ストリーム レコーダー。 【再配布】削除されたストリームレコーダーをChromeに導入する方法

Vector: 驚速ストリーミングレコーダー 2

ストリーム レコーダー

通常の方法ではダウンロードできない「」の動画を簡単にダウンロードできる 神ブラウザ拡張機能『ストリームレコーダー』 しかし、2019年3月頃からChromeウェブストアより削除され配布停止、数ヶ月経った現在でも再配布の目処は立っておらず、インストールできない状況が続いています。 すでにストリームレコーダーをインストール済みの場合はそのまま利用できますが、何らかの理由でストリームレコーダーが削除されてしまったり、使えなくなってしまった方、そもそもインストールできなかった方もいるでしょう。 関連記事: 5月23日更新: コード部分をそのままコピペした際に文字列が自動整形され、ストリームレコーダーが正常動作しない問題を修正しました。 コメントでのご指摘ありがとうございました。 配布停止になったストリームレコーダーをインストールする方法2選 デベロッパーモードからインストール 現状、「Google Chrome」にストリームレコーダーをインストールする方法はこれしかありません。 恐らく多くの方は、メインブラウザに「Google Chrome」を利用していると思うので、はじめにご紹介。 ストリームレコーダー本体をダウンロード はじめに、以下のリンクから海外サイトへ飛び、サイト下部の『 普通下载地址』のリンクからストリームレコーダーをダウンロードしてください。 尚、リンクはミラー含め6つあると思いますが、 どのリンクからでもダウンロード可能です。 新規ファイル作成【コピペ可】 ダウンロードしたzipファイルを解凍後、フォルダ内は以下の画像のようになっているかと思います。 こちらに 新規ファイルを2つ作成します。 1)ファイル名: background. html ファイル内に下記文字列をコピペし保存 2)ファイル名: options. ストリームレコーダーをインストール 最後に、「Google Chrome」にストリームレコーダーをインストールします。 まずはブラウザの設定から、 拡張機能画面を開きましょう。 次に、 「デベロッパーモード」を有効化し、 「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」を選択してください。 画面遷移後、先ほどダウンロードした ストリームレコーダーのフォルダを指定し、インストール完了です。 尚、ストリームレコーダーの使い方や画質変更方法などは以下の記事で詳しくまとめているので、参考までに。 デベロッパーモードは元々開発者用機能のため、注意喚起のために毎回表示される仕様です。 「無効にする」を選択した場合ストリームレコーダーが使えなくなってしまうので、ポップアップ内右上のバツ印をクリックして閉じましょう。 ちなみに、次項で解説する「SRWare Iron」の場合、この手の不要なポップアップは一切表示されないため、頻繁にブラウザを起動する方や、鬱陶しいと感じる場合はそちらを利用するのもおすすめです。 また、記事最下部コメント欄にて、過去寄せられた疑問に関して解決策を提示しているので、合わせてご覧頂ければ幸いです。 crxファイルからインストール crxファイルからインストールする場合、「Google Chrome」ではなく 『SRWare Iron』を利用します。 『SRWare Iron』は「Google Chrome」から余計な機能を取り除いた軽量版ウェブブラウザ。 そして「Google Chrome」ではChromeウェブストアからでしか追加できない拡張機能を、 外部の「crxファイル(拡張機能本体)」からでも追加できるのが『SRWare Iron』となります。 ウェブブラウザ「SRWare Iron」をダウンロード まずは以下のサイトより 「SRWare Iron」をダウンロード&解凍してください。 サイトのほうは英語で少々分かりづらいので、上記画像を参考にして頂ければと思います。 以下のサイトよりストリームレコーダーのパッケージファイル 「ストレコ. lzh」をダウンロード&解凍してください。 ちなみにフォルダの中に• crx• ストリームレコーダーを導入【簡単3ステップ】 ここからcrxファイルを使ったストリームレコーダーの導入に入ります。 ブラウザは「SRWare Iron」、加えてChromeウェブストア以外からのインストールと通常とは異なりますが、簡単に導入可能です。 はじめに、ウェブブラウザ「SRWare Iron」を起動後、拡張機能の設定画面を開いてください。 尚、今回ダウンロードしたブラウザはPortable版なのでPCにショートカットは作成されていません。 解凍したフォルダ内の「IronPortable. exe」を直接起動してください。 次に、先ほどダウンロードした「ストレコ. lzh」内のファイル『1. xxx」の2つは私が検証用にパッケージ化したファイルなので、実際のフォルダ内は上部の2ファイルのみです。 ブラウザ下部に確認メッセージが表示されたら「続行」を選択。 最後に「拡張機能を追加」で導入完了です。 例えば「SRWare Iron」の他に私が実際に利用しているブラウザに「Vivaldi」がありますね。 しかし、こちらは外部からの拡張機能追加に対応しておらず、加えてユーザーインターフェースもChromeとは全く違うので、慣れるまでに若干時間が掛かるデメリットがあります。 結局のところ、• 外部拡張機能追加に対応• Chromeと使い勝手が同じ といった理由から、現状では「SRWare Iron」もしくは「Google Chrome」にストレコ導入が最善だと思います。 ちなみに、元々は「Google Chrome」も外部パッケージ(crxファイル)からの拡張機能追加に対応していたんですが、2018年末のアップデートで削減されてしまい、今では公式の「Chromeウェブストア」からでしか追加できなくなりました。 アップデートによる改悪は往々にしてあるものですが、これは今回利用した「SRWare Iron」にも同じことが言えます。 html』のファイル名or内容のどちらかが間違えている可能性が高いです。 もう一度ファイル作成しつつ、細かい部分、例えば拡張子が「. html」であることも確認しつつ、ファイル作成してみてください。 html』のほうも同様のエラーが返されます。 ただ、ストリームレコーダーも万能ではないので、一部ダウンロードできない動画も存在します。 ストリームレコーダーで403エラーに遭遇したことがないのでなんとも言えませんが、その他の動画で最後までダウンロードが可能であるなら、十中八九その動画に問題があると思います。 念の為ファイルの中身のほうを確認させて頂いたところ、以前リンクしていた「ストレコ. lzh」と全く同一であることが確認できました。 早速ですがリンクのほう貼り替えさせて頂き、記事内容も一部更新させて頂きました。 ご一報ありがとうございます。 それは「options. html」のファイル作成に失敗した際に表示されるエラーですね。 それ以前の「background. html」でエラーが表示されていない(正常にファイル作成できている)こと、加えてコピーや手入力で何度も試したことを考慮すると、ありがちな凡ミスは考え辛いので、正確な原因はちょっと分かりかねますね・・・ 基本的に本記事のファイルネームと中身をコピペするだけで問題なくインストールできるとは思うのですが、もしかしたら環境にも依るのかもしれません。 こちらはファイル作成などの作業は一切必要ないですし、ちょうどリンクのほうも更新したので、まず問題なくインストールできるかと思います。 確かWindowsのデフォルト設定では非表示になっていたと思うので、この部分は設定変更必須ですね。 恐らく本記事をご覧になっている方の大部分は対応済みだと思いますが、念の為追記しておきました。 実はコード部分が間違っていても、ファイル作成してしまえばインストール自体はできてしまいます。 ただ、当然そのままでは正常動作せず、結果インストールはしたもののサイト上で全く反応しない(アイコンが変化しない)ということになります。 それでもダメそうなら、2つ目の『crxファイルでのインストール方法』をお試しください。

