ウーバーイーツ おすすめ 自転車。 ウーバーイーツ 自転車に疲れた方必見!低価格で高性能な電動自転車がココにあります

ウーバーイーツを自転車ガチ勢がやったら時給はいくらになるのか?同行してみた

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

CHAPTER(チャプター)• ウーバーイーツ UberEats レンタルバイク・おすすめ自転車|登録可能な自転車の種類 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」におすすめの「自転車」や「レンタサイクル」について、解説していきます。 「」の「」として仕事をする場合は、「登録車両」でしか配達することが出来ません。 「登録車両」自体は、自分で決めることが出来るのですが、登録可能な車両と、登録できない車両の種類は、はっきりと分かれていますので、自分が持っている車両(自転車やバイク)が、果たして「」の仕事に使えるのかどうかは、しっかりと確認するようにしてください。 また「自転車」や「バイク」を持っていない人でも、「」と契約している「レンタサイクル」「レンタルバイク」会社のサービスを利用できる地域にいる人は、月額料金を支払い車両をレンタルすることで、誰でもすぐに、配達が可能となります。 「」の「」として「自転車を使って1日中」仕事をやろうとするのですから、かなりハードになりますよね。 「」の「」を、「自転車」でする場合、として、あちこちを走り回るのため、かなりの「肉体労働」となり、自転車を漕ぐのに慣れていない人は、慣れるまで最初は相当キツくなると思います。 趣味が「ロードバイク」や「クロスバイク」の人、「」や「トレーニング」を兼ねて「」の「」の仕事をする人などは、車両選択で「自転車での配達」を選ぶことが多いようです。 そういう人達は、自転車での「配達」を選択することで、趣味と実益を兼ねることができるので、確かに「一石二鳥」だと思います。 逆に「体力に自信がない人」や「体力は温存して稼ぐことに集中したい人」は、「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメです。 「運動が苦手な人」「体力に自信のない人」「効率よく稼ぎたい人」は「電動アシスト付き自転車(eバイク)」がオススメですので、持っていない人は、「」で稼いだお金を使って「電動アシスト付きの自転車」に投資するのも、「配達の効率を良くする方法」として、アリだと思います。 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 配達で自転車を使う「メリット・デメリット」 自転車のメリット ・短距離の配達リクエストを受けやすい ・上記のため、配達回数を稼ぎやすい ・ダイエット・運動になる ・一方通行の道や原付バイクが入れない道を使いショートカットも可能 ・道を間違ってもUターン・方向転換がしやすい ・車両のメンテナンス費(維持費)が、バイクに比べると激安 ・ガソリン代が、かからない 自転車のデメリット ・体力が必要。 体力に自信のない人は、電動自転車を推奨 ・疲れてくると、配達効率が悪くなる また、さらに楽に配達をしようと思った場合は、「原付バイク」などのバイクを「配達」で使う方法もあります。 で「バイクを選ぶ」と、配達スピードや体力的には余裕が生まれますが、その代わり「ガソリン」を消費するので、「ガソリン代」などで「経費」も、それなりにかかってきます。 配達でバイクを使う「メリット・デメリット」 配達でバイク(原付)を使う「メリット・デメリット」 バイクのメリット ・長距離配達のリクエストを受けやすい ・1配達当たりの距離が長くなり、配送手数料の単価が上がりやすい ・体力に自信のない人でも長時間稼働することが出来る ・によっては、ブースト率(ボーナス)が高いところもある バイクのデメリット ・小回りが効かない ・渋滞に捕まると、なかなか抜け出せない ・車両のメンテナンス代が、かかる ・ガソリン代が、かかる ・駐禁や、一時停止違反など、交通違反のリスクが高い また、住宅街などでは、「一方通行」や「小回りが効かない道」などもあり、そういう場所だと、意外と「自転車」の方が、目的地に早く到着したりしますので、「自分が配達したいエリアの特徴」や「配達の目的」に合わせて、「自転車」か「バイク」を選ぶと良いでしょう。 