朗読 劇 レ ミゼラブル。 音楽朗読劇「レ・ミゼラブル」11日マチネ公演を見て

会社概要 株式会社MA パブリッシング

朗読 劇 レ ミゼラブル

音楽朗読劇「」、2019年8月11日 13時公演を観劇しました。 役はさん、ジャベール警視は神尾晋一郎さん、コゼットやガブローシュを演じたのはさん、マリウスを演じていたのは駒田航さんでした。 「」は原作をきちんと読んでいないため、映画のみの印象で向かったのですが、映画の記憶 とは言え見たのは中学生くらいのはずなのであまり当てにはならない とは随分印象が違っていて、あちこちそうだったのか!となっていました。 例えばマリウス。 君そんな複雑な家庭事情を抱えていたんだ!?とか。 全編の流れを踏まえて書けたらいいのですが、長ったらしくなりそうなのでとりあえず青山さんを中心に。 よっぴーが初めて喋ったのは煙突掃除の男の子でした。 音楽朗読劇はオンリーで行われる「朗読アカデミー」や「声の優れた俳優による」などと異なり、役としての衣装がしっかりあるため、白いドレスで男の子の声がすると何だか不思議な気持ちに。 無邪気なのが一転、というシーンに胸が痛くなりました。 次に彼女が喋ったのは確か8歳のコゼットでした。 やっぱり目の前でお芝居をしているのを見ているからこそ、なんだか不思議な気持ちに。 文字に起こすとありきたりな感じになってしまいますが、あどけない少女、という感じのお芝居で、悲壮感はそこまで感じないものの、「もう帰らなくていいの?」というセリフなどに庇護欲をそそられました..... どう頑張っても犯罪臭を隠せなかった ただここで個人的に予想外だったのはフォンヌが一切喋らなかったことです。 脚本上、彼女が喋らなくとも もちろん破綻なく成立していくのですが、せっかくならよっぴーの母としてのお芝居が聞きたかったなあと。 初めの引っ越しの際は、まだそんなに成長していないように感じたんですが、に向かったのっていくつでしたっけ? すっかり忘れてしまった 恋をするまでのコゼットはそんなに多くは喋っていないですが幼い印象が強かった。 そしてマリウスが現れました。 めちゃめちゃ失礼なんですけど、キャスト表見たときに駒田さんがマリウスかー、なんてちょっと笑ってたんですよ、なんせが演じていたマリウスが印象に残っていたし、なんとなく貴族然とした青年を演じる駒田さんのイメージが付かず。 でも出てきたときから、ああマリウスだなと思ったし、マリウスの身の上を聞くと地に足の付いた青年だし、ああなんかすごくぴったりだなって。 役者さんってすごいですね。 突然語彙力が0になる この後、ガブローシュとしてよっぴーが話しだしました。 これも単に記憶から抜けてるだけかもしれないんですが、マリウスの隣の家にテナルディエ夫妻が居て、ガブローシュの親がつかまっちゃって、という話もえっ、そうだったの!?となりました。 映画にあったっけ..... 長編小説をミュージカル、映画、朗読と見比べるとその情報の取捨選択が面白いなと思ったり。 よっぴー演じるガブローシュ、ふてぶてしさがすごい。 いや多分だれがやってもおそらくふてぶてしいんだろうけど、それにしてもめちゃめちゃふてぶてしかった。 このシーンを見ながら、いや少女のコゼットを見た時も思ったんですが、ああ、みにゃみはここでどんな芝居をしたんだろうな、ということが頭をよぎって、再演にもさんが出たらいいなあという気持ちになりました。 