ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 解説。 ひぐらしのなく頃に 祟殺し編推理・考察

ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 解説

Contents• 今回、取り上げたのは 月刊少年ガンガンなどで連載されていた 「ひぐらしのなく頃に」 です。 この漫画の読む順番とストーリー全体を分かりやすく解説してます。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 「ひぐらしのなく頃に」全体のストーリーとあらすじ 「ひぐらしのなく頃に」のストーリーは ちょっと複雑になっているので 最初に全体のストーリー・世界観について説明をします。 (もちろんフィクションですが…) これら一つ一つの話はカケラと呼ばれ 天界のような場所では俯瞰で見る事が出来ます。 ・前原圭一が狂ってしまった世界 ・園崎詩音が狂ってしまった世界 ・鷹野三四に支配されてしまった世界 など、同じ時系列ながら、それぞれの独立する話が 何度も繰り返されているような世界です。 登場する人物は他の世界(カケラ)での記憶は無く 自分が生きる世界を精一杯生きるのですが ただ一人、古手梨花だけは天界のような場所にいく事が出来て 他の世界(カケラ)での記憶を引き継ぐことが出来ます。 その古手梨花はどのカケラでも昭和58年6月に殺されてしまいます。 古手梨花は殺される度に天界に戻り また別のカケラで梨花としての人生を生きる そして、昭和58年6月に殺されて天界に戻る という地獄のようなループを繰り返していました。 自らが生き抜くため、この地獄のようなループを阻止したい梨花 そして、梨花が死ぬことで、最終的に全滅してしまう雛見沢村の未来を なんとか変えていこうとしていくストーリーになっています。 出題編となっている4つの編では それぞれのカケラで統一されているルールについての説明を 各エピソードを交えて話しています。 なぜ登場人物が狂気に駆られてしまうのか? 登場人物が聞こえる謎の足跡とは何なのか? なぜ喉を掻きむしって死んでしまう人間がいるのか? などなど、これ以外にもある多くの事象について伏線を張っています。 そして、「ひなげしのなく頃に解」とタイトルを変えた 解答編の4つの編で、 それぞれの伏線にどういう意味があったのか? どういうメカニズムで起こった事象なのか? という事を説明しつつ、それぞれのカケラで 梨花が自分の運命を切り開くドラマを描いています。 これが「ひなげしのなく頃に」「ひなげしのなく頃に解」の 全体像になっていますので、これらを踏まえて、 読んでいく順番とそれぞれのストーリー(概要) について話をしていきたいと思います。 「ひぐらしのなく頃に」を無料で読む方法 「ひぐらしのなく頃に」は 無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガUP!は毎日10作品以上をアップ! 常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです! もちろん「ひぐらしのなく頃に」も無料で見られますよ。 先ほども話した通り、全てがネタ振りになっているので 推奨されている順番通りに読んでいくことをオススメします。 アニメ「ひぐらしのなく頃に」を無料で見るには アニメ「ひぐらしのなく頃に」を無料で見たい方は FOD(フジテレビオンデマンド)というサイトで見る事が出来ます。 FODはamazonアカウントを使って登録をすると 2週間無料でアニメを見放題見る事が出来ます。 (amazonアカウント以外で申込みをすると無料期間がなくなるのでご注意下さい) 「ひぐらしのなく頃に」の全話以外にも 「ひぐらしのなく頃に 解」も配信されています。 、 これらを1ヶ月以内に見て その後、解約をしてしまえば全てのアニメを無料で見られます。 3週間目からは月額888円(税別)となるので ゆっくりと見たい方はこちらを利用して下さい。 「ひなげしのなく頃に」それぞれのストーリー概要とまとめ 「ひなげしのなく頃に」鬼隠し編 主人公は全編を通してキープレイヤーとなる前原圭一 雛見沢という村に引っ越してきて、平和で楽しく暮らしていましたが 雛見沢村のお祭りである綿流し祭りで ルポライターの富竹ジロウと鷹野三四が殺された事で 刑事に協力を求められる前原は徐々に仲間達に疑いの目を持ち始めます。 