市ヶ谷有咲 胸。 名探偵チョママ

名探偵チョママ

市ヶ谷有咲 胸

をのせよう• で気持ちを伝えよう• で更に人気アップしよう• バンドリ! 「BanG Dream! バンドリ! BanG Dream! バンドリ! 放したくない! BanG Dream! バンドリ! とキミが歌ってる TVアニメ「BanG Dream! TVアニメ「BanG Dream! 」OP 検索.

次の

話を聞くだけの簡単なお仕事です

市ヶ谷有咲 胸

「私は高校生探偵の市ヶ谷有咲。 同級生で幼なじみの戸山香澄と遊園地に遊びに行った私は、そこで黒服の女達の怪しげな取引を目撃した。 取引を見るのに夢中になっていた私は背後から近づいてくるもう一人の女に気が付かなかった。 その女に毒薬を飲まされ、目が覚めると……」 「胸が縮んでしまっていた。 」 「市ヶ谷有咲が生きていると奴らに知られればまた命を狙われ、周りの人間にも危害が及ぶ。 日笠博士の助言で正体を隠すことにした私は香澄に名前を聞かれて咄嗟に利根川ちょままと名乗り、奴らの正体を探るため、父親が華道家をやっている蘭の家に転がり込んだ。 」 「ちょ…なんでそこでアタシが出てくるわけ?」 「えっ…?ほら…話の整合性?っていうか……」 「そんなこと言ったら有咲、一行目の時点で過去の交友関係捏造してるじゃん。 」 「ち、ちげぇって!香澄が小さい頃よく通ってた川沿いの道!あそこは私も小さい頃よく通ってたんだって!言っとくけどこれはホントだからな?婆っちゃんの名にかけて。 」 「作品違くない…?そもそもそんな関係性で成立するなら居候先も香澄ん家にしなよ。 髪型が凶器になるって意味じゃもうほとんど同一人物じゃん。 」 「それもそうだな。 香澄~邪魔するぞ~」 「ありしゃ~~」 名前変える必要あったの……? 「ってことでしばらく世話になるからよろしくな。 」 「うん!お家でも有咲と一緒にいれるなんてキラキラドキドキが止まらないよ!」 明日香「ダメだよ。 」 「えっ?」 明日香「ダメだよ、おねーちゃん。 」 「なんでなんで!?あっちゃん、有咲のこと好きじゃないの?」 明日香「好きと一緒に暮らすはまた別でしょ?ウチにはウチの都合があるし、市ヶ谷さんのお家の人だって心配するに決まってるじゃん。 」 「……」 「だって、有咲。 」 「折れるの早っ!」 「それならさ、有咲の家の蔵で居候しない?それなら有咲のお婆ちゃんも安心だよね!」 「もうそれ帰宅だな。 なんなら根本的な立ち位置からして逆になってんぞ。 」 「ダメ……?」 「べべべべ別に…?ダメってことはねぇけど??」 「やった~!」 明日香「ちょま、おねーちゃん!話聞い……」 「なぁ、明日香ちゃん…今の『ちょま』、どっちの意味で使った?」 明日香「え……?どっちって……どういう意味ですか?」 「『ちょっとお前』のちょまなのか『ちょっと待って』のちょまなのか……」 明日香「それは……」 「迷った時点で明日香ちゃんはまだ真の意味のちょまを知らない。 じゃあ私達はここで失礼……!」 明日香「あ、逃げた。 」 「ふぅ、着いた着いた……っと」 「おかえり有咲」 「お邪魔してます。 」 「あ、香澄!隣空いてるよ。 」 「さーや~!」 「お前ら…ホント当たり前のようにウチにいるよな……」 「こいつらは同じ高校に通うおたえ、りみ、沙綾。 香澄が作ったポッピン探偵団のメンバーだ。 この中で私の正体を知る人間がもう一人……それがりみだ。 」 「本名そのまま牛込りみ。 その儚い生き様から流れ星に例えられるほどだったというホワイトデー千聖先輩を初め、熾烈を極めるインフレ競走の波において初期星4カードで3年間戦い抜いた猛者として名を馳せたが、」 「唯一の姉である牛込ゆりが卒業と同時に留学設定を付け加えられ全く会えなくなったことに加え二章で理不尽な怒りの矛先を向けられたことでクラフトエッグに反発、組織を抜ける際私が飲まされたのと同じ薬を飲んで胸が縮んでしまった。 」 「き、気にしてないよ……!有咲ちゃん。 」 【Circle】 「有咲……ここCircleだよね?」 「ああ、犯人はここで働いてる人物だ。 行くぞ。 」 「あ、香澄ちゃん達!いらっしゃい!」 