です。 ドコモショップで来店予約していった方がいい気もしますが待って下さい ドコモショップで機種変更すると損しますよ~今日はそんなお話です。 ドコモショップで機種変更すると高い いきなりドコモショップで機種変更すると高いと言われても???という感じでしょうね。 多くの人はどこで機種変更しても金額同じじゃないのと思っているでしょう。 ドコモショップや家電量販店はドコモがやってるんだから一緒じゃないの? と思っているかもしれません。 実は違います。 これって意外と驚きじゃないですか? ドコモショップはドコモが運営しているわけではないです。 多くのドコモショップは代理店です。 もしくはドコモの子会社が運営しており、 ドコモが直営するドコモショップは一件もないんです。 ですのは価格違うのは当然の事なんです。 違うのは「頭金」と言われる部分です。 普通頭金というと商品の1部の価格というイメージがあるでしょうがスマホの場合は 違います。 「頭金」という名の販売手数料なんです。 ですのでドコモショップによって金額違います。 上のドコモショップが5400円、下のドコモショップが3240円というのが分かりますよね。 このように店舗、地域により違いがあり3000~10000円程度の幅があります。 ご存知の通り、ドコモショップは非常に混雑してます。 ですので自分の欲しい機種の在庫がない、 ほしい機種はあったんだけど、カラーがないなんて 妥協しないといけないという事が多々あるでしょう。 ただ一度機種変更すると大体2年は使いますよね。 できる事なら自分が一番欲しいものを使いたいですよね。 では、ここからが本題です。 頭金が安くて在庫が豊富なドコモショップ、そんなのあるの? あっても利用できるのは東京とか首都圏だけでしょ? なんて思いますよね。 ちゃんとあるんです。 日本全国どこにでもあるんです。 それがドコモオンラインショップです。 安く機種変更するならドコモオンラインショップ ドコモオンラインショップとはドコモが直営するECショップです。 直営なんで、ドコモショップでは3000~10000円かかる頭金は無料です。 また直営なんで在庫もたくさんあります。 しかもなんと機種変更にかかる事務手数料2000円まで無料なんです。 さらに機種特定ですが、ドコモオンラインショップでのみ使える割引クーポンがあります。 クーポンは以下記事でまとめてあります。 ドコモオンラインショップはこちらです。 Source by またこちらの動画でもドコモオンラインショップでの購入の流れをご確認いただけます。 PC利用時はこちら ドコモオンラインショップはこちらです。 そんな方の為に対策が2つあります。 1つは事前に調べておくこととオペレートチャットです。 もう1つの方法がそう、はじめに出てたドコモの来店予約を利用するんです。 受取をドコモ来店予約を利用しよう! ドコモオンラインショップは受取場所を自宅またはドコモショップと選ぶ事ができます。 ですので、受取場所をドコモショップにすれば色々、確認だったり質問だったりできます。 普通にドコモショップで購入するのと同じようにできるんです。 購入後の初期設定や電話帳の移行をやってもらうことができます。 価格はドコモオンラインショップの価格(頭金無料、機種変更事務手数料無料)で ドコモショップで機種変更できちゃうんです。 再度確認です。 まずはドコモオンラインショップで機種変更しましょう。 まとめ ただ機種変更する為だけにドコモショップへ行くのはもったいないです。 いちいち来店予約をするぐらいならドコモオンラインショップで購入しちゃいましょう。 そして不安がある人はドコモショップへ来店予約をしてドコモショップで受け取るようにすれば お安く機種変更ができるのでおすすめですよ!.