疑心暗鬼になった前原はノイローゼになり 仲間的に敵意を強く持つようになります。 レナや魅音に襲われた前原は、二人を金属バットで撲殺してしまいます。 自首しようとして刑事である大石に電話をした前原でしたが 自分の喉を掻きむしり、亡くなってしまうのでした。 「ひなげしのなく頃に」鬼隠し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に」綿流し編 主人公は雛見沢村の有力者の跡継ぎである園崎魅音 雛見沢村で毎年一度ある綿流しのお祭り。 このお祭りが行われる時に必ず一人が殺され、 一人が行方不明になるという事件が起こっていました。 前原と魅音の双子の妹である詩音は 富竹ジロウ、鷹野三四の四人で「開かずの祭具殿」に忍び込み 様々な拷問器具を見つけてしまいます。 翌日、富竹と鷹野が殺されたうえに、村人全員が 四人が祭具殿に忍び込んだ事を知っていました。 命の危険を感じる前原と詩音は様々な人間に相談しますが 相談された人間が次々に殺されてしまいます。 犯人は園崎魅音でした。 魅音は前原、詩音を殺そうとしますが、 警察によって助け出されますが魅音は逃亡します。 後日、前原は魅音に腹部を刺されてしまい 詩音は隠れ家にしていたマンションのベランダから落ちて死んでしまいます。 そして、魅音は園崎家の隠し井戸の中で遺体となった見つかるのでした。 「ひなげしのなく頃に」綿流し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に」祟殺し編 主人公は再び前原圭一となります。 前原の友人である北条沙都子は義理の父に虐待を受けていました。 このことに気付いた前原はなんとか沙都子を救おうとしますが 児童相談所は動かず、どんどん状況は悪化してしまいます。 前原は魅音に綿流し祭りの祟りにならって 「沙都子の義父を殺してほしい」と暗に伝えますが拒否されます。 苦しみ追い詰められる沙都子の姿を見て苦しむ前原は 自分の手で沙都子の義父を殺す決意。 沙都子の義父を外へ呼び出して殺害する事に成功します。 しかし、義父を殺した前原のアリバイを レナ達が一緒にいたと証言したため、前原は混乱していきます。 そして、前原が殺したいほどに激しい憎悪を抱いた人間が 次々と死んでいくという不思議な現象が起こります。 自分には呪いの力がある事を疑う前原ですが 恨みを持っていない梨花も殺されてしまった事で 親友の沙都子に橋の上から突き落とされてしまいます。 沙都子に橋から落とされた前原ですが、かろうじて生きており 診療所を目指して、満身創痍の体で戻ると 雛見沢村の某所から猛毒の火山性ガスが発生した事で 雛見沢村のほぼ全員が死んでしまった事を知ります。 そして前原も2日後に原因不明の高熱で急死してしまいます。 「ひなげしのなく頃に」祟殺し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に」暇潰し編 主人公は影の主役である古手梨花となります。 公安部に所属する赤坂という刑事は 「建設大臣である犬飼の孫が誘拐された」 という事件を解決するため雛見沢村に訪れます。 赤坂の前に古手梨花という女の子が現れ、親切にして貰いますが ある時、梨花は突然豹変して、赤坂に村から出ていくように脅しをかけます。 赤坂は地元の刑事である大石と組んで、 犬養大臣の孫を救い出すことに成功します。 この事件で深手を負ってしまった赤坂は 妻に無事を報告しようと公衆電話に向かった時に梨花に出会います。 梨花は赤坂に未来が予知できる能力がある事を話し 「私は数年後に殺されてしまう」 「宿命だから仕方がないけど、やっぱり切ない」 と「生きたい」気持ちを告げます。 そんな中、大石が来て、 赤坂の妻である雪絵が亡くなった事を伝えます。 梨花が赤坂に伝えた通り、赤坂に不幸が訪れてしまったのでした。 そして、7年後。 久しぶりに大石と再会した赤坂は梨花が殺された事を知るのでした。 「ひなげしのなく頃に」暇潰し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 マンガを無料で読めるアプリをまとめました。 