「自転車登録の配達員」だと「近くて配達距離が短い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあるため、「配達回数を稼ぎやすくなる」のですが、「原付バイク登録の配達員」だと、「遠くて配達距離が長い配達リクエスト」が多く入ってくる傾向にあり、「距離料金を稼ぎやすくなる」という違いが、生じてきます。 「」の「」の場合、「車両登録」は、後からでも変更できますので、最初に選んだ車両から「配達車両」を変更したい場合は、車両変更の申請をするようにしましょう。 注意点としては、登録車両以外の車両で配達してしまうと、規約違反となり、「アカウント抹消」などのペナルティを受ける可能性がありますので、そこだけは注意してください。 今回、紹介した「自転車での配達」も「原付バイクでの配達」も、どちらも一長一短がありますので、「自分が既に持っている車両」や「配達の目的」に合わせて車両を選び、始めるのがオススメです。 ・排気量125cc以上のバイク (緑ナンバー=事業用者)(黒ナンバー=事業用軽自動車)は登録可能。 「坂道が多いエリア」や「一方通行が多いエリア」などは、小回りがきく「自転車」の中でも、「電動アシスト付き自転車」が活躍します。 運動兼ねて配達をしたい人は「ロードバイク」「クロスバイク」 「ロードバイク」とは、もともと「自転車レースのために開発された自転車」で、舗装された道路を高速走行するのが得意です。 比較的、価格も高く、ハンドルが「ラウンド形状」の「ドロップハンドル」を使用し、より前傾ポジションで走行する見た目が特徴です。 つまり「ロードバイク」は、「走ることに特化した自転車」だと言えるでしょう。 一方、「クロスバイク」とは、「オフロード車のマウンテンバイク」と「オンロード車のロードバイク」を融合させたような「自転車」です。 ロードバイクよりも、比較的、価格が安く、ストレートなハンドルを使用、またタイヤは太く設計されており、舗装されていない道や、段差がある道でも、走りやすいのが特徴です。 つまり「クロスバイク」は、「どんな用途や目的でも使いやすい自転車」だと言えるでしょう。 都市部ならレンタルバイク(レンタサイクル)でも配達可能 「」の「」の仕事をする場合、「自転車」も「原付バイク」も、自分で所有していない人は、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」で、「自転車」や「バイク」を「レンタル」して、配達を行うことが可能です。 「自転車のレンタル」も「原付バイクのレンタル」も、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「サービス会社」を利用することにはなりますが、いずれも「UberEats(ウーバーイーツ)特別プラン」として、通常価格よりも、安くレンタルすることが可能です。 だいたいの値段としては、「レンタルバイク」や「レンタサイクル」を利用する場合は、「月額4,000円~1,6000円」の定額制で、借りることが出来ます。 主な自転車レンタル・サービス• ドコモ・バイクシェア• COGICOGI リース• 帝都産業 docomoの電動自転車レンタサイクルの「ドコモ・バイク」 「月額4,000円」 東京都内であれば、「350ポート」を設置しており、「電動アシスト自転車の数」は「約4,500台」が使い放題で利用できます。 「交通系ICカード」や「おサイフケータイ」で「ワンタッチ貸し出し」に対応しています。 レンタルできる「電動アシスト自転車」のボディの色が赤いことから「赤チャリ」とも呼ばれています。 レンタルする人の多くが、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ですので、配達中も、よく見かけることになると思います。 docomoのレンタサイクルなら「自転車保険」も付いてくる 「docomo」のレンタサイクルの「ドコモ・バイクシェア」には、「対人・対物・自分のケガへの保障制度」も付いてくるので、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」の仕事中に起こる事故などにも、ある程度は、保険が効いてきますので、便利です。 ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング 「ドコモ・バイクシェア」の料金は「月額定額4,000円(契約初月のみ日割り計算あり)」となり、契約期間内であれば、何度、利用しても、追加料金などは取られません。 帝都産業の「レンタサイクル」と「レンタルバイク」 「月額10,000円」 「帝都産業」は「電動アシスト自転車」を自宅まで届けてくれるサービスです。 