開業医 失敗。 【開業失敗事例】自己破産、廃業…追い詰められる内科医の実態

クリニック経営、成功するタイプ失敗するタイプ

開業医 失敗

「内科医A先生」の事例 内科医のA先生は勤務医として長年働いてきました。 自分の腕と仕事量に対して現在の病院の給料が安いと感じていたのと、医師仲間の内科医が開業して年収が大幅に上がったという話を聞き、自分も開業することにしました。 A先生が勤める病院の薬卸業者に「開業を考えている」と伝えると、 「無料で開業のお手伝いしますよ」と言って、その薬卸業者が手伝ってくれることになりました。 開業準備をしたいとはいえ忙しいA先生は、「開業準備を全てやってくれるならお願いしたい」と思い、その薬卸業者に 開業準備のほとんどすべてを任せてしまいました。 約1年半の期間をかけて開業にいたりました。 開業費用は7500万円。 ほとんどが銀行からの融資でした。 A先生は念願の自分のクリニックを持てたと大変喜びましたが、初日に来た患者さんはたったの8人。 その後も集患は伸びず、スタッフの人件費、ローン返済などはすぐに苦しくなり、A先生が勤務医時代に貯めてきた貯金を切り崩して何とかクリニックを維持していましたが、すぐに資金はなくなってしまい、A先生は廃業に追い込まれてしまいました。 A先生は残った 借金を返すことができず自己破産をしてしまいました。 薬卸業者やコンサル会社に開業準備を任せきりにする先生は多いですが、そういう先生は廃業率も高いです。 また、このケースは開業資金をかけすぎです。 資金繰りが苦しくなって当然です。 開業してから「患者さんが来ない」と悩むようでは、その時点で経営は失敗しています。 「事業戦略」も立てずに、「開業すれば患者さんは来る」というようなことは絶対にありません。 ビジネスはスタートダッシュが大事です。 最初の集患戦略もなしに開業してはいけません。 また、「お金のことは会計士に任せている」という先生がいますが、自分の会社の資金繰りをわかっていないのは危険です。 資金管理は自分で行ってください。 A医師のようにすぐに廃業して自己破産に追い込まれる先生がたくさんいます。 「整形外科医B先生」の事例 整形外科医のB先生は勤務医として15年働き、「自分も開業したい」と思っていました。 B先生が勤めていた大病院は大変忙しく、特に整形外科は休む暇もないほど忙しい毎日でした。 「このままでは働くだけで人生が終わってしまう」と思ったB先生は開業に踏み切ることにしました。 病院に出入りしている病院機械の会社の営業マンに開業したい旨を相談すると、その機械の会社は開業に必要なあらゆる準備をしてくれました。 「無料で開業のコンサルティングをします」とも言ってくれたので、B先生はその業者に開業準備を任せきりにしてしまいました。 設備、場所、機械なども その業者に言われるがまま良いものを揃えてしまいました。 その結果、開業資金は8000万円もかかってしまいました。 その資金のほとんどは銀行からの借入でした。 開業したのはいいのですが、銀行への返済など資金繰りはかなり苦しいものでした。 開業してすぐは患者さんも定着せずに、金銭的にかなり厳しい状況が続きました。 近隣エリアにも整形外科があったため、なかなか集患がうまくいかず、B先生のクリニックの経営はどんどん悪化していきました。 そして、開業から1年後にB先生は資金が底をつき廃業に追い込まれてしまいました。 多額の借金が残ったB先生は、借金を返すことができずに自己破産をしてしまいました。 開業準備を業者に任せきりにしては絶対にいけません。 言われるままに開業準備をしてしまうとB先生のように多額の資金が必要になり、クリニックの経営を圧迫し、廃業率がかなり高くなってしまいます。 