「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から 白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで 紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。 「ひなげしのなく頃に解」目明し編 主人公は園崎詩音となります。 園崎詩音は街で不良に絡まれているところを 北条悟史という人物に助けられた事で、悟史に好意を持つようになります。 悟史には沙都子という妹がおり、虐待を受けていました。 悟史が沙都子をかばいながら、徐々に気持ちを病んでいく姿を見て 詩音は、悟史が弱っていくのは沙都子のせいだと決めつけ、二人は衝突。 その一方で、悟史は沙都子を救うため、祖母を殺害する計画を立てており 綿流しの祭りの日に殺害を決行します。 祖母殺害から数日して、悟史は失踪してしまいます。 血眼になって捜索する詩音ですが、詩音の動きを不適切と判断した 祖母のお魎と魅音に拉致され、拷問を受けます。 1年が経っても悟史は変わらず失踪したまま そんな詩音の前に鷹野三四という人物が現れます。 鷹野は暗に園崎家を中心とした村ぐるみの犯行である事を伝え 園崎家に疑いを持つ詩音 そんな詩音は魅音の手によって再び拉致されそうになりますが 魅音をスタンガンで倒し、逆に地下部屋に拉致 そして祖母のお魎を殺して、死体を始末します。 詩音は村ぐるみの犯罪を確信します。 村への憎しみに溢れた詩音は魅音になりすまし、 古手神社の巫女である古手梨花にアプローチし 梨花、そして親友の沙都子も殺してしまいます。 前原も呼び出して殺そうとしますが、正体を見抜かれてしまいます。 追い込まれた、詩音は魅音と入れ替わり、魅音を殺してしまいますが その際に一連の犯行は園崎家(お魎)の犯行ではない という真相を詩音に告げます。 詩音は自分の犯行が無意味なものだった事に気付きながらも 人を殺すことに快楽を覚えてしまった殺人鬼として 魅音を殺してしまうのでした。 詩音は後日、前原を刃物で刺し、自分だけ生き残ろうとしますが マンションに戻ろうとしたときに脚を滑らせ転落 そのまま死亡してしまうのでした。 「ひなげしのなく頃に」暇潰し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に解」罪滅し編 主人公は竜宮レナです。 竜宮レナは過去に雛見沢村に住んでいて 父が母と離婚した事によって、雛見沢村に戻ってきた身ですが 体の部分が痒くて仕方がないという症状を持っており 雛見沢村にあるオヤシロさまの呪いを恐れていました。 レナは自分の父親を騙そうとするリナと鉄平も殺してしまいます。 レナが二人の遺体を隠そうとしている時に 圭一や魅音達に見つかってしまいますが 圭一ら仲間は、レナの罪を認め、許します。 ある日、鷹野三四がレナに近づいてきて オヤシロさま伝説について記されたスクラップを貰います。 綿流し祭り当日、富竹ジロウと鷹野三四が死亡した知ったレナは 三四の持っていたスクラップが殺害動機だと判断します。 レナは圭一に相談し、蛆が湧く現象は寄生虫によるもので、 その秘密を隠すために村ぐるみで犯罪を行っているのだと断定します。 レナは三四のスクラップ記事を妄信し始め、 様々な事を最悪の事態として捉え始め 圭一、魅音らの仲間にも疑いの目を向け、憎しみを広げていきます。 レナを説得する圭一ですが失敗。 逆に圭一が過去に犯した罪(児童連続襲撃事件)について追及されます。 途方に暮れる圭一ですが、ある時別次元の世界の記憶がフラッシュバックします。 その世界は圭一がレナと魅音を殴り殺した世界。 唯一、その事に気づいた梨花は圭一を許します。 そして圭一は自分の命にかけてもレナを救う事を誓います。 レナの妄想は止まらず、学校で人質を盾に引きこもり レナは教室にガソリンを撒き、警察と交渉を始めます。 交渉が上手くいかないレナを止めようとする圭一 圭一とレナは学校の屋上で対峙して戦い出しますが その中で友情と絆を確認し合います。 そして、レナを説得することに成功します。 事件から22年後に移ります。 警視庁の刑事である赤坂は、梨花が死んだ事、 そして、その直後に突如噴出したガスにより雛見沢村の村民が 全滅するという雛見沢大災害が起こっていた事を振り返り 雛見沢村に何が起きたのかを解き明かそうとするのでした。 