こちらも「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」ご用達の「レンタサイクル」サービスです。 「対人・対物保障制度」もあります。 また「帝都産業」は「レンタルバイク」サービス(月額16,000円から)もやっていますので、「バイク」を持っていないけれど、配達はバイクでしてみたい人などは、是非、確認してみてください。 「東京都内の配達員」時給換算するといくら稼げる? 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「」の仕事をした場合「初心者」の人でも、で「1,000円以上」は余裕で稼げると思います。 配達に慣れてきて「効率よく回れるようになった人」なら、時給換算で「2,000円」以上稼ぐことも簡単です。 ベテランで慣れてくると、稼いでいる人で、時給換算で2,000円~3,000円くらいも稼げる感じになると思います。 ただし、「」の「配達パートナー(配達員)」は「個人事業主」となりますので、「稼いだ金額」から「使った経費」を引いた「」を、をすることで、後で、自分でを納めなければいけません。 そうなってくると、手取り換算では、額面はもう少し下がりますので、稼いだ額が、まるまる自分の手元に残るわけではないので、その点は注意してください。 東京や大阪で「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」になりたい人は、「自転車」や「バイク」を持っていなかったとしても、「UberEats(ウーバーイーツ)」と提携している「レンタルバイク」や「レンタサイクル」の「貸出サービス会社」と契約することで、それらを使用して、すぐに配達の仕事が、できるようになり、おすすめです。 レンタル費用が安い「ドコモ・バイクシェア」なら「電動アシスト付き自転車」が、「月額4,000円~」の使い放題で、レンタルすることが可能ですので、時給換算で「2,000円以上」稼げるようになった人なら、「UberEats(ウーバーイーツ)」で2時間働くだけで、1ヵ月分の「レンタサイクル代」の元が取れます。 このような「便利なサービス」もありますので、「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して働きたいけれど、「配達車両」を持っていない人は、是非、活用してみてください。

次の

ウーバーイーツ(UberEats)レンタルバイク|自転車貸出・おすすめ自転車・登録可能な種類と保険

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

疲れが残りにくいので、前日の疲れが次の日の稼働に影響があまりない。 スピードもそこそこでる• 漕ぎ始めが楽なためストップ&ゴーが簡単にでき、小回りがめちゃくちゃきく• ブレーキが使いやすい ロードバイクと比べて• 安定しており、荷物が傾くことがほぼない• 楽 一言で言ってしまうと、 ラク です。 ロードバイクだとどうしても荷物の傾きや翌日疲れが残るなど障壁となる要素があり、精神的に稼働に覚悟が必要になります。 レンタル自転車でも電動自転車なので稼働はいいのですが、サイズが合っていなかったり、曲がっていたり、駐輪場に充電が残っている自転車がなかったりとデメリット要素がそこそこあります。 その点、自家用電動自転車での稼働だとほとんどデメリット要素がないです。 あえて挙げるとすれば、バッテリーの容量が少ない場合いちいち充電しなければならないというところかなと思います。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で使用するスマホホルダーを徹底解説

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

Contents• Uber(ウーバー)とは Uberの概要 Uber(ウーバー)はいわゆるシェアリングエコノミーの先駆け的なサービスの一つで自動車配車サービスシステムで、サービスに登録した一般人が自らの自動車を使って乗車客を運べるような仕組みを構築しています。 これにより自動車の所有者は空き時間に人を運ぶことで収入を得ることができ、利用者はスマートフォンアプリですぐにUberに登録しているタクシーや一般人に連絡がつながりすぐにピックアップしてもらえるようになり、利用者、運転手ともにメリットがあり、世界的に拡大しているサービスです。 