次の

ドコモショップの機種変更は来店予約が必要?ショップで待たない裏技をご紹介

ドコモ 来店 予約

スマホ本体代を分割支払い時の 頭金0円! dカード GOLD申込で最大 13,000ポイント!• > 読了時間:約 3 分 ドコモショップの完全予約制についてと予約方法、おすすめの購入方法についてご紹介していきます。 ドコモの待ち時間緩和の対策がドコモショップの 「完全予約制」です。 2019年から順次切り替えを行い、現在では全国のドコモショップが完全予約制に対応しています。 ここでは、ドコモショップの完全予約制に伴い、簡単に予約する方法、待ち時間が解消されたのかを解説します。 また、現在主流になりつつあるドコモオンラインショップと比較して、完全予約制のドコモショップにメリットもご紹介するので最後まで確認してみてくだだい。 などの情報はこちらからチェックできます。 ドコモショップの完全予約制で変わること• 事前に予約することで優先的に案内を受けられる 完全予約制の一番のメリットは 「優先的に案内を受けられる」という点です。 これにより、ドコモショップでの待ち時間は大幅に短縮されます。 これまでは、ドコモショップに来店したあと、受付表をもらったらひたすら待つしかなく、日によっては 2〜3時間待つようなときもありました。 もちろんその間、スタッフに声をかければ外出して別の用事を済ますことも可能ですが、時間の約束がないため呼ばれた時に店内に居なければ対応がさらに後回しになります。 しかし、予約制になればあらかじめ自分が希望した時間で予約しているため、その時間で優先的に案内が受けられるのです。 タイミングによっては若干待たされることもありますが、それでも従来に待ち時間に比べれば早く、来店から数分で案内を受けることが可能になるでしょう。 翌日以降の予約でスケジュールが立てやすい 重要なのは、はあくまでも 翌日以降の予約が可能という点です。 当日予約の受付はドコモショップによって多少対応が異なります。 当日でも予約が空いている時間があれば、予約可能というシステムではないのです。 しかし、だからと言って予約なしの人はドコモショップが利用不可というわけではありません。 実は 従来通り予約なしでもドコモショップ利用できます。 しかしもちろん予約していないわけなので、先に来店されている他の方々の手続きが終わるまでひたすら待つことになります。 どうしても今日でなければならない用事ならともかく、急ぎでなければ翌日以降の予約にした方が、時間に無駄がありません。 翌日以降の予約に切り替えた方が、待ち時間にその日の状況を左右されないので、スケジュールも立てやすくなるでしょう。 混雑を気にせず来店ができる 年末年始や新生活などの繁忙期は、土日だけではなく平日も混雑することが多くなります。 ドコモショップを利用していて、いつ来ても混雑しているとぐったりしたことありませんか。 人混みに何時間も居ると疲れますよね。 しかし、完全予約制だと、店頭に居るのは 基本的にはその時間に予約している方のみとなります。 また、予約制ですから人混みの中でじっと待つ必要もありません。 混雑した店内にぐったりすることなく、来店ができるのは気が楽です。 をズバリまとめている記事もあるので、気になる方は確認をしてみてください。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 ドコモショップの予約手順• ドコモの来店予約ページで「店舗を指定して予約」をクリック• 来店予約したい店舗を検索する• 店舗の一覧から店舗名のリンクをクリック• 店舗詳細の下にある「この店舗の来店予約をする」をクリック• 来店予約メニューから目的をクリック• 4つの質問を選択して日付選択ページへをクリック• お客様情報を入力して進むをクリック• 予約内容・注意事項を確認して、同意して予約するをクリック 1、ドコモのホームページでショップを検索する まずは、ドコモの公式サイトで、 都道府県、フリーワード検索、現在地周辺検索で希望の店舗を指定します。 希望のドコモショップの住所や営業時間など、間違いないかしっかり確認できたらショップ名をタップしましょう。 2、ショップのページで「来店予約」をタップする ページが切り替わったら 「この店舗の来店予約をする」をタップすると、予約手続きへ進みます。 また、予約の際には dアカウントが必要になります。 Wi-Fi接続時やパソコンでドコモの契約や請求内容を見る時に使用するアカウントのことです。 お持ちでない方は事前に登録しておきましょう。 