宅建 資格。 宅地建物取引士(宅建士)資格の更新について

宅建(宅地建物取引士)とは?難易度や取得のメリット・勉強法を解説

宅建 資格

最初に宅建の試験に合格していれば、 FPの試験科目の不動産に活かすことができる• 不動産の取引は大金が動くため、 資金計画を見据えたアドバイスやサポートをお客様に提供できれば大きな付加価値となる• 資金繰りの方法の提案や 不動産投資による長期的な運用方法のアドバイスができる 宅建士に不動産の知識が必須なのは当然ですが、ファイナンシャルプランナーも「顧客の資産としての不動産」を扱うため、不動産に関する深い知識が必要です。 また、宅建士も不動産の知識だけあれば良いわけではありません。 ファイナンシャルプランナーが持つ「土地税制・住宅ローン控除」など、土地に関する金融系知識を備えておけば、顧客に対して有益な情報をタイムリーに伝えることができます。 つまり、不動産業界・金融業界のいずれかに就職や転職を考えている人にとって、宅建とファイナンシャルプランナーの資格、両方とも役に立つのです。 宅建とマンション管理士のダブルライセンス 不動産業界の三大資格と言えば、宅建と管理業務主任者、そしてマンション管理士です。 マンション管理士はマンション管理組合の運営サポートが主な業務で、具体的な仕事内容には以下のようなものがあります。 大規模修繕計画の作成• 共有設備のメンテナンス• 建物保全のための取り組み• 区分所有者間のトラブル仲介• マンション管理のコンサルティング マンション管理士は宅建よりも合格率が低い難関の資格ですが、ダブルライセンスを持っているとマンション管理分野にまで専門性を高められます。 宅建士は物件の売買・賃貸に関する業務が主であり、マンション管理業務を行う不動産会社などでは、宅建士とマンション管理士のダブルライセンスは有効でしょう。 ただし、宅建士が独占業務のある資格なのに対し、マンション管理士には独占業務がありません。 また、前述のようにマンション管理士のほうが難易度が高く、一般に宅建に合格するためには300時間が必要と言われますが、マンション管理士の場合は合格まで600時間が必要と言われています。 このように、マンション管理士の資格は簡単に取得できるものではないので、「本当に自分のキャリアにとって、マンション管理士の資格が有効か」という点を勘案し、マンション管理士とのダブルライセンスを目指すかどうか、判断してください。 なお、については、以下の記事でより詳しく説明していますので、よかったらチェックしてみてください。 宅建と管理業務主任者のダブルライセンス 不動産系の国家資格の中で有名なのは宅建ですが、管理業務主任者も忘れてはいけません。 「管理業務主任者」とは、主にマンション管理業者(管理会社)に必要な資格です。 マンション管理組合(マンション住人側)等に対し、マンション管理業者が管理委託契約に関する重要事項を説明したり、管理事務報告をしたりする際に必要となる国家資格者のことです。 「マンション管理士と同じなのでは?」とイメージしている方は多いものの、管理業務主任者は次のような違いがあります。 マンション管理士は主にコンサル業を行う• 管理業務主任者はより実務的な仕事を行う 宅建と管理業務主任者は試験内容や試験範囲が似通っていますので、ダブルライセンスでおすすめの資格です。 2つの資格を合わせて取得してダブルライセンスになれば、不動産業界でより活躍できるのは間違いありません。 なお、については、以下の記事でより詳しく説明していますので、よかったらチェックしてみてください。 宅建と行政書士のダブルライセンス とは、官公庁への提出書類の作成や行政不服申立て手続きの代理など、国民に密着した法務サービスを提供する人のことを指します。 行政書士も宅建とのダブルライセンスでおすすめの資格で、物件の売買では各種契約書の作成手続きが必要になるからです。 行政書士が取り扱うことのできる書類の数は、何と10,000種類以上と考えられています。 不動産の売買や契約でも欠かせない部分ですので、宅建と行政書士の資格を合わせて取得した方が良い理由は何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。 ただし、どちらの国家資格も合格率が低いため、効率良く日々の学習をこなしていきましょう。 なお、については、以下の記事でより詳しく説明していますので、よかったらチェックしてみてください。 宅建と中小企業診断士のダブルライセンス 不動産業を専門領域にするのであれば、宅建と中小企業診断士のダブルライセンスがおすすめです。 宅地建物取引士(宅建士)が不動産のスペシャリストなのに対して、は中小企業を対象に経営コンサルタントをしていきます。 宅建と中小企業診断士のダブルライセンスを取得すると、開業及び転職の両面において企業側から高い信頼を獲得できるでしょう。 どちらかと言うと最初に中小企業診断士の試験に合格し、その後にステップアップする目的で宅建の資格を取得する方が多いですね。 しかし、宅建と中小企業診断士の試験内容は遠い存在ですので、並行して学習するのは難しいと心得ておいてください。 