名古屋 水遊び。 愛知県・名古屋の子供が水遊びできるじゃぶじゃぶ池・公園・噴水おすすめ人気スポット2020

水遊びはじめました♡|名古屋の保育士 保育教諭求人採用Blog

名古屋 水遊び

【幼児向け】じゃぶじゃぶ池や川遊びが楽しめる公園 じゃぶじゃぶ池=オムツが外れていない乳幼児向けのイメージがありますが、中には幼児や小学生も充分に楽しめるような大型の水遊び施設もあります。 炎天下で日差しが強い公園が多いので、見守るママは紫外線対策をお忘れなく。 水の流れをせき止めたり、石を積んだり、川遊びのような遊びも楽しめます。 水の深さは乳幼児でも平気な足首くらいの場所から、大人のひざ下までと場所によって異なります。 よちよち歩きの小さな赤ちゃんはもちろんのこと、ソーラーで動く大きな噴水や水車などの仕掛け遊具もあるので、小学生でも充分に楽しめます。 池のほとりには軽食やアイスクリームを販売する飲食売店もあります。 自然の中にあるので木陰も多いですが、場所によっては日差しをさえぎる物が何もないことも。 ドームテントを持ち込むのがおすすめです。 小さな子供でも安心して遊べるように水をせき止めたり川底を平らに整備してあるので、2歳前後の小さな子供でも安心して水遊びを楽しめます。 自然が多い環境にあって木陰が多いので、涼しく子供を見守れるのがママにとって嬉しいポイント。 小学生以上の大きな子は、深さがある上流へ向かいましょう。 大きな岩場には、小魚やサワガニが潜んでいます。 魚をとるための網やカゴを忘れず持っていきましょう。 遊びやすいように整備されているとはいえ、自然の川。 万が一のことを考えて、素足ではなくサンダルを履いて遊びましょう。 公式HP: 大府みどり公園 大府市 おすすめ度 料金 無料 名古屋市からほど近いところにある大府みどり公園も、大きめのじゃぶじゃぶ池がある夏の水遊びの定番スポット。 外側は乳幼児でも安心して遊べるくらい浅いですが、中央にある噴水近くまでいくと大人の膝くらいの深さがあります。 噴水の勢いが強いこともあって、小学校低学年までの子供なら充分に楽しめます。 じゃぶじゃぶ池の横には木陰とベンチがありますが、夏は朝早くから埋まってしまう人気スポット。 週末や午後はベンチが空いていないことがほとんどなので、じゃぶじゃぶ池の周囲にドームテントを張っているファミリーもたくさんいます。 じゃぶじゃぶ池のすぐ隣には、キレイで利用料金が安いと評判のバーベキュースポットも。 夏休みには、バーベキューを楽しみながらの水遊びはいかが? 市民四季の森 小牧市 おすすめ度 料金 無料 市民四季の森は、小牧市の東部にある広大な敷地を誇る公園。 ミニ動物園、そりすべり、アスレチック、ミニ動物園など、子供が喜ぶ設備が充実していることで知られています。 夏に親子連れが集中するのは、ミスト状のしぶきが降り注ぐ虹の滝。 その名の通り、天気が良い日にはきらきら光る水しぶきに七色の虹が掛かって見える水遊びスポットなのです。 水の深さは子供の足首程度。 小さな子でも安心して水遊びを楽しめます。 ミスト状の滝のおかげが、水遊びエリア周辺は体感温度は低め。 ママはひんやり涼しく子供を見守ることができます。 事前予約が必要ですが、園内にはバーベキューを楽しめるBBQスポットもありますよ。 公式HP: 碧南市臨海公園 碧南市 おすすめ度 料金 無料 碧南市にある臨海公園では、園内を流れるせせらぎで水遊びが楽しめます。 名古屋市から少し距離はありますが、その分混雑度は低めの穴場スポットです。 深さはほとんどなく、どこも子供の足首程度。 岩場から勢いよく水が噴き出すミスト噴水や、くぐって楽しめるトンネル型の噴水もあり、子供たちは全身ビショビショになって大はしゃぎ間違いなしです。 