「ひなげしのなく頃に」罪滅し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に解」皆殺し編 主人公は古手梨花です。 場面は古手梨花が何者かに殺されているところを 俯瞰で眺めるところから始まります。 梨花は死んだ後、姿形がほぼ一緒である フレデリカ ベルンカルテル という人物が現れ、梨花にこの世を外側から眺める能力がある事を伝えます。 そして、様々なストーリーの中を生きている事を知り、 どのストーリーでも58年6月で殺されている事を知ります。 梨花はこのストーリーを打ち破り、 今回は58年6月以降も生き延びる事に挑みます。 想像以上に時間を巻き戻す事が出来ず 絶望から始まる世界の中で、梨花は何もできないと嘆きます。 しかし、圭一の行動がいつもと少しずつ違い、 梨花の知っている現実ではなくなってきている事を理解し 今回は未来を変えていこうと進んで行きます。 梨花は自分の未来を変えるべく 鷹野三四と富竹ジロウに死が待っている事を伝えるなど 出来る事を精一杯頑張ります。 沙都子の叔父である北条鉄平が戻ってくるなどの困難を なんとか解決していった梨花ですが 鷹野三四が雛見沢症候群を継続するべき使者である事が判明し 富竹ジロウを殺害、 鷹野は自らの偽装死体も用意して、 終末作戦(雛見沢全滅作戦)に向けて動き出します。 そして綿流し祭り当日 鷹野は静かに事を進めていき梨花のボディーガードを してくれた大石を射殺、梨花と沙都子を救いに来た圭一達も 次々と鷹野に射殺され、梨花は腹を捌かれ殺されてしまいます。 そして、終末作戦として雛見沢村の全員を毒殺した 鷹野は「私が雛見沢村に神を降臨させたのだ」と悦に浸るのでした。 「ひなげしのなく頃に」皆殺し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 「ひなげしのなく頃に解」祭囃し編 主人公は田無美代子(鷹野三四)です。 田無美代子は貧しいながら親子三人で仲良く暮らしていましたが ある日突然鉄道事故に巻き込まれ両親は死亡し、施設に放り込まれます。 そこは虐待が横行する地獄の世界でしたが 父親の恩師である高野一二三に助けられた事で 一生高野に恩返しをしていく事を誓います。 美代子は一二三が研究している雛見沢症候群(脳に入り込む寄生虫)の 研究を引き継ぐように猛勉強を始め、雛見沢村に研究所を設置するまでになります。 鷹野は殺人をも辞さない方法で 手段を選ばず、雛見沢症候群の研究を進めていました。 そんな懸命に研究を続ける鷹野ですが、研究の打ち切りが通達され 鷹野を雛見沢終末作戦へと導く謎の女性に洗脳されてしまいます。 梨花や羽入たちは赤坂、入江、富竹など 今まで仲間にならなかった人間たちを引き入れて 鷹野とのバトルに突入します。 梨花の命を守り、鷹野・小此木らの攻略した 梨花たちは完全なる勝利を収めます。 そして、迎えた綿流しの日 他のカケラとは対照的に平和のうちなお祭りが終了となります。 その後、それぞれのキャラクターがそれぞれの道を歩んでいきます。 今まで雛見沢村には無かった風景が広がるのでした。 「ひなげしのなく頃に」祭囃し編の 詳細なあらすじ・最終回のストーリーは以下をクリックしてください。 迫力のあるストーリー、そして迫力のある絵柄は 「ひぐらしのなく頃に」の持ち味なので ここでネタバレを読んで頂いた方も是非本編を読んでいただければと思います。

次の

「ひぐらしのなく頃に」読む順番とストーリー全体を分かりやすく解説!ネタバレありです。

ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 解説

ひぐらしのなく頃に 解 ~皆殺し編~ 其の八「終末」 梨花ちゃん(と沙都子)の家で、夕食を済ませた部活メンバー。 「こちらに向かっている」大石さんを待ちますが、一向に現れません。 「あの大石さんだから…滅多なことはないと思いますが…」 残念ながら射殺されてますからね…。 「鷹野さんが犯人」という可能性も、大石さんが最初に気づいているわけですから…。 そんな有能なこの世界の大石さんは、もういません。 大石さんが岐阜に行く前、梨花ちゃんの家に2人の警官を配備してくれていました。 彼らのもとにも、大石さんからの連絡はないようです。 「あとは我々がいるから大丈夫。 