あらゆる 不調 を なくす 毒 出し 食。 身体に毒をため込まない「毒消し料理」って?マクロビオティック式「調和料理」で罪悪感を持たず美味しく食べながら解毒する方法

あらゆる不調をなくす毒消し食/小垣佑一郎/著 本 : オンライン書店e

あらゆる 不調 を なくす 毒 出し 食

タイトル 「あらゆる不調をなくす毒消し食」著者:小垣佑一郎 概要 著者は歯科クリニック院長です。 奥さんが原因不明の体調不良で倒れ、100件以上の病院を渡り、30種類以上5500錠以上の薬を処方されても治らず、9年間の闘病生活を送りましたが、あるきっかけで食事を変えたことにより、7日間で全快したそうです。 このことをきっかけに食事療法(栄養療法)に目覚めることになりました。 この本では以下のことが分かります。 ・これまで教わってきた「からだにいい食事」の概念では将来不調が起こる ・口の中の毒と全身への影響 ・毒になる食事、ならない食事 ・口の中から毒を消す方法 ・体から毒を消す方法 基本的には口の中の毒を消した上で、体から毒を消すのが効果的なようです。 口の中の毒を消す上でデンタルフロスを使った口腔ケアは必須とのことです。 体から毒を消す上で重要だと思ったのは以下の2点です。 (1)からだの6割の成分であるタンパク質をとる (2)腸内デトックスのために植物性食物繊維をとる (1)からだの6割の成分であるタンパク質をとる 肉・魚・卵でバランスよくタンパク質を取ればいいとのことです。 もし、サプリ・プロテインで取る場合は、必須アミノ酸が含まれているプロテインがいいということで、全ての必須アミノ酸が含まれる「ホエイプロテイン」がいいとのことでした。 「ホエイプロテイン」は乳製品由来のタンパク質なので、アレルギーがある人は大豆由来の「ソイプロテイン」を使っている人もいるようです。 ちなみに、自分がプロテインを勉強するまでは、ボディビルダーの飲み物というイメージしかありませんでしたが、タンパク質を英語でいうとプロテインなんですね。 参考までに私が飲んでいるプロテインはファイン・ラボが出しているホエイプロテインです。 特徴は100%乳清タンパク使用、アミノ酸スコア100といった特徴があるプロテインです(体内で生成できず、食べ物から取るしかないアミノ酸を必須アミノ酸。 食品中の必須アミノ酸のバランスを評価したアミノ酸スコアは100に近いほど良質なタンパク質食品)。 何度も頼むのが面倒なので私は1キロを3つ買いました。 1キロあれば半月はもちます。 2キロ、4.5キロと種類ありますが、かさばるのが嫌な人、値段がちょっとだけ高くてもいい人は1キロをおすすめします。

