オン ゴーイング 意味。 キープ・オン・ゴーイング 日野原重明のことば

TERATOTERAの10年を辿る 自分の価値観の変化こそアートの意味

オン ゴーイング 意味

アーティストも、ボランティアも、鑑賞者も、それぞれが変わること——。 JR中央線の高円寺~国分寺間で2010年より展開されている『TERATOTERA』は、作品主義、コンセプト主義とも、まち作り目的とも違う、関わる人の変化にこだわり続けてきたアートプロジェクトだ。 アーティストである作り手と「テラッコ」と呼ばれる市民ボランティアは、一緒に企画を作り、日頃から食事や会話を楽しみ、立場を超えて交流。 さらに、そのテラッコがイベントの運営主体となるなど、「ボランティアの顔が見える」特異なアプローチも行ってきた。 今回はそんな『TERATOTERA』の歩みと考え方を、ディレクターで、活動拠点である東京・吉祥寺のスペース「Art Center Ongoing」代表の小川希さんに聞いた。 アートの内と外の境界が揺らぎ、互いに滲み出すような、その活動を通して見えてきた景色とはどんなものなのか。 10年前、アートは現在のように社会的な注目を集めていなかった。 しかも、その関係性はアート活動の範疇を超えて、普段の飲み会のような場面にまで広がっている。 そもそも、『TERATOTERA』の活動拠点である「Art Center Ongoing」(以下、オンゴーイング)も、気軽に集まれる空間を設けることで、作家同士のネットワークを作りたいとの思いから生まれたスペースですよね。 小川:はい。 僕が考える「アートセンター」は、アートを中心に人が集まれて、そこに行けば作家にも会えるし、作品も見られる場所。 気軽に集まれて、コーヒーやお酒を飲める、会話ができる、知らない人に出会える、そんな場所があった方がいいなと思っていたんです。 でも、オンゴーイングを設立した2008年当時、いや、現在でもそうかもしれないのですが、日本にはそういう場所はなかったんですよね。 小川希(おがわ のぞむ) 1976年東京・神楽坂生まれ。 2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。 現在、同施設代表。 じゃあ、なぜ作家活動を続けるのかと言えば、『隣にいるこいつが続けているから』という部分が大きい」と話されていたのが印象的でした。 (参考:) 小川:本当は美術館のような公共施設に、そういう人と人をつなぐ機能があったらとも思うんですけど、日本の美術館はやっぱり「作品のための空間」。 近くのアーティストに出会うことは、オンゴーイングのような場がないとなかなか難しいと思うんです。 実際にそうした空間を作ってみたら、友達だけではなく世代も職業も超えた作家や住民が集まり、ここをハブに新しいことが生まれる場所になっていった。 そこには、美術館のような制度から促されたのではない、フラットに物事が生まれてくるリアリティーがありました。 2011年からは、『TERATOTERA祭り』という大規模展覧会を街を舞台に開催していて、次回で10回目を迎えます。 もう1つは、作家たちに経済的な還元ができることです。 オンゴーイングの経営は基本的には赤字続きで(笑)、外の仕事を受けることでギリギリ回している状態。 そうしたなかで、オンゴーイングの展示では作家にギャラを出せないけど、外の仕事では制作費やギャラが出せる。 作家たちにもさまざまな外の世界とのつながりが生まれる。 まずはそれが大きかったですね。 それとオンゴーイングは、作り手が本当に自分の欲望を追求できる場所。 僕が良いと言えば、基本的には何をやってもいいんですよ。 でも街中に出たら、そうはいかないじゃないですか。 もちろん公共性も考えないといけないし、開催地域との関係も出てくる。 小川:そもそも『TERATOTERA』が始まった10年前、アートは、現在のように社会的な注目を集めていなかったんです。 多くの人にとってアートなんて「わからないもの」だからこそ、手放しでやれていた部分があった。 それが、昨年の『あいちトリエンナーレ2019』をめぐる騒動をはじめ、この数年で一気に圧力が強まり、むしろアートだからこそ注視されて規制がかかってしまう状態が生まれてきています。 でも僕は、そんな厳しい社会環境のなかで作家が自分の活動を考えることは、すごく意味があることだと思うんです。 プロジェクト情報 TERATOTERA 東京都とアーツカウンシル東京と、吉祥寺に拠点を置いて現在進行形の芸術をフィーチャーしている一般社団法人Ongoingが協働して、平成21年度よりJR中央線高円寺駅~吉祥寺~国分寺駅区間をメインとした東京・杉並及び武蔵野、多摩地域を舞台に展開する、地域密着型アートプロジェクト。 Art Center Ongoing いまの時代を担う必見アーティストを紹介するギャラリースペース、新旧アートブックの閲覧も可能な交流の場としてのカフェ&バースペース、そして独自のネットワークにより編纂した広範なアーティスト情報を提供するライブラリーブースを併設する芸術複合施設です。 シンポジウムやライブ等のイベントも積極的に行い、現在進行形の表現の可能性を探っていきます。 いまアートに何が起きているのか? 新しいつながりから表現の未来を開拓するArt Center Ongoingに、ぜひご来場ください。 プロフィール 小川希(おがわ のぞむ) 1976年東京生まれ。 2001年武蔵野美術大学映像学科卒業。 2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。 2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。 2002年から2006年にわたり、東京や横浜の各所を舞台に大規模な公募展覧会『Ongoing』を企画、開催。 2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。 現在、同施設代表。 また、2009年よりJR中央線・高円寺駅~国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト『TERATOTERA』のディレクターをつとめる。