深さがないため、遊んでいるのは乳幼児~幼児の小さな子がほとんど。 小学生の子供には少し退屈かも。 よちよち歩きの小さな子供をのんびり遊ばせるのには最高のスポットです。 刈谷ハイウェイオアシス内岩ヶ池公園 刈谷市 おすすめ度 料金 無料 TDL、USJに次ぐ入場者数第3位に輝いた刈谷ハイウェイオアシスでは、2種類の水遊びを無料で楽しむことができます。 ひとつめは、大観覧車のすぐ下にある噴水広場。 リズミカルに噴き出すミスト噴水に、乳幼児は大はしゃぎ。 保護者用スペースとして屋根つきのベンチがたっぷり用意されていますが、週末は朝から大混雑しています。 日傘や帽子を準備しておくのがおすすめです。 もうひとつの水遊びスポットは、岩ヶ池公園の最奥にある親水広場。 こちらは大人の足首程度の深さのじゃぶじゃぶ池。 中央から噴き出すジャンボシャワーとゆるやかに水が流れる階段に、子供たちは大喜び。 ただし、この親水広場の床は濡れて非常に滑りやすくなっています。 はしゃいだ子供が、すべって後頭部を打ってしまったことがありました。 子供が走り出しさないよう注意しましょう。 とだがわこどもランド 名古屋市港区 おすすめ度 料金 無料 名古屋市内にある数少ない水遊びスポットといえば、港区にあるとだがわこどもランド。 毎年夏には、大勢の親子連れで大混雑しています。 大人の足首ほどの深さなので、よちよち歩きの赤ちゃんでも安心して楽しむことができますよ。 広いじゃぶじゃぶ池の中央には、バンボのような柔らかい素材でできた、山型のスライダーがあります。 つるつるよく滑るので、子供たちは大はしゃぎ!みんなで力を合わせてロープをひっぱるイカダも人気です。 スライダーといかだは、小学生でも充分に楽しめる人気の遊具。 そのせいか、テンションが上がり過ぎて、走ったりふざけたり危ない遊び方をしている小学生の姿もよく目にします。 一歩間違えたら事故につながるところだった、ということが何度もありました。 監視員は常駐していますが、夏場は混雑がひどいため監視も完璧ではありません。 万が一の事故を避けるためにも、小さな子供を遊ばせる時は保護者も水の中まで入っていって近くで見守ることをおすすめします。 新地公園 知立市 おすすめ度 料金 無料 新地公園は、知立市にある図書館と歴史民俗資料館に隣接した大型公園。 夏場には、図書館の目の前が水遊び場になり、水遊びを楽しむことができます。 水は浅めで、一番深いところでも大人のくるぶし程度。 乳幼児も安心して遊ばせることができます。 何よりもうれしいのが、木陰が多いので見守るママが涼しく快適なこと。 目の前がすぐ図書館なので、遊んだあとは図書館で涼んでいくのもおすすめですよ。 フローラルガーデンよさみ おすすめ度 料金 無料 フローラルガーデンよさみは、2007年にオープンした比較的新しくてきれいな公園。 イングリッシュガーデンとフローラルプラザを囲むように、小さな子供向けの親水施設があります。 親水施設は、建物を取り囲むように細く長い川のような作りになっています。 一番端には、3本のトンネル噴水が。 水の深さは子供のくるぶしほど。 あまり広くないので、乳児~幼児向けといった印象です。 親水広場のすぐ隣のフローラルプラザの中には、オープンテラスもあるカフェ・ケイズガーデンがあります。 ここのイングリッシュスコーンは絶品!水遊びのあとは、涼しいカフェでおやつタイムはいかがですか? 【オムツの子もOK】噴水や軽い水遊びが楽しめる公園・スポット じゃぶじゃぶ池のように水の中に入ることはできませんが、水に触れて遊べる施設がある公園をご紹介します。 溺れる心配や滑る心配がないので、小さな子供のはじめての水遊びにぴったり。 