宅建と司法書士のダブルライセンス 「宅建と司法書士はあまり関係性がないよね?」とイメージしている方はいませんか? しかし、両方とも不動産に関連した業務がありますので、ダブルライセンスを目指すの選択肢の一つです。 宅建と司法書士のダブルライセンスは、「仕事内容に対するやりがいがアップする」「キャリアアップを念頭における」など、プラスアルファに働く部分があります。 実際にダブルライセンスの保持者は増えていますが、下記の2つの点に注意が必要です。 司法書士が専任の宅地建物取引士(宅建士)としての兼業は不可能• 不動産業を法人として兼業することはできない それぞれの資格に定められた規定を満たす必要があるため、本当に宅建と司法書士の両方の資格を取得すべきなのか考えてみましょう。 なお、については、以下の記事でより詳しく説明していますので、よかったらチェックしてみてください。 宅建と不動産鑑定士のダブルライセンス 不動産鑑定士は日本全国に9,000人程度しかいない希少価値の高い国家資格です。 不動産鑑定士の主な仕事内容は物件の鑑定評価業務で、どのくらいで売却できるのか金額を算出したり不動産の投資判断材料を作成したりしていきます。 公正な立場から不動産の価値を算出するのではなく、クライアントに対してコンサルティング業務を行う不動産鑑定士も少なくありません。 不動産業界と深く関わっている資格ですので、宅建とのダブルライセンスは非常におすすめです。 宅建の試験に合格してから不動産鑑定士の勉強を始めてダブルライセンスになれば、実際の現場と価格算定の理論を合わせてより良い仕事ができます。 自分の市場価値を高められますが、不動産鑑定士の短答式試験の合格率は約25%、論文式試験の合格率は約10%と低いのが難点です。 宅建と土地家屋調査士や測量士補のダブルライセンス 土地家屋調査士や測量士補がどのような資格なのか簡単に見ていきましょう。 土地家屋調査士は 土地の測量および表示に関する登記のプロフェッショナル• 測量士補は 土地の位置・距離・面積を測量する仕事 両方とも不動産と深く関わっていますので、宅建とのダブルライセンスで業務の幅を広げることができます。 将来的に独立開業する予定の宅地建物取引士(宅建士)は、土地家屋調査士や測量士補の取得も目指してみてください。 宅建と税理士のダブルライセンス 宅建と税理士は、組み合わせて活きる資格です。 相続税法の改正で税理士業務が増えていく中で、専門的な対応ができる宅地建物取引士(宅建士)は重宝されるでしょう。 しかし、国税庁が発表した平成29年度の税理士試験の合格率は、下記のようにどの科目も低くなっています。 簿記論:14. 2% 財務諸表論:29. 6% 所得税法:13. 0% 法人税法:12. 1% 相続税法:12. 1% 消費税法:13. 3% 酒税法:12. 2% 国税徴収法:11. 6% 住民税:14. 3% 事業税:11. 9% 固定資産税:13. 3% 宅建よりも難しい試験ですので、合格までに長い期間がかかると心得ておいてください。 ダブルライセンスがあれば、独立・開業の成功確率が高まる! 宅建業で独立・開業を考える際にも、ダブルライセンスは有効です。 まず、ダブルライセンスがあれば、独立・開業する際に、他社と差別化し、かつ収入を複数から得ることも可能になります。 上記で説明したとおり、宅建以外にFP(ファイナンシャルプランナー)や行政書士などを取得すれば、そちらの業務で仕事を請けることもできます。 もちろん、本業(宅建業)においても、ダブルライセンスは有効に使えます。 たとえば、FPの資格を取得したとしましょう。 本業の不動産業においても、FP資格者は損害保険や火災保険、資産形成などの知識がありますから、お客様から この不動産屋さんは、保険や資産形成についても詳しい と、選んで頂きやすくなるでしょう。 また、行政書士とは様々な許認可の書類作成を代行する仕事です。 宅建士と行政書士のダブルライセンスがあれば、同業者(不動産業)の知り合いの方が許認可の申請を行う際、あなたに頼んでもらえることも多くなるでしょう。 以上のように、業務上で関連のある資格をダブルライセンスとして取得すれば、 あなたが独立・開業する際うの差別化、ブランディングにつながります。 たんに「宅建の資格を持っている」だけでは、多くの人々のなかに埋もれてしまいます。 ダブルライセンスの取得は、あなたをブランディングして独立・開業の成功確率を大きく高めることになります。 なお、について詳細は、下記の記事をご覧ください。 まとめ 宅建の試験に合格して満足するのではなく、更なる高みを目指して他の資格を取得してダブルライセンスを持つ努力をしてみましょう。 ファイナンシャルプランナーやマンション管理士、中小企業診断士や不動産鑑定士などおすすめの資格はたくさんあります。 このように、宅建の資格は、様々な資格と組み合わせることにより、無限の可能性が広がる、と言っても過言ではありません。 これから宅建の資格を取ろうと考えている方は、自信を持って頑張って欲しいと思います。