スマホからでも簡単に登録することができます。 dアカウントは今後ドコモサービスを利用する上で、登録しておくと非常に便利なのでこの機会に登録をおすすめします。 3、希望の受付内容を選択する 手続きをしたい希望の受付内容を選択します。 ここで選択できる項目は下記内容になります。 新規申込、機種変更、ドコモ光受付、故障受付、修理品受取、料金プラン変更、名義変更、オプションサービス変更、解約、付属品購入、その他 4、希望の受付日時を確認し選択する 希望お受付内容を選択すると、すぐにカレンダーが表示されます。 希望の日時を選択したら、表示される自分の名前や連絡先などに間違いがないか、登録情報を確認しましょう。 間違いがなければ 「確認する」をタップして予約完了です。 来店時には手続きに必要なもの、とくに本人確認書類などは忘れずに持っていきましょう。 ドコモマイショップ登録で予約がスムーズに 利用するドコモショップが毎回同じ、同じ店をよく予約するということであれば、事前に 「ドコモマイショップ」を登録しておくとよりスムーズです。 ドコモマイショップの登録は、ドコモ公式サイトから登録するか、お近くのドコモショップでも登録することができます。 とくに費用もかからないので、マイショップに登録したいと伝えるだけでOKです。 また、マイショップに登録してももちろん他のドコモショップも利用できます。 ドコモショップの完全予約制に対する懸念点 ドコモショップが完全予約制に移行するのは、メリットばかりではありません。 いくつかの懸念点があります。 予約なしで行く場合はどうなるのか、オンラインショップの注文品の店頭受け取りも予約が必要なのか。 気になる点について解説します。 ドコモショップ完全予約制の懸念点• 急な対応が難しくなる 完全予約制に移行しても、 予約なしでの来店は可能です。 しかし、予約のお客様優先のため、予約していない方に対しての 急な対応が難しくなります。 何故かというと、完全予約制になれば予約している方が優先されるため、駆け込みでドコモショップに来る方は 後回しにされてしまう可能性があるからです。 特に問題になるのはスマホが故障してしまった時でしょう。 スマホの故障は予測できるものでは無いため、大抵は急な駆け込みで対応をしてもらうことになります。 しかし、完全予約制だと、急な駆け込みでの修理の対応がこれまでより遅くなってしまう可能性があります。 代替機も受け取れないような事態になってしまえば、日単位でスマホでのやり取りが出来なくなることも考えられます。 ドコモでは「故障等の対応は予約なしでも行えるようにする」と発表しています。 しかし、実際はドコモショップのその日の予約数、来店時間に対応しているお客様の数に左右されているのが現状です。 予約なしでの来店は、来店のタイミングによって従来より待ち時間が必要になる可能性は避けられないでしょう。 閉店間際の来店は受付を断られる可能性がある 以前は、閉店間際に駆け込みの来店も受付してもらえることが多かったのですが、完全予約制になったことで 断られるケースが増えています。 断られると言っても、その日の受付ができないというだけなので、翌日以降への日にちで予約するよう勧められます。 何故なら、完全予約制は待ち時間を軽減させる他、駆け込みで来店したお客様の対応が終わるまで帰れない、 状態化している残業を減らすための目的もあるからです。 以前は、駅前などの大きなドコモショップだと閉店間際の駆け込みのお客様も多く、酷い時では閉店後3時間以上もの残業ということもありました。 顧客満足度の向上も大切ですが、対応するスタッフがストレスフルでは良い接客は望めません。 仕事帰りに寄れないのはやや不便ですが致し方ないでしょう。 オンラインショップ注文品の受取も予約が必要 画像引用元: ドコモオンラインショップでは、自宅への配送以外に注文した商品を ドコモショップで受取ることができます。 例えば、配送時間内に帰宅が難しい方が、会社最寄りのドコモショップ(あらかじめマイショップ登録が必要)で商品を受取るということも可能です。 しかし、この 受取も来店予約が必要になります。 もちろん予約なしで受取ることもできますが、ドコモショップは予約のお客様優先です。 そのため、来店予約をうっかり忘れてしまうと、商品の受取だけであっても予約なしの場合は、待ち時間が出てしまう可能性があります。 手続きも支払いもオンラインショップ上で全て済んでいるのに、待ち時間が出てしまっては店頭受取のメリットに些か問題が出てきます。 