バリスタアイ 一杯あたり。 バリスタ定期便は買うよりお得!バリスタアイが無料で使えます!

バリスタ定期便は買うよりお得!バリスタアイが無料で使えます!

バリスタアイ 一杯あたり

この記事の目次(もくじ)• 【口コミ・評判の前に…】そもそもネスカフェバリスタってどんなマシン?。 ネスカフェバリスタの魅力はなんといってもその手軽さ。 いつでも 好きなタイミングで淹れたてのコーヒーを手軽に楽しみたい方におすすめのシリーズです。 2020年現在は、最新型でメニュー数の多い 「バリスタDuo」と価格&スペックを抑えた 「バリスタシンプル」、バランスの良い機能を兼ね備えた 「バリスタ50」の3モデルが販売されています。 【販売中】ネスカフェバリスタ マシンスペック一覧 機種名 バリスタ50 バリスタシンプル バリスタDuo 価格 税込 7,093円 4,054円 16,445円 タンク容量 0. 8L 1L 2L メニュー数 4 2 8 サイズ 幅:15. 5cm 高さ:32. 3cm 奥行:30. 6cm 幅:15. 5cm 高さ:37. 6cm 奥行:29cm 幅:18. 0cm 高さ:43. 4cm 奥行:30. 4cm 重さ 3. 4kg 3. 0kg 5. 気になるポイント!コストは?1ヵ月いくらくらいかかるの?• 1杯あたり: 約13円~• 1ヶ月あたり: 390円~ 単純にコーヒー代のみを計算すると、なんと 1ヶ月あたり最安で390円! ネスカフェバリスタで使うコーヒー粉は、瓶で販売されている「ネスカフェ ゴールドブレンド」と中身は同じですが、パッケージが新鮮さを長く保つ設計になっています。 割引を受けられる定期便を利用すれば コーヒー1杯当たり13円~になる圧倒的なコスパの良さがネスカフェバリスタの大きな魅力です。 毎日飲む方は当然気になるコストの面も、バリスタなら文句なしですね!.

