とり むね 肉 レシピ。 人気の鶏胸肉が早く柔らかくなる簡単レシピ。ムネ肉やわらか甘辛しょうゆ煮

人気の鶏胸肉が早く柔らかくなる簡単レシピ。ムネ肉やわらか甘辛しょうゆ煮

とり むね 肉 レシピ

鶏胸肉って本当に便利ですよね。 スーパーに並ぶお肉のなかでも安価で、しかもヘルシー。 常に家計と食卓の味方となってくれるお肉として重宝している人も多いはず。 でも、ひとつ難点を挙げるとすれば、どうしてパサパサとした食感になってしまいがちなこと。 なかなか鶏胸肉を美味しく調理するのって難しいです。 そこで今回は「鶏胸肉をふわっとやわらかく、美味しく焼き上げるための科学」と題して、鶏胸肉をに焼くためのコツを御紹介します。 このコツさえつかんでしまえば、さらに鶏胸肉が身近になるはず。 ぜひ試してみてください。 鶏むね肉(200g)・・1枚• 塩・・2g• 砂糖 ・・2g• 水・・20cc• 油・・小さじ2 以下、付け合わせなのでなくても大丈夫です。 ・・2本• プチトマト・・3個 鶏肉をおいしく焼く科学 その1:保水効果でに仕上げる! ぱさぱさになりがちな鶏胸肉をに仕上げるのに必要なもの、 それは、塩、砂糖、水です! 「塩」はお肉のタンパク質が溶けてのり状になり、「砂糖」は水を抱えて離さない性質があるそう。 砂糖と塩を使用することでダブルの保水効果でなむね肉に仕上がりますよ! ここで美味しい黄金比をご紹介!• 水 お肉の重さの10%• 塩 お肉の重さの1%• 砂糖 お肉の重さの1% 例えば、200gのお肉の場合、水20cc:塩2g:砂糖2gとなります。 鶏肉をおいしく焼く科学 その2:じっくり低温で焼く さて、冷たいままのフライに油をひいたら、鶏肉を焼いていきましょう! 今回は、鶏むね肉を使っていますが、これから説明するやり方で焼けばしっとりに焼く事ができます。 ズバリッ、弱火で、じっくり焼くことです!! 肉のタンパク質は、温度が65度のあたりから凝固作用が始まり、その反動で肉汁が流れ出ていきます。 ですので、温度を65度にキープしながら焼いていく事で、中に火が通りつつも、しっとりと焼きあがります。 そして、焼く際には、皮の方から焼いていきます。 パリッとした皮の食感を出すためです。 鶏肉をおいしく焼く科学 その3:出てきた水分を、しっかりふき取る。 じっくり焼いている途中に、鶏肉から水分がでてきます。 基本的には低温で焼いている最中にでてくる、この水分は、細胞外水分とよばれるもので、アクや臭みが多いとされていますので、キッチンペーパーで拭き取ってあげます。 このひと手間を、きちんとする事で、味も香りも、スッキリとした印象になります。 手順のおさらいとしては、冷たいままのフライに、油をひいた後、塩で味付けした鶏肉を皮の方から弱火で焼いていきます。 目安は、7~10分程です。 皮の焼き具合を見て、キツネ色にこんがり焼かれていれば、ひっくり返して、さらに7~10分ほど焼いていきます。 出てくる水分は、キッチンペーパーで、こまめに拭いていきます。 最後に、鶏肉の一番厚い箇所に、串などを刺して、透明な肉汁が浮き出てくれば、火が通っているという証拠ですので、完成です。 もし、そうでないなら、さらに両面をじっくりと焼いてください。 鶏肉をおいしく焼く科学 その4:肉の美味しいそうな香り。 その化学反応とは? できましたーー!! 今回の付け合せ野菜は、プチトマトとレンジに1分ほどかけたです! そして、鶏肉が焼かれた香りってたまらないですね~。 ちなみに、この香りは、肉に焦げ目がつく褐変反応、メイラード反応によって出てくるんです。 ですので、肉を焼くときは適度に焦げ目をつける事で美味しく仕上がるんですね。 鶏肉だけでなく、鮭やぶりなどの魚にも応用できます。 では、今回の「鶏肉をおいしく焼く科学」のまとめです!• 保水効果でに仕上げる!• 弱火(65度の低温)で、じっくり皮目から焼く!• 焼き途中の水分を、しっかり拭く!• 焦げ目をつける事で、美味しい香りがでる! これで、いつでも、しっとりと柔らかい鶏肉を焼くことができますね。 ぜひ参考にしてみてください! 料理家164(ヒロシ) 「女子ごはん研究家」の肩書きで、料理が不得手な男性でも作れる、女性が喜ぶ手料理レシピを提案! 現在は、彼女(奥様)に美味しい手料理を作りたいという男性の手助けとなるべく、自宅訪問型マンツーマン料理レッスン【PASTA FOR YOU】を開始!! また、企業へのレシピ提案、コラム執筆も行う。 アメーバブログ:【女子が思わず笑顔の手料理 ~もう一度、いや、さらに愛してもらえます~】.

