あしざわりゅうせい。 【あしざわ】大井川・寸又峡・川根・その他軽食・グルメ

芦澤 竜誠 選手紹介

あしざわりゅうせい

芦澤竜誠プロフィール• 生年月日:1995年5月1日• 身長:175センチ• 出身:山梨県南アルプス市• また 芦澤選手といえば口が非常に達者です(笑) 大阪などの関西の選手は会見でも動じることなく、うまく相手に言えますが、関西人ではない芦澤選手はどんな相手だろうが関係なくズバズバ喧嘩を売ってきます(笑) はっきり言う口調に、 「面白い!」という人もいれば「生意気!」という人など賛否両論です。 いい意味でも悪い意味でもかなり注目されている選手と言えます。 スポンサーリンク 芦澤竜誠の戦績は? 芦澤選手の戦績は、 32戦21勝(13KO)10敗1分(2019年3月時点) となっています。 ちなみにK-1グループに参戦してからは、 12戦5勝(1KO)7敗1分(2019年3月時点) となっています。 ちなみに芦澤選手はかつては地元、山梨県のジムの所属でした。 当時は他の興行に出場しており、 ジャパン・キックボクシング・イノーベーション フェザー級王者 を獲得しています。 実は昔、芦澤選手の試合を見たことがあるのですが、線が細く華奢なわりにアグレッシブで強く、大変盛り上がる試合をしていました。 しかしK-1グループは誰でも出たいと願う、国内最強選手が集まる全国大会のような場所です。 芦澤選手も強いのですが、日本一といえるくらいの選手も当たり前にゴロゴロいるんですね。 K-1グループのレベルが高いため、参戦してからの芦澤選手の戦績から弱いと言われてしまうのだと思いますが、決して弱いわけではないのです。 あとはトーナメントに出場する日本人選手が皆、名のあるタイトルを獲得しているため比較されやすいのかもしれません。 また命を懸けて戦っている格闘家も入れている選手が多く、見る機会も多いと思います。 しかしK-1グループは日本人選手のタトゥーの露出は禁止しています。 理由はこ れから地上波を目指すにあたって、クリーンなイメージでいたいからだと言われています。 タトゥーを入れることは禁止していませんが、試合の時は隠すことが前提になっています。 そして芦澤選手もタトゥーがあります。

次の

あしざわ

あしざわりゅうせい

人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 35代木村庄之助、愛犬カラニとの散歩で健康維持 []• 大相撲 [7月18日 19:46]• 大相撲 [7月18日 19:22]• 大相撲 [7月18日 18:18]• 格闘技 [7月18日 17:33]• 大相撲 [7月18日 17:04]• 大相撲 [7月18日 16:39]• 大相撲 [7月18日 10:53]• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 35代木村庄之助、愛犬カラニとの散歩で健康維持 []• 大相撲 [7月18日 19:46]• 大相撲 [7月18日 19:22]• 大相撲 [7月18日 18:18]• 大相撲 [7月18日 17:04]• 大相撲 [7月18日 16:39]• 大相撲 [7月18日 10:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

「THE OUTSIDER 第29戦」試合結果 // Rings

あしざわりゅうせい

K1の選手について 今のk1の人たちって、だいたいファイトマネーいくらくらいなんでしょうか?k1の選手たちを見てて、この人たちファイトマネーとかだけで生活してるのかな?って前から気になってました。 僕はいわゆる卜部兄弟、小澤海斗辺りのファンで、あの人たちにもなるとファイトマネーだけで生活してらっしゃると思うんですけど、皇治とか島野浩太郎も好きで、あの人たちはファイトマネーだけでなく、普通にバイトとかもしてるのかな〜とふと気になりました。 k1の選手たちは、ファイトマネーだけで生活できてるのはほんのごく一部で、大抵の選手は副業してらっしゃるのでしょうか? それとも、みなさんファイトマネーだけで生活してらっしゃるのでしょうか?? ふと気になったので質問しました。 回答お待ちしています。 ・副業と言ってもHIROYA選手はジムの経営者。 ・先日優勝した久保優太選手も警備会社社長、投資家、ジム経営者でもあり、数億の収入があると言われています。 ・弟の久保賢司選手もジムの代表になり、Krush王者中澤純選手も社長です。 ・HIROYA選手は多少裕福な家庭ですが、中澤選手は選手活動の中で経営者達と知り合い、 業界を敵に回しながら独立し、練習場所が無い状態から起業し、自分だけでなく所属する選手の為の雇用も生み出しています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・また、K1を引退した神戸選手も起業し、戸邉選手もK1ジムの代表になりました。 K1総本部代表の梶原龍児も会社を起こしています。 ・九州の真辺龍太はジム経営、会社社長としてK1公認ジムになり、初参戦を果たしました。 ・既に空手などの道場を経営しながらK1公認ジムになって選手を派遣しているところもあります。 ・これからの格闘技は選手として稼ぐのとは別に、稼いでる選手がやるものになっていき、 K1のように引退した選手の雇用を確保していくようになっています。 ・ファイトマネーで稼げる業界にするためには、社会からの信用が第一であり、 既存のキック界では不可能です。

次の