ブルベ冬 プチプラ。 ブルべ冬におすすめのコスメを紹介!下地からファンデ・口紅 なども徹底解説

ブルベに似合う下地とは?夏と冬に似合うおすすめの選び方

ブルベ冬 プチプラ

ブルーベース肌にはどんなチークが似合う?デパコスからプチプラまで幅広く紹介! 顔や表情の印象を決めるのにとても重要なチークですが、 もともと色白でカラーメイクが浮いて見えやすいブルーベース肌は、チークもしっかり馴染む色を見つけないと浮いて見えてしまいます。 それが嫌で、いっそチークはいらないと使うのを尻込みしてしまう人も少なくありません。 チークをしているのとしていないのでは、顔の印象がかなり違ってきます。 頬に色があると、可愛く見えるのです。 そこでRe:cosmeでは、チークの色を迷いがちなブルーベース肌のために、デパコスやプチプラそれぞれ人気のブランドからおすすめのカラーを集めました。 ブルーベース肌ならではのチークの選び方を覚えて、簡単に可愛い女の子を目指しましょう! に似合うカラー• ローズレッド• ローズピンク• モーブピンク• ベビーピンク• ラベンダー• ワインレッド• マゼンタ• プラム チークとして使えるカラーをピックアップしました。 ブルベ夏に似合うピンクは色がはっきりとした青みピンクやくすんだピンクが多く、挑戦に少し勇気のいるカラー。 ブルベ冬は深いワインレッドやローズなど、重めの色がよく似合います。 イエローベース肌は春も秋も同じような色が似合うことが多いですが、ブルーベース肌は夏と冬で結構似合う色味が違うところがポイント。 ただし、中にはブルベ夏と診断されていても、実は冬寄りだったり、その逆だったりと人によって似合う色もまちまち。 ブルベ夏だからといってブルベ冬のカラーが似合わないわけではないので、 ブルーベース肌に似合うという大きなくくりの中であれば、色々なカラーにチャレンジしてみても良さそうです。 ブルーベース肌には夏と冬の2タイプある!それぞれの特徴を解説 ブルべ夏とブルべ冬の2タイプがブルーベース肌にはあります。 特徴をそれぞれまとめてみました! ブルーベース肌が気をつけたいカラーはベージュやオレンジ。 基本的にイエローベース肌に似合うカラーなので、 黄みの強い物を選ぶと肌から浮いて見えてしまうこともあります。 ベージュやブラウンは、なるべくローズやマゼンタに近い青みが入ったカラーを選ぶことを心がけましょう。 オレンジのチークは元気な印象に見えますが、ブルーベース肌は使いこなすのが難しいカラーでもあります。 ブルーベース肌向きのベージュチークをベースに、頬のトップあたりに少し乗せてなじませるなど、あまり強く黄みが表に出ないように工夫して使うことをおすすめします。 セカンドカラーがイエローベース肌の人は、より上手に使いこなせます。 ブルーベース肌におすすめしたいデパコスチークを集めてみました! まずはブルーベース肌の方におすすめのデパコスチークから紹介していきます。 ピンク系カラーが多い JILLSTUARTのチーク。 色味が春らしいものが多いように見えるのでイエローベース肌向けかと思いきや、実はブルーベース肌にも強いカラーが多いです。 1番オーソドックスなミックスブラッシュコンパクトでは、ブルベ夏に柔らかいパステル系のピンクをチョイスしました。 色の濃い青みピンクがおすすめされることが多い中で、しっかりパステルっぽい色も似合うのがブルベ夏のいいところ。 肌を自然に色付かせたい時におすすめです。 ブルベ冬にはどちらもローズが入った大人っぽいピンクをチョイス。 明るめのピンクも混ぜて使うので、 あまり暗めの色を使ったことがない人や、似合う自信がない人でも気軽に使うことができるカラーです。 