次の

ホワッツ・ゴーイン・オン (曲)

オン ゴーイング 意味

まだまだわからない部分があるので、また時間を置いて見直していきます。 遠くで多くの兄弟たちが死んでる。 もうこれ以上エスカレートしないで。 戦争は答えにならない。 愛だけが憎しみに打ち勝つことができる。 僕たちは道を見つけなきゃならない。 愛を今ここへ連れ戻すために」ストレートな反戦の歌。 泥沼化するベトナム戦争の状況はメディアによって米国全土に伝えられそして反戦運動が起こった。 この曲はそんな中でリリースされたもの。 今も場所を変えて戦争は続くけど、どうかこれ以上ひどい状況にならず、一日も早く終わってくれますように。 世界が平和でありますように。 2017年8月6日追記 一年前の7月28日に翻訳したものです。 今日少し修正し再アップ。 世界が平和でありますように。

次の

ゴーイングコンサーンとは|金融経済用語集

オン ゴーイング 意味

ノートンは信用できるものなのでしょうか。 (ノートン・オンゴーイングプロテクションというものの関係で質問します。 ) どうもこのサイトを見ていると、ノートンを勧める人が多いなかに、止めておいた方がよいという意見も時々見ます。 (カスペルスキーは推薦者が多いですよね。 ) カスペルスキーより技術的に低いということのほかに、色々調べてみるとノートン・オンゴーイングプロテクションという機能のことをいっているのかな。 と思ったのですが、確かにグーグルで調べると悪評で一杯でした。 ノートンを売っているシマンテック社というのは、ノートン・オンゴーイングプロテクションをグーグルで調べた時に出てくるようにインチキな会社なのでしょうか。 それともノートンのソフトも含めてある程度信用してもよいものなのでしょうか。 ウイルスセキュリティのソースネクスト社のようにウイルス対策の業界では信用度の低いソフトや会社も存在するようですが、ノートンやシマンテック社はどうなのでしょうか。 特にノートンユーザーやノートンを推薦する方よろしくお願いします。 ノートン・オンゴーイングプロテクションは契約の自動延長のことですね。 批判としては、通知のメールを見落としたりすると勝手に継続契約になり、お金が引き落とされるという事と思いますが、マカフィーでもこの件は出ているように、私もこのシステムはどうかと思います。 シマンテックとしては、契約更新を忘れて、定義ファイルの更新ができなくなるので、それを救済するためとアナウンスしていますけど、余計なお世話で、他社のように数回お知らせをやり、無視したら後は自己責任でよいのではないかと思います。 ただこの件と、ノートンというソフトの信用は別で、いろいろ好き嫌いはあるものの、信用できるソフトの一つと思います。 ご質問者がこのノートン・オンゴーイングプロテクションが不安なら、最初から契約せずに、毎回 >更新サービスの期限切れが近づきましたら、別途アップグレード製品のご購入もしくは更新サービスの延長をご検討ください。 というアナウンスに従えばよいと思います。 >カスペルスキーより技術的に低いということのほかに そうとばかりは言えません。 AV-TESTでは 3 Symantec 798,440 99. 価格的に安い訳でもなく、何故わざわざ他社ソフトからこのゼロに乗換えるユーザーが多いのか、不思議ですね。 ただ評判というものは、買ってよいと思ったユーザーはあまり言いませんが、悪かったユーザーは大声で不満を口にしますから、そういう点もあるのかも知れないと考えて、ネットの評価を読んだ方がよいと思います。 