アイコス3 デュオ 使い方。 【レビュー】『iQOS3 DUO(アイコス・スリー・デュオ)』の使用方法と清掃方法とは?|毎日セブン店長

アイコス3デュオの2020年夏限定カラー「涼」をゲット&レビュー!IQOSオリジナル扇子もいい感じ

アイコス3 デュオ 使い方

IQOS 3の付属品とスペック 凄いです。 高級感。 最近はばかり紹介していて忘れてましたが、細部の作り込みは本家がNo. 1ですね。 高価なスマホを開封する時のようなワクワク感があります。 内部はおせちの三段重みたいに分かれてまして、取り出した同梱品が以下。 際立って珍しいものはないですね。 USB充電ケーブル Type-C• ACアダプター• クリーニングツール各種 他に取扱説明書になります。 バッテリー容量は不明です。 実際計測したところ ホルダー充電 約2分20秒 予熱 約20秒 クリーニング機能が廃止になり価格は3,000円UPしてますが進化は著しいです。 IQOS3は基本2. 4Plusを踏襲したモデル、デザイン一新と充電時間短縮につき、使い勝手は確実に向上しています。 これからの購入なら新型一択とみて良いでしょう。 ちなみに公式でのホルダー充電は旧モデルより40秒短縮の3分30秒のはずなのですが、何回計測しても劇的に速くて2分20秒程度のタイムでした。 もしかしたら個体差があるのかも? 外観はスタイリッシュに! 本体のサイズは 高さ11. 47cm、幅4. 6cm、厚さ2. 288cm。 IQOS 2. 4 Plusより高さと厚みを僅かにプラスしてますが、幅をギュッと縮めたことでスタイリッシュな見た目に仕上がってます。 ホワイトの正式名称は ウォームホワイト。 手触りはマットな素材で滑りにくく、今回から採用のドア部だけ光沢があります。 カラバリは全4種 他3種はブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレー。 どの色味も控えめで馴染みやすいため選択に迷いそうな印象です。 IQOS3はドア開閉タイプ。 ドア下部を押すと てこの原理でホルダーが出てきます。 IQOS 2. 4 Plusまではスイッチ自動開閉のため、多用に耐えられなくどうしても故障の原因になりがちでした。 ドアタイプはスイッチやバネも使わない仕様で確実に不具合は減りそうです。 自分だけのIQOSにカスタマイズ可能 ドアカバーはマグネット固定で簡単に脱着可能。 カバーとホルダーキャップは12色販売されてまして、計576通りのカスタマイズで差別化ができます。 ホルダーの大きさにほぼ変化なし IQOS 2. 4 Plusに比べると2mmほど短いですが見た目で変化を感じません。 IQOS 3のホルダーとチャージャー分離型は今では珍しいモデルでして、デメリットは双方に充電がいるため待ち時間が必要。 これが話題になりやすいですが、メリットはホルダーの小型化です。 アイコスヒートスティックの喫煙に使うデバイスとしては、断トツで小さくとても軽いです。 キャップの取り外しがきつめに設計されてるので、片手で外すには少々難があるかもしれません。 ホルダーの変更点は下部にマグネットと丸い接点。 チャージャーにガッチリくっつく仕様で、何より今回は収納に向きが関係ないため便利です。 最近ではあらゆるデバイスで目立ち始めた USB Type-Cを初搭載。 USBコネクタの向きに関係なく差し込めるので確実に楽になります。 さらに別途で変換アダプタが。 付属のUSB充電ケーブルは当たり前にType-Cなんですが、別途で変換アダプタが1個ついてきました。 従来のType-Aもこの変換アダプタのおかげで問題なく使えます。 充電中 丸みのあるボディですよね。 幅広のLEDインジケータは4段階の充電残量を表します。 消灯は0%、現在の1つ点灯では25%。 IQOS2. 4Plusはクリーニングボタンも搭載してましたが今作では廃止。 よって1つのボタンだけ装備されてます。 さて外観はこのくらいにして、ここからは使い方と感想に入ります。 IQOS 3の使い方と喫煙した感想 吸うまでのモーションに変更点なし。 ホルダーの充電時間は40秒短縮 まずホルダーをチャージャーに格納することで充電開始。 するとLEDが点滅し、消灯すれば完了。 その時間2分20秒。 公式では3分30秒とありましたが、かなりの誤差。 これが全ての個体にあてはまるなら劇的な高速化なのですが…。 取り出してホルダーのLEDが点灯していればOK こんな感じで白色LEDが点灯すればいつでも使える状態にあり、ほっとけば消灯する仕様ですがいつでも次のステップに進めます。 スティック挿入、ボタン長押しで加熱 ブレードタイプなのでスティックは真っ直ぐ挿入。 2秒ほど長押しでバイブとLED点滅が始まります。 予熱は約20秒 予熱完了で再びバイブが作動して喫煙可能。 完了です。 ここから6分の喫煙時間、もしくは14回の吸引で終了になります。 率直な感想 実際使ってみて、吸い応えはこれまでと変わりないですね。 特に最初の状態だと内部も綺麗でパワフルなため味はマイルド&クリアです。 きつくもなく弱くもない絶妙な設定。 ということもあり、加熱式タバコのメンテナンスは初期の味を維持するためにとても大切なんです。 付属のクリーニングツールは装備されてますが、スティックは無くなれば購入必須。 ちなみに、Amazon等で購入できるはIQOS3でも使用できました。 一般的にブレードの掃除はブラシと綿棒でゴシゴシと汚れを落としていきますが、電動だとウィーンと数秒の出来事。 詳しい使い方は下記に別記事として記載。 さて、新型IQOSは性能や使い勝手が改善され、特に時間短縮と故障の恐れが軽減されたことに強みを感じます。 あとは長く使えることを祈るのみかと。 メンテナンスが良く分からないぞ! という方がいましたら、お暇な時に下記を拝見してみて下さいね。 参考 保証期間の延長で安心 メーカー保証期間は製品登録すると6ヶ月から1年に延長。 自尊でも無償交換制度 ポケットチャージャーとホルダーは1回 MULTIも対応 まで交換可能。 万が一の初期不良や突然の故障でも、手厚い保証があるため安心して購入できるでしょう。 まとめ これまでIQOSに関しては、 充電の待ち時間が! 不具合が! と、まぁまぁディスってきたんですが どうやら卒業できそうです。 さらに2019年8月26日よりIQOSキットは大幅値下げ。 IQOS 2. 4 Plus 4,980円 IQOS 3 8,980円 IQOS 3 MULTI 6,980円 加熱式タバコの中では高級志向ですが、ようやく購入しやすい価格帯に突入しました。 待ち時間なしで連続10本喫煙できるマルチはどうでしょうか?IQOS初の試みですね!.