口コミなどでも常に上位の チークポップ。 ガーベラの型押しがとっても可愛いのでメイクするたびにテンションが上がります! イエローベース肌向きが多い印象ですが、ブルーベース肌向けもちゃんとあります。 とにかくブルーベース肌に使っていただきたいのが15 パンジーポップ。 SNSなどでもとても人気なのでご存知の方も多いはず。 透明感がとても上がります! お手持ちのイエローベース肌向きカラーの上に重ねることでとても肌なじみが良くなります!是非、ブルーベース肌には持っていていただきたいカラーです。 プチプラチークで手軽にブルーベースカラーを取り入れよう! 次にブルーベース肌におすすめのプチプラリップを紹介します! キュートな小瓶の マジョリカマジョルカのクリームチーク。 ほぼリキッドに近いチークなので扱いにくく見えてしまうかもしれませんが、 パウダーチークよりもじんわり発色するので、よりナチュラルに頬を色付かせることができます。 ブルベ夏におすすめのシェルピンクは少しイエローベース肌に似合うカラーに似ているので、青みの強いピンクチークに慣れていない人や抵抗感がある人に使いやすいカラーです。 ブルベ冬におすすめの木苺は暗すぎないレッド。 ピンク系のアイシャドウに合わせても良いですし、似たようなワインレッドのリップに合わせると女性らしい華やかさが出ます。 瓶もおしゃれでカラーも上品なので、プチプラには見えないところが嬉しいです! プチプラチークの王道といえば キャンメイク。 グロウフルールチークスは数色をくるくるまぜて使う多色チークです。 何色も混ぜることでチークの境界線がボケるので肌に馴染みやすくなり、頬を立体的に見せることもできます。 カラーリングがJILLSTUARTに似ているので、デパコスは金銭的に難しいけど似たチークがほしいという人に特におすすめ。 パウダーチークスは単色チーク。 ブルベ夏にはブルーベース肌ならではの柔らかい青みピンクがおすすめです。 ブルベ冬はスミレパープル。 プチプラとは思えない大人っぽさを演出できるエレガントなカラーです。 Re:cosmeスタッフは、 付属の小さめのブラシではなくダイソーなどでお安く買える大きいブラシを使うのをおすすめします。 なんと1色400円以下で購入できる破格の セザンヌチークも、かなり使い勝手のいいアイテムです。 ブルベ夏にはパール入りの女の子らしいピンクと、 SNSでも話題になったカシスローズがおすすめ。 カシスローズはパレット上でカラーを見るとかなり濃い色に見えますが、実際はほんのり肌を色付かせてくれる馴染みやすいカラーです。 逆にブルベ冬にはパステル系のカラーがおすすめ。 ブルーベース肌はローズなど重めのカラーをおすすめされることが多いと思いますが、 ブルベ冬が1番ふんわりとしたパステルピンクが似合います。 デパコスにもパステルピンクのチークはありますが、初めて使うから不安、という人はセザンヌで練習してみても良いです。 ブルーベース肌のチーク選びは、リップ選びよりも悩む人が多いほど難しいです。 特に イエローベース肌よりも似合う色の幅が広いので、自分が目指したい印象により近付くカラーを選ぶことが大切。 肌の色が白いほど、色の濃いチークが映える人が多いので、ベースメイクで白肌を作ったあとは思い切って濃いめのチークを乗せてみるのもいいです。 クリームチークのような1つで色の調整ができるチークを持っていると、気分によって雰囲気を変えることもできて非常に便利です。 チークの色そのものは奇抜に見えても、その色がしっかり馴染むのがブルーベースの肌。 自分のパーソナルカラーを活かすためにも、青みピンクなどブルーベース肌ならではのカラーに是非挑戦してみてください!.