君たちも早く帰らないと、親御さんたちが心配するから」 警官に促され、帰宅する魅音・詩音、圭一とレナ。 「明日も皆さん、来てくださるそうですわよ。 皆さんの分のお菓子とか、用意しておかなくてはなりませんわね。 」 「明日」のことを話す沙都子。 『「明日」という日が…私にあるのかしら…』 「昭和58年6月21日」の日めくりカレンダーを見ながら、そんな思いにふける梨花ちゃん。 深夜、羽入が梨花ちゃんを起こします。 「もうすぐなのです……」 梨花ちゃんの死が「もうすぐ」であることを伝える羽入…。 玄関から突入する「山狗」。 2人の警官はテーザー銃(遠距離型のスタンガンですね。 昭和58年にあったか、定かではありませんが…)で気絶させられます。 2階の住居に侵入する山狗。 しかし…そこはもぬけの殻。 梨花ちゃんと沙都子は、寝間着に着替えずに普段着で布団に入り、すぐに逃げられる用意をしていたのです。 そして危険を察知して、窓から縄梯子で外に逃げていました。 逃げられたことに気づいた山狗は、人数をかけて沙都子と梨花ちゃんを追います。 しかし、沙都子が「裏山のトラップをいつもの3倍増し」にしており、なかなか追いつけません。 山狗のリーダーで、指揮を執る小此木は、思わぬ苦戦に焦ります。 「ダメよ、あの子たちを甘く見ちゃ…クスクス」 魅音の家を目指して、山中を駆けまわっていた梨花ちゃんと沙都子。 途中、梨花ちゃんが転んでしまいます。 暗闇の山中ですから、仕方のないことでしょう。 追手の山狗が2人を囲み、テーザー銃を手にします。 「ひぐらしのなく頃に 解」が見放題! 「hulu」は「ひぐらしのなく頃に 解」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。 月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。 ぜひ、お試しください! と、そこに現れたのは部活メンバー。 圭一はバット、レナは鉈、詩音はスタンガン、魅音は素手(!! 2人を囲んでいた山狗を倒します。 警官に促されて、帰宅する際に「イヤな感じがした」レナ。 各々武器を持って再集合し、梨花ちゃんの家に行ったところ、警官が倒れていたので、慌てて2人を探していました。 梨花ちゃんの話を信じ、レナの予感を信じたから。 互いが互いのことを、互いの言うことを信じているからこその行動ですね。 しかし、追手はまだいます。 同時に、少し離れたとことに山狗の車であろうワンボックスが。 おそらく、であり、でしょうね。 「運転はおじさんに任せておきな!」 車の運転ができる様子の魅音。 車が手に入れば、逃走はかなり有利になります。 辺りにいる山狗を倒し、車を奪おうと行動を起こす部活メンバー。 「いくぞ~!!」 圭一を先頭に、車に向かって皆が走り出した、まさにその時。 乾いた発砲音が辺りに響きます。 次の瞬間、持っていたバットを落し、圭一が倒れます。 そして喀血。 発砲音の先には、拳銃を構え、不敵に笑う鷹野さん。 圭一は、鷹野さんに撃たれたのです。 レナが 「みんな…行くよ!!今は…生き抜くことだけ考えるの!圭一君が、ここに留まることを望むはずがない! みんな!走れ~~!!!」 一斉に走り出す皆。 その姿を見て、息を引き取る圭一…。 『みんな…生き延びろよ…』 必死に走って逃げますが、相手は訓練を受けた特殊部隊。 徐々に追い詰められていきます。 「私が囮になる。 奴らを引き付けてる間に、みんなは逃げて」 「お姉!?」 「議論してる暇はないよ…あんたは沙都子を守る義務がある。 レナ、梨花ちゃんをよろしくね」 「行くよ、梨花ちゃん」 置かれている状況に頭が追い付かない。 そんな様子の梨花ちゃんの手を引き、レナは進みます。 その場を魅音に任せ、走り続ける詩音、レナ、沙都子、梨花ちゃん。 走り通しなうえ、圭一が撃たれた精神的なショックもあり、疲労困憊の皆。 「ちょっとだけだよっ!」 休憩をとっていたところに…現れたのは、魅音。 「お姉!無事だったん…」 詩音が言い終わる前に、木にもたれ掛かっていた魅音は倒れます。 背中は血で真っ赤…。 「ごめんねぇ。 もう死んじゃってるの…クスクス」 鷹野さんと山狗に、追いつかれました。 「詩ぃちゃん、2人をお願い」 レナが鷹野さんの前に、立ち塞がります。 「『連続怪死事件』は、全部鷹野さんの仕業だったんですね。 オヤシロ様の『代行者』のつもりですか?」 「『代行者』じゃないわ。 