恋とは。 恋愛

恋 (こい)とは【ピクシブ百科事典】

恋とは

楽曲 [ ]• - の1967年の楽曲。 - の1980年の楽曲。 - の1983年の楽曲。 - の2008年の楽曲。 - の2009年の楽曲。 - の2010年の楽曲。 - の2012年の楽曲。 - の2015年の楽曲。 - の2016年の楽曲。 アルバム [ ]• - の1997年のアルバム。 小説 [ ]• 1995年2月に刊行されたの小説。 - 1995年10月に刊行されたの小説、及びそれを原作とするテレビドラマ。 第114回受賞作。 映画 [ ]• - 1924年の日本映画。 - 1970年のイギリス映画。 - 2016年の日本映画。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

星野源 恋 歌詞

恋とは

「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」 亡き父の跡を継いだわたしは、小さな映像会社「キセキエンタテイメント」の社長兼 プロデューサーとして、TV番組『奇跡発見!』を盛り上げようと日々奮闘していた。 そんなわたしの前に現れたのは立場も性格も違う4人の『Evolver(超進化人類)』。 天才科学者として知られるシモン。 人気絶頂のアイドルであるキラ。 警官としてEvolver犯罪対策局に勤めるハク。 そして、わたしの会社の出資者であるファーレイグループCEOのゼン。 彼らEvolverと出会うことで、わたしは父の死の真実と、自分が失った記憶、 そしてその裏に潜む巨大な陰謀へと巻き込まれていくことになる。 わたしと彼らが全力で走り続けた先にたどり着く真実とは…。 EPISODES• 02 STAFF• 監督:境宗久• シリーズ構成:𠮷村清子• キャラクターデザイン:山口仁七• 総作画監督:桑原剛• エフェクトアニメーション:村松尚雄• 美術設定:田村せいき• 美術監督:森川裕史• 色彩設計:田辺香奈• 撮影監督:三舟桃子• 編集:後藤正浩 リアル・ティ• 音楽:加藤裕介• 音響監督:境宗久• 音楽制作:Digital Double• オープニングテーマ:三浦祐太朗「鈍色の夜明け」 Virgin Music• エンディングテーマ:恋とプロデューサー featuring Konomi Suzuki 「舞い降りてきた雪」 Digital Double• アニメーション制作:MAPPA.