ガブローシュは、いや煙突掃除の少年もそうだったんですが、少年のお芝居をするときのよっぴー、ものすごく表情が豊かなんですよ。 そこがとってもすき。 それにガブローシュは革命軍の青年たちに憧れていて口上や「共和制万歳!」と言ったセリフを言うので、そこもめちゃめちゃ好きだった。 なんかこうガブローシュは内に秘めるとかは一切なく、すごく分かりやすく、こうもやもやとかもあまりなく、それが全部声に、というか音に乗っている感じがしてそれがいいなあと。 逆にマリウスと結婚するまでのコゼットは淑女足らんと意識している気がして、こう、なんとなく言葉にいろいろな思いが載っている感じがしてそれはそれですきです。 反面、マリウスはガブローシュのように全部ストレートな感じがするんですよね、あんまり迷いとか、内に秘めるという印象じゃない。 これは駒田さんの声質もあるのかなあ、どうなんだろう という感じです。 要検討。 バルジャンとガブローシュとのやり取りを見て、彼女のお父さんだ!着いていけば彼女の家が分かるのでは?となるマリウス、もちろんそれはその通りなんだけどそれはストーカー..... と思う私なのであった。 あとマリウスとコゼット両想いじゃん!ってなった時に なんか非常に俗っぽい表現になったが あからさまにピンクの照明が入ったのは、公演後にフォロワーさんと喋ったときにやっぱちょっと愉快だよねってなりました。 作品の性質が全然違うので較べるのはあまりよくありませんが、設備上の問題の可能性もあるけど、今回の公演、「グレート・ギャッツビー」より音響もBGMも照明も大味かなと。 再演はもう少しアップデートされていたらなあと思います。 黄色っぽいライトでだけを照らして、背景の旗に警視やコゼットの影が映っているのは好きでした。 バルジャンが帰ってきたときに慌てるコゼットもすごく良かった。 よっぴーのコゼット、やっぱりめちゃめちゃ上品に聞こえるんですよ。 あんまり甘口って感じじゃなくて、あくまで上品。 すごく慌ててるのは伝わってくるし、でもこう、感情が抑制されている感じがする。 なんとなく淑女って全部表に出すわけじゃなくて、ある程度感情を抑えるのを良しとされるじゃないですか。 それをすごく感じる。 結婚式のシーンはコゼットがただただ幸せそうで、成長したコゼットの無邪気な感じに嬉しくなった。 多分このシーンが作中で最も幸せなシーンな気がする。 個人の見解です 式の翌日、「すぐ帰ってくるわよね?」と聞くシーンも無邪気さがあって概ねバルジャンの視点で進んでいる朗読のため逆に切なかった。 マリウスと二人、バルジャンの元にやってきたとき、「そんなことおっしゃらないで!!!」って怒ったコゼットに、ここだけは『青葉の軌跡』の七瀬佳乃を重ねてしまってもうだめだった。 感情の流れもシーンの流れもものすごく似てると思うんです、藍ちゃんを引き留めるシーンに。 ああ、泣いてるなあ、ってところも見えて余計に泣けてきてしまった。 最後にカーテンコールで出てきたとき、わりと2回目くらいまでは遠かったのもあるかもしれないけど、よっぴーじゃなくてコゼットだなあって思ったんですよね。 でも三度目かな、お辞儀する前だったか後だったか、涙をぬぐったり、なんとなく手がふわふわしたまま捌けていくよっぴーを見て、ああ、私が知ってるさんだ、ってなってちょっと泣きました。 本当は伊東さんとか神尾さんのお芝居についても書きたかったんですが、もう2900文字が目前なので今日はこの辺で。 cocoa-kasiwane.

