トイ ストーリー カウガール。 映画『トイストーリー2』のあらすじとネタバレ結末!主要キャラクターや作品情報紹介!

ジェシー (トイ・ストーリー)

トイ ストーリー カウガール

トイストーリーのおもちゃの元ネタモデル・リアルな本物のおもちゃの種類と名前一覧まとめ トイストーリーに出てくるおもちゃの中には、映画が制作されたあとに製造されたおもちゃと、元ネタとなるオリジナルのリアルなおもちゃがあって映画に使われたものがあります。 映画の中のおもちゃである登場人物たちの名前と、リアルな本物のおもちゃを1つずつご紹介していきます。 トイストーリーの主人公ウッディ おもちゃたちのリーダー的存在であるウッディ。 ウッディは、映画が制作されてから製造されたおもちゃです。 しかし、カウボーイという設定のおもちゃは、映画トイストーリーが公開になる前から根強くアメリカにありました。 トイストーリーが初めて公開されたのは、1995年のことですが、その前の1050年代から後は、アメリカではカウボーイブームがあり、カウボーイのテレビや映画がたくさん公開されていました。 正直で正義感のある強いカウボーイは、映画トイストーリーの主役を飾るにふさわしい人気度だったのです。 トイストーリーのウッディーの元ネタとなったのは、「Cheyenne game」という名のボードゲームだそうです。 ウッディーの人形は、トイストーリーの最初の映画が公開されるのに先駆けて「Think way toys」というメーカーが製作したものが、この世界で一番最初のウッディオリジナル人形です。 こちらのウッディは、映画からデジタル3Dデータを読み取って作られた商品なので、限りなく本物に近い商品です。 本物同様のサイズで作られており、さらに本物同様に紐がついていて、引っ張ると5パターンほど喋ります。 このウッディが販売された後に、ディズニーは新しくウッディを製作販売し直しています。 オリジナルのウッディのおもちゃとの違いは、しゃべる声が異なること、ウッディーの衣服が改良されていること、足にアンディと書いてあること、体系が若干異なることなどです。 何度か改良を加えられているので、購入した時期によって異なるウッディが存在しています。 最新のウッディのリアルサイズトーキングフィギュアはトイストーリー4版です。 スペースレンジャー・バズ・ライトイヤー バズ・ライトイヤーも、元ネタとなったおもちゃは映画で見るような人形ではありませんが、1940年代に発売された宇宙的「Rocket darts」というダーツセットが元ネタだと言われています。 「トイストーリー1」には、このゲームの表紙が登場しています。 トイストーリーが公開になる前のアメリカは、宇宙に対して強い興味を持っていて、月に向かった時代にありました。 カウボーイと同様に、アメリカで「宇宙」はとても人気があるトピックだったのです。 バズ・ライトイヤーの人形は、ウッディと同じように、「Think way toys」というメーカーによって最初に製造されています。 オリジナルのバズ・ライトイヤーのおもちゃは、後に発売された物に比べて、翼が若干短いようです。 ですが、映画の再現性を重要視して作ったと言われている商品です。 バズ・ライトイヤーの最新版リアルサイズのおもちゃも出ています。 カウガールのジェシー カウガールのジェシーは、トイストーリー2に初めて登場します。 ジェシーも、映画が制作後に製造されたおもちゃで、何度か改良されたものが販売されています。 トイストーリー4の最新バージョンのリアルサイズのジェシーも発売されたばかりです。 トイストーリーの脇役おもちゃたちの名前と元ネタモデル一覧まとめ 映画の中で、脇役と言えどもかなりいい味を出している脇役おもちゃたち。 多くの脇役おもちゃたちは、リアルに本物の元ネタとなったおもちゃがあります。 ミスターポテトヘッドとミセスポテトヘッド ミスター・ミセスポテトヘッドは、1949年にジョージ・ラーナーという発明家によって初めて製作されたおもちゃです。 当時としては珍しく、ポテトヘッドはテレビで宣伝され、発売初期から今までアメリカを中心に定番的人気のあるおもちゃです。 私はオーストラリアの保育所で働いた経験がありますが、ポテトヘッドは子供たちに大人気の保育所の定番おもちゃでした。 トイストーリーのポテトヘッドの元ネタとなったリアルなポテトヘッドのオリジナル商品は、もともとは、本物の野菜に、目や鼻などを取り付けることができるものでした。 しかし、野菜におもちゃを差し込むことで、野菜が腐るなどのクレームがついたことから、プラスチック製のポテトの体が販売されるようになりました。 トイストーリー4が公開になった今年は、新しいバージョンのポテトヘッドも販売されています。 スリンキードッグ スリンキードックは、元ネタがあるおもちゃです。 名前もそのまま「スリンキー」という名のおもちゃです。 このおもちゃは日本でも昔流行りましたね。 このおもちゃの名前がスリンキーだとは知りませんでした。 1957年のクリスマスシーズンのスリンキーの広告に、スリンキードッグが載っていました。 Life magazine ad, 1957. なお、映画トイストーリー4の実物大スリンキードッグはこちらです。 バケット・オブ・ソルジャー(兵隊・兵士) 小さな兵隊たちのおもちゃも、元ネタとなったモデルのおもちゃが存在しています。 オリジナルのソルジャーのおもちゃは、見た目も大きさもほぼ、トイストーリーのソルジャー「バケット・オブ・ソルジャーズ」と同じです。 第二次世界大戦後に大人気のおもちゃとなったソルジャーですが、1970年には既に製造されていました。 