「いえ、今日はスタジオを借りに来た訳じゃないんです。 少しまりなさんにお話があって……」 「……なんのこと…かな?」 「一昨日、この近くで女子高生へ声掛けをする不審者が目撃されたんですが……まりなさん、ご存知ですよね?」 「それってまさか……!」 「待って有咲!目撃された犯人の装いは青いチェック…まりなさんは青いボーダーだよ!真夏の海でもこの格好を崩さなかったことから一部では刺青なんじゃないかとまで言われてるのに……」 「沙綾、正しくそれだ。 『まりなさんは黒いアウターに青ボーダーの服しか着ない』その思い込みこそが今回の完全犯罪を成立させる鍵だったんだ。 まりなさんはある種自然の摂理としてこの世界に刷り込まれた常識を逆手にとって今回の犯行に及んだ。 」 「ちょっと待って有咲ちゃん、証拠がないわ!証拠がなければ全部有咲ちゃんの……」 「本当にそうですか…?」 「え…?」 「いつも使い回していたせいで若干生乾きだった青ボーダーが今日は完璧に乾いている。 つまりそれは最近青チェックを来たことで洗濯物のローテーションに余裕が出来たから……違いますか?きっとまりなさんの家に行けば犯行に使われた青チェックが……」 「……ええ、そうよ!!」 「私がやったのよ!でも仕方ないじゃない!こんな狭い空間でJKが沢山たむろしてたなら……声をかけない方が失礼じゃない!!」 「わぁ、まりなさん激情型犯人だ……」 「なんか私例のBGM聞こえてきちゃった…笑」 「うっ……うっ……」 「まりなは何も悪くないわ。 」 「!」 「どうも~何となく呼ばれた気がしたので駆けつけました。 ハロー、ハッピーワールド! 改め笑顔パトロール隊で~す。 」 「だってそうでしょ?そんなに何かにドキドキ出来るなんてとっても素敵なことだもの!!」 「こころちゃん……」 「そうね……私が間違っていたわ。 自分の欲求を満たすためだけに数少ないアイデンティティまで放棄するなんて……決してしてはいけない行いだった。 これからはきちんと黒いアウターに青ボーダーで誘惑してみせる…!」 「その意気よ!まりな!」 なんだこれ…… 不審者2 「いや~この前の事件は難事件だったな。 」 「まさかまりなさんが青チェックを着るなんてね。 」 「有咲、大変!」 「どうした、おたえ!?」 「月ノ森女子学園の近くで声掛け事件だって!」 「またか!?どんな男だ?」 「違うよ?有咲。 犯人は花女の生徒だったらしいよ。 ツインテロリの被害生徒がそう証言したんだって。 」 「マジか……まさかウチの高校からそんな不祥事を起こす生徒が出るとはな……」 「有咲ちゃん、生徒会やってるもんね。 」 「有咲が責任感じることないよ。 」 「さーやの言う通りだよ!」 「でもこれを放っておくわけにはいかねぇ。 燐子先輩と話してくる!」 【生徒会室】 「燐子先輩!」 「市ヶ谷さん…!あれ……?」 「えっ…どうかしたんですか……?」 「いえ、何でもありません……その…以前戸山さんと遊園地に行った際……怪しげな黒服の人達に薬を飲まされて……その…体が縮んでしまったと風の噂で聞いていたので……」 「何でそんな詳細に情報が出回ってるんですか……それに体が縮んだのは原作の方で私の場合縮んだの胸だけですから。 」 「そう……ですか…」 「なんでそんなに残念そうなんですか……ん、いや待てよ……ロリ、ツインテ、あこちゃん、月ノ森……」 「あの、燐子先輩……失礼ですけど昨日は何されてましたか?」 「昨日……ですか…?その……良い天気だったので少し遠くへ春探しに……」 「へぇ、それはいいですね。 ちなみにどんな春を見つけたんですか……?」 「つくし……です…」 「通報があったのはここですか~?容疑者は…えーっと、燐子先輩?」 「ご、誤解です……私はロリコンというわけではなく……ただ純粋に小さな女の子が……」 「まぁ!燐子は小さな女の子が大好きなのね!素敵だわ!!燐子ならあかりともきっと仲良くなれるんじゃないかしら!!」 ピシャーーン 純粋って怖ぇ…… 不審者3 「聞いた有咲?まりなさん、獄中でもあの服で過ごしてるらしいよ。 なんか尊敬しちゃうな~」 「私服も囚人服と変わらないんだから洗濯の手間が減るだけ私服着させるのは当たり前だろ~」 「ポッピン探偵団というのはここかしら…?」 