でも、幼児には少し物足りなく感じてしまうかも。 鞍ヶ池公園 豊田市 おすすめ度 料金 無料 豊田市にある鞍ヶ池公園は、有料施設よりもすごい屋内プレイハウスが人気の公園。 夏は、このプレイハウスの前で、噴水による水遊びも楽しめます。 小規模な水浴び噴水だけなので、乳児なら大満足できますが幼児以上には少し退屈。 目の前にある屋内プレイルームは、夏でも冷房が効いてて快適です。 水遊びはおまけ程度に考えておくのが良さそう。 交通公園 刈谷市 おすすめ度 料金 無料 50円という格安価格で乗り物が乗れる刈谷市の交通公園にも、ふわふわドームそばに噴水広場があります。 水の勢いが弱めで、噴水自体も小さいので、こちらもやはり乳児向け。 交通公園内には、ドルフィンパラダイスというイルカに乗って水路を進むアトラクションがあります。 こちらの利用ももちろん50円。 交通公園での水遊びの際は、ぜひこちらもあわせてどうぞ。 公園の隣には、冷房が効いていて快適なもあります。 豪華な遊具が揃った中京競馬場ですので、きっと水遊び広場も立派なものに違いないと期待に胸をふくらませて遊びに行ってみました。 ところが、期待と裏腹に、おどる水の広場はどこにでもあるごくごく普通の小さな噴水広場でした 泣 ボタンを押すと音楽が流れ出し、それに合わせて噴水が飛び出す仕組みなのですが、それがまた微妙。 水の勢いが非常に弱くて、音楽と噴水のリズムが合っているのかもよくわからないのです……。 2歳の子供でもすぐに飽きてしまうほどで、親子ともども非常にがっかりでした。 馬場内遊園地は日蔭がほとんどないため、真夏には遊具が触れないほど熱くなっています。 水遊び以外にできることが少ない上、駐車場から馬場内遊園地までは距離もかなりあるので、暑い日の利用はあまりおすすめできません。 名古屋市農業センターdelaパーク 名古屋市天白区 おすすめ度 料金 無料 インターネットで「名古屋 水遊び」と検索すると、検索候補に出てくる農業センター。 普段から割とよく遊びにいくのですが、水遊びスポットなんてどこにもなかった気がするんですよね 汗 でも、「もしかしたら見落としていただけかも」と期待を込めて、2015年の夏に水遊びセットを持って出かけてみました。 現在の状況については農業センターまで直接お問い合わせください。 そして、どの公園も非常に暑くなります。 油断をしていると見守っているママのほうが熱中症を起こしてしまうので、UVカットのドームテント、日傘、帽子など、ママの紫外線対策グッズも必ず持参しましょう。

次の

愛知で行きたいおすすめの川遊びスポット8選

名古屋 水遊び

【幼児向け】じゃぶじゃぶ池や川遊びが楽しめる公園 じゃぶじゃぶ池=オムツが外れていない乳幼児向けのイメージがありますが、中には幼児や小学生も充分に楽しめるような大型の水遊び施設もあります。 炎天下で日差しが強い公園が多いので、見守るママは紫外線対策をお忘れなく。 水の流れをせき止めたり、石を積んだり、川遊びのような遊びも楽しめます。 水の深さは乳幼児でも平気な足首くらいの場所から、大人のひざ下までと場所によって異なります。 よちよち歩きの小さな赤ちゃんはもちろんのこと、ソーラーで動く大きな噴水や水車などの仕掛け遊具もあるので、小学生でも充分に楽しめます。 池のほとりには軽食やアイスクリームを販売する飲食売店もあります。 自然の中にあるので木陰も多いですが、場所によっては日差しをさえぎる物が何もないことも。 ドームテントを持ち込むのがおすすめです。 小さな子供でも安心して遊べるように水をせき止めたり川底を平らに整備してあるので、2歳前後の小さな子供でも安心して水遊びを楽しめます。 自然が多い環境にあって木陰が多いので、涼しく子供を見守れるのがママにとって嬉しいポイント。 