バケツに入った様子やイーグルのシンボルマークも、トイストーリー版と同じです。 バービーとケンの人形 トイストーリー2から登場しているバービーとケンは、そのままの名前で世界的に遊ばれているモデルの人形です。 日本のリカちゃん人形の海外版ですね。 リカちゃん人形と同じように、たくさんの種類の服と、備品とセットになって販売されています。 例えば、お姫様みたいなドレスバージョンがあれば、歯医者さんバージョンのバービーもあるし、ファンキーに髪が2色のバービーなどもいます。 トイストーリー4と同じように作られたバービーと、トイストーリー3のバービーとケンと同じように作られた人形も販売されています。 エッチ・ア・スケッチ エッチ・ア・スケッチという名のお絵描きボードがトイストーリーに登場しますが、こちらの元ネタとなったおもちゃは、1958年に同じ名前で製造され、1961年から販売されていました。 おもちゃの名前はエッチ・ア・スケッチですが、世間では「マジック・スクリーン」と呼ばれて大流行したそうです。 トイストーリー版のエッチ・ア・スケッチも販売されています。 バレル・オブ・モンキー トイストーリー2で、窓からバズ・ライトイヤーを助けようと活躍(?)したバレル・オブ・モンキーですが、こちらも、名前そのままのオリジナルモデルのおもちゃがあります。 バレル・オブ・モンキーは、1966年から販売された、当時大人気のおもちゃでした。 基本的にはパーティーゲームで、友達や家族とワイワイ遊ぶと楽しいようです。 「算数の計算が正解したらモンキーを繋げられる」などのようにバレル・オブ・モンキーを活用している人もいます。 現在はヴィンテージとして扱われているようですね。 ミスター・マイクを入手するのは少々困難なようです。 ヤフーオークションなどで高値で売られていることがあります。 恐竜レックス トイストーリーに登場する緑色の恐竜レックスは、ディズニー映画トイストーリーが元となっているようです。 というのも、アメリカなどでは昔から恐竜のおもちゃは定番として存在していたのですが、トイストーリーのレックスは、顔がとても印象的です。 なので、おそらくレックスは、当初「実在する人気がある恐竜のおもちゃ」がトイストーリーに登場したのだと思いますが、個性が強かった為、トイストーリーのレックスはもはや、「トイストーリーのレックス」というアイデンティティを獲得したものと言えるでしょう。 レックスのトイストーリー4版が最新モデルとして販売されています。 豚の貯金箱:ハム 豚の貯金箱も、昔からありますね。 貯金箱なので、おもちゃに分類されるかどうかは微妙なところですが、認知度が高い子供向けの貯金箱と言えば、豚の貯金箱と言えるのではないでしょうか。 豚の貯金箱は、英語で「ピギーバンク」と呼ばれていますが、この語源は、豚の「ピッグ(Pig)」ではなくて、素材の粘土名「ピッグ(Pygg)」だったという説もあります。 豚の貯金箱が世界的に流行った当時、ピッグという名のオレンジ色の粘土が安く手に入ったので、お金を貯める入れ物や器などがたくさん作られていたそうです。 現在、見た目は様々な豚に変化していますが、トイストーリーのハムがモデルとなった貯金箱も販売されています。 エイリアン 3つ目の黄緑色のエイリアンがトイストーリーに登場しますが、こちらも、バズ・ライトイヤーと同様に、1940年代からあった、宇宙に関心があったアメリカの背景と言えるでしょう。 実は、トイストーリーが制作されている当初、このエイリアンは、ピザ・プラネットにいる、プラスティックのピザでいいのではないかという話があったそうです。 しかし、ただのピザではなく、エイリアンにキャラクターが設定されたのは、アメリカで人気があるピザよりも、エイリアンのおもちゃの方が面白味があったからかもしれません。 それまでのエイリアンのおもちゃというと、あまりかわいらしさはありませんでしたので、トイストーリーのエイリアンも、独自のアイデンティティを獲得したと言えるでしょう。 ブルズアイ ウッディの馬、ブルズアイも、トイストーリーが元になっていると言えます。 トイストーリーが公開される前の時代にも、馬のおもちゃはたくさん存在しており、定番のおもちゃとして人気がありましたが、トイストーリーほどキャラが濃い馬は見当たりませんでした。 まさに、ディズニーは馬のおもちゃにも命とキャラを吹き込んだと言えるでしょう。 ボー・ピープ ウッディと相思相愛のボー・ピープは、本物のボードゲーム、もしくは童謡が元ネタとなっています。 童謡の「リトル・ボー・ピープ」は、1805年から存在していると言われており、その童謡をもとにボードゲームも作られているようです。 童謡は今の時代でも子供たちに歌い継がれています。 youtube. 映画トイストーリーに登場するボー・ピープのおもちゃも、トイストーリー4版が販売されています。 ちなみに、「ボー・ピープ」という名前の意味は、「ちょっと見てみる」という意味で、「いないいないばぁ」のようなニュアンスがあります。 ペンギンのウィージー トイストーリーは、もともと「Tin Toy」という名の公開されなかったテレビ番組のアイディアを引き継いでいます。 ペンギンのおもちゃは、既にこのトイストーリーの元ネタとなったテレビ番組に登場していました。 しかし、当時は、音が鳴るペンギンではなくて、ブリキのおもちゃの1つだったようです。 トイストーリーとして物語が書き直された時は、ビンキーという名の光るおもちゃとして描かれていましたが、最終的には音を出すペンギンのおもちゃになりました。 音を本当に出すペンギンのウィージーは、海外で販売されている様子です。