次の

『ブルベ冬』おすすめアイシャドウまとめ♡

ブルベ冬 プチプラ

【目次】• ブルベに似合う下地選びのポイント ブルベに似合う化粧下地を選ぶには、まず自分の肌トラブルや肌の色味を把握することが大切です。 というのも、パーソナルカラーは大まかに分けて4タイプに分類され、一口にブルベといっても、夏タイプと冬タイプの2種類があるからです。 どちらも青やピンク系の肌の色をしていますが、ブルベ夏はソフト、冬はシャープな印象を持っています。 柔らかい印象でパステルカラーが似合うのがブルベ夏、はっきりした印象で白や黒などのはっきりした色が似合うのがブルベ冬と考えると分かりやすいでしょう。 また、ブルベ夏の肌はもともとマットな質感なのに対し、ブルベ冬の肌はツヤのある質感が特徴。 ブルベの中にも種類があるので、自分はどちらのタイプなのかをしっかり観察して判断することが、自分に似合う化粧下地を見つけやすくするコツです。 さらにブルーベースの中でも、クマが気になる人や赤みが気になる人、くすみが気になる人など、肌悩みは人それぞれです。 まずは自分の肌を観察し、自分の肌の質感や特徴を捉えたうえで化粧下地を選ぶといいでしょう。 ブルベの下地の選び方 ブルベの肌に似合う化粧下地の選び方について詳しくご紹介します。 ブルベはもともとピンク味が強い肌なので、ピンクベージュのカラーは肌になじみやすいのです。 化粧下地の段階でピンクを仕込むことによって、肌全体に自然な血色感と明るさをプラスできます。 それぞれの特徴や似合う色の明度・彩度、質感が異なることが特徴。 ブルベ夏はマット、ブルベ冬はツヤのある質感が得意だといえます。 ブルベと一括りにしてしまうのではなく、夏タイプか冬タイプかを判断し、自分に合うタイプの化粧下地を選ぶことで、失敗を避けられるでしょう。 コントロールカラーが入っている下地もあれば、別々のアイテムを組み合わせて使う方法もあるので、自分に合う方法を見つけましょう。 肌の赤みやくすみ、血色が悪いなど様々な肌悩みがありますよね。 そんな肌悩みに対してコントロールカラーを部分的に使うことでフラットな状態に作りましょう。 上手に活用することで、厚塗りにならないベースメイクが仕上がります。 肌の赤みにはグリーン、くすみには黄色、透明感には紫がおすすめです。 こういったコントロールカラーを肌トラブルが気になる部分に使うことで、透明感と血色感のあるベースメイクを実現します。 ブルベの下地の使い方 ブルベに似合う化粧下地の使い方についてご紹介します。 もともと紫外線カット効果のある化粧下地を全顔に塗る場合は日焼け止めを省いてもいいですが、コントロールカラーなどで部分的に補正する場合、その部分だけ紫外線カット効果が低くなることがあります。 塗り忘れ部分が出ないようにするためにも、事前に日焼け止めを塗っておくことをおすすめします。 この時顔全体に乗せるというよりは、顔の中心部分に乗せて外側に伸ばしていくイメージで乗せると、立体感が生まれます。 頬とおでこ、鼻とあごに化粧下地を乗せて、内側が最も濃くなるように意識しながら、外側に向かって伸ばしていきましょう。 赤みやくすみが気になる部分にだけピンポイントで乗せることで、色との境目が目立ちにくくなり、フラットな仕上がりになりやすいです。 肌に多く乗せてしまうと、化粧崩れの原因になってしまいます。 最後にスポンジで吸い取り、お好みのファンデーションを乗せれば、完成です。 ブルベにおすすめのコントロールカラー3選 ブルベさんは夏タイプ・冬タイプ問わず、ラベンダーやブルーをベースメイクに使うことで、肌の透明感と明るさが増すという特徴を持っています。 化粧下地にラベンダーパールやブルーパールが含まれているものも多く展開されているので、1本で済ませたいという人はそれらを選ぶといいでしょう。 ただし、中にはツヤ・マットさといった質感を重視したい方もいますよね。 その場合は、別途コントロールカラーを仕込んで肌色を調整する方法もあります。 ベースを全体的に乗せてからコントロールカラーを部分的に重ねることで、肌に立体感と透明感をプラスできるでしょう。 ここからは、ブルベさんにおすすめのコントロールカラーをご紹介します。 【1】CLARINS(クラランス)ラディアント コントロール カラー.

次の

ブルーベース肌向きチーク12選!色白肌を活かすおすすめアイテムを紹介!

ブルベ冬 プチプラ

ブルべ冬の特徴 ブルべ冬には大きく分けて5つの特徴があります。 ここでは、ブルベ冬タイプの方の特徴をご紹介します。 肌の色が全体的に青みがかっている• 瞳の色はブラック• ほほや唇はピンク色をしている• 顔全体がハッキリしている• ブルベ冬の方は、ピンクがよくなじむ肌色をしています。 顔の肌色で判断しにくい方は、手首の血管の色を確認してみるとわかりやすいのでおすすめ。 血管の色が青っぽくみえる方はブルーベース、緑っぽくみえる方はイエローベースです。 また、 ブルベ冬タイプには肌のキメが細かいという特徴も。 ブルベ冬の方には、ピンク系の化粧下地やファンデーションが向いているといわれています。 ブルベ冬タイプの方の瞳の色は、暗めのブラウンや黒色でハッキリとしていて白目と黒目がくっきり分かれています。 そして肌の色と同じように白目の色が青みがかっているのも特徴です。 また、瞳孔の中にある虹彩をみてみるとわかりやすいといわれています。 ブルベ冬タイプの方の虹彩は、瞳の外側に向かってスポークが何本もあることが多いです。 瞳の色を確認する際は、顔に光を当てて確認するとわかりやすいですよ。 光を当てる際は目をいためないように注意してくださいね。 ほほや唇がピンク色の方は、ブルべ冬に当てはまることが多い傾向にあります。 クールな印象で、目鼻立ちがくっきりとしているとブルベ冬タイプ。 芸能人で例えると、柴咲コウさんや常盤貴子さん、大地真央さんのような顔立ちがハッキリしている方が多いです。 ブルベ冬タイプの方の髪色は、ダークブラウンやブラックなど暗めの色が多いです。

次の