受取時にプランや契約内容の変更を相談したいといった理由がない限り、自宅受取で完了させるか、来店予約を忘れないようにしましょう。 手厚いサポートが出来なくなる可能性 完全予約制ということは、つまり 「顧客1人あたりに割ける時間が固定される」ということに他なりません。 次の時間に予約が入っていれば、余程イレギュラーな対応でない限り、スタッフの方も時間内に手続きを収めようと対応が簡素になる可能性も考えられます。 今までのように分かるまで何度でもプランやスマホの使い方について説明してくれる、というような 手厚いサポートが無くなるのです。 オンラインショップが台頭しつつある現在、ドコモショップを支える魅力は「顔を合わせてスタッフに相談できる」という点にあると言っても過言では無いでしょう。 完全予約制になればその魅力は半減してしまう可能性もあるため、ドコモショップの利便性がこれまでより低下してしまう恐れがあります。 ショップが少なくなってしまう 画像引用元: 将来的な話にはなりますが、完全予約制への移行によって立ち行かなくなるドコモショップは増える可能性があります。 何故なら、完全予約制の導入は待ち時間を減らすメリットを持つ一方で、 「1日に決まった人数しか対応できない」という問題を生んでしまうからです。 例えば、スタッフ1人につき1日30人のお客さんを捌けるショップがあったとして、「1日に15組までしか対応してはいけない」というルールが出来るとします。 機種変更やプラン変更、新規契約などの売り上げに繋がる接客が出来る機会が減ってしまい、 売り上げの低下が予想されます。 ドコモショップの多くは代理店が運営しています。 もし売り上げが伴わなければ当然経営状況が悪化し、ショップを畳まなければならなくなります。 ドコモショップの数が少なくなると困るのはユーザーです。 特にオンラインショップを使いこなせない方からすると、ショップが無くなるのはかなり痛手でしょう。 事前予約で希望の時間に優先的に案内を受けられる• 翌日以降の日程で希望の日時に予約が可能• 予約しているからこそ待ち時間がなく混雑が気にならない• スマホが故障したときなど予約なしの時の待ち時間が増える可能性あり• 仕事帰りなどに寄りたくても、閉店間際の来店は受付を断られる可能性がある• オンラインショップの注文品の受取のみでも来店予約がないと待たされる可能性がある• 今までのような手厚いサポートが受けられなくなる可能性がある• ショップ運営に必要な収益が落ち最終的に閉店に追い込まれる可能性がある ドコモショップをWEB以外で予約する方法 画像引用元: ドコモショップの来店予約はWEBからの予約がおすすめですが、ネットが苦手な方はドコモショップで直接予約したいという方もいらっしゃるでしょう。 オンラインショップで新しい機種を購入したくても、スマホが壊れていてネットの利用が難しいという方も、ドコモショップで直接予約が必要になるでしょう。 WEB以外のドコモショップの 直接予約は2通りあります。 WEB以外の予約方法• 電話で予約する方法• 店頭に来店し予約する方法 この2つの方法において、とくに小難しいルールや手続きは必要ありません。 来店したいドコモショップへ電話し希望の日時を伝えて予約します。 店頭で直接予約する場合も、電話と同じく希望の日時を伝えるだけです。 ただし、ドコモショップによってはWEBから予約が原則として案内される場合があります。 店頭に来店してもWEB予約を教えてくれるだけということも。 こればかりは、ドコモショップを運営する代理店の方針や、地域性にもよるので気になる方はまずお近くのドコモショップに問い合わせてみましょう。 ドコモショップのメリット・デメリット 画像引用元: 完全予約制を導入したことでドコモショップはドコモオンラインショップよりも使い勝手が良くなるのでしょうか。 ドコモショップとドコモオンラインショップを比較して、どちらを利用した方が良いのか確認してみましょう。 ドコモショップのデメリット• 予約ししないと気軽に利用できない• 予約しても若干の待ち時間はある 完全予約制で利用しやすくなる 完全予約制が導入されたことで、ドコモショップがこれまで以上に使い易くなっていくのは枚違いありません。 煩わしい待ち時間が緩和されることで、利用しやすくなるのは大きな魅力と言えるでしょう。 特に手続き自体にかなりの時間が掛かる機種変更、新規契約を待ち時間無しで対応して貰える点はかなり大きなメリットです。 