「友希那せんぱ~い!」 「戸山さん…相変わらず元気ね。 」 「ところで友希那先輩、私達を訪ねてきたってことは何か困り事ですか?」 「困り事……というほどのものでもないのだけれど…物心着いた時からずっと誰かに監視されているような気がするの。 リサにはいつも助けられているもの。 これからもRoseliaのベースとして、私のそばにいてくれるかしら?」 「友希那…!……………………うん、約束だよ。 」 「香澄、約束だぞ。 」 「えっ…?」 笑 迷宮の海月 ジェリーフィッシュ 「有咲ちゃん、大変!」 「か、花音先輩? どうしたんですか急に!?」 「えっとね……上手く言えないんだけどこころちゃんが変なの……!」 「弦巻さんが?!それって普通なんじゃ……」 「それが違うんだよ有咲ちゃん!」 「は、話は分かりました。 ただ会ってみないとどうとも言えないといいますか……」 ??「あら、有咲!何か困り事かしら!?それなら私たち笑顔パトロール隊に任せてちょうだい!」 「そ、その声は!?」 「ハッピー!」 「ラッキー!」 「スマイル!」 「イェーイ!」 「…………何やってるんですか千聖先輩。 」 「なんのことかしら、有咲?」 「千聖先輩ですよね?」 「…………」 「あのー、ちさt」 「私は元々薫と花音のことが好きやった……ハロハピに入りたかったんや!」 …………芸能界って大変なんだなぁ 商店街 ベイカリーストリート の亡霊 「有咲、大変!」 「どうしたの沙綾!っつか毎回この始まり方だな!!」 「そんなこと言ってる場合じゃないんだって!近頃うちのパンが焼いたそばから売り切れちゃうんだよ!」 「……パン屋としては繁盛してていーんじゃねぇの??」 「ウチはね…。 でもりみりんが……」 「チョココロネが332…チョココロネが333……チョココロネが334…って阪神関係ないやろ!」 「これは重症だな……今すぐ山吹ベーカリーに乗り込むぞ……!」 「ってな感じで近くまで来たはいいけど…具体的に何をするか……」 「それだよね……って有咲、あの子達、この前一緒にお花見したモルフォニカの皆じゃない??」 ジーーー 「妬みの視線……感じるわね。 」 「今日もあの店寄って帰る??」 「いいね~そうしよーよ。 」 ??「君たち、ちょっといいかな?」 「おじさん……誰?」 沙綾父「君たちが最近よく来てくれる山吹ベーカリーの店主だよ。 実は今品切れ状態でね……」 「そ、そんな……」 「おじさん、もしかしてアタシ達のことしらないんじゃないの?」 「透子ちゃんがSNSにアップしてくれたからバズったんじゃん!」 「もうSNSに上げないよ~?」 沙綾父「出来ればそうしてくれると助かるかな…汗」 「行きましょ?」 えっ……?出番は……? 黒翼の奇術師 マジシャン 「ねぇみんな、あの噂聞いた?」 「噂?」 「怪盗だよ!怪盗!最近巷を騒がせてる怪盗ハロハッピー!」 「あぁ、他人の家に勝手に侵入して変な詩集だけ置いていくっていうあの怪盗か。 」 「そうそう!その怪盗ハロハッピーがね昨日りみりんの家に現れたんだって!ね、りみりん!」 「うん、め~~~っちゃかっこよかった~!怪盗さんが置いていったこの『儚さよ永遠に』もすっごく良くてね。 特にこの334ページの『なんでや、阪神関係ないやろ!!』って叫ぶシーンが涙無しではみれないんだよ~~」 「おう…なんつーかその……心酔って感じたな……」 「明日も夜明け前に学校の屋上に現れるって言っててね。 もう今からめーちゃ楽しみ!!!」 「色々情報が多すぎて整理がつかねぇけど普通に住居侵入罪でやべぇやつじゃねえか。 これは私が向かうしかねぇみたいだな……!」 【翌日未明】 「ふふ、今日はどの子猫ちゃんと遊ぼうか……」 「そこまでだ……!」 「儚い曲線美の体に熟れた桃を思わせる血色の肌……あぁそうか、君があの有名な女子高生探偵の利根川チョママちゃんだね。 」 「ダズピっ!!つーかよくその設定覚えてたな!?」 「申し訳ないが私はここで捕まる訳にはいかなくてね。 ほら耳をすましてごらん。 私を呼ぶ数多の子猫ちゃんの声がきこえるだろ?」 にゃーんちゃんっ!? 