次の

【うるさい?まずい?】ネスカフェバリスタの口コミ・評判は?お得な利用方法も紹介

バリスタアイ 一杯あたり

給水タンクは取り外すときだと取っ手があるので取りやすいのですが、設置するときはバリスタアイ本体と給水タンクのすき間がほとんどないぴったりサイズなのでちょっとコツが入ります。 上から下にすべらせるように入れると簡単です。 私は使い捨てしやすい安いランチョンマットをダイソーで購入してバリスタi [アイ]の下に敷いてます。 ネスレ ブライトは大さじ2杯分ぐらいで、牛乳を使う場合は電子レンジで温めておいたほうが出来上がりの温度が高くなるのでおすすめです。 牛乳の量は取扱説明書を見るとカプチーノ約50ml、カフェラテ約60mlがおすすめ量となっています。 でも、目分量でよろしいかと思います。 最初は熱湯のみを勢いよく抽出してネスレ ブライトまたは牛乳を泡立てて、後入れでコーヒーが注がれます。 ネスレ ブライト スティック()• ネスレ ブライト キャラメルラテ()• ネスレ ブライト ショコラテ()• ネスレ ブライト クリーミーラテ() ネスレ ブライト ホイップ バリスタi [アイ]の定期お届け便を利用していればネスレ通販限定のネスレ ブライト ホイップも使えます。 ネスレ ブライト ホイップはバニラカプチーノ、アーモンドキャラメルラテ、ヘーゼルショコラテの3種類があります。 ネスレ ブライト ホイップシリーズは泡立ちの量が多く、もこもこ泡ができます。 味は全種類ともかなり甘いので甘党の人におすすめとなります。 バリスタi [アイ]はアイスコーヒーも作れる バリスタi [アイ]のメニューボタンには存在はしませんが、ネスカフェアプリにはアイスコーヒーの専用メニューがあります。 そのためネスカフェアプリを使えばバリスタi [アイ]でアイスコーヒーを作ることもできます。 アイスコーヒーの作り方はカップに氷を入れて、ネスカフェアプリのアイスコーヒーを選択するだけです。 後はアイスコーヒーに適した量のコーヒーが自動で注がれます。 氷の量はネスカフェアプリには3個ぐらいがおすすめと書いてありますが、家庭用冷蔵庫の氷だと3個では生ぬるいアイスコーヒーになってしまうのでたくさん入れたほうがいいです。 もし何らかの事情でネスカフェアプリが使えない場合は、カップに氷を入れてバリスタi [アイ]の本体メニューにあるエスプレッソを淹れましょう。 ただ、エスプレッソだと氷が溶けるとちょっと味が薄くなるので抽出量を少なめに調節しておきましょう。 ネスカフェアプリではアイスコーヒーのレシピがコーヒーパウダー2g、水の量70mlになっています。 バリスタi [アイ]のエスプレッソはコーヒーパウダー2g、水の量80mlだからお湯の量を少しだけ減らせばいいですね。 アイスコーヒーは深い焙煎の苦い味わいのコーヒーと相性が良く、酸味系のコーヒーとは相性が悪いです。 アイスコーヒーを飲むなら「」がおすすめです。 また、夏季限定になりますが、アイスコーヒー専用の「」もおすすめです。 便利機能 カップ温めモード バリスタi [アイ]には冬場など気温が低いときにコーヒーが冷めにくくするための機能として「カップ温めモード」があります。 カップ温めモードはお湯のみを抽出してコーヒーを淹れる前にカップを温めておくことが出来る機能です(ただ、お湯が出るだけです)。 動画を参照してもらうとわかりますが、カップ温めモードを事前に行っていればコーヒーを注いでからの温度低下がゆるやかになっています。 バリスタi [アイ]の詰め替えパック種類 バリスタi [アイ]の詰め替えパックの種類を紹介します。 賞味期限はネスレ公式サイトのネスレチャットアシスタントにて聞いたところ製造から12カ月とのことです(未開封)。 また、紙素材だから簡単に潰せるのでかさばりません。 ネスカフェ ゴールドブレンド 65g 約32杯分 516円()• ネスカフェ ゴールドブレンド 120g 約60杯分 858円• ネスカフェ ゴールドブレンドコク深め 65g 約32杯分 516円()• ネスカフェ ゴールドブレンドコク深め 120g 約60杯分 858円• ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック 55g 約27杯分 570円()• ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 60g 約30杯分 618円()• ネスカフェ プレジデント 60g 約30杯分 870円()• ネスカフェ 香味焙煎 濃厚 クンディナマルカブレンド 50g 約25杯分 618円()• ネスカフェ 香味焙煎 円やか ジャガーハニーブレンド 50g 約25杯分 618円()• ネスカフェ 香味焙煎 鮮やか ルウェンゾリブレンド 50g 約25杯分 618円().

