イナゴ バッタ 違い。 福光村昆虫記(バッタ,イナゴ)

なぜイナゴは食用なのに、バッタは食用でないのか?

イナゴ バッタ 違い

私はバッタを食べない人だった。 しかし、2015年9月に食べた。 そこそこ旨かった。 スポンサーリンク 私がバッタを食べた軌跡に関してはからの一連の文章を読んで頂きたい。 そういうわけで、私はバッタも食べた。 日本では、「イナゴ」はたくさん食べられているが、「バッタ」を食べる人は少ないという評判だ。 それは本当だろうか。 イナゴとバッタの違いについては、をご参照頂きたい。 要するに、イナゴはバッタの中の一種である。 私は、バッタは食べてこなかった。 30代後半の今に至るまで、バッタを食べてこなかった。 しかし、イナゴ採りに行ってイナゴの少なさに落胆し、バッタを見つけ、採って食った。 私はイナゴを見つけられず、バッタを食べた。 バッタはイナゴに似ているから食えるだろうと思い、むしくいノートを参照の上で食えることを確認して食った。 バッタはどこからどう見てもイナゴに似ている。 似ているものは食えるのではないかと考えるのは自然な思考だ。 そう考えると、イナゴを食っている人がバッタを食わないのはおかしい気がする。 結論から言えば、私の意見としては、たぶん昔の日本人はバッタも食ってきたのだろうと思う。 だって、似ているのだ。 食えそうに思える。 現代に生きる私でさえそう思うのだ。 ならば、食料調達に苦労していた昔の人たちが食べなかったとは思えない。 たぶん、イナゴを食ってバッタを食わないというのは、近代の豊かな農家の時代が作った、ごく最近の文化なのではないだろうか。 きっと、昔の、第二次世界大戦より前の時代の農家の人たちはバッタも食っていたのだろうと思う。 そして戦争が終わり、日本が急激に近代化していくにつれて、食料としてのバッタ類へのニーズは減っていき、風習としてのイナゴ採りだけが残ったのではないかと思う。 9月のイナゴ採りで強く感じたが、イナゴは採りやすく、バッタは採りにくい。 バッタはすぐに飛んで逃げてしまう。 しかも、田んぼが広がっているなら、トノサマバッタよりもコバネイナゴの方が数が多いだろう。 となれば、普通に採ってればイナゴが大量に採れるはずだ。 そもそも、近代化して食べ物が豊富に流通するようになり、面倒なイナゴ採りをする人は少なくなっていく。 そして、採るにしても、食べ慣れているものを採れるなら、わざわざ食えるかどうかわからない違う種類のものを危険を冒して食ったりしない。 バッタを食べた経験のある人は少なくなっていく。 そうしてどんどん、バッタを食べる文化がなくなっていったのではないだろうか。 そんなわけで、昔の日本人はイナゴだけではなくバッタも食っていたはずだと、私は思う。 まあ、想像に過ぎないが。 でもいいではないか、食えるんだもの。

次の

イナゴとバッタの違い!見分け方は?

イナゴ バッタ 違い

体長は40㎜前後で茶褐色の個体が多いのが特徴。 水田にいることが多いので、水田の色に擬態しているのだそう。 後ろ脚が発達していて、跳躍力にとても優れています。 日本では昔から夏目漱石の「坊ちゃん」の中に登場したり、教科書のまどみちおの詩に登場したりと、文化面でも馴染み深い存在です。 バッタの特徴 バッタは学問の分類上、バッタ目バッタ科に属する昆虫。 植上性のものと、地上性のものに分かれていて、有名なところだと前者はトノサマバッタやカワラバッタ。 後者はショウリョウバッタやオンブバッタなど。 植上性のものは草についていることが多く、脚には吸盤がついています。 ガラスなどにもひっついていられるほどの吸着力。 地上性のものは草にしがみ付くことが出来ないので、草むらなどの中にいます。 両者ともエサはイネ科の植物が多く、エノコログサやススキ、笹などを食べています。 育下ではレタスやキャベツ、キュウリなども食べるようです。 子供の頃バッタ採りをして遊ぶと、必ず口から醤油のような液をだしてきて、それが微妙に臭い・・・・子供たちの間では醤油バッタと呼んでいたような記憶があります。 あの「醤油」の正体は実はバッタのゲロだったと知ったのは大人になってから。 捕まえられたことによる緊張で消化管が収縮して、胃から逆流した半消化物があの茶色い液体だったとは・・・やっぱり子供のやることは残酷なんだな~。 バッタとイナゴの違い バッタとイナゴ、それぞれを見てみると少しずつ違いはお分かりいただけたと思いますが、見た目の決定的な違いはお腹の面を見た時にわかるのだそう。 イナゴには口の下部分に喉仏があり、バッタには喉仏がない。 これは誰でもが区別がつく、簡単な見分け方。 表面から見たら、バッタの種類によってはなかなか見分けがつかないのですが、 イナゴを食べなれている人なら一発でわかるのですが・・・ 、そういう時は裏返して見てみてください。 食用としてのバッタとイナゴ イナゴはもともと日本で食べられてきた昆虫。 現在でも長野の一部の地域では食べられているそう。 もともと稲作民族に不足しがちなたんぱく質やカルシウムを補うための料理として食べられていて、稲の害虫のしてのイナゴを食用にするということは一石二鳥。 上手にイナゴと共存していたというわけ。 一方バッタは、最近はやりの昆虫食とやらで食べられることもあるようですが、もともと日本で食べられていたという訳ではなさそう。 形は似ているけれど、イナゴとは全く味が違くて、あまり美味しくは無いようで、野性味あふれる昆虫風味が拭い去れないのだとか・・・。 やっぱりイナゴが美味しいのは稲の葉っぱを食べているからなんじゃない?? と思うのは私だけでしょうか。 稲の葉っぱも、米粒ともとは同じ植物。