次の

【IQOS 3 DUO】コンビニで割引!新型アイコス3を購入後する事【使い方・価格】

アイコス3 デュオ 使い方

ねじることで加熱ブレードが折れることがあります。 ホルダーが振動してライトが白色に 点滅するまでホルダーボタンを長押しします。 ホルダーが2回振動してライトが白色の 点灯 に変わると準備OKです。 iQOS3DUO アイコススリーデュオ の楽しみ方 iQOSのホルダーはフル充電で 約6分間吸うことが出来ます。 回数で言うと 約14回です。 終了時間が 残り30秒になるとホルダーが「ブブッ!ブブッ!」と 2回振動してライトが白色に点滅します。 なので目でも体でも確認できるので気づかぬうちに終了してしまうことはないでしょう! ライトが消えたら終了です。 キャップを上に引き上げてiQOSスティックを ねじらずにまっすぐ取り出します。 iQOS3DUO アイコススリーデュオ は2回連続吸える! iQOS3DUOの最大のメリットは2回連続で吸えるところにあります。 もう一度iQOSスティックをホルダーに差し込んで2回振動しライトが点灯したらもう一度吸うことができます。 iQOS2. 4PLUSは1回吸うたびにホルダーの充電が必要だったので1本では物足りなかった方にはかなり嬉しい機能ですよね! 短い休憩時間に1回1回充電している暇はないので世の中の忙しい人は涙を流してますねきっと! いつも1本吸うたびに充電してたのななんだったんだー! iQOSホルダーを充電しよう! iQOSチャージャーが充電されている場合はホルダーをチャージャーにセットして 1回分であれば 約1分50秒、 2回分であれば 約5分15秒で充電可能です。 iQOS3DUO アイコススリーデュオ の掃除のやり方 iQOSを長く美味しく吸うためにはお掃除をおこたってはいけません! 定期的に掃除をしたい方としていない方ではかなりiQOSの寿命が変わってきます。 iQOSが推奨しているのは 1パック 20本 につき1回の掃除です。 スティックを刺す加熱ブレードは吸殻がこびりつくことがあります。 この吸殻をしっかり取り除くことでiQOSの本来の味を損なうことなく吸い続けることができます。 焦げたタバコ葉が残っているとどうしても苦いような味になります。 iQOS専用のクリーニングスティックで優しくホルダー内の吸殻を取り除きましょう!.

次の

アイコス3デュオをレビュー!連続吸いと充電時間に感動!感想と評価(画像36枚)

アイコス3 デュオ 使い方

ワンポイントの木がiQOSをおしゃれなアクセサリーとして仕上げます。 本物の天然高級木材なので使い込む毎に味わいが増し、木の経年変化をお楽しみ頂けます。 レーザー刻印による名入れ刻印も可能、世界に一つだけのオリジナルカスタムアイコスを作る事が出来ます。 アンティーク家具のように時の流れとともに趣が増す木ならではの味わいをiQOSに。 (写真:チェリー) ドアパネルに天然の木材を使用、自然が生み出す美しい木目を手元にてお楽しみください。 (写真:メープル) 本物の天然木を職人が一つひとつ丁寧に削り出して作ったiQOS用ドアカバー。 (写真:パープルハート) 使い込む毎に味わいが増し、木の経年変化をお楽しみ頂けるアイコスに。 (写真:ウォールナット) iQOSにマグネットで固定されているドアカバーを外し、付け替えるだけでご利用頂けます。 あらかじめご了承下さい。 IQOSはPhilip Morris Products S. Aの登録商標です。

次の