次の

あらゆる不調をなくす毒消し食/小垣佑一郎 本・漫画やDVD・CD・ゲーム、アニメをTポイントで通販

あらゆる 不調 を なくす 毒 出し 食

冷えとりを始める理由はいくつかありますが、多く聞かれるのは 婦人科系疾患を改善する方法のひとつとして冷えとりにたどり着いたというものです。 冷えと女性の体は密接な関係にあると考えられています。 特に、女性にとって大切な子宮や卵巣に冷えは大敵だと考えられていますが、実際はどうなのでしょうか。 今は特に不調を感じていない方も、改めて自分の体に向き合ってみませんか? 女性の体に冷えが大敵といわれている理由 「冷えは万病の元」という古くからのことばがあるように、女性特有のあらゆる不調も冷えが原因であることが多いといわれています。 その中でも特に注意したいのが下腹部の冷え。 この下腹部には女性にとって子宮や卵巣などの大切な臓器があります。 普段は冷えが気にならない方も、月経前や月経前(PMS などでそのときだけは強い冷えを感じる方も多くいるようです。 そんなとき、温めたら月経痛が和らいだ等の経験はありませんか? 下腹部の冷えをはじめ、冷えがもたらす影響を知り、対策をすることが大切です。 あなたの冷え対策、間違っていませんか? 冷えとりの基本は頭寒足熱です。 文字通り、足元を温めて上半身を涼しくすることが基本です。 しかし、周囲を見渡してみるといかがでしょうか。 頭寒足熱とは逆の対策をしている女性も多いのが現実。 夏はスカートに素足でサンダルやミュール、冷房対策にカーディガン。 冬はウエストを締め付けるタイツに、上半身は帽子やマフラー…。 冷えとりの視点からすると上半身だけを温めても、下半身が冷えていると、冷え対策をしているとは言えません。 熱のこもりやすい上半身は風通しよく、冷えやすい下半身を温めることで全身の温度差をなくすことが、冷えとりにおいて外せないポイントです。 冷えとりがもたらすからだの変化 下半身を温めると上半身との温度差がなくなり、全身のめぐりが改善されると考えられています。 冷えが改善されると一時的に好転反応として不調が出ることがあり、これを「めんげん」と言います。 東洋医学でも、治療の際に起きる一見副作用のような症状をめんげんと呼んでいます。 婦人科系のめんげんでは月経時にレバー状の経血や黒い経血が出たり、 周期が乱れたり月経が来ない月があることも。 めんげんは、自分自身が積み重ねてきた「からだを冷やしてきた行為」の結果とも言えます。 すぐに改善が見られるものだけではなく、今まで積み重ねてきたものをひとつひとつ解消していく、気の長い道のりかもしれません。 めんげんについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。 関連記事| どうやって冷えをとればいいの? では、婦人科系の臓器まわりの冷えはどうやって対策するのでしょうか。 基本は下半身を温めることですが、 女性がより気をつけたいポイントをおさらいも兼ねてまとめました。 下半身を温める 半身浴、足湯、冷えとり靴下や専用ソックスの重ね履き、湯たんぽなどで下半身を温めて、上半身との温度差を解消し血液の循環を促します。 上半身には血液を送るポンプの役割をしてくれる臓器が多いので、なるべく涼しい状態にして空気が籠らないようにしましょう。 お腹を触ってみたとき、冷たくて驚く方が多くいます。 無自覚に冷えてしまいがちなお腹などは腹巻きで温めることで、骨盤付近の血液の循環が良くなると考えられています。 血液は酸素や栄養を全身の届けるべき場所へ届け、不要なものを外に出す役割があります。 体中をスムーズに血液がめぐることで、あらゆる臓器が正常にはたらくようになると言われています。 また、全体に特殊弾性糸を使用することにより、伸縮性がありフィットするのに締め付け感のない着用感を実現しました。 洗うたびによりふかふかになっていきますよ。 過食せず、腹八分目の食生活 現代の日本ではどこででも食べ物が手に入ります。 更に、1日3食きっちり摂ることが常識として染み付いているので1食抜くことでさえも不安に感じる人がいます。 しかし、「食べ過ぎない」ことは冷えとりにとって非常に重要なこと。 空腹を感じている間消化器は休むことができ、消化の間に消化器に集まっていた血液が他の場所へ流れます。 よく咀嚼すること・腹八分目に抑えることを心がけてみてください。 冷えとりを続けていると、自然と必要以上の食べ物を求めなくなってきますよ。 からだを冷やさない食べ物を選ぶこと やはり、旬のものをいただくという基本が大切です。 自然の流れにそってできた食べ物は、体を助けてくれます。 また、体を冷やす性質のある食べ物を知り、積極的に温める食べ物を選ぶことが重要です。 (温かいラーメンを食べたから温まり、冷たいお蕎麦を食べたから冷えるということではなく、食べ物自体の性質に温めるものと冷やすものがあるという点がポイントです) 体質や不調に合わせて食べ物を自然に選べるようになると、食事が楽しくなります。 関連記事| 4. 心おだやかに過ごすこと 冷えとりでは、体の冷えの他に「心の冷え」があります。 ストレスからは切っても切り離せない現代社会。 昔から「病は気から」と言われるように、心と体は繋がっています。 ストレスから自律神経が乱れると毛細血管が収縮され、末端まで血がめぐらなくなった結果、冷えに繋がります。 かといって、じゃあ、と簡単にストレスの元を断ち切ることは難しいですよね。 心の冷えをほぐすには、とにかく下半身を温めて自分の出来る範囲で冷えとりを続けること。 体が安定してくると心にもだんだんと余裕が生まれてくることが分かります。 布ナプキン 布ナプキン、耳にすることが増えました。 紙ナプキンと比べ肌あたりが暖かく、生理の悩みが緩和したという話も聞きますよね。 そこで気になるところが、毎月自分で洗わなければいけないという点。 洗濯がおっくうで、なかなか手を出せない方もいらっしゃると思います。 デメリットにも思える洗濯問題ですが、自分でお手入れするぶん毎月の経血の状態を確認することができるので、生理がぐっと身近になります。 布ナプキンがきっかけで自分の生理を前向きに受け取ることができるようになり、心の冷えとりにも効果的と言われています。 綿素材の布ナプキンはデリケートなお肌にもやさしく、現在紙ナプキンで蒸れやかゆみなどの症状がある方にもおすすめですよ。 半身浴 今ではすっかりメジャーな健康法の一つになっていますよね。 美容のためにされる方も多く、美しくあるために体を健康に保つ。 内側から美しくあることが大切と考えることが一般的になってきました。 ここで気を付けなければならないのは、上半身が冷えないようにすることと、水分補給をしっかりすること。 自分が気持ちよく、リラックスすることが大切です。 20分以上入っていると、体の芯からじんわり温まると、じわっと汗が出てきます。 その汗が芯から温まっているサインです。 関連記事| 大切なのは、無理をせず続けること 「冷えとり、気になるけど全部を続けるのは無理かも」 「普段の生活が忙しくて、全て完璧にこなせなさそう…」 「してみたいけど、靴下の重ね履きは抵抗があるなぁ」etc…色々な思いがあるかと思います。 でもご安心ください。 冷えとりは、自分に合ったスタイルで実践することができます。 例えば、日中は仕事の関係で靴下の重ね履きができない人は、家にいる間はしっかりと冷えとり。 その分食事に気をつけるなど、できる範囲で冷えとりを取り入れます。 冷えとり用の重ね履きは通常シルクとコットンですが、くらしきぬはウールにこだわりました。 なぜなら、温かさが断然違うからです。 また、ウールは優れた吸湿・放湿・保湿性があり、冬暖かく、意外にも夏涼しい素材です。 汗冷えも起こりにくいため、冷えとりにぴったり。 もちろん就寝中にご着用いただくのもおすすめです。 かかとなしタイプの冷えとり靴下は、ゆったりとしたこ心地で細身のメンズ用としてもご購入いただけます。 そのこだわりとは! 長さについてご紹介いたします。 くらしきぬができる前、スタッフが重ね履きしていた絹5本指靴下は、つま先からかかとまでの長さが約28cm。 靴下の重ね履きを続けるうちに、シルクが肌に触れる面をもっと増やしたいと思うようになりました。 サイズや長さを慎重に検討した結果、誕生したくらしきぬの絹5本指靴下はなんと全長46cm! 伸ばして履くと、女性の場合すねの真ん中あたりまで届きます。 ふくらはぎまでしっかり長さがあると、ぬくもりや包みこまれている安心感が違います。 商品ページ その他のアイテムにも、元々冷えとりをしていたからこそのこだわりポイントが。 是非ご覧くださいませ。 健康にいいからと、無理をして冷えとりをしている状況は自分に我慢をさせているので、あまり良くありません。 自然に「やってみようかな」と思ったときがタイミングなのかと思います。 くらしきぬでは皆さまに安心してご購入いただけるよう、天然素材や日本製にもこだわり丁寧にお作りしています。 実際に心地良さを感じていただいて、楽しみながら冷えとりを続けみてくださいね。