次の

恋とは

WOWOWでは全4話からなる本作をYouTube WOWOWオフィシャルチャンネルとWOWOWメンバーズオンデマンドにて無料配信中。 尚、WOWOWメンバーズオンデマンドでは全4話を1本化し、未公開映像を含んだ【特別版】も無料配信している。 異例のスピードで実現した本企画は、「連続ドラマW コールドケース3 〜真実の扉〜」の主演を務める吉田羊が、撮影の自粛が続いている中、「お芝居で日本を元気にしたい」「心の栄養を届けたい」と想いを寄せたことからスタート。 さらに、数々の傑作ヒューマンドラマを世に送り続けている脚本家・岡田惠和もまた、この自粛期間に新しいエンターテインメントの形を模索していたこともあり、互いの想いが重なり合った。 また、吉田を主演に映画『ハナレイ・ベイ』を監督した松永大司もこの企画に賛同、そして奇跡のタッグが実現した。 新型コロナウイルスの影響で、感染拡大防止に努める日々を送る方々、最前線で社会を支えてくださる皆様に向けて、WOWOWエンターテインメントの贈り物をお届けする。 <ストーリー> 2020年5月の東京。 大手スーパーマーケットに勤め、都心店舗の売り場を任されているユキコ(吉田羊)は独身バツイチ女性。 在宅勤務で慣れないリモートワークに奮闘する中堅の設計会社に勤める営業マン、モトオ(大泉洋)も同じく独身バツイチ男性。 実はこの2人、4年ほど前に離婚をした元夫婦。 あれから連絡を取り合ってなかった2人だが、ひょんなことからモトオはユキコに間違い電話をしてしまう。 元旦那からの久しぶりの電話に渋々出るユキコだが…。 今回の企画は、「12人の優しい日本人」のリモートリーディングに端を発します。 朗読会と銘打ちながら、声だけでなく小さな画面の中で精一杯お芝居をする俳優達。 さながら、お家で楽しめるミニシアターのようでした。 視聴して下さった皆様の反響を読みながら「これは、ステイホームならではの立派な娯楽だ!」と実感。 2時間の舞台戯曲が出来るなら、分割すれば連ドラも出来るはず。 そうだ、1日10分、毎日やって、「続きが待ち遠しい」あの感じをリモートでやろう!この2ヶ月を支えてくれた、映画やドラマや音楽や本と言った娯楽への感謝と、今なお前線で闘って下さっている職業の皆様への敬意を込めて、俳優ならではのやり方で元気と日々の活力を!という思いでスタートしました。 幸運にも、志を同じくするWOWOW岡野プロデューサーや脚本家岡田さん、松永監督にもご賛同頂き、各アイデアにより、予想だにしない画が見え始めました。 そして何と言っても、ユーモアも哀切も併せ持つ豊かな人間性と、携帯やパソコン画面という制限されたモニターサイズの中でも変幻自在、いま日本で圧倒的に芝居がうまい大泉洋さんにもご賛同頂けたことで、この企画が命を得ました。 立ち上がったのはほんの10日程前ながら、ドライブするスピード感を思うと、人を動かすのは、誰かを喜ばせたいというポジティブな気持ちなのだと改めて感じています。 稽古開始前のいまは、ワクワクしかありません。 今回のステイホームがもたらした新しいエンターテインメントを、心を込めてお届けします。 5月最終週。 皆様に明日が楽しみ!と思っていただけますように。 そして、それを楽しみにあと少し、踏ん張りましょう!我々も、お稽古頑張ります! 今思うことは、素直に、「吉田羊スゲー」です。 マネージャーから「吉田羊さんが是非、今!大泉さんとリモートで連ドラを作りたいというお話来てます」って聞いたのが、ほんの10日程前の話で、もう岡田惠和さんからの脚本が届いたんです。 吉田羊ちゃんから、「この企画は大泉さんとでしか考えられない!」ってメール来て、「やります」と答えてからこんなに早く、こんなにステキな台本まであがるなんて、「吉田羊スゲー」としか言いようがありません。 本気の人の熱意というものはこんなにも早く世の中を動かすんだなーと感動しております。 この素晴らしい機会を与えてくれた吉田羊さんに感謝します。 そしてわずか10日程で、ここまでの当て書きをしていただいた岡田惠和さん、本当にありがとうございます。 なんで初めて仕事する僕のことそんなに分かるの?と読んでて怖かったです(笑) 今、何も出来ない世の中で、何かしたいと思うのはみんな一緒で、新しいものが見られない世の中で、新しい何かをお見せ出来ればと胸が、高鳴っております。 通常のドラマ撮影ができない不自由な環境の中、だからこそ出来ることを考えました。 ピンチをチャンスにではないですが、素敵な俳優さんがいてくだされば、面白いドラマはつくれるはずだと信じて。 これ以上ない、吉田羊さん、大泉洋さんというキャスティング。 二人のお芝居のみ。 苦境の中、とても贅沢なドラマになりました。 二人の会話劇を楽しんでいただけたらと思います。 WOWOW岡野プロデューサーとはずっと一緒にドラマをつくってきた仲間。 お声をかけていただいて光栄でした。 WOWOW視聴者の皆さんに見ていただける落ち着いた大人のリモートドラマになっていると思います。 吉田羊さんと大泉洋さんが演じてくれると思うだけで、もういつまででも書いていたい、いくらでも書ける脚本になりました。 幸せな場を与えていただきましたWOWOWさんに感謝です。 このドラマの吉田羊さんの役は、都内のスーパーで自粛中も働いている女性です。 医療従事者の方々はもちろんですが、皆が不自由なく暮らしていくために、あまり注目はされないけど外に出て働いてくださってる方々はたくさんいらっしゃいます。 そういう方々の頑張りを忘れたくない。 心に刻んでおくことが作家のするべき仕事だろうと思っております。 本当にありがとうございます。

次の