小学生以上の大きな子は、深さがある上流へ向かいましょう。 大きな岩場には、小魚やサワガニが潜んでいます。 魚をとるための網やカゴを忘れず持っていきましょう。 遊びやすいように整備されているとはいえ、自然の川。 万が一のことを考えて、素足ではなくサンダルを履いて遊びましょう。 公式HP: 大府みどり公園 大府市 おすすめ度 料金 無料 名古屋市からほど近いところにある大府みどり公園も、大きめのじゃぶじゃぶ池がある夏の水遊びの定番スポット。 外側は乳幼児でも安心して遊べるくらい浅いですが、中央にある噴水近くまでいくと大人の膝くらいの深さがあります。 噴水の勢いが強いこともあって、小学校低学年までの子供なら充分に楽しめます。 じゃぶじゃぶ池の横には木陰とベンチがありますが、夏は朝早くから埋まってしまう人気スポット。 週末や午後はベンチが空いていないことがほとんどなので、じゃぶじゃぶ池の周囲にドームテントを張っているファミリーもたくさんいます。 じゃぶじゃぶ池のすぐ隣には、キレイで利用料金が安いと評判のバーベキュースポットも。 夏休みには、バーベキューを楽しみながらの水遊びはいかが? 市民四季の森 小牧市 おすすめ度 料金 無料 市民四季の森は、小牧市の東部にある広大な敷地を誇る公園。 ミニ動物園、そりすべり、アスレチック、ミニ動物園など、子供が喜ぶ設備が充実していることで知られています。 夏に親子連れが集中するのは、ミスト状のしぶきが降り注ぐ虹の滝。 その名の通り、天気が良い日にはきらきら光る水しぶきに七色の虹が掛かって見える水遊びスポットなのです。 水の深さは子供の足首程度。 小さな子でも安心して水遊びを楽しめます。 ミスト状の滝のおかげが、水遊びエリア周辺は体感温度は低め。 ママはひんやり涼しく子供を見守ることができます。 事前予約が必要ですが、園内にはバーベキューを楽しめるBBQスポットもありますよ。 公式HP: 碧南市臨海公園 碧南市 おすすめ度 料金 無料 碧南市にある臨海公園では、園内を流れるせせらぎで水遊びが楽しめます。 名古屋市から少し距離はありますが、その分混雑度は低めの穴場スポットです。 深さはほとんどなく、どこも子供の足首程度。 岩場から勢いよく水が噴き出すミスト噴水や、くぐって楽しめるトンネル型の噴水もあり、子供たちは全身ビショビショになって大はしゃぎ間違いなしです。 深さがないため、遊んでいるのは乳幼児~幼児の小さな子がほとんど。 小学生の子供には少し退屈かも。 よちよち歩きの小さな子供をのんびり遊ばせるのには最高のスポットです。 刈谷ハイウェイオアシス内岩ヶ池公園 刈谷市 おすすめ度 料金 無料 TDL、USJに次ぐ入場者数第3位に輝いた刈谷ハイウェイオアシスでは、2種類の水遊びを無料で楽しむことができます。 ひとつめは、大観覧車のすぐ下にある噴水広場。 リズミカルに噴き出すミスト噴水に、乳幼児は大はしゃぎ。 保護者用スペースとして屋根つきのベンチがたっぷり用意されていますが、週末は朝から大混雑しています。 日傘や帽子を準備しておくのがおすすめです。 もうひとつの水遊びスポットは、岩ヶ池公園の最奥にある親水広場。 こちらは大人の足首程度の深さのじゃぶじゃぶ池。 中央から噴き出すジャンボシャワーとゆるやかに水が流れる階段に、子供たちは大喜び。 ただし、この親水広場の床は濡れて非常に滑りやすくなっています。 はしゃいだ子供が、すべって後頭部を打ってしまったことがありました。 子供が走り出しさないよう注意しましょう。 とだがわこどもランド 名古屋市港区 おすすめ度 料金 無料 名古屋市内にある数少ない水遊びスポットといえば、港区にあるとだがわこどもランド。 