僕自身もアメリカに行った時にUberを利用したことがありますし、中国に行った時に中国版のUberを利用したことがあります。 タクシーではなく一般の自動車に乗り込むのは不思議な感覚で、慣れないと怖いと思ったりもするのですが、ドライバーの登録者には利用者による評価システムが導入されていて、評価の悪いドライバーは排除されるような仕組みで安全に利用できるようになっているようです。 スマートフォンのGPS機能などを思い切り活用した新しいビジネスで、はじめてこのサービスを知った時は「こんな活用方法があったのか!」と、かなり衝撃的でした。 日本の場合 日本の場合は道路運送法で、お金をもらって人を運ぶためには事業者としての認可が必要と決められているので、 一般人がお金をもらって人を運ぶというのはいわゆる白タク行為になり違法です。 なので日本においては、基本的にUberの配車サービスは提供されていないというのが現状で、海外に行かない人にとってはあまり馴染みのないサービスかもしれません。 Uber Eats(ウーバーイーツ) 食べ物をデリバリーするサービス 日本では配車サービスは運営できないUberですが、 同様のシステムを使用して食べ物のデリバリーを行うUber Eatsというサービスは2016年あたりから日本でも展開されています。 食べ物のデリバリーと言えばピザ屋さんやお寿司屋さんなどが馴染みがあると思いますが、ファーストフードやハンバーガー、ステーキ、スパゲッティなど、普通のレストランで食べるような料理なども配達してくれるのです。 Uber Eatsが一般的な出前と違うのは、 お店のスタッフが配達するのではなく、Uber Eatsに配達員として登録した一般の人が配達をするという点です。 お店側からすると、デリバリーサービスを行うためにはそのためにスタッフを雇ったりやデリバリー用のバイクなどを準備しなければいけないためハードルが高くなりますが、 Uber Eatsを利用すると一般の人が運んでくれるため常に人をアサインさせておく必要がなく、手軽にデリバリーの注文を受けられるようになります。 配達員も一般的なアルバイトのように決められた時間内はずっと拘束されるわけではなく、 空いた時間にUner EATSから依頼されたデリバリーの仕事をこなすことで収入になるため、かなり自由にお金を稼げるというメリットがあるようです。 サービス提供範囲 最初は渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布などの東京の一部の地域で開始され、その後、徐々にエリアを拡大して、 2018年2月現在で主なサービス提供地域は東京23区周辺や横浜などの大都市部で展開されています。 まだまだ限定的なエリアでUber Eatsを利用するには都心に限られるような感じはありますが、東京では郊外でもUber Eatsの運搬用のバッグを背負った人を見かけることも多くなりました。 利用者のメリット 個人的には正体不明の人が食べ物を運んでくるなんていうのはちょっと抵抗がありますが、あくまで 一般人のお遣いだと割り切れるような人はUber Eatsを利用するメリットも十分あるようです。 例えば一般的にデリバリーサービスと言えばピザやお寿司くらいしか選択肢がありませんが、 Uber Eatsに登録されたお店であればファストフードや定食、パスタなどいろいろなお店の料理をデリバリーしてもらえるので、料理の選択肢が非常に幅広いというメリットがあります。 出前をよく取る人で定番メニューにも飽きてしまったような人にとってはかなり利用価値の高いサービスと言えるでしょう。 また、一般的なデリバリーサービでは配達をお願いしづらい場所にも配達をしてくれます。 たとえば 公園などでも配達してくれるようで、仲間と公園でピクニックなんかをしていて食べ物が足りなくなった時や、買い出しが面倒な時にはUber Eatsを利用すれば便利そうです。 ただの配達員と思ってサービスは期待しない だたし、あくまで 一般の人が飲食店の配達を代行してくれるというサービスなので、一般的なデリバリーサービスとは違って配達員の愛想が良いとか礼儀だ正しいとか、注文したものに対しての説明やオーダー違いなどへの対応は期待できないようですし、利用者の評判などを見ていると配達員によって、接客態度のようなものは大きな差があるようです。 また悪天候の日など配達員が減るのに対して注文が増えるような状況の時には、注文してもなかなか配達してもらえなかったり、最悪の場合は配達員が見つからずに強制的にキャンセルになるなどもあるようです。 上記のようにあまり日本的ではないサービスだと思いますが、そのあたりのサービスの特徴を理解して割り切ればストレスなく便利に利用できるものだと思います。 