次の

トイストーリー2|ジェシーの持ち主のエミリーはアンディのママか?|MoviesLABO

トイ ストーリー カウガール

愛馬にまたがるウッディ ウッディは、少年アンディの1番お気に入りのカウボーイ人形。 正義感が強く、仲間想い。 おもちゃたちの仲間を大切にしており、持ち主のアンディが大好きです。 足の裏にはアンディの手書きのサイン入り。 『トイ・ストーリー』では、アンディのおもちゃのリーダーである中やってきた最新式のおもちゃバズ・ライトイヤーにアンディのお気に入りの座をとられてしまいます。 これに嫉妬したウッディとバズの間には大きな溝ができましたが、冒険を経て2人は唯一無二の相棒となりました。 テレビ放映されていた「ウッディのラウンドアップ」の主人公を模したおもちゃであり、プレミアが付いていることが後に分かっています。 勇敢なスペース・レンジャー バズ・ライトイヤー ホッケー・パック 『トイ・ストーリー』に登場したホッケーのパックに手足が付いた謎のおもちゃ。 ドリー、ダッキー、テディー モリーの女の子の人形。 ゴム製のアヒルとテディベア。 おもちゃの機関車 『トイ・ストーリー』で、「アンディが来る!元の位置に戻れ!」と言った後も、動いていたおちゃめなおもちゃ。 クリスマスの飾りのおもちゃたち 『トイ・ストーリー3』でウッディが「屋根裏部屋にいて、楽しいやつら」と言った飾りのおもちゃ。 『トイ・ストーリー』のラストで彼らも飾られていたのでしょうか。 トイ・ストーリーのキャラクター:大冒険の末出会ったおもちゃたち 続いては、大冒険の末に出会ったおもちゃのトイ・ストーリーのキャラクターをご紹介します。 生み出されたミュータント:ベビーフェイス シド おもちゃを傷つけ、改造して遊ぶ乱暴な少年。 危険な花火を購入して使用するなど「おもちゃ殺し」という異名で恐れられています。 改造されてベッドの下に投げ込まれたおもちゃ、壊れたまま庭に放置されたおもちゃは数知れず。 おもちゃよりお金が好きなおもちゃ屋 アル おもちゃ屋「アルのトイバーン」の経営者。 「ウッディのラウンドアップ」グッズを大量に収集しています。 誤ってガレージセールに出されたウッディを見て、アンディの家から盗んで一儲けしようとたくらみます。 まとめ いかがでしたか? トイ・ストーリーには、とにかく多くのおもちゃキャラクターが登場します。 世の中のおもちゃのバリュエーションだけキャラクターがいそうですね。 形も性格も用途も全く違う彼らが団結して大冒険するのが、トイ・ストーリーのおもしろいところ。