話が脱線しましたが、ノートンは特に問題ないソフトと思います、私はMac版のユーザーですけど、今のところ今度新発売されるバスターMacやバリアに移る気はないです。 再度回答いただきありがとうございます。 やはりマルウェアに詳しいredirect様にとっては、対抗力の弱いソフトを入れるというのは対策のようで対策になっていないということですかね。 (文脈からはある種の危機感がにじみ出ているように感じます。 ) ただ、その観点でいうと疑問点があります。 私の場合2台のプライベート用のPCがあり、2台ともスペックがある程度高いのでカスペルスキーを(つまり現状市場で入手可能でもっとも対抗力の高いソフト)を入れて快適に動いています。 しかし、近年ネットブックに見られるようにインターネット閲覧に特化した、低価格だがスペックもかなり低いPCも販売され始めています。 (私は持っていませんが、購入した友人は結構います。 ) redirect様はこのような低スペックのPCのセキュリティについてはどうお考えでしょうか。 リカバリーを定期的に取っておき、各種ソフトを迅速にアップデートしてウイルス等の実行できない環境をつくっても、それで動作が遅くなり、そのPCを購入した目的が達成されなければ意味がありません。 いわんや対抗力の高いセキュリティソフトを入れれば重たくなることも多いと思います。 この点についてどうお考えか教えていただけたらと思います。 ESETは逆にこの点を突いて軽さをセールスポイントにしているのではないでしょうか。 ただ、ESETのファイアウォール機能の能力には疑問がある。 との投稿もあったと思います。 (redirect様が回答者様だったかな? 違っていたらごめんなさい。 ) ノートン・オンゴーイングプロテクションがそんなに評判が悪いとは、最近まで知りませんでした。 ノートンは、もう10年以上、使用しています。 最初の頃は、ノートンぐらいしか、なかったからですね。 私は、オンゴーイングプロテクションは便利だなと思って、利用しています。 説明もされていましたよ、それで納得して利用しています。 利用したくなければ、断ることもできるわけだしね。 6台に、ノートンを入れて、4台に各社のを入れていますが、それほど差があるとは思いません。 慣れの問題かもしれませんが、私はノートンが使いやすいです。 FWの設定などは、結構、面倒なので(ソフトを変えると設定しなおしになるので)慣れているほうが良いです。 各人が使いやすいのが良いと思いますね。 たとえ方が悪いかもしれませんが、 未舗装の田舎道をポルシェで走ることもないでしょう。 軽トラックで運べるのに、ダンプは必要ないでしょう。 高速道路を軽トラックに荷物満載で走れば、周りに迷惑だし危険ですよね。 路地裏の配達に、ダンプでは身動きできないでしょう。 ポルシェは優秀で高性能ですが、路地裏の配達には不向きなんではないでしょうか。 孫(小2)が使用している、各種制限付きのPC(スペックはそれほど良くない)には、カスペルスキーは入れてませんよ(ESET)。 同じ孫でも高3のには、カスペルスキーを入れています。 あと、セキュリティはアンチウィルスソフトだけで守れるわけではないです、 システムトータルで考えないとなりませんね。 ついでに、すでに紹介したことのある検出回避ツールの別の設定画面をお見せします。 アンチフォレンジックの設定があるがお分かりになるでしょうか。 