その日のうちに手続きを終えられる 機種変更や新規契約をする際に その場で新しい端末を受け取れるのは、ドコモオンラインショップにはないドコモショップならではのメリットです。 この点に関してはドコモショップが完全予約制に移行しても変わらない独自性の高い魅力のひとつと言えます。 ただ、当日に受け取れるメリットがある反面、オンラインショップ限定の端末割引を受けられなくなる点はデメリットでなるでしょう。 どちらを取るかは人によってそれぞれですが、お得に機種変更・新規契約出来るかどうかで言えば、これまで通りドコモオンラインショップに軍配が上がります。 予約が無ければ気軽に利用出来ない 完全予約制は言い換えれば 「予約が出来ない人はすぐに対応してもらえない」ということです。 前述のように予約が出来ない場合は当日に利用出来ない可能性があり、ドコモショップの利便性は今までより落ちてしまうでしょう。 来店予約が徹底周知され認知が高まれば、うまくサービスとして確立するかもしれません。 しかし、現状では予約制になったことを知らない方、知っていてもうっかり忘れて来店される方など入り乱れています。 せっかくドコモショップに来たのに、予約が必要ですと言われれば 気軽に利用できないと感じてしまうのは避けられないでしょう。 完全に待ち時間が無くなるわけではない 完全予約制と銘打たれてはいますが、すべてのユーザーが一切待つことなくドコモショップを利用出来るようにはならないでしょう。 というのも、想定以上にユーザーの対応に時間を取られ、 次の予約の時間までに対応が完了しないことも考えられるからです。 このケースでは一時中断をするという方法を取ることも考えられますが、どうしても完了させなければならない手続きの場合はやはり予約時間が押してしまうでしょう。 ドコモオンラインショップのメリット・デメリット 画像引用元: ドコモオンラインショップのデメリット• 相談は電話またはチャットのみ• 端末が届くまでに数日かかる 待ち時間がゼロ ドコモオンラインショップは、無人のオンライン上にあるシステムがショップスタッフに代わって手続きをする仕様であるため、 待ち時間が存在しません。 また、人の手による処理を必要としないので、24時間いつでも契約の変更や機種変更等の手続きを行うことが出来ます。 待ち時間に関しては完全予約制によりドコモショップも短くなりましたが、 24時間いつでも受付をしているのはオンラインショップならではの魅力です。 事務手数料が無料 ドコモショップで手続きをすると必ずと言ってよいほど請求される「事務手数料」ですが、ドコモオンラインショップではすべての 事務手数料が無料となっています。 また、ドコモオンラインショップはドコモショップと違い 頭金0円で端末を購入することが可能です。 これはかなり大きなメリットで、場合によっては最新の端末をドコモショップより1~2万円安く購入出来ます。 待ち時間が完全にゼロ、事務手数料が無料であることを加味すれば、オンラインショップの使い勝手はドコモショップ以上と言えるでしょう。 相談がしにくい 前述の通りドコモオンラインショップはオンラインショップという性質上、 サポート面ではドコモショップに一歩及びません。 ただ、チャットや電話にて相談できる点を踏まえれば、必ずしもドコモオンラインショップのサポート体制が悪いとは言えないでしょう。 機種変更・新規契約に時間が掛かる 機種変更や新規契約などで新しいスマホを購入した際、新しいスマホを使い始めるまでに 少し時間が掛かってしまうのもオンラインショップのデメリットと言えます。 というのも、手続き自体はドコモショップよりドコモオンラインショップの方が簡単であるものの、購入した端末が手元に来るまでに時間が掛かるのです。 限定割引や事務手数料無料等でお得にスマホを購入できるのはオンラインショップの強みですが、スマホを買ってすぐに使えないのはデメリットと言わざるを得ません。 ドコモショップならその日中に手続きを完了でき、予約制になることで利用し易くなる• しかし、予約がなければ不便さは変わらぬままで、完全に待ち時間が解消したとは言い難い• オンラインショップなら待ち時間がなく事務手数料もかからないため快適でお得• しかし、直接スタッフに相談ができない点と、新規・機種変更の際はその日中にスマホが手に入らないのはデメリット ドコモショップの完全予約制よりもオンラインショップの方がおすすめ ドコモショップの完全予約化は、長時間の待ち時間に悩まされてきたユーザーにとってまさに朗報と言えるでしょう。 しかし、やはり 利便性・お得さで言えばドコモオンラインショップには劣ってしまいます。 