毎年夏には、大勢の親子連れで大混雑しています。 大人の足首ほどの深さなので、よちよち歩きの赤ちゃんでも安心して楽しむことができますよ。 広いじゃぶじゃぶ池の中央には、バンボのような柔らかい素材でできた、山型のスライダーがあります。 つるつるよく滑るので、子供たちは大はしゃぎ!みんなで力を合わせてロープをひっぱるイカダも人気です。 スライダーといかだは、小学生でも充分に楽しめる人気の遊具。 そのせいか、テンションが上がり過ぎて、走ったりふざけたり危ない遊び方をしている小学生の姿もよく目にします。 一歩間違えたら事故につながるところだった、ということが何度もありました。 監視員は常駐していますが、夏場は混雑がひどいため監視も完璧ではありません。 万が一の事故を避けるためにも、小さな子供を遊ばせる時は保護者も水の中まで入っていって近くで見守ることをおすすめします。 新地公園 知立市 おすすめ度 料金 無料 新地公園は、知立市にある図書館と歴史民俗資料館に隣接した大型公園。 夏場には、図書館の目の前が水遊び場になり、水遊びを楽しむことができます。 水は浅めで、一番深いところでも大人のくるぶし程度。 乳幼児も安心して遊ばせることができます。 何よりもうれしいのが、木陰が多いので見守るママが涼しく快適なこと。 目の前がすぐ図書館なので、遊んだあとは図書館で涼んでいくのもおすすめですよ。 フローラルガーデンよさみ おすすめ度 料金 無料 フローラルガーデンよさみは、2007年にオープンした比較的新しくてきれいな公園。 イングリッシュガーデンとフローラルプラザを囲むように、小さな子供向けの親水施設があります。 親水施設は、建物を取り囲むように細く長い川のような作りになっています。 一番端には、3本のトンネル噴水が。 水の深さは子供のくるぶしほど。 あまり広くないので、乳児~幼児向けといった印象です。 親水広場のすぐ隣のフローラルプラザの中には、オープンテラスもあるカフェ・ケイズガーデンがあります。 ここのイングリッシュスコーンは絶品!水遊びのあとは、涼しいカフェでおやつタイムはいかがですか? 【オムツの子もOK】噴水や軽い水遊びが楽しめる公園・スポット じゃぶじゃぶ池のように水の中に入ることはできませんが、水に触れて遊べる施設がある公園をご紹介します。 溺れる心配や滑る心配がないので、小さな子供のはじめての水遊びにぴったり。 でも、幼児には少し物足りなく感じてしまうかも。 鞍ヶ池公園 豊田市 おすすめ度 料金 無料 豊田市にある鞍ヶ池公園は、有料施設よりもすごい屋内プレイハウスが人気の公園。 夏は、このプレイハウスの前で、噴水による水遊びも楽しめます。 小規模な水浴び噴水だけなので、乳児なら大満足できますが幼児以上には少し退屈。 目の前にある屋内プレイルームは、夏でも冷房が効いてて快適です。 水遊びはおまけ程度に考えておくのが良さそう。 交通公園 刈谷市 おすすめ度 料金 無料 50円という格安価格で乗り物が乗れる刈谷市の交通公園にも、ふわふわドームそばに噴水広場があります。 水の勢いが弱めで、噴水自体も小さいので、こちらもやはり乳児向け。 交通公園内には、ドルフィンパラダイスというイルカに乗って水路を進むアトラクションがあります。 こちらの利用ももちろん50円。 交通公園での水遊びの際は、ぜひこちらもあわせてどうぞ。 公園の隣には、冷房が効いていて快適なもあります。 豪華な遊具が揃った中京競馬場ですので、きっと水遊び広場も立派なものに違いないと期待に胸をふくらませて遊びに行ってみました。 ところが、期待と裏腹に、おどる水の広場はどこにでもあるごくごく普通の小さな噴水広場でした 泣 ボタンを押すと音楽が流れ出し、それに合わせて噴水が飛び出す仕組みなのですが、それがまた微妙。 