次の

宅建・宅地建物取引士の難易度|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

宅建 資格

重要事項の説明• 重要事項説明書への記名押印• 契約書の記名押印 この3つは宅建士にしかできないので、必然的に宅建を持っていれば不動産業界では市場価値が上げることができます。 どれだけ優秀な営業マンであっても、宅建を持っていなければ全ての業務を1人でこなすことができません。 なので宅建を持っているというだけで不動産業界では市場価値を格段にあげることができます。 宅建メリット2:不動産未経験者でも就職に有利になる 就活中の大学生や、これから不動産会社に転職を考えられている人も宅建を持っていると就職が有利になります。 なぜなら宅建を持っている人とそうでない人だとその時点で評価が全く異なるからです。 メリットの1で説明しましたが、宅建士には独占業務があります。 採用者側になって考えれば分かりますが、せっかく人を雇うなら独占業務をできる宅建士を選びたいと思いますよね。 宅建メリット3:毎月の資格手当がもらえるから給料がUPする 宅建を持っていると資格手当を毎月もらえることができます。 企業によって金額も変わりますが、だいたい毎月5千円〜3万円が多いです。 3万円もらえるとすると、年間で36万円年収が変わりことになります。 仮に40年間不動産業界に勤務したとすれば生涯の差額は1440万円になりますね。 3ヶ月ほど頑張って宅建に合格すればこれだけの差が出てくるので、不動産で勤務する人は宅建を取得するとメリットが絶大にあります。 宅建メリット4:宅建を持っていれば独立することができる 不動産会社を起業する場合には5人に1人宅建士を常駐させなければいけません。 つまり、自分が宅建を持っていれば供託金さえ用意してしまえば不動産会社をすぐにでも起業することができます。 もちろん起業したからといって成功が保証されている訳ではありませんが、独立願望のある方には持っているだけで企業が出来るのでうってつけの資格であるということも大きなメリットです。 宅建メリット5:宅建を持っていれば自分が家を借りるときにも有利 家を借りたり、買ったりする時に何も知らないと不動産の営業マンの言いなりになってしまいますね。 悪く言えばカモになってしまいます。 ただ宅建を持っていることで不動産の知識を身につけることができるので、相手もうかつなことをできなくなります。 そのほか不動産に関する税金の知識も身につくので、身近な生活にも非常に役立つことも宅建を取得することのメリットです。 宅建の2つのデメリット ここまで宅建のメリットの部分を説明してきましたが、いくつかデメリットも紹介しておきます。 正直ほとんどデメリットはないのですが、あげるとすれば次の2つになります。 受験費用:7000円• 登録手数料:37,000円• 宅建士証交付申請手数料:4,500円• 学習費:5000円〜200000円(通学形式の予備校だとかなり高いです) 宅建士になるまでに必ず必要になるのが48,500円で、あとはプラスで学習教材の費用といった感じですね。 おそらく合計で10万円〜20万円ほど費用がかかるのではないでしょうか。 これも人によってはデメリットと捉えるかもしれませんね。 先行投資だと考えることが大切 宅建士になるまでには費用がかかると説明しましたが、先行投資だと考えることが大切です。 なぜならメリットの部分でも説明しましたが、宅建を持っていると毎月5千円〜3万円の資格手当がもらえるからです。