次の

トイストーリー2|ジェシーの持ち主のエミリーはアンディのママか?|MoviesLABO

トイ ストーリー カウガール

— 2020年 2月月22日午後12時43分PST ジェシーは、『ウッディのラウンドアップ』に登場していた カウガール人形です。 ウッディの相棒として、アニメでは活躍していました。 トイストーリー2から登場するキャラクターです。 ウッディと出会う前は、エミリーという女の子のおもちゃでした。 しかし、エミリーの成長に合わせて、忘れられ、ヤードセールに送られる寂しい過去を抱えています。 いつもはお天馬で明るい性格ですが、おもちゃとしての傷を抱える人物です。 ジェシーの切ない曲「when she loved me」 トイストーリー2の曲と言えば、ジェシーの回想シーンで流れていた曲です! その曲名は「when she loved me」でした。 「when she loved me」の意味は「私が愛された時」です。 切ないメロディーに、涙した方は多かったのではないでしょうか? 題名も歌詞も、幸せな思い出を表現した曲になっています。 小さい頃は、ジェシーを1番のおもちゃとして可愛がり、成長するに連れ、他のことに興味が出てしまった女の子です。 最初は化粧、次はお洒落など、ジェシーをどんどん忘れてしまうことになります。 そして、大人になったある日、ジェシーをヤードセールに置いてくることをしました。 ジェシーの持ち主のエミリーはアンディのママか? ジェシーの持ち主だったエミリーがアンディのママかを考察します! ネットでの噂は以下です! 『トイ・ストーリー2』 ジェシーの持ち主だったエミリーの正体はアンディの母ではないか?という説がある。 確かにエミリーの帽子とアンディの帽子の色が似てて、アンディがウッディの帽子のレプリカではなく、ジェシーの帽子を被っているのは不思議 — 映画ランナー eigarunner トイストーリー2で登場したジェシー。 アンディママの名前は、デイビス夫人とされています。 そのため、名前だけでは、この事実を確認することはできません。 次に言われているのが、エミリーが昔持っていたカウボーイハットについてです。 エミリーは、ジェシーと遊んでいたときに身につけていたハットを、ヤードセールに出品しませんでした。 そして、そのハットと似た物を、アンディが身につけていたのです。 映像を比較する限り、酷似しているので、ここから、この説が生まれたことになります。 私の考察では、少し無理があるかな〜と思っています。 帽子はどこでも購入できると思うので、わざわざ、アンディのママが保管していたとは思えないからです。 また、ジェシーが仲間に加わった際に、アンディのママが元の持ち主であれば、何かアンディに言うと思ったからです。 そんな描写がないので、やはり、違うのだと思えました。 ジェシーもアンディのママがエミリーであれば、大人になったエミリーを見ているので、知っているはずです。 そのため、残念ながら、この説は、無理があるしんどい説かなと思っています。 まとめ 映画「トイストーリー2」のジェシーについて考察しました! ジェシーは明るいお天馬な女の子に見えて、過去の傷を背負うキャラクターでした。 おもちゃとして、良い時も悪い時も経験している人物でした。 そして、都市伝説であったエミリーがアンディのママであった説については、少し無理があるかなと思っています。 やはり、アンディのおもちゃになったタイミングで、アンディのママは気づくと思うからです。 同様に、ジェシーもエミリーが大人になってからを知っていますので、気づくことになるでしょう。

次の