配達員になれば自転車に乗りながら収入になる! メッセンジャーと配達員との違い 自転車乗りの目線でUber Eatsを考えると、Uber Eatsは配達に自転車が使えるので、 自転車に乗りながら収入も得られるという点で非常に興味深いです。 自転車で配達してお金をもらえる職業と言えば書類を運ぶメッセンジャーを思い浮かべる人も多いと思います。 日本でもバイク便サービスをおこなっている会社などが自転車での配達サービスを提供していたりしてメッセンジャー自体は存在しています。 しかしながら、常時アサインしていなければいけないメッセンジャーと、自分の好きな時間で自由に働けるUber Eatsでは同じ自転車での配達業務と言っても内容は大きく違うようです。 ロードバイクよりも電動アシスト自転車が人気 自転車での配達と言えばロードバイクやシングルスピードなどで颯爽と走り抜けるメッセンジャー的なイメージがありますがUber EATSはちょっと違うようです。 というのもUber Eatsにはデリバリーするための専用のバッグが有り、それが非常に大きいので、ロードバイクで思い切り前傾姿勢で走れるようなものではないと思われますし、食べ物を運ぶという時点でそれなりの慎重さが必要になると思われるので、ガムシャラに自転車を漕げば良いというものではなさそうです。 また、実際にUber Eatsの配達員をしている人の情報によると、 ロードバイクなどのスポーツバイクよりは電動アシスト自転車の方が人気があるとのこと。 あれだけ大きなバッグで運ぶのですから、注文によってはそれなりの重量があるでしょうし、できるだけ楽に仕事をしたいと考えれば、電動アシスト自転車の方が圧倒的に楽なのは当然ですし、 Uber Eats配達員=自転車好きというわけでもないと思われるので、電動アシスト自転車が人気になるのは当然と言えば当然かもしれません。 あくまで 一般人が空いた時間に自転車で配達の手伝いをするというところが基本的にあるので、メッセンジャーのように体育会系な感じではなく、配達が終われば普通の生活にすぐ戻れるような配達スタイルの方がきっと好まれるのだと思います。 できるだけ汗をかきたくない、疲れたくない、そんな思いもあって電動アシスト自転車が好まれるのでしょう。 もちろんロードバイクなどで自転車に乗ること自体が好きな人が趣味と実益を兼ねてUber Eatsの配達員をしているケースもあると思いますが、配達用のでかいバッグがありますからに代表されるようなタイリッシュなイメージとは全く違ったものかもしれません。 シェアサイクルのサービス自体が増えているのでよく見かけるようになっても不思議ではないのですが、このシェアサイクルがUber Eatsの配達に利用されていることが、よく見かけるようになった理由の一つです。 調べてみると Uber Eats自体が車両レンタル会社と提携してUber Eats配達員専用のプランでシェアサイクルを利用できるようにしているようで、公式ページでも提携しているレンタルサービスやシェアサイクルサービスを紹介していたりします。 そんな理由もあってUber Eatsの配達員でシェアサイクルを利用している人も多いものと思われます。 例えば、シェアサイクルは基本的に 電動アシスト自転車なので配達が楽になります。 またUber Eatsのサービスは基本的に都心の23区内がメインですからUber Eatsで自分の自転車を使用して配達の仕事をしようと思うと、郊外から都内に来ている人は都心まで自転車に乗って来るか都心に自転車を用意する必要があります。 ところがシェアサイクルを利用すれば、自転車が無くても シェアサイクルのポートの位置さえ知っていればいつでもUber Eatsの配達員になることができるのです。 また、23区内であればシェアサイクルのポートもそれなりに充実していて利用しやすい環境ででもあります。 遠くまで配達した場合、自分の自転車だと駐輪場まで戻らなくてはいけませんが、シェアサイクルなら配達後に自転車をどこかのポートに置いて最寄り駅から電車で帰宅できるという身軽さがあります。 そんなわけでドコモが提供するシェアサイクルが赤い自転車であることから、 通称「赤チャリ」としてUber Eats配達員には重宝されているようです。 個人的にはシェアサイクルは日本では普及しないと思っていますが、Uber Eatsなどのサービスとの相性は良いので業務用としては生き残るのかもしれません。 実際に、現状でシェアサイクルを利用している人をみたら、それは高確率でUber Eatsの配達員と言えるかもしれません。 