次の

主婦必見!胸肉最強レシピ36選!つくれぽ1000越えのみ掲載|専業主婦卒業宣言!

とり むね 肉 レシピ

鶏胸肉って本当に便利ですよね。 スーパーに並ぶお肉のなかでも安価で、しかもヘルシー。 常に家計と食卓の味方となってくれるお肉として重宝している人も多いはず。 でも、ひとつ難点を挙げるとすれば、どうしてパサパサとした食感になってしまいがちなこと。 なかなか鶏胸肉を美味しく調理するのって難しいです。 そこで今回は「鶏胸肉をふわっとやわらかく、美味しく焼き上げるための科学」と題して、鶏胸肉をに焼くためのコツを御紹介します。 このコツさえつかんでしまえば、さらに鶏胸肉が身近になるはず。 ぜひ試してみてください。 鶏むね肉(200g)・・1枚• 塩・・2g• 砂糖 ・・2g• 水・・20cc• 油・・小さじ2 以下、付け合わせなのでなくても大丈夫です。 ・・2本• プチトマト・・3個 鶏肉をおいしく焼く科学 その1:保水効果でに仕上げる! ぱさぱさになりがちな鶏胸肉をに仕上げるのに必要なもの、 それは、塩、砂糖、水です! 「塩」はお肉のタンパク質が溶けてのり状になり、「砂糖」は水を抱えて離さない性質があるそう。 砂糖と塩を使用することでダブルの保水効果でなむね肉に仕上がりますよ! ここで美味しい黄金比をご紹介!• 水 お肉の重さの10%• 塩 お肉の重さの1%• 砂糖 お肉の重さの1% 例えば、200gのお肉の場合、水20cc:塩2g:砂糖2gとなります。 鶏肉をおいしく焼く科学 その2:じっくり低温で焼く さて、冷たいままのフライに油をひいたら、鶏肉を焼いていきましょう! 今回は、鶏むね肉を使っていますが、これから説明するやり方で焼けばしっとりに焼く事ができます。 ズバリッ、弱火で、じっくり焼くことです!! 肉のタンパク質は、温度が65度のあたりから凝固作用が始まり、その反動で肉汁が流れ出ていきます。 ですので、温度を65度にキープしながら焼いていく事で、中に火が通りつつも、しっとりと焼きあがります。 そして、焼く際には、皮の方から焼いていきます。 パリッとした皮の食感を出すためです。 鶏肉をおいしく焼く科学 その3:出てきた水分を、しっかりふき取る。 じっくり焼いている途中に、鶏肉から水分がでてきます。 基本的には低温で焼いている最中にでてくる、この水分は、細胞外水分とよばれるもので、アクや臭みが多いとされていますので、キッチンペーパーで拭き取ってあげます。 このひと手間を、きちんとする事で、味も香りも、スッキリとした印象になります。 手順のおさらいとしては、冷たいままのフライに、油をひいた後、塩で味付けした鶏肉を皮の方から弱火で焼いていきます。 目安は、7~10分程です。 皮の焼き具合を見て、キツネ色にこんがり焼かれていれば、ひっくり返して、さらに7~10分ほど焼いていきます。 出てくる水分は、キッチンペーパーで、こまめに拭いていきます。 最後に、鶏肉の一番厚い箇所に、串などを刺して、透明な肉汁が浮き出てくれば、火が通っているという証拠ですので、完成です。 もし、そうでないなら、さらに両面をじっくりと焼いてください。 鶏肉をおいしく焼く科学 その4:肉の美味しいそうな香り。 その化学反応とは? できましたーー!! 今回の付け合せ野菜は、プチトマトとレンジに1分ほどかけたです! そして、鶏肉が焼かれた香りってたまらないですね~。 ちなみに、この香りは、肉に焦げ目がつく褐変反応、メイラード反応によって出てくるんです。 ですので、肉を焼くときは適度に焦げ目をつける事で美味しく仕上がるんですね。 鶏肉だけでなく、鮭やぶりなどの魚にも応用できます。 では、今回の「鶏肉をおいしく焼く科学」のまとめです!• 保水効果でに仕上げる!• 弱火(65度の低温)で、じっくり皮目から焼く!• 焼き途中の水分を、しっかり拭く!• 焦げ目をつける事で、美味しい香りがでる! これで、いつでも、しっとりと柔らかい鶏肉を焼くことができますね。 ぜひ参考にしてみてください! 料理家164(ヒロシ) 「女子ごはん研究家」の肩書きで、料理が不得手な男性でも作れる、女性が喜ぶ手料理レシピを提案! 現在は、彼女(奥様)に美味しい手料理を作りたいという男性の手助けとなるべく、自宅訪問型マンツーマン料理レッスン【PASTA FOR YOU】を開始!! また、企業へのレシピ提案、コラム執筆も行う。 アメーバブログ:【女子が思わず笑顔の手料理 ~もう一度、いや、さらに愛してもらえます~】.