私が祟りを下すのよ。 これから村に起こる祟りは、私の祟り。 そう、私は人を超え、『神』になる。 オヤシロ様そのものにね。 」 「ハハッ、無理だと思うなぁ~! 鷹野さんが何をしたって、所詮は『ごっこ遊び』。 あなたはオヤシロ様にはなれない。 レナに煽られたあげく、鷹野さんはレナを撃ち殺したようです。 逃げていた詩音、沙都子、梨花ちゃんも、やはり山狗に追いつかれ、3人とも捕まります。 「さ~てぇ、誰から殺しましょうか~。 」 「私はいいから!私のことはいいから沙都子は助けてあげて!」 「検討してあげるわね…クスクス」 小さく笑いながら、詩音の頭を撃ち抜く鷹野さん。 「せっかくの頼みだしねぇ。 どうしようかしら、沙都子ちゃぁん。 クイズしましょうか。 ブロッコリーとカリフラワー、緑色はどっち?」 「カ、カリ…ブロッコリー…」 「正解」 言うと同時に、沙都子の頭を撃ち抜く鷹野さん。 鷹野さんが、梨花ちゃんに近寄ります。 「私を…殺す…」 「ええ、殺すわ。 女王感染者の死体が、この作戦のカギなの。 あなたは遠く離れた東京で、醜い政治的争いの道具になるのよ。 そして…鬼ヶ淵伝説のピリオドとなる」 手には白い布。 クロロホルムなのか、眠らせる薬剤を浸み込ませています。 「待ちなさい」 「あら、命乞い?」 「違うわ。 私を殺すなら、眠らさずに殺しなさい。 忘れないためよ。 あなたが私の腹を裂くのを。 私は魂に刻み付ける。 次にあなたに会ったとき、あなたが敵であることを思い出すために!」 梨花ちゃんの望み通り、起きたまま古手神社に運ばれ、そして「いつも通り」本殿とさい銭箱の間に寝かされます。 梨花ちゃんの手を握る羽入。 『ボクが忘れません…もし梨花が忘れていても、きっとボクが教えますから! ボクも…みんなと楽しく過ごす未来に…行きたかった!』 鷹野さんが現れ、梨花ちゃんの腹を裂いて殺します……。 「次の雛見沢」が始まる前、「今回は諦めもつく…みんなで力を合わせ、それでも奇跡は起きなかったのだから…」 梨花ちゃんは、あと少しが届かなかった世界を振り返ります。 「違うよ」 レナの声です。 見ると、部活メンバーが全員います。 「奇跡が起こらなかった理由、レナは知ってるよ。 あなた……本当に信じてた?」 レナの視線の先には、羽入。 「はうあぅ、あぅぅ、ボクは何もできない、非力な存在なのです。 見ていることしかできない、そんなボクが信じているだけで。 」 「奇跡は起こせた」 「そうだね。 あたしたちにあなたが加わっていれば、きっと勝てたと思う。 」 「あなたにも、運命と戦う勇気が必要だったの。 「2,000人!2,000人だぞ!」 「こんなバカげたことを考える『東京』の連中を、まずは遮断すべきなのだ」 どうやら、女王感染者である梨花ちゃんが亡くなり、2,000人の村人が「雛見沢症候群」を発症する今後について、議論されているようです。 「雛見沢症候群は、ご説明した通り非常に危険な病気です。 それが漏れれば、被害は2,000ではすみません。 しかるべき『決断』が必要とされています。 」 「被害は、最小限に抑えられるんだな?」 雛見沢分校に集められる村人。 マシンガンを持った「山狗」に見張られ、目張りされた教室に入れられます。 」 鷹野さんの命令で、教室の上の窓から、村人のいる教室内に缶が投げ込まれます。 気体を噴出し続けるガス。 次第に苦しみだす村人。 教室のガラスを割って、外に逃げ出す者もしますが、マシンガンでハチの巣にされます。 「祟りなきは神にあらず。 祟るがゆえに恐れられ、恐れられるゆえに崇められる。 今こそ神は降臨した。 我こそはオヤシロ様なり! あ~~っはははっははは……」 鷹野さんの高笑いが、雛見沢に響きます…。 はい、というわけで「皆殺し編」のご紹介でした。 あり得ないくらいの奇跡の連続。 そして、「運命の袋小路」だった、北条鉄平からの沙都子救出。 しかも鉄平を殺さず、誰も不幸にならず。 しかし、事態は急変しました…。 「オヤシロ様の祟り」の真犯人・鷹野さんの「終末作戦」発動。 梨花ちゃんを失い、雛見沢症候群を発症するしかない、雛見沢村民。 それらを「皆殺し」にすることが、「雛見沢大災害」の真相だったのです。 「火山性ガスの噴出」は、でした。 さて、最後にご紹介するのは「祭囃し編」です。 「祭囃し」いうくらいですからね、最後は運命に打ち勝ってくれるでしょう! 前の記事:皆殺し編 次の記事:祭囃し編.