報酬収入について 気になるUber Eats配達員の収入ですが、報酬は配達した件数によって決まります。 配達する距離は注文によってまちまちで、距離によって配達に掛かる時間が変わるので、近いほうが効率よく報酬を得られるということになります。 そうなると近い場所ばかりを選びたくなりますが、配達の依頼が来た時点では配達場所は判らないようになっているようで、運次第ということになるようです。 もちろん注文が多い時もあれば少ない時もあります。 遠い場所ばかり続こともあれば、近い場所が続くようなラッキーもあるようです。 そんなこんなでUber Eats配達員の報酬は 平均的には普通のアルバイトをやるくらいの時給に落ち着くようです。 このあたりは需要と供給のバランスなので、割りが悪ければやる人も少なくなるでしょうし、割りがよければライバルも増えるので、自然と平均時給くらいに落ち着くようになっているのでしょう。 自由な時間に働けて収入もまとまった時間を拘束されるアルバイトと変わらないのであれば、時間に余裕のある学生などを中心に人気が出そうですし、一般の会社員などでも休日や仕事終わりの副業として考える人も多くなるのかもしれません。 Uber Eatsの自転車配達員と交通マナー さて、自転車と言えば必ず問題視されるのが交通マナーかと思いますが、案の定、facebookでのUber Eatsの広告のコメント欄は交通ルールを守らない配達員に対する苦情がいくつも書かれていたりしました。 僕自身もUber Eatsの配達員が車道を逆走していたり、自転車歩行者道を速度を出して走り抜けたりしている姿を見かけたことが何度もあります。 ただし、 自転車のマナーが悪いのはUber Eatsの配達員に限ったことではなく自転車全般のお話なので、Uber Eatsの配達員だからマナーが悪いという話ではないんじゃないかなと思っています。 あの 大きなバッグを背負っていて目立ってしまう存在なので必然的に批判の対象として槍玉に挙がってしまいやすいのでしょう。 もちろん、ルールはしっかり守ってもらいたいもので、業務で自転車に乗る人はいつもよりも注目されているという点を良く理解して模範になるような走り方をして欲しいものです。 配達員の自転車マナーについUber Eats自体はシステムを提供している立場であって、それぞれの自転車マナーやルール遵守の考え方は「個人事業主である配達者自身の責任」というのが大前提にあるようなので、基本的にはUber Eatsは顧客とのトラブルやマナーについては関与しないという姿勢のようです。 しかしながら、料理がグチャグチャになっていたので受け取りを拒否した結果、料理をマンションの敷地内に捨てられてしまったりなどのトラブルもありましたし、マナーについても非常に評判が良くないというのも実際のところで、システムを提供している会社が「配達員の判断に任せる」というような姿勢は、なかなか日本には馴染みづらいサービスや形態だという感じもしますね。 実際問題で批判や苦情も多いようなので、いずれはトラブル対処やマナー教育などについてもUber Eats自体が対応をせざるを得ない状況になっていくのではないかと思います。 まとめ 何かと話題のシェアリングエコノミーですが、シェアサイクルやUber Eatsなどで自転車はシェアリングエコノミーにとって、とても重要なものなんだなと改めて思いました。 しかしながら海外でのシェアサイクルの状況を見ても、爆発的に普及しているその裏側では利用者のマナーが問題視されて社会問題となっています。 日本ではシェアサイクルもUber Eatsもまだまだこれからのサービスではありますが、数が増えるにつれて日本でも放置自転車やマナーなどの点で厳しい目を向けられるのでは間違いないでしょう。 そんな中でサービスを利用する人や関わる人は、率先してしっかりとしたマナーやルールを守るという姿勢が必要だと思います。 みんなの手本になるようにきちんとルールを守れば、きっとサービス自体も素晴らしいものだと評価されるのではないかと思います。 以上、Uber Eatsの収入や自転車マナーなどを自転車乗りの目線で考えて思うことをまとめてみました。 については、「お門違い」ってのはちょっと違うと思う。 筋というならそのシステムを提供した側の責任ってのはもちろんありますよ。 「最終的に個人事業主に委託している」とは言え、Uberが指揮命令者であり収入は入ってくるんだし。 そのシステムにマナー的な問題が出ているのであれば、束ねている側は事業者としてそれと向き合わなきゃならない。

次の