次の

【保存版】早い!鶏胸肉料理の人気簡単37選まとめ!つくれぽ1000越えクックパッドとりむね肉レシピ!お弁当にも!

とり むね 肉 レシピ

さっぱりヘルシーに食べれる 茹で鶏を、もっと美味しく、しかも簡単にアレンジする事ができる おすすめのレシピを一覧でまとめました。 ゆで鶏のアジアンソース 鶏もも肉を茹でて冷ましたら、食べやすい大きさにカットしてお皿に並べておきます。 後は、醤油、ごま油、すりごま、みりん、砂糖、オイスターソース等の合わせタレを混ぜ合わせたら、作った茹で鶏の上からたっぷりとかけるだけ。 タレの材料にナンプラー等も入れると、さらにアジアンテイストな味わいにできます。 茹で鶏のねぎ塩ダレ 鶏もも肉はしっとりと茹でておいて、冷やしておきます。 長ネギと生姜をみじん切りにして、鶏ガラスープの素、白ごま油、塩、ブラックペッパーに白ごまを混ぜて、ネギ塩ダレを作ったら、カットした茹で鶏の上からかけるだけ。 茹で鶏のピリ辛味噌だれ 茹で鶏は、たっぷりのお湯にネギの青い部分、酒、生姜を入れて10〜15分 鶏もも肉を茹でて作っておきます。 小鍋に、酒、みりん、醤油、味噌、豆板醤を加えて火を入れたらアルコール臭を飛ばし、残りの調味料を加えたらタレの完成。 好みの大きさにカットした茹で鶏に味噌ダレをかけたら出来上がりです。 茹で鶏のマヨネーズソース 鶏肉を茹でたら、好みの大きさに切り分けてお皿の上に並べます。 マヨネーズ、オイスターソース、お酢、醤油、砂糖にすりおろし生姜を混ぜてマヨネーズソースを作ったら、湯で鶏の上からかけるだけ。 マヨネーズ風味でご飯が進む味わいに。 茹で鶏の和風パスタ ボウルの中に、割いた茹で鶏、梅、ガーリックパウダー、擦り胡麻、白だし、EVオリーブオイルを加えて混ぜておきます。 後は、茹で上がったパスタをボウルの中に入れて混ぜ合わせ、器に盛ったら、カットした大葉をのせて出来上がり。 茹で鶏でどんなアレンジをした? クソ暑い夏のお昼には、やっぱり冷やし中華。 ちょっとアレンジして、塩もみしたゴーヤと薄皮を剥いたグレープフルーツ、少量のマヨネーズで和えた茹で鶏を添えました。 — 佐々木俊尚 sasakitoshinao 妹が誕生日祝にブラウスを作って来てくれたので、アレンジ素麺を食べてもらった。 斜め薄切りにした長ネギたっぷりと適当に切った鶏もも肉、みじん切りの生姜と挽いた花椒、塩、紹興酒をマリネして、鍋に全部入れて蒸し煮にしたもの。 — れしぴこ recipko またも茹で鶏アレンジ、今度は和風パスタ。 ニンニクとお好きなきのこ類を炒めておいて、表示時間マイナス1〜2分茹でたパスタをそこへ放り込み、あとは鶏の肉と茹で汁、醤油、バター1かけをよく混ぜて完成。 茹で汁のおかげで味が決まりやすくてラク。 食パンに茹で鶏裂いてのせて、チーズ スライスでもピザ用でも のせて、トースターで焼くだけです。 10分かからず、鶏の風味だけで結構なごちそう感。 冷凍のパンを使うときは、先にレンジで3〜40秒加熱するといいかも。

次の