次の

宅地建物取引士

宅建 資格

宅地建物取引士試験の難易度 宅地建物取引士の難易度は中の上といわれています。 国家試験の中では比較的合格しやすい試験ですが、試験範囲がとても広く合格率も15%前後のため、しっかりとした対策が必要です。 特に不動産業界が未経験の方は、専門用語の理解に時間がかかります。 自分のレベルにあった教材を使い、効率的に勉強を進めるようにしましょう。 なお、過去10年間の宅建・宅地建物取引士試験では合格率は15~17%、合格基準点は32~35点で推移しています。 このことから合格基準点は35点前後、70%以上の正解率が合格ラインとなると考えてよいでしょう。 年度 合格率 合格基準点 2010年 15. 2% 36点 2011年 16. 1% 36点 2012年 16. 7% 33点 2013年 15. 3% 33点 2014年 17. 5% 32点 2015年 15. 4% 31点 2016年 15. 4% 35点 2017年 15. 6% 35点 2018年 15. 6% 37点 2019年 17. 0% 35点 難易度の理由 宅建・宅地建物取引士は、決して難しい試験ではありませんが、学習範囲がとても広いこと、専門用語の理解に時間がかかることなどから、不動産業界が未経験の方は難しく感じるようです。 各科目をまんべんなく学習することで、基本を理解し不得意科目を作らないことが確実に合格する秘訣です。 また、不動産業界が未経験の方は、未経験者を対象としている「通信講座」や「通学講座」を利用することで、スムーズに学習を進めることができるでしょう。 ご自身にあった学習法を選ぶためにも、ここで独学・通信講座・通学講座それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。 メリット デメリット 独学• 費用が抑えられる。 自分のペースで勉強ができる。 通信講座や通学講座よりも勉強時間が長くなる。 質問ができない。 挫折しやすい。 テキストや問題集を自身で選ぶ必要がある。 受験情報や法改正情報を自身で入手する必要がある。 通信講座• 合格率が高い。 未経験者を対象にしているため学習しやすい。 教材(テキスト・問題集・DVD・eラーニングなど)が用意されている。 受験情報や法改正情報を手軽に入手できる。 自分のペースで試験勉強ができる。 独学よりも費用がかかる。 独学ほどではないが、挫折しやすい。 通学講座• 合格率が高い。 教材(テキスト・問題集など)が用意されている。 受験情報や法改正情報が手軽に入手できる。 挫折する確率が低い。 費用が高い。 決められた日時に通う必要がある。 他の資格と難易度を比較 宅地建物取引士(宅建)とファイナンシャルプランナー(FP)を比較 宅地建物取引士(宅建)とファイナンシャルプランナー(FP)では、宅地建物取引士の方が難易度が高いといわれています。 FPの試験科目は「リスク管理」、「金融資産運用」、「タックスプランニング」など全6科目です。 6科目と聞くと試験範囲が非常に広く感じられますが、学習内容としては保険や税金など日常生活の中で親しんでいるテーマも多く、勉強に取り組み易い点が特徴です。 もし、あなたが宅建とのダブルライセンスを考えている場合の取得順序としては、不動産業に就きたい方は「宅建」から、生命保険会社や銀行などの金融関連会社に就きたい方は「FP」から取得することをおすすめします。 宅地建物取引士(宅建)とマンション管理士を比較 宅地建物取引士(宅建)とマンション管理士では、マンション管理士の方が難易度が高いといわれています。 上記の2試験では「民法」「区分所有法」「宅建業法」のほか、多くの分野が共通して出題されます。 ただし、問題の難易度には大きな差があり、マンション管理士は合格率が10%に届かない難関資格。 勉強時間も600~700時間と、宅建の250~350時間と比べて長期戦です。 もし、ダブルライセンスを考えているのであれば、まずは宅建から取得していきましょう。 宅建の試験勉強で学んだ知識は、マンション管理士の試験対策に十分活かすことができます。 コンサルタントであるマンション管理士は、建物についての豊富な知識が求められるため、務経験を積んだうえで取得するとよいでしょう。 宅地建物取引士(宅建)と行政書士を比較 宅地建物取引士(宅建)と行政書士では、行政書士の方が難易度が高いといわれています。 行政書士の試験では、憲法・行政法・民法などの法令科目や、政治・経済・社会などの一般常識を幅広く学ぶ必要があります。 合格に必要な学習時間は、宅建が250~350時間であるのに対して、行政書士は1000時間以上! つまり、行政書士の試験に合格するには、1年間みっちり勉強をする必要があります。 また、宅地建物取引士には不動産業界への「就職」と「開業」の2つの道がありますが、行政書士の取得は「行政手続を専門とする開業者」を目指すということ。 自身がどういったスタイルで働きたいか、今の段階でじっくり検討することをおすすめします。 宅地建物取引士(宅建)と税理士を比較 宅地建物取引士(宅建)と税理士では、税理士の方が難易度が高いといわれています。 税理士試験の試験科目は、必須の会計2科目 簿記論、財務諸表論 と、税法9科目の合計11科目。 このうち5科目に合格すると資格を取得できます。 また、税理士試験では一度合格した科目は一生有効であるため、平均3~4年をかけ1科目ずつ合格を目指すというスタイルが一般的です。 宅地建物取引士(宅建)と税理士のダブルライセンスは、残念ながらそれほどメリットは見受けられません。 税理士を目指す方は、まずは受験資格を確認し、科目合格制を活用した学習に専念しましょう。 まとめ 近年、将来の就職・転職に有望な資格として、人気を集めている国家資格「宅建・宅地建物取引士」。 難易度は「中の上」といわれ、国家試験の中では比較的合格しやすい試験ですが、不動産業界が未経験の方は、「学習範囲がとても広いこと」「専門用語の理解に時間がかかること」などから難しく感じるようです。 自身のレベルにあった教材を使い、効率的に勉強を進めるようにしましょう。 また、他資格とのダブルライセンスを検討している方は、それぞれの資格の特徴を把握し、自身の将来に役立つものを慎重に選ぶようにしましょう。

次の