務め させ て いただき ます。 ユーロスペース支配人・北條誠人さんに特別授業「配給・宣伝」の講師を務めていただきました|日本映画大学

金閣寺 いただき (【旧店名】いただきsecond)

務め させ て いただき ます

ちょうど秋の取り入れ作業がひと段落したころ、新米も出来たことだから何か変わりご飯でも炊いて…という訳で、郷土料理のサワラ飯、カマス飯、ののこ飯の登場となるわけです。 一見いなりずしのようですが、作り方は全く違い、弓ヶ浜の代表的な郷土料理です。 運動会や行楽のお弁当に良く作られます。 昔は、大鍋や飯釜で炊いたものですが、焦げ付きやすく火加減が面倒なので、ここでは簡単にできるように、ガスや電気の炊飯器出で作ってみました。 8リットル炊きの釜で、ののこ8個が適量です。 まず米を洗い、1時間にぐらい水につけてざるに上げておきます。 一辺が10cmくらいの三角形の油揚げは熱湯をかけて油抜きし、ごぼうはささがきにして水に放します、このみでにんじん、しいたけ、鶏肉などを入れてもいいのですが、ごぼうだけの素朴な味も捨てがたいものです。 砂糖、醤油、酒を合わせておきます。 釜に4個ずつ2段に並べ、残りの合わせ調味料とこんぶのだし汁カップ6をくわえて炊きます。 焦げつきを防ぐためにだし汁に使ったこんぶを釜の底にしくのもよく、赤貝、アサリなどの貝類を殻ごとひと並べしてもおいしいものです。 貝類をしく場合はだしでなくても水で結構です。 底に敷くものによって水、調味料の量は調整してください。

次の

講演会の座長を務めさせていただきました ≪ 医療法人社団 にしぞの内科

務め させ て いただき ます

講演会の座長を務めさせていただきました 院長の西園です。 3月14日、宮崎市郡内科医会の学術講演会があり、座長を務めさせていただきました。 講師は、日本医科大学消化器内科の二神生爾先生でした。 「慢性便秘症治療の最前線」という演題で、便秘症の病態や治療について、最新の知見をご教授くださいました。 便秘というと、あまりにもポピュラーな病気ですので、患者さん側もわざわざ医療機関へ相談に行ってもよいものかためらうこともあるのではないかと思います。 しかし、便秘のために不登校になる児童や仕事に集中できなくなる成人もいて、生活の質に左右しかねないこともあるようです。 中には大腸癌などの深刻な病気が隠れている場合もあり、きちんと対処していく疾患であることがよく分かりました。 便秘薬にもさまざまなタイプの薬があり、それぞれ長所や短所を考えながら、使い分ける必要があるということでした。 最近、新しい作用機序の便秘薬も出ていて、その特徴などを詳しく教えて下さいました。 明日からでも役に立つお話をきかせていただきました。 会場には、予想以上にたくさんの先生方が出席されました。 ちょっと意外でしたが、皆このテーマに興味を持たれていたのですね。 「たかが便秘、されど便秘」といったところでしょう。 懇親会では、講師の先生も交えて、学会のお話などをお聞かせいただきました。 慢性便秘症については、近日中に治療のガイドラインが発表されるとのことですが、さまざまな先生方の意見があるため、調整に時間がかかっているようです。 多くの便秘に悩む方のため、早く指針が定まることを願っています。

次の

いただき(ののこ飯)

務め させ て いただき ます

先週3月11日は、兵庫県明石市の男女共同参画センター女性相談員さんの研修にて、講師を務めてさせていただきました。 テーマは「援助者の二次受傷とセルフケア」。 当日は少人数にも関わらず、とても広い部屋をご用意くださり、明るい陽射しのなかお花や音楽でお迎えくださり、参加者の皆様方の温かいお心遣いにほっこりと癒される気持ちになりました。 被害者に共感的な関わるほど他者に起こったトラウマによって援助者自身が傷つき、影響を受けてしまうことが研究で明らかになっています。 今回の研修では、援助者という仕事に含まれるリスクを認識し、予防と治癒ために意識的な努力をすること(セルフモニタリングとセルフケア)について お話させて頂きました。 セルフケアの一つとして「支持的な職場環境」はとても重要ですので、少しでも皆で体験を共有できれば・・とグループの時間がとれるよう努めましたが、2時間はあっという間・・でした! 研修最後は、時間がきたことを名残惜しく感じながら、援助者同士少しでも共有させていただけたことに感謝しつつ、皆様の益々のご活躍とご健康を祈りました。 今回の研修の準備の過程で改めて自分自身を振り返りましたが、こうして長い年月、女性ライフサイクル研究所での臨床を続けてこられているのも、周囲の皆様からの温かいご支援があってのことと、改めて感謝の気持ちを持ちました。 本当にありがたいことと感謝いたします。 2月より、新型コロナウイルスへの対応で、誰もが皆様々なストレスを感じ、心身ともに疲弊していることと思います。 互いに支えあいながら、この状況を乗り越えられたらと思います。 皆様もどうぞセルフケアを大切にし、ご自愛くださいませ。 この日はいいお天気。 明石海峡、明石海峡大橋を見るのが大好きです。 素敵な景色を見て、元気をもらいました!

次の