友希那 「……子猫のワードに釣られた孤高の歌姫とそれに反応した幼なじみの雑念しか聞こねぇんだけど……」 「……つまりそういうことさ。 」 「まとめ方雑っ!?」 「それでは私はここで失礼させてもらうよ。 」 「なっ……!マントがハンググライダーに……!?まさかここから飛び降りて逃げる気か!?」 「また会おう。 」 「待てーーーー!!」 「…………」 「…………」 「シェイクスピアもこういっている。 『地面を歩け』と。 」 あ、高いところダメなんだ。 【世紀末の魔術師】 「皆さんこんにちは!パステル散歩のお時間です!」 「今日みなさんに紹介するのはこちら。 地元の老舗質屋『流星堂』です。 」 「なんでもこの流星堂の地下から古ロマノフ王朝に由来する骨董品が見つかったそうですよ!」 「早速看板娘の有咲ちゃんに話を聞いてみよー!」 「ブシドー!!」 「あ、どどどどうも…市ヶ谷有咲と申します。 えーこの度は~」 60分経過 「そそそそそれでですね、お次に紹介しますのがこちらわ、私が丹精込めて育て上げた千曲川でございまして……」 「有咲ちゃん、尺的にそろそろ厳しいからこれの解説してくれない?」 「え、あっ……それですか?そうですね……それはなんか先週その辺で見つけた卵形の骨董品です。 なんか開くのに合言葉がいるみたいなんですけど私もぶっちゃけ知らないんですよね。 」 この60分はなんだったのかしら……? 「はぐみ、それ知ってるよ!」 「ktzw3!?どっからでてきた?!」 「確かね……『ミッシェル、肉食ったべか?』みたいなのだったと思うんだけど……みーくんは分かる?」 「さぁ……?でも食べたんじゃない?クマだし。 」 「……」 「市ヶ谷さんはどう? ニチァ 」 「わ、私か……?いや奥沢さんがそういうならそうだろ。 奥沢さんが模範解答なんだし。 てかなんで当たり前のようにいるんだよ……」 「…………」 「でもはぐみ、ミッシェルがコロッケ食べてるところ見たことないよ?」 「はぐみ、コロッケはじゃがいもだから野菜と同じさ。 それではミッシェルがお肉を食べていない証明にはならないよ。 」 「私、皆さんと一緒にパスパレとして活動できてとっても嬉しいです!」 「イ、イヴちゃん……!」 「あはは!彩ちゃん泣いてる~」 「だ、だって~」 「日菜ちゃん。 あまりからかわないであげてちょうだい。 今のパスパレは彩ちゃんがいなければなかったものよ?」 「ち、千聖ちゃーん!」 「ふふ、彩ちゃんったら。 」 「でもね………………」 「惜しいなーー……」 「!!!??」 「このメモリアルエッグはかなりいい線いってるよ。 だけどもうちょっと工夫したらさらにいいメモリアルエッグになると思うんだ。 」 「………………彩ちゃん?一応聞いておくわ。 それは例えばどんな工夫なのかしら?」 「うーん……そう言われると難しいんだけど……あっ、そうだ!ここの細工になぐりを取り入れてみるとか!!」 【翌週】 「先週の放送でVo. 丸山彩に不適切な発言があったことから今週は急遽代役を立てて進めさせていただきます。 」 「まん丸お山に彩りを!パステルパレットふわふわピンク担当の上原ひまりでーす!よろしくお願いしますっ!」 「…………悪くないね。 」 11人目の看板娘 「お疲れ、みんな」 「おつかれしたー」 「おう、お疲れ!」 「今日も疲れたね~」 1 「みんなお疲れ様!」 2 「みんなお疲れ様!」 3 「みんなお疲れ様!」 4 「みんなお疲れ様!」 5 「みんなお疲れ様!」 6 「みんなお疲れ様!」 7 「みんなお疲れ様!」 8 「みんなお疲れ様!」 9 「みんなお疲れ様!」 10 「みんなお疲れ様!」 11 「みんなお疲れ様!」 「それにしてもウチのバンドも賑やかになったよな!」 「…最初は5人だったのが今じゃ16人だからね。 」 「いや~でも最初につぐが増えた時はさすがのモカちゃんもビックリでしたよ~」 5 「たしか去年の夏、ひまりちゃんの課題を学校に取りに行った時が最初だったんだよね。 」 「あの時は階段が増えたりとかでホントに怖かったんだからな!」 「えへへ……ごめんねみんな。 」 「まぁ夜の学校なんて入る機会も少ないし、今となっては悪くなかったんじゃない?」 「そーだよひーちゃん、つぐも増えたんだしさ。