次の

ストリーミング動画を保存する方法 6選

ストリーム レコーダー

ダウンロードより、ユーザーはオンラインでビデオや動画をスムーズに視聴でき、そしてすべての動画内容がパソコン、スマホでダウンロードされることを待つ必要がありません。 最近、盛んになっているライブ配信もストリーミング動画に属します。 ストリーミングビデオを保存、ダウンロード及び録画したい方はぜひ下記の方法をご覧ください。 方法1:ストリーミング動画を録画して保存する|4Videosoft画面キャプチャー ストリーミング動画はインターネットに接続しながら見るビデオです。 そのため、ストリーミング動画を見ながらそれを録画ツールでレコーダーすることが最適な方法だと思われます。 いくつかの録画フリーソフトを試して、音ズレや音飛びなどことがよく発生しますのでうまく利用できない場合も多いです。 ですから、という専門録画ソフトをお勧めです。 では、ストリーミング動画を録画する具体的な方法を一緒に見ましょう。 録画機能を選択 このストリーミング 動画 録画ソフトを起動して、インターフェースから「録画 レコーダー」を選択してください。 動画の録画範囲を設定 インストール完了後、ソフトを起動して開きます。 インターフェースの「スクリーンレコーダー」をクリック、録画場所に入り、範囲を選択のところで録画したいユーチューブ動画の画面サイズを調整してください。 全画面を録画でき、またPC画面の一部分だけの録画も可能です。 ストリーミング 動画を保存 録画を終了したいなら、操作バーの終了バタンをクリックしてください。 出た画面で録画した動画を再生してチェックしてから、「ビデオを保存」を選択すると、保存先を選択してストリーミング動画を保存できます。 方法2:URLでストリーミング動画のダウンロードする|ビデオダウンローダー 上記の方法でストリーミング動画を保存するにはずっとストリーミング動画サイトを開かなれればなりません。 もしこのストリーミング動画をダウンロードしておきたいと、というダウンロードツールをおすすめです。 ストリーミング動画のURLを貼り付けたら自動にストリーミング動画が保存されます。 ビデオダウンローダーというソフトでストリーミング動画をダウンロードしてパソコンに保存すれば、いつでも自由に見えます。 また、Twitter、Yahoo、Facebook、Hulu 、Gyaoなどのオンライン動画サイトからビデオをダウンロードすることもできます。 方法3:Firefoxでストリーミング動画を保存|Video Download Helper とはFirefoxのアドオン(ブラウザに組み込むツール)です。 余計なダウンロードソフトなどインストールしないで、ストリーミング動画をダウンロードすることができます。 Video DownloadHelperは動画のダウンロードがとても簡単で、ブラウザからストリーミング動画を再生させ、ブラウザのツールバーにあるVideo DownloadHelperをクリックします。 すると解析しダウンロードできる動画を選択できます。 動画を選択すると、保存先、ファイル名など選択し保存を押すとダウンロード完了です。 方法4:Chromeでストリーミング動画を保存|ストリームレコーダー ストリームレコーダーはHLSと呼ばれるストリーミング技術(m3u8とtsファイルを使用)で配信されている動画をキャプチャできる拡張機能でした。 「ストリームレコーダー」では、HLSに対応しているストリーミングの動画をmp4としてダウンロードできます。 ユニークなキャプチャ機能を搭載してるので、通常のダウンロードアプリとは異なり直接録画できるのです。 また、音声や動画データは高品質のままmp4に変換できます。 全て拡張機能によって変換されるので、外部のサーバーを必要としません。 なお著作権者から許可されずに、アップロードされた動画をダウンロードすることは違法なので気をつけてください。 ストリームレコーダーもっと了解したい方はとまでご参考ください。 