特に事務手数料が無料か、有料かという点は大きく、来店の必要もあるドコモショップの需要が急増することは無いでしょう。 また、懸念点で挙げたように完全予約制のデメリットで、将来的にドコモショップが少なくなる可能性も考えられます。 そうなった時にお近くにドコモショップがなくても、オンライショップで注文などできるように今のうちに慣れておくのもおすすめです。 オンラインショップでの注文しても、自分で行う開通手続きに不安があれば、その時はドコモショップに相談しても問題ありません。 ドコモショップには、一からマンツーマンでサポートしてくれるなどの魅力はありますが、完全予約制になってもまだまだ問題は山積みです。 今後を見据えて基本的には、 ドコモオンラインショップの利用をおすすめします。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモの機種変更で頭金なしにする方法があるので、お得なスマホの購入方法とともにご紹介していきます。 ドコモで機種変更をする時にかかる頭金について、当然払うものだと思っている方も多いのではないでしょうか。 ドコモショップでは2,000円~10,000円程度の頭金を当然 […]• ドコモの機種変更には街のドコモショップで行う方法と、ドコモオンラインショップを使う方法があります。 ドコモオンラインショップを使うときには送料がかかりますが、簡単な条件をクリアする事で送料無料にすることが可能です。 また、エクスプレス配送などその他のメリットや店舗で […]• ドコモの機種変更は全国に展開するドコモショップはもちろんインターネット上のドコモオンラインショップでも行う事ができます。 ドコモオンラインショップは手軽に機種変更が出来ますが「自分で手続きをしなければならない」ために敷居が高いと感じている方もいるかもしれません。 こ […]• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• 2019-2020冬春モデルとして、サムスンのGalaxy A20 SC-02Mが新たにドコモスマートフォンとして登場します。 今回の記事ではドコモ最新機種のGalaxy A20をお得に購入する機種変更方法とキャンペーンについてご紹介します。 Galaxy […].

次の

ドコモショップの来店予約は機種変更では使っては行けない!

ドコモ 来店 予約

東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県のドコモショップ 467店舗 にて原則来店予約での受付になるインフォメールが配信されました。 故障などの緊急性の高い用件は受け入れをするようですが、手続きによっては受付を断られることになりそうです。 緊急事態宣言継続地域(北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県)のドコモショップでは引き続き現状の受付制限・営業時間短縮が継続とのことです。 実際に配信されたメール インフォメールより引用 いつもドコモをご利用いただきましてありがとうございます。 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県からの外出自粛要請を受け、該当エリアにおけるドコモショップ(467店舗)の営業時間を短縮しております。 また、お客さまのお帰りの時間が夜間にかからないよう、待ち時間・応対時間短縮をはかるため、原則来店予約での受付とさせていただきます。 お客さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ドコモ インフォメーションセンター ・端末購入時の初期設定は原則お客様による設定をお願いしております。 ぜひご利用ください。 緊急性の高い用件が故障以外に何があるか気になりますが「紛失・盗難による利用中断」等は受け入れするでしょう。 明確な案内はされていないので、多少の匙加減はあると思います。 外出を避けるために基本はwebや電話で手続きを インフォメールにも記載がありますが、プラン変更や住所変更などはwebでも可能であり緊急性が高いとは言いにくいです。 月額料金に関わることですが、webまたは電話で出来る内容なのでなるべく外出は控えたほうがいいでしょう。 また、状況により時短営業を延長するとの記載もありますが回復の兆しが見えない以上は延長の可能性が高いと思われます。 こちらの記事は内容が分かり次第随時更新致します。

次の