次の

バリスタi [アイ]の使い方とカプチーノの作り方。メニューをタッチするだけの簡単操作

バリスタアイ 一杯あたり

スティックタイプで便利 箱の中にはスティックタイプの珈琲が100本入っています。 1本で1杯分ですね。 私は一日に何杯も飲まないので、これで2〜3ヶ月はもちます。 スティックタイプのメリットは、 ・個包装なのでいつでも新鮮 ・コンパクトで持ち運びが楽 の2つです。 細長くてコンパクトですよね。 会社に持って行っているのですが、重くてかさばる瓶やドリップコーヒーのような袋に比べて持ち運びしやすいです。 また、 飲む度に封を切る個包装なので「開封後はお早めにお飲みください」ということがありません。 いつでも新鮮な香りがしますよ。 ちなみに賞味期限は約2年。 たまにしか飲まない人でも、十分に飲みきれる期間ですよね。 ホットもアイスもOK!作り方が簡単 作り方はめちゃくちゃ簡単です。 スティックに入っているコーヒーをカップに入れ、お湯を注いでかき混ぜるだけ。 ドリップコーヒーが面倒と思う人は、この手軽さは絶対に気に入るはずです。 それに、 ホットもアイスもどちらでも簡単に作って飲めます。 ホットの作り方は、お湯を140~180ml入れて混ぜれば完成です。 アイスの場合は、お湯70~90mlを入れた後に、氷を5~6個入れて混ぜたら完成です。 水でもいいのですが、粒が粗いので溶けにくいです。 お湯で溶かして氷で冷やす方が、おいしくできます。 なお、そのままだとブラックコーヒーなので、甘いのが好きな人は、別途、砂糖やミルクが必要です。 スポンサードリンク お店のコーヒーのように深くて濃い味 厳選した生豆をじっくりと焙煎することで引き出した深いコクと、急速抽出で封じ込めた芳醇な香りが特長。 確かにお店やドリップコーヒーのような濃さと苦みがあって、 本格的なコーヒーの味がします。 ブラックが好きなのですが、砂糖やミルクでごまかす必要がなく、これだけでおいしく飲めます。 もちろん、上を見ればいくらでもおいしいコーヒーはありますが、 インスタントでこのクオリティはなかなかないと思います。 よほどのこだわりがないのであれば、十分ではないでしょうか。 お客さんが来ても、自信を持って出せます。 このクオリティで1杯約14円の安さ これだけおいしくて、便利な上に価格が1杯約14円という衝撃の安さ。 私はこれを知ってから缶コーヒーが買えなくなりました。 10杯飲んでも140円です。 かなりの節約になりますよね。 激安スーパーに行くと、破格のプライベートブランドのコーヒーが並んでいますが、安かろう悪かろうってあると思います。 「マズすぎて飲めない!」なんてことも。 「ちょっと贅沢な珈琲店」は有名なAGFのマキシムブランドなので、安心して買えますよ。 AGFブレンディとの比較 「」の記事でも書いたのですが、これまではAGFブレンディを飲んでいたんです。 理由は安くておいしいからですね。 ちょっと贅沢な珈琲店の方が、約3円高いのですが、どれほどの違いがあるか試したくなったのです。 比較してみると、 やはり価格が高い「ちょっと贅沢な珈琲店」の方が本格的な味がしたので、こっちに軍配が上がりました。 両者の特徴としては、まずちょっと贅沢な珈琲店の方が、濃くて深みがあるのでブラック向きです。 大人っぽい味が好きならこちらです。 ブレンディは、酸味が強くすっきりしています。 苦みが嫌いならこちらでしょう。 粒が細かいので、水でも溶けます。 アイスコーヒーを作るのは楽ですね。 なお、妻に飲んでもらうと「どちらがおいしいかどうかは好みの問題」と言ってましたし、Amazonのレビューでは「ほとんど一緒」とのコメントもいくつかありました。 人によって感じ方が違うので、ほとんど変わらないというのが正解かもしれません。 どちらかが「めちゃくちゃおいしい!」というわけではないので。 私は両方を買っておいて、アイスコーヒーならブレンディ、ホットならちょっと贅沢を飲んでいくつもりです。 商品紹介 職場のみんなで本格的なコーヒーを飲むならネスカフェがお得 ネスカフェ ドルチェ グスト ネスカフェ ドルチェ グストは、挽きたてのコーヒー豆をカプセルに密封し、専用のマシンで「コーヒー専門店並み」の高圧で一杯ずつ抽出するコーヒーです。 1杯当たりの価格は約57円。 缶コーヒーを買うより、安くて、簡単に本格的なコーヒーが飲めます。 職場の給湯室で、みんなでほっと一息つきたいならおすすめ。 しかも「マシンが無料のカプセル定期便」なら、 通常7,800円(税込)のマシンの料金が無料になります。 インスタントコーヒーでおなじみの、ネスカフェ ゴールドブレンドが 1杯当たりの約19円で飲めます。 人数が多くてコストを下げたい方や職場のみんなとワリカンで購入したい方におすすめ。 「コーヒーカートリッジお届け便」なら、 通常5,980円(税込)のマシンの料金が無料になります。 私が愛用しているのは以下の2品。 ポット型浄水器のクリンスイは水道水をクリアでおいしい水にしてくれます。

次の