方法5:iPhoneでストリーミング動画を保存する方法|画面収録 PCでストリーミング動画を保存できることを除いて、iPhoneで気軽にストリーミング動画を録画・保存することができます。 iPhone自蔵の画面収録機能でストリーミング動画の保存を実現できます。 しかし、「画面収録」はiOS 11で追加された機能なので、この機能を利用するにはiPhoneのOSをiOS 11にアップデートしなければなりません。 Step 1:「設定」アプリを開く > コントロールセンターに入る > コントロールをカスタマイズをタップしてください。 Step 2:「コントロールを追加」で、「画面収録」前 ボタンをタップして、追加します。 方法6:Androidでストリーミング動画を保存する方法|AZ スクリーン レコーダー Androidでは『AZ スクリーン レコーダー』というサードパーティ製アプリが多機能で、評判も非常に良いのでおすすめです。 Androidセントラル、Yahooニュース、CNET、Google Playホームページなど、様々なプラットフォームで取り上げられました。 AZ スクリーン レコーダーは、Android端末の画面を録画するには最高のアプリです。 ルートへのアクセスも不要、時間制限なし、ウォーターマークなし、広告なし、さらに使い方がとても簡単です 録画開始および停止操作のみ。 具体的な方法はまでご参考ください。 以上はストリーミング動画を保存する方法です。 録画ツール、URL、FirefoxとChromeブラウザの拡張機能、及びスマホ(Android・iPhone)アプリでストリーミング動画を保存できる六つの方法を説明しました。 自分のニーズに応じて最適な方法を選んでください。

次の

【2019年】ストリームレコーダー(ストレコ)をChromeにインストールする方法

ストリーム レコーダー

グーグルクロームの拡張機能を、「Chromeウェブストア」から追加するだけで、安全簡単無料にてダウンロードできるようになります。 分かりづらいアダルト動画のダウンロード方法をご紹介し、皆様のアダルトライフの充実が図れ、ついでに弊社製品を知っていただければ幸いです。 対象はパソコンであり、OSはWindows7 〜 Windows10ですので、iOSやAndroidは対象外となります。 グーグルクローム以外のブラウザをお使いの方は、グーグルクロームをインストールしてください。 グーグルクロームを検索します。 グーグルクロームをダウンロードしてください。 どれも秀逸、どれをインストールしても選び難い機能がたくさん提供されていますので、いろいろと覗いてみるのもよいでしょう。 とりあえず本題の拡張機能を追加します。 表示の「ストリームレコーダー」を「Chromeに追加」を押して機能を追加します。 ダウンロードに際しては、著作権侵害行為に当たらぬよう、十分ご注意ください。 ダウンロードしたいページを表示します。 ダウンロード可能な場合は、右上にボタンの赤丸が大きくなりますので、これをクリックすることでダウンロード作業を開始します。 新しいタブが出来て、そこでダウンロード(連結)が開始されます。 ダウンロードが完了しますと、「保存ボタン」が出ますので、これをクリックすると「ダウンロードフォルダー」にタイトル名+. mp4の名前でダウンロードされます。 この「保存」ボタンを押し忘れると保存されないので注意が必要です。 しかし、ダウンロード初心者の方は、その、「以前のダウンローダー」が無いと思われますので、同じ作者のダウンローダーをお勧めしたいと思います。 今インストールした「ストリームレコーダー」の「詳細ボタン」を押します。 ストリームレコーダーの詳細が表示されますので、 そのタイトルのすぐ下、「提供サイト」をクリックします。 表示されたページの一番下までスクロールします。 この中の、以前の形式をダウンロードするための「動画ゲッター」、複数のダウンロードで速攻でダウンロードする「高速ロード」が非常によくできており、使いやすい拡張機能となっています。 それでは楽しいダウンロードライフを! Copyright C 2000 main Corp. All Rights Reserved.

次の