次の

朗読で描く海外名作シリーズ音楽朗読劇 テアトルバージョン「レ・ミゼラブル」

朗読 劇 レ ミゼラブル

今回は『レ・ミゼラブル』に取り組ませていただきます。 特にミュージカルで知られた作品で、多くの人がその音楽を耳にした事があると思います。 今回はミュージカルの原作となったヴィクトル・ユーゴーの小説から朗読劇版にしています。 ミュージカルでは描かれていない場面や人間関係をより一層キャラクターを知ってもらうために取り入れながら、歌うのではなく語るからこそ伝えられる物語を目指して現在書いています。 このシリーズではおなじみですが、毎回異なる俳優、または組み合わせでお送りすることで、同じ台本でも感情移入するキャラクターが変わったり、正義と悪の境界さえ、演じる人によって変わるかも知れないのです。 音楽は茂野雅道さんのオリジナルで、今回の台本のために作曲していただくものです。 ミュージカル版を愛する人にも、出演者を愛する人にも、『レ・ミゼラブル』を原作が描く姿を今一度新鮮にご覧いただけるように準備したいと思っています。 是非、新たな気持ちで朗読劇版『レ・ミゼラブル』、お楽しみにしていてください。 ご入場が開演に遅れる場合、スタッフが順次ご案内をさせていただきますので、 スタッフの指示に従い、客席内にお入りください。 また、演出の都合上、客席にご案内できない時間帯がございます。 お時間に余裕を持ってご来場ください。 チケットの半券をお持ちでない場合、再入場は出来ませんので、予めご了承ください。 [当日引換券とは…] 公演当日、開演の30分前より受付にて、座席指定券とお引換えいただくチケットです。 お連れ様とお席を連番でご用意できない場合もございます。 また、お座席はお選びいただけませんので、予めご了承ください。 充分にご注意ください。 【ご来場の際は、お手元のチケットを必ずご確認ください!】 公演日時のお間違え、チケット忘れなどはご観劇いただけません。 お手元にあるチケットの日時を再度ご確認の上、ご来場ください。 転売されたチケットは無効となり、ご入場をお断りさせていただく場合もございますので、ご注意ください。 (付き添いの方がご観劇される場合も、チケットは必要となります。 お預かりしたプレゼント等は、各出演者にお渡しいたします。 郵送でお送りいただいた場合もお断りいたしますので、重ねてご了承ください。 予めご了承ください。 お手荷物は各自でお持ちください。 大きなお荷物に関しては入口付近のスタッフがお預かり致します。 お声がけください。 なお、貴重品は必ずご自身でお持ちください。 これらの行為は法律でも禁止されております。 公演中止にもなりかねませんので、ご協力いただけますようお願い致します。

次の

音楽朗読劇「レ・ミゼラブル」観劇した感想。中澤まさとも/内匠靖明さんの白熱する演技!

朗読 劇 レ ミゼラブル

「音楽朗読劇 レ・ミゼラブル」は、名作文学「レ・ミゼラブル」を俳優たちが語る朗読劇です。 「俳優の生の声で、舞台では表現できないキャラクターを描く」というコンセプトのもと「朗読で描く海外名作シリーズ」としてスタートし、これまでに「ジキルVSハイド」「グレート・ギャツビー」などで知られてきた朗読劇シリーズのひとつとなっています。 主に舞台や映画のミュージカル作品として知られる「レ・ミゼラブル」ですが、この朗読劇では原作であるヴィクトル・ユーゴーの小説がもとになり、じっくりと情景や感情を語る朗読劇ならではの深みのある世界観が注目ポイントとなっています。 キャストには伊東健人、岡野友佑、神尾晋一郎、岸尾だいすけ、小林裕介など実力派俳優が並んでおり、公演によってキャストが変わり、ひと味違う心情表現がなされるのも見どころです。 会場はTOKYO FM HALLで、2019年8月5日から1週間にわたって公演が行われる予定です。 「音楽朗読劇 レ・ミゼラブル」は、「朗読で描く海外名作シリーズ」のひとつとして公演が予定されている朗読劇です。 舞台やミュージカルでは省略されてしまう細かな場面表現や登場人物の心情表現を、「俳優が生の声で語る」というかたちで掘り下げて見せることをコンセプトとしたシリーズで、ミュージカルの名作として有名な「レ・ミゼラブル」のストーリー面にフォーカスが当たり、より深みのある表現で描かれます。 原作はミュージカル作品の原典でもあるヴィクトル・ユーゴーによる小説で、翻案・演出を田尾下哲が、音楽を茂野雅道が務めます。 公演では伊東健人、岡野友佑、駒田航、土田玲央、中島ヨシキといった総勢23人もの実力派俳優が役柄を入れ替えながら語る予定で、同じ登場人物でも演じる語り手によって表現や印象が変わり、「誰が正義で誰が悪か」というストーリーの根本すら揺るがしていく展開が見どころとなっています。 名作を新鮮に描いてみせる新感覚の朗読劇として、必見です。

次の