水の勢いが非常に弱くて、音楽と噴水のリズムが合っているのかもよくわからないのです……。 2歳の子供でもすぐに飽きてしまうほどで、親子ともども非常にがっかりでした。 馬場内遊園地は日蔭がほとんどないため、真夏には遊具が触れないほど熱くなっています。 水遊び以外にできることが少ない上、駐車場から馬場内遊園地までは距離もかなりあるので、暑い日の利用はあまりおすすめできません。 名古屋市農業センターdelaパーク 名古屋市天白区 おすすめ度 料金 無料 インターネットで「名古屋 水遊び」と検索すると、検索候補に出てくる農業センター。 普段から割とよく遊びにいくのですが、水遊びスポットなんてどこにもなかった気がするんですよね 汗 でも、「もしかしたら見落としていただけかも」と期待を込めて、2015年の夏に水遊びセットを持って出かけてみました。 現在の状況については農業センターまで直接お問い合わせください。 そして、どの公園も非常に暑くなります。 油断をしていると見守っているママのほうが熱中症を起こしてしまうので、UVカットのドームテント、日傘、帽子など、ママの紫外線対策グッズも必ず持参しましょう。

次の

名古屋・愛知県のおすすめ公園ランキング10|遊具充実の子供に人気の公園とは!?

名古屋 水遊び

第1位 モリコロパーク(長久手市) 長久手市にある1日遊べる公園 「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」。 モリコロパークはとても大きな公園ですが、その中でも遊具で楽しめるエリア 「こどものひろば」には、大型滑り台やアスレチックがいくつも設置されており、子どもたちに大人気のエリアとなっています。 このエリア内には大きな子から小さな子まで楽しむことができる遊具もいくつもそろっているので、年齢問わず思いっきり遊ぶことができます。 |水遊び場も充実 こどものひろばには、暖かい日には無料で利用することができる 「水遊び広場」もあります。 頭の上から降ってくる噴水や多数の水の遊具が設置されていますので、特に夏休み期間には多くの子が集まる人気の水遊びスポットとなっていますね。 全長40mの滑り台や巨大ジャングルジム、木製大型遊具、巨大迷路、「スーパーウェーブ」という名のゴムでできた波打つ遊具で思いっきり斜面を駆けたりと遊べる遊具が多数あります。 また、小さな子が遊べる遊具も充実しており、大きな芝生広場ではボールやフリスピーを無料で借りて遊ぶこともできますので年齢問わず気軽に楽しむことができます。 |ワンコインで遊べる遊具 有料遊具としては、全長500mのコースを走るゴーカート(1周50円)や木々に囲まれた池を遊覧するペダル式ボート(10分50円)などもありますね。 |夏はプールが解放 夏になると園内に併設されているプールが解放され、中学生以下200円(3歳未満は無料)で利用することができます。 プール内には大小の2種類の滑り台や児童用・幼児用プールがあり、大きな子から小さな子まで思いっきり遊ぶことができます。 大高緑地公園には、恐竜のしっぽを滑る滑り台や長さ約50mはあるロングスライダー、芝生の斜面を滑ることができるスライダーなど滑り遊びだけでも色んな種類があります。 もちろんスライダー以外にも、大型複合遊具やブランコ、砂場など様々な遊具が充実しているので思いっきり身体を動かして楽しむことができます。 |遊具以外の楽しめるエリア その他にも、様々なコースでプレーできるパターゴルフ(100円~)や小山を登ったりと楽しむことができるゴーカート(100円~)、ボート、テニスコートなど遊具以外にも楽しめる遊び場が充実しています。 