次の

『あらゆる不調をなくす毒消し食』の気になる口コミは?

あらゆる 不調 を なくす 毒 出し 食

歯の治療だけではなく 慢性疾患を改善した人が続出しています。 「知覚過敏から2週間でうつ症状まで克服しました」(60代・女性) 「40年ぶりに下剤なしで便が出ました」(70代・女性) 「虫歯治療をしたのにアレルギーが消えました」(10代・男性) 「鉄を摂って肩こり、手足のしびれがなくなりました」(60代・女性) そこそこの不調は当たり前。 こんなふうに思っていませんか? 多くの人がほんとうの健康を知りません。 いつでも病気になりうる状態を健康と誤解しています。 本来の健康とはイキイキと元気が溢れ出て どうしようもない状態です。 不調であれば異変が起きていることは 間違いありません。 自覚症状がなくても 健康の不安が1ミリでもあれば不健康な状態です。 しかし、現代の栄養学では不調は改善しません。 なぜなら病気でなければ栄養は足りているとされてしまうからです。 渇いた畑でも作物自体に生命力があればなんとか生き永らえます。 ただ、実るのはやせ細った作物だけです。 もし、みずみずしく元気な作物を収穫したければ 豊富な栄養を注ぎ込むのです。 ほとんどの病気は栄養不足から起こります。 食べものを変えるだけで細胞からみるみる元気になる! 25000人が実践したデトックス食事術です。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「栄養バランスはあえて偏らせる」「野菜・果物からビタミンは摂らなくていい」「コレステロールを抑えると危険!?」食事で病気が治る!みるみる元気が湧いてくる!25000人が実践!歯医者が教えるデトックス食事術。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 からだは栄養素に支配されている!?(口から手のひらサイズの潰瘍を取り除く/口の中を見るとからだの状態がわかる ほか)/第2章 あらゆる不調をなくす毒消し食(炭水化物に逃げ込む現代人の弱った胃/栄養は偏って摂るー至適濃度 ほか)/第3章 病巣感染 口腔内の炎症が全身に影響する(糖質はばい菌を増やす/口腔と全身の意外な関係 ほか)/第4章 口の中から毒を消す 実践編(毎朝うんち10グラムを食べている?/フロスを使って大腸がん予防 ほか)/第5章 最強のデトックス 毒消し食(からだの6割を構成する成分を摂る/プロテイン、サプリメント選びのポイント ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 小垣佑一郎(オガキユウイチロウ) 草加ファミリー歯科・矯正歯科クリニック院長。 「ジャナサン・ライトの提唱する新・栄養療法」や「オーソモレキュラー療法」を取り入れて歯科診療をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の