次の

【ひぐらしのなく頃に】アニメ版『鬼隠し編』を解説!!※ネタバレ注意

ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 解説

Contents• 今回、取り上げたのは 月刊少年ガンガンなどで連載されていた 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」 です。 この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 それでは「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」の最終回(ネタバレ)について話していきます。 ひぐらしのなく頃にを無料で読むには? 「ひぐらしのなく頃に」は 無料アプリである「マンガUP!」で読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガUP!は毎日10作品以上をアップ! 常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです! もちろん「ひぐらしのなく頃に」も無料で見られますよ。 1.最終回までの流れ 場面は古手梨花が何者かに殺されているところを 俯瞰で眺めるところから始まります。 梨花は死んだ後、姿形がほぼ一緒である フレデリカ ベルンカルテル という人物が現れます。 フレデリカは梨花に、この世を外側から眺める能力がある事を伝えます。 そして、様々なストーリーの中を生きている事を知り、 どのストーリーでも58年6月で殺されている事を知ります。 この繰り返しとも言えるストーリーには3つのルールがあります。 ルールX 誰が必ず惨劇に巻き込まれる ルールY 富竹ジロウと鷹野三四は必ず同じ死に方で死ぬ ルールZ 園崎家に疑いがかかるようになる。 梨花は時間を巻き戻す能力が弱まっている事を感じとり、 今回の世界では生き延びる事を誓います。 梨花のパートナーとも言える時間を戻せる妖精羽入と共に戻った現世界 たった2週間しか巻き戻せず、そろそろ限界が近づいている事を感じていました。 梨花は罪滅し編では、別世界の記憶があった圭一に、 レナと戦った記憶を問いますが、圭一の頭には記憶がありません。 梨花は今回も自分が殺される結末になるのか… という絶望感に打ちひしがれていました。 死を待つだけの梨花でしたが、圭一の行動がいつもと少しずつ違い、 梨花の知っている現実ではなくなってきます。 詩音や魅音が狂気に駆られる動機となる ポイントをクリアしているのを見て 今回は未来を変えていこうと進んで行きます。 レナも魅音も詩音も圭一もぼんやりと過去を記憶しており、 誰もが凶行に走らず、時間が進んでいきます。 梨花は自分の未来を変えるべく 、 鷹野三四と富竹ジロウに死が待っている事を伝えます。 そんな行動をする梨花のもとに梨花が信頼していた赤坂が訪問してきた事で 梨花は運命が少しずつ変わっている事を実感します。 マンガを無料で読めるアプリをまとめました。 「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から 白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで 紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。 梨花は思う通りに進んでいく事に望みを持ちますが、 沙都子の叔父である北条鉄平が戻ってきて事態は一変します。 沙都子が虐待を受けて、梨花や圭一達は沙都子を救うため悩み出した挙句に 圭一はクラスメイト全員を引き連れて児童相談所へ何度も足を運び、解決に尽力します。 そして3日ぶりに学校に来た沙都子を相手に 圭一達は自分からも虐待を主張するように説得します。 しかし、沙都子は兄の悟史を守る為、家を出ない事を告げます。 そんな沙都子を見ても、圭一や梨花達は何度も児童相談所へ足を運び説得を続けます。 児童相談所でも結果を得られない圭一達は 圧力をかけている村の重鎮達の説得に動きます。 必死の説得で村の重鎮を説得。 また村のボスである園崎お魎も説得した圭一達は児童相談所を動かします。 そして、頑なに助けを拒否していた沙都子の心も動かしSOSを自ら出します。 その結果、北条鉄平は逮捕。 沙都子は無事に仲間の元に戻ります。 次に梨花は運命を変えるべく、鷹野三四と富竹ジロウが殺されないよう画策します。 しかし、綿祭りの日。 鷹野三四は雛見沢症候群を継続するべき使者である事が判明、 富竹ジロウを殺害してしまいます。 鷹野は自らの偽装死体も用意して、 終末作戦(雛見沢全滅作戦)に向けて動き出します。 そんな動きを見て疑心暗鬼に陥る梨花は何を信じていいのか分からなくなります。 