次の

バンドリ胸大きさランキング!画像付きで公開!

市ヶ谷有咲 胸

」以降) 身長 152cm(小説版設定) 好きなもの ゲーム、香澄の歌、風呂(小説版設定) 嫌いなもの 日光(小説版設定) 好きな食べ物 あんみつ、玄米、ゆでたまご 嫌いな食べ物 音楽以外の趣味 ネットサーフィン、盆栽 家族構成 祖母(万実)(祖母の存在はTVアニメ版・小説版の共通設定で、名前はTVアニメ版から。 ちなみに小説版では父は他界しており、母や祖父については不明。 祖父に関してはが姿を見せないことを理由に勝手に死亡扱いしていたが本人曰く健在とのこと) CV 人物 質屋『流星堂』の孫娘(原作・小説の共通設定)で、家の隣の蔵を隠れ家にしており、小説では蔵の中に大量のゲーム機(主にレトロゲーム機)がある。 好きな食べ物や音楽以外の趣味、更にその家族構成から、おばあちゃん子の可能性がある。 ちなみに、祖母の苗字も『市ヶ谷』である為、恐らくは父方の祖母である。 性格は人見知り・面倒くさがり屋で、その体型やという女の子らしい容姿に反すような男勝りな口調と毒舌の持ち主。 一方で外面を気にして深い交流がない相手には猫をかぶって振る舞うことがあり、その際は上品な敬語と立ち振る舞いでキャラ風になるが、ボロが出やすい。 このような言動からは想像もつかないが、を始めとした一部のキャラを「ちゃん」付して呼ぶ可愛らしい一面もある。 外面を気にする面はファッションセンスにも見られ、私服はラフな服よりもお嬢様然とした上品な雰囲気の服が多い。 毒舌や気性の荒さといった彼女の本性は特にと接する際によく見られるが、本当はただ素直になれないだけで、本当は香澄のことを大切に思っているような一面も度々見られる。 つまり一言で言えば「」である。 上記の通り、引きこもり気質のインドア派だが、要領が良く学校の成績も学年一という優秀さで、メンバーの中で一番の才女である。 2年生に進級してからは生徒会に所属し、書記を務める。 生徒会に入った動機は 内申点が良くなりそうだからとのこと。 ちなみに、メンバー中唯一違うクラス(他の4人はクラスメイト同士)で、『隣のクラスに遊びに行くのが面倒』と言いつつ、内心では寂しさを感じている。 小説版では、香澄をバンド活動へと導いたきっかけの人物。 その一方、自身は幼い頃に習っていたピアノで挫折し、投げ出してしまった経験がある。 ちなみに、メンバー5人の中で最も胸が大きく、『STAR BEAT! ~ホシノコドウ~』のMVでは、俯瞰以外の角度で胸の谷間が見えるのは彼女だけ。 小説やTVアニメやゲームなど、他媒体でも明確に一番の巨乳キャラとして描かれている。 特にTVアニメ版が顕著。 担当声優の伊藤彩沙氏はメンバー中唯一、楽器経験が無いところからのスタートであった。 その為、声優陣によるライブでは、初期はタンバリン専任だったが、現在はキーボード+ボーカルをこなすまでに成長している。 小説版では前髪が眉上のぱっつんという違いがあり、原作以上に幼い容姿になっている。 他にも、髪のボリュームや髪留めなども微妙に違う。 使用するキーボードはのJUNO-DS61。 関連イラスト.

次の