お手軽に利用できる所が多いので、気軽に色々遊べて盛り上がれますよ。 |自然が満喫できる 大きな芝生広場ではキャッチボールやバドミントンなどで遊ぶこともできます。 特に芝生広場は春になるとたくさんの桜に囲まれるおすすめのお花見スポットとなります。 思いっきり遊んだ後は自然を満喫しながらゆっくりお弁当を食べるのもありですね。 |その他の人気エリア その他にも大高緑地内には600mのコースを歩いて動く恐竜を間近で見ることができる「ディノアドベンチャー」や夏場にはプールを中学生以下200円で楽しむことができるます。 1日では遊び尽くせないほどのエリアがある何度でも行きたい子どもに人気の公園となっています。 138タワーパークには数多くの遊具が設置されており、特に滑り台に関しては大小合わせると20種類を超えるくらいの数があります。 もちろん滑り台以外にもターザンロープやロープ登り、ぐらぐら橋など色んな遊びを楽しむことができます。 その中でもトランポリンのように飛んで遊ぶことができる「ふわふわドーム」は、特に子どもたちに大人気の遊具となっています。 |水遊びもできる そして、暖かい日には水遊びが楽しめる小川 「やすらぎの池」で楽しむこともできます。 小川と言っても安全に遊べるように水の流れも緩やかに、そして深くならないように作られた人工池なので、小さな子も安心して水浴びができるのも人気の理由となっていますね。 岩ヶ池公園は、自然の中で楽しめる 「林間公園エリア」とお手軽に遊園地も楽しめる 「遊園地エリア」に分かれています。 | 林間公園エリア 「林間公園エリア」では、生い茂った木々の中を駆け抜ける滑り台や、ぐらぐら橋やボルダリング、綱渡りなどのアスレチック遊具で遊ぶことができます。 その他にもターザンロープやネットトランポリン、木登りネットなど多数の遊具がありますね。 |遊園地エリア 「遊園地エリア」では、2階構造になった大型遊具では、金網の中を歩いたり、くぐったり、滑り台を滑ったりと身体全体で楽しむことができます。 もちろん、小さな子が遊びやすいような小さな滑り台や跳ねたりできるエリアもあるので、安心して遊べます。 |お手軽で楽しめる遊園地 こちらからは有料となりますが、白馬に乗れるメリーゴーランドやきれいなお花や動物たちのオブジェを眺めながら約200mの遊覧が楽しめる汽車、空中遊泳が楽しめる飛行機、全長520mのサーキットを走るゴーカート(いずれも1人100円)なども人気ですね。 公園だけでなく、お隣の刈谷ハイウェイオアシスも合わせて楽しめるのもおすすめの理由となっています。 滑り台だけでも数種類あり、特にこれから紹介する3つの滑り台が子どもたちに人気となっています。 まず1つ目に紹介したいのは子供の森エリアにある木々の中を突き進むように滑るロングスライダーです。 生い茂る森の中を全長約50mもの長いローラー滑り台で滑走します。 自然を満喫しながら滑ることができるのが人気の理由ですね。 2つ目に紹介するのは、同じく子供の森エリアにあるかなりスピード出るビニール製の滑り台です。 初めて乗る方は驚くこと間違いないというくらい速さが出ますので爽快感は抜群です。 スリル満点のこのスライダーに子どもたちは何度も滑っていますね。 3つ目に紹介するのは、アスレチックエリアにある大型複合遊具と合わさった滑り台です。 滑り台を含めた複合遊具はロッククライミングやジャングルジム、ロープ登りなども楽しむことができ、滑り台以外にも思いっきり身体を動かして楽しめますよ。 |その他の人気エリア あいち健康の森公園は、小さな子も楽しめる広場もあり、さらにテニスコートや土日などはゴーカートやセグウェイを乗って楽しめるイベントも開催されています。 特にアスレチック遊具が多く設置されているため、子どもたちにおすすめの公園となっていますね。 