そしてとうとう梨花が死ぬ日を迎えます。 鷹野の手下である小此木から電話が入り、 入江所長が黒幕であると伝えられます。 しかし、その言葉を素直に信じられない梨花は 大石に連絡してボディーガードをつけてもらいます。 そこに駆けつける圭一達、梨花はずっと隠していた雛見沢の過去を圭一達に話し出します。 雛見沢には雛見沢症候群という病気があり、 雛見沢を離れてしまうと精神が錯乱してしまうという症状の病気でした。 それを防ぐ為には女王感染者である梨花が村に存在しなくてはいけない。 梨花が死んだら、村人皆が発症し、錯乱し、殺し合いを始める。 という話を圭一達にしたところ、圭一達は梨花を信用します。 一方、鷹野の死亡が偽装だと言う事を突き止めた大石は 梨花にその事を伝え、梨花の元に向かおうとしますが、山狗に殺されてしまいます。 鷹野は梨花を殺して、オヤシロさまの祟りを実行させようとします。 山狗に追われて窮地に追い込まれる梨花と沙都子を圭一達が救いに来ます。 山狗達を倒した圭一達ですが、鷹野が現れ圭一を射殺します。 そして、魅音、詩音、レナ、沙都子と次々に殺され、 梨花も腹を捌かれ殺されてしまいます。 死後、その様子を天から眺める梨花。 次回は運命を変えると誓いますが、そこに圭一達の霊体も現れます。 そして羽入に対して、次の世界では良い未来を作ろうと誓い合います。 一方、総理官邸では総理大臣が梨花の死亡報告を受けた事で、 雛見沢を全滅させる許可を得たシーンが描かれます。 そして、舞台は最終回へと移ります。 アニメ「ひぐらしのなく頃に 解」を無料で見るには アニメ「ひぐらしのなく頃に 解」を無料で見たい方は FOD(フジテレビオンデマンド)というサイトで見る事が出来ます。 FODはamazonアカウントを使って登録をすると 1ヶ月間無料でアニメを見放題見る事が出来ます。 (amazonアカウント以外で申込みをすると無料期間がなくなるのでご注意下さい) 「ひぐらしのなく頃に 解」の全話以外にも 「ひぐらしのなく頃に」も配信されています。 、 これらを1ヶ月以内に見て その後、解約をしてしまえば全てのアニメを無料で見られます。 2ヶ月目からは月額888円(税別)となるので ゆっくりと見たい方はこちらを利用して下さい。 2.最終回のストーリー 6月23日深夜 村の山中から火山性ガスが流れていると 防毒マスクを被った男達が村人を避難させていました。 鷹野(入江機関)は レベル2以上の感染者を全員始末する事 機関施設の完全なる証拠隠滅 このマニュアルの隠蔽 これらをもとに村人を始末する方向で動き出していました。 村の外へ出る事を禁じ、妨害電波を出してテレビ、 電話などの通信機器を全てシャットアウトします。 ガスによる死亡不自然な点を無くす為に 通帳などの貴重品だけ持たせて、避難所へと誘導させます。 鷹野の部下が黙祷をする中で、鷹野は自分が神になったと言い放ちます。 そして、毒ガスが避難所に放たれて、村人達は次々と死んでいきます。 避難所から脱走した村人は射殺され、村人は全滅します。 鷹野はその様子を見て 「私が雛見沢村に神を降臨させたのだ」と悦に入ります。 そしてこう言い放ちます。 「我はついに神の領域に至ったのだ」 「我を崇めよ、讃えよ、そして畏れよ!!」 「我こそはオヤシロさまなり!」 ここで場面はフレデリカ ベルンカルテルの方へ移ります。 フレデリカはこれでこのカケラのお話はおしまい。 梨花の知りたい事は全て揃った事を読者に伝えます。 これまでの話で世界の構造は分かったでしょ? と問いかけ、鷹野に負けない為の次のカケラに向かう 梨花の姿を描いて物語は終了となります。 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」最終回の感想 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」のラストは 今まで起こったことのすべての謎が解けた形で終了しますが これまでの編の中でも一番のバッドエンドでしたね。 今までは圭一や魅音など、主要人物が悲しい勘違いをしてしまい 感情が暴発して、事件に発展してしまう というパターンでしたが、 「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」では 雛見沢に悲劇をもたらそうとする犯人鷹野三四が 縦横無尽に悪事を働くという展開になっています。 最後はとてもスリリングでしたが、北条鉄平のくだりが ちょっと長かったところは少し中だるみした感じがありますね。 何はともあれ、最終回がどうなるんだろう?? という気になる展開で終わっているので この話を読んだのであれば、祭囃子編も読んでおきたいですね。 「ひぐらしのなく頃に」はやっぱり全部読んでこそ その素晴らしさ、価値を感じられますね。 是非、読んでほしい漫画です。

次の