あれやこれやと手立てを考えているのです。 悪事者は。 なお、そのSEさんも含めてアドバイス致しますが、現在ではLAN内のどれか一台でも感染させることに成功すると、感染していない他のマシンにも影響を与えることができる中国製のマルウェアなどもあります。 影響というのはたとえばマルウェアを配布するサイトに強制的にアクセスさせるとかスニッフィングとかです。 この強制アクセスではたとえばGoogleにアクセスしたつもりでブラウザのアドレス欄もGoogleになっているのに実際はマルウェア配布サイトへのアクセスにされてしまうといったことです。 なるほど、意図はよくわかりました。 いわゆるSEと言われる方や上級者の方もマルウェアに詳しいとは限らないので、具体例をあげてその恐ろしさを知ってもらいたいということですね。 このNo4のソフトは確かに恐ろしいですね。 (LANのなかの一つに感染すると全部に影響するマルウェアとは・・・。 ) ただ、一つ思うのはこういう特に悪質なマルウェアについて防げるセキュリティ対策ソフトがもっと色々出てきて販売されても良いのに・・・。 とは思います。 セキュリティ対策ソフト販売会社にはもっとがんばる余地がありそうですね。 トレンドマクロ社(会社で使っています。 )やシマンテック社は量販店などで派手に宣伝してますが、宣伝の前にもっとマルウェアの研究にお金を使うべきだと思います。 私がこの2社をいまいち信用しがたく思うのは、仕事のこれまでの経験上(コンピュータ関連ではありません。 )、商品を派手に宣伝するのは自信のなさの裏返しだと思っているからです。 ウイルスバスターは会社で使っていますが、SEが「いまいちだ。 」といっていました。 シマンテック社もノートン・オンゴーイングプロテクションをグーグルで見て「これはダメだろう。 」と思って質問を投稿しました。 (ウイルスセキュリティのソースネクスト社は論外です。 ) また、このカテゴリーで様々な質問が出てくるとは思いますが、折にふれマルウェアの情報提供をしていただけたらと思います。 ありがとうございます。 大手の製品だから安心できるわけではない、というわけですね。 ただ、やはり安心できる製造元や販売元の製品を買いたいというのは、初心者の方(私も含む。 )の本音だと思います。 ところで、ご回答者のredirect様はカスペルスキーをこのカテゴリーでよく推薦されていますよね。 友人のSEも「マルウェアは自分の専門でないからよく分からない点もあるが、使いこなせるのならカスペルスキーが良いのは確かだと思う。 」と言っていました。 このサイト(特にredirect様の回答)を見て、カスペルスキーにした職場の仲間も何人かいます。 ただ、一つ分からないのは画像つきで「参考までにクラッカーが用いるアンチウイルス検出回避ツールの一例を紹介します。 」と言われてアンチウイルス検出回避ツールなるものの一例を紹介される意図は何なのでしょう? 初心者にとっては「?」でしょうし(失礼ながらredirect様の回答は、初心者レベルでは「要はカスペルスキーが良い。 」以上のことは分からないと思います。 )、中級者や上級者の方でも、悪意をもってマルウエアを作ろうとでもしない限り「ふーん?」でおわってしまいそうな気がします。 上級者の方では逆にインターネットが危険と脅威の多い場所であることは知っていると思います。 このカテゴリーでのredirect様の回答を参考にしている方は多いと思いますが、この点を教えていただけたらと思います。

次の