また、資金の管理は毎日自分で行ってください。 たまに「お金のことは会計士に任せている」という先生がいますが、自分の会社の資金繰りをわかっていないのは危険です。 安易な気持ちなら絶対に開業してはいけません。 人生が大きく狂ってしまいます。 「眼科医C先生」の事例 勤務医で眼科医のC先生は、大病院の整形外科の激務に疲弊しきっており、独立開業を考えていました。 C先生は医院の開業コンサル会社を紹介してもらい、相談しました。 その結果、C先生は開業を決意し、そのコンサル会社に依頼することにしました。 C先生は通常業務がとても忙しかったため、開業準備をコンサル会社にほとんど任せきりにしてしまいました。 開業場所、建物、看護師やスタッフ、資金調達、機械や設備、ホームページなどが、 ほとんどコンサル会社によって決められました。 開業資金は1億円ほどかかり、そのほとんどは銀行からの借入でした。 開業にはこぎつけましたが、開業準備に関わっていなかったため、自分のクリニックでありながら、自分のクリニックのことがよくわからず、C先生はスタートダッシュに完全に失敗してしまいました。 そのまま経営は浮上せず、借金の返済やスタッフの給料の支払いなど、資金繰りはかなり苦しいものになりました。 借金を返すため、気が付くと C先生は勤務医時代よりもハードに働いていました。 しかし、C先生がどんなにがんばっても経営は浮上せず、そのままC先生は廃業に追い込まれてしまいました。 怪しい開業医コンサル会社があるので注意してください。 中には真面目にやっているコンサル会社もあるのですが、法外な金額を乗せて請求してくるコンサル会社もあるので注意してください。 ひどい業者だと、開業した後はフォローしてもらえない場合もあります。 自分の会社を持つのですから、自分で調べ、細部まで把握し、数字やお金の管理も会計士や税理士に任せきりにせず、すべて自分でやるべきです。 そこまでやることができないならば開業すべきではありません。 「医師の妻Dさん」の事例 20代女性のDさんは勤務医のE医師と結婚しました。 Dさんの結婚生活は順調でした。 ところが、結婚から3年ほど経ったときに夫のEが「開業したい」と言い出しました。 「開業して食べていけるのだろうか」と心配する Dさんにおかまいなしに、夫E医師はどんどん開業準備を進めていきました。 そして、夫E医師はクリニックを開業。 妻のDさんはクリニックの仕事を手伝うようになりました。 ところが、開業したもののなかなかクリニックの経営が軌道に乗りませんでした。 夫E医師は朝から晩まで働きました。 医師会の会合にもきちんと顔をだし、毎日疲れて帰ってきました。 夫E医師のストレスは頂点に達していました。 夫Eは怒りやストレスの矛先を妻Dさんに向け、毎日怒鳴り散らしました。 夫婦の会話は減り、必要最低限以外のことで会話はなくなりました。 夫Eは、「どうしても必要なこと以外は僕に話しかけるな」 「用事を言うときは短く簡潔に言え」 「院の仕事もまともにできない挙句、家の仕事もできないのか」 と毎日文句を言うようになりました。 一度だけ「少し家事を手伝ってほしい」と言ったら暴力を振るわれました。 妻Eさんはどんどん追い詰められ、うつ状態になってしまいました。 この夫婦はその後離婚しています。 このような開業医の妻は意外にも多くいます。 「開業医の妻」というと聞こえは良いかもしれませんが、言い方を変えれば「経営者の妻」です。 いつも危険と隣り合わせだと思ってください。 やり方を間違えなければ、開業医として成功することはできます。 しかし、 やり方を間違えれば必ず失敗します。 失敗する開業医の妻は本当に大変な毎日だと思ってください。 旦那さんが「開業したい」と言ってきたときは注意しましょう。