戸田川緑地の中でも遊べる遊具などがそろっている 「とだがわこどもランド」となっています。 一番人気の大型複合遊具は、くねくね道や坂道を走り回ったり、30mの滑り台やターザンロープ、ネット遊びなど約30種類の遊具が複合されており、思いっきり楽しむことができます。 |小さな子が遊べる遊具も充実 もちろん小さな子向けの滑り台などの遊具も充実しており、砂場もありますね。 大きな子から小さな子まで遊びやすい公園となっています。 |雨でも遊べる屋内エリア プレイハウスもありますので、急な雨が降ってきても問題ありません。 ハウスは2階建てとなっており、大きくはありませんがジャングルジムやボールプール、滑り台などが設置されています。 また、体育館のようなホールでは走ったりすることもできますし、土日祝日には屋内イベントも開催されているので天候を気にせずに遊べるスポットとなっています。 |お手軽で遊具も楽しめる お手頃料金で遊べる有料遊具もいくつかあります。 地上10mの上をペダルを漕いで進むサイクルモノレールでは近くを流れる戸田川や木々を見ながらゆっくり空中遊泳を楽しむことができます(1周100円)。 また、ペダル式ゴーカートなどもあり、楽しめる遊具がそろっていますね。 |人気の水遊びエリア とだがわこどもランド内には水遊びができる小川やじゃぶじゃぶ池があり、5~10月頃の暖かい日には水遊びを無料で楽しむことができます。 特に人気なのはじゃぶじゃぶ池内にある滑り台のある小山「きりふき山」となっており、夏場は多くの子でにぎわう水遊びスポットとなっていますね。 庄内緑地は遊具の数は少ないですが、広い芝生が広がっており、周囲には木々が生い茂っているので自然を満喫することができます。 芝生広場が広いことから多くの方が足を運ぶ季節であっても圧迫感が少ないところが人気となっています。 ゆっくり休日を過ごしたい方には人気の公園となっていますね。 |人気の水遊び場 そして、夏季には大噴水広場などで水遊びを楽しむことができます。 定期的に霧状に高く噴射される噴水は子どもたちに大人気の水遊びスポットとなっていますね。 木曽三川祖父江公園の特徴は何と言っても大型の複合遊具がそろうこととなっています。 まるで本物の船のような大きな船の遊具をはじめ、様々な滑り台やロープ遊び、ロッククライミングも楽しめるなど多数の遊具が設置されています。 また、 長さ約70mもある長いローラー滑り台は絶対に遊びたい遊具となっていますね。 | プールの滑り台も長い また、公園内には大きなプールもあり、その中には大きなロングスライダーがあります。 大人(高校生以上)は450円、子どもは200円、3歳未満は無料とお手軽な料金で利用できることから夏場には多くの子たちが遊ぶ人気のプールとなっています。 公園内には大きなローラー滑り台を含む大型複合遊具が設置されており、複合遊具では滑り台の他にロープ登りや網くぐりなどが楽しめます。 ただし、その他の遊具はブランコやターザンロープ、幼児用滑り台とさほど多くはありません。 それでも天白公園が人気なのは、設備が整ったバーベキュー場と隣接する形で遊具広場があるので、食べ終わった後に子どもたちが思いっきり遊べるという点ですね。 遊具広場が目と鼻の先にあるので、遠目で見守りながら遊ばせられるのでお互い安心して楽しむことができます。 |人気のバーベキューエリア そのバーベキュー場は、炉とテーブルが20セットも設置されており、大きなコンロを持って行かなくてもすむので人気ですね。 バーベキュー場は予約ゾーンと先着順に利用できるゾーンに分かれており、バーベキューシーズンには多くの方でにぎわう人気のスポットとなっています。

次の