次の

イナゴとバッタの違い!区別はあるの?食用にできるのは?

イナゴ バッタ 違い

【2020年】中国に大量発生して押し寄せてるのはバッタ・イナゴどっち? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 東アフリカで大量に発生したバッタによる蝗害(こうがい)はインドを通過して今後は中国に、向かっていることが判明しています。 しかしいろいろなメディアを見ていると あるメディアでバッタと報道していて、違うメディアではイナゴと報道しています。 どっちが正しいのか調べて見ると 大量発生しているのはイナゴではなくサバクトビバッタという種類のバッタです。 そもそもイナゴとバッタではどう違うのでしょうか。 イナゴとバッタはどう違うのか? 中国人とかのレベルではないよね!これは本当に自然災害? — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH Sponsored Link イナゴとバッタは形としてはよく似ています。 生物学的な分類では イナゴはバッタ亜目イナゴ科 バッタはバッタ亜目バッタ科 という分類に分けられています。 亜目とは 生物分類学上の単位の一。 必要な場合に、 目と科の間に設けられる。 齧歯 げっし 目をリス 亜目・ヤマアラシ 亜目・ネズミ 亜目に分けるなど。 引用元: という意味でほとんど一緒だけど少し違うよという感じで捉えていただけいて構いません。 つまり 大きく捉えると両方バッタということになります。 イナゴとは イナゴは、昆虫網バッタ目バッタ亜目イナゴ科に分類されている昆虫です。 なのでバッタとかなり生態は似ていて親戚のような感じですね。 イナゴの寿命は種類によっても違いますが、孵化して数ヶ月と言われています。 イナゴは日本では昔から食用にされてきました。 調理方法としては鍋で煮たり、砂糖と醤油で味付けしたりします。 イナゴの佃煮なんかも有名ですね。 バッタとは バッタは、昆虫網バッタ目バッタ亜目バッタ科に分類される昆虫です。 イナゴとは科が違うだけで他の分類では同一扱いされています。 バッタの寿命は種類にもよりますが、5ヶ月から1年くらいと言われています。 バッタは日本では食用になってはいません。 サバクトビバッタの特徴 今回の蝗害はサバクトビバッタ。 体長5cm、キャッシュカードくらいの長さのバッタが数億匹いるとのこと。 ・寿命は3ヶ月ほど。 卵は2週間で孵化し、6週間で成体になる。 ・繁殖により、3ヶ月後には20倍、6ヶ月後には400倍、9ヶ月後には8000倍などと急増加する可能性がある。 ・1日で最大150㎞移動する。 — 麹 oryzae1824 今回の大量発生しているバッタはこのサバクトビバッタです。 サバクトビバッタは、サバクワタリバッタ、サバクバッタ、エジプトツチイナゴとも言われています。 大きさはオスが4~5cm、メスは5~6cmです。 聖書にも登場してくるほどの生き物で有史以来何度も人間の農作物を食べ尽くしてその土地を枯れさせてきたと言われています。 彼らが通った後には何も残らないとまで言われています。 サバクトビバッタは体が大きく移動距離や速度も早いと言われています。 また 一日の飛行距離は100キロから200キロと言われています。 サバクトビバッタの生息地はサハラ砂漠やアラビア半島、インド北部に集中しています。 サバクトビバッタの生態を考えると日本では繁殖はしにくいためにいないのではなかと予測できます。 なぜ日本ではイナゴと勘違いされているのか? サバクトビバッタの生息地はサハラ砂漠やアラビア半島、インド北部に集中しているために日本ではサバクトビバッタといっても殆ど知られていません。 日本でもばったの大量発生は過去に起きていますが、やはりバッタより多いのはイナゴによる災害です。 なので 日本でサバクトビバッタという馴染みのない名前が浸透せずにイナゴの大量発生として捉えてしまいごっちゃになっていると予測できます。 まとめ ・東アフリカで大量発生いした昆虫はイナゴではなくバッタです。 種類はサバクトビバッタと言われている種です。 ・バッタの大量発生によって世界で1300万人ものひとが食料難になっているといわれて今後更に増えると言われています。 ・サバクトビバッタの1日の飛行速度は100キロから200キロと言われていて、スピードは風速程度です。

次の