次の

勤務医と開業医の年収の差は約2倍!開業するメリット・デメリットも説明

開業医 失敗

これから開業しようとするとき、気になるのは「自分がクリニック経営に向いているかどうか」ということ。 発想法や性格、人付き合いの良し悪しなどから開業に「成功するタイプ」か「失敗するタイプ」かを考えてみます。 計画を立てて目標を達成するタイプか? 開業する時期の決定、月々の集患数、年間の売上高と収益など、実際にクリニックを開業・経営するとなると、さまざまな目標を立て、達成していかなければなりません。 そうした目標を達成するために重要なことは、「計画性を持っているかどうか」です。 「勤務医が嫌になった」「人間関係に疲れた」などの理由で、計画性もなく突然開業しても成功するのは難しいでしょう。 あらかじめ家族に開業の意思を伝えておく、開業資金を積み立てるなど、計画的に実践しなければならないことが多くあります。 自分が計画性のあるタイプかどうかを自己診断してみることは、開業医で成功するタイプかどうかを判断する一つの目安になります。 たとえば、1年間あるいは1カ月間の目標を設定して、それをクリアするためのスケジュールを組んでいるか、立てた計画を実行できているかなど、これまでの自分を振り返ることが大切です。 責任を担うことができるタイプか? クリニックの開業を決心することは、「起業家」を選択したことを意味しています。 勤務医であれば、何か問題が発生したときには、上司や同僚と問題の対処について話し合ったり、自身で解決が難しい場合は、最終的に上司や組織が責任を取ることもあります。 しかし、開業医になると医療に関してはもちろんのこと、経営に関しても責任を負うことが求められます。 赤字経営にならずにクリニックを継続させる責任も問われてきます。 開業後に生じるさまざまな責任をおそれることなく担えることが開業医に求められます。 人脈をつくることが得意か? 開業医になると地域医療を推進する行政関係者、ケアマネジャー、介護士、高齢者住宅の経営者などまで、地域の中で活動する多くの人との出会いがあります。 こうした人々との人脈をつくり、積極的に関わることができないと、開業医にとって重要な任務である地域医療に参加することもできません。 これまで自分がどんな人脈をつくってきたのかを振り返ってみるとよいでしょう。 名刺交換した人の数、年賀状の枚数、1日のメールの本数などは、人脈を数値化できるツールです。 これらを知人、医療関係者、行政関係者、趣味の付き合いなどに分類すると、ネットワークがどんな分野に広がっているのかを知ることができます。 人との付き合いが少なく、ネットワークの幅も狭いようなら自ら進んでコミュニケーションを図り、人脈をつくっていくことが必要になるでしょう。 好奇心が強く、勉強意欲を持っているか? 勤務医の場合には、職場にいれば学会や医療技術の動向など、最新情報に触れる機会が豊富にあります。 しかし、開業医になると、入手できる医療情報の量は限られてきます。 世界の医療動向、最新の治療技術や薬理学情報など、開業医としても知っておくべき情報は多くあります。 そうした情報を入手するためには、好奇心が強く、勉強意欲が旺盛でなければなりません。 人脈を広げてできるだけ多くの情報が入りやすい環境をつくり、現状に満足せず、新しい知識を習得する意欲を持つことが必要です。 他人の意見を素直に聞けるタイプか? 開業医は医院の経営のすべてにおいて物事を決定することが求められます。 したがって、決断力に優れていることが重要な資質ですが、決断力に優れていることは独善的であることとは異なります。 他人の意見にきちんと耳を傾けることができる度量の大きさも求められます。 例えば、看護師や医療スタッフから職場環境についての改善案が出された場合など、その提案が合理的であり、納得性の高いものなら採用して、より働きやすい環境をつくることも大切です。 完璧でなければ気が済まないタイプか? 開業医は、クリニックに関するすべてに責任を取る立場であるため、あらゆることを完璧にしなければならないと考えがちです。 自分の考え方や、やり方と異なる事柄があると口を挟みたくなるかもしれません。 しかし、あまりにも完璧でありすぎると職場は窮屈になり、ぎすぎすした雰囲気になりかねません。 医療に直結する問題がない限り、多少のことは受け入れる寛容さを身につけることが、クリニック運営を円滑に進めるためには不可欠です。 失敗を恐れない、楽観的なタイプか? 開業医の経営がすべてうまくいくとは限りません。 トラブルが発生することもあるでしょう。 しかし、そこで毎回深く落ち込んでしまうようでは、成功はおぼつかないでしょう。 少しくらいの失敗にはめげずに、前向きに捉えるだけの精神力を持っていることが、開業に成功する条件の一つです。 悲観主義ではなく、どちらかといえば楽観的なタイプの方が開業に向いていると言えるでしょう。

次の

開業医失敗事例

開業医 失敗

「開業してから、何ヶ月目で単月黒字化したのか?」 開業をしたことがある、もしくはこれから開業を考えている医師にとってはとても気になるテーマかと思います。 こちら回答結果をまとめたのでご覧ください。 240ヶ月目 1 100~150ヶ月目 4 61~99ヶ月目 10 31~60ヶ月目 40 20~30ヶ月目 47 13~19ヶ月目 21 8~12ヶ月目 119 4~7ヶ月目 140 0~3ヶ月目 267 1年以内に単月黒字になった医師が多いといった結果になりました。 一部、2~3年以上黒字にならず苦戦している医師も見受けられます。 皆さんはいかがですか? 開業後の失敗談、大変だったこと… 今回は、開業してからの失敗談や大変だったこと、事前に準備しておけば良かったことについての回答をご紹介します。 実際、どういう失敗があったのか、大変だったエピソードはあるのか?それぞれの医師の回答をご紹介します。 「準備期間」「場所選び」「雇用問題」「経営視点」など様々な角度から参考になる意見を豊富にいただけました。 ご覧ください。 人口減少は歯止めがかからず。 収入は減るばかり。 もう少し十分な開業地調査がなされるべきでした。 準備不足こそ敗因でしょう。 1億くらいが理想。 駐車場もスぺ-スを十分確保したつもりが足りませんでした。 思いのほか、遠来の患者さんが多かった。 医療と経営は別物。 経理の実務や、法律などについてもあとから泥縄式に勉強した。 人事のトラブルは絶えず、そういった研修もどこかで事前準備できたらよかった。 逆に、医学知識ももっと勉強しておきたかった。 今もしたい。 今でも苦労しています。 他人との仕事については、思ったことは伝わってないと考えて丁度です。 話して言葉に出さないと、相手に伝わりません。 当たり前のことは、案外当たり前ではないので一つずつ確認してもいいぐらいです。 開業するとしばらく休めない。 (40代:心療内科,精神科).

次の