ロマサガrs aスタイル 育成。 【ロマサガRS】キャラの効率的な育成方法を徹底解説!【ロマサガ リユニバース】

【ロマサガRS】キャラの効率的な育成方法を徹底解説!【ロマサガ リユニバース】

ロマサガrs aスタイル 育成

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の

『ロマサガRS』高難易度クエストに連れて行きたいSSスタイル5選!キーワードは「生存能力」

ロマサガrs aスタイル 育成

スタイルとは? キャラと別に、スタイルという概念があるのが本作の特徴。 これはキャラを軸としてスタイルという選択肢が存在するというものです。 例にヘクターを挙げます。 こちらはチュートリアルガチャで確定入手となるSSヘクター。 キャラクター名は「フリーファイター(男)」となっており、スタイルがヘクターです。 別の「フリーファイター(男)」を見てみましょう。 ガチャで入手できるAレアリティのスタイル「オライオン」 これらは「フリーファイター(男)」という同一キャラでありながら、別スタイルということになります。 ロマサガ2では仲間は「フリーファイター」などのクラスが基礎であり、キャラごとの名前はローテーションされていくシステムでした。 (カラーも違い、能力もそれぞれにいくらかの差異がある。 ) 本作でもその要素が踏襲されており、クラスがキャラとしての軸になっています。 主人公系キャラであるモニカなどはキャラ、スタイルともに「モニカ」です。 ガチャなどで手に入るのは「スタイル」であり、それと同時に「キャラ」が仲間になるという事になります。 スタイルが違っても同じキャラの場合、キャラ数は増えません。 パーティにも同一人物扱いで同じキャラは編成出来ません。 いわゆる期間限定の水着Ver、クリスマスVerといったガチャもスタイルが増える事になり、キャラは同じです。 別のキャラとしてイチから育てなおすのではなく、一部は引き継がれ、一部は育てなおすという仕組みになっています。 加えて、別スタイルを育てた事はムダにならず恒久的に効果をもたらす仕組みも用意されています。 強くなるための軸になってくる話なので、そのあたりを詳しくご説明していきます。 スタイルのメリット 同じキャラで、まずレアリティAのスタイルを手に入れたとしましょう。 使っているとバトルごとに能力が上昇し、強くなっていきます。 この能力上昇はキャラで共通のため、後に同じキャラのレアリティSSのスタイルを手に入れた場合はそのまま引き継がれた状態でスタイルだけを自由に切り替えられます。 ソシャゲのガチャでありがちな、低レアリティの同キャラはゴミ、ハズレといった残念な側面を補うシステムになっています。 レア格差のあるスタイルを2つ以上持っている場合、引き継ぎだけでなくムダにはならないメリットがあります。 他のスタイルの技・術は習得していれば継承が可能で、スタイルが持つ3つに加え1つだけ自由にセットできます。 低レアリティのスタイルだけが回復の術を使えたり、範囲攻撃を使えたり、マヒなどの付与効果のある技を覚えたり…キャラの幅を広げてくれる要素です。 それぞれ、以下のようにキャラに結びついているかスタイルに結びついているか切り分けられています。 キャラ依存 HPなど能力値 (成長分を含む) スタイル強化EXP スタイル依存 スタイルLv 属性耐性 アビリティ 習得する術・技 装備可能武器 EXPは共通なので、どのスタイルでEXPを貯めても別のスタイルに振り分けられます。 最大LvになってもEXPだけは溜まっていくので、あとあと別のスタイルが入手出来た際にはすぐさまLvアップさせることが可能です。 強いスタイルの選び方 ではスタイルが複数ある場合はどれを選べばいいのか? 簡単にはレアリティの高いものがシンプルに強い、というのがあります。 それを決定づける一番の要素は属性耐性。 いくつか例を見てみましょう。 Aレアリティのアザミ。 属性耐性は合計すると-65。 次にSレアリティのアザミ。 最後にSSレアリティのアザミ。 この属性耐性が弱点やRESISTといったバトルでのダメージ倍率に直結するので、非常に大きな影響を受けます。 どのキャラでも共通して属性耐性の合計値はレアリティによって決まっています。 (今後、例外が出る可能性はあります。 ) 比較としてSSモニカ。 アザミのように熱、冷、雷、陽、陰といった術系の属性耐性を持ったキャラも一部いますが、多くの場合はプラスの属性とマイナスの属性が対になって打ち消し合う配分です。 物理属性の斬、打、突については共通して3すくみのように配分されます。 基本的に自分の得意武器の属性に強く設定されています。 レアリティが同じなら? 技や術、アビリティなど非常に多くの要素から選択することになります。 最も選びやすいのは技・術で威力が「SS」や「S」といった大ダメージ技を持つ火力の高いスタイルを選ぶこと。 もう1点はパーティに1~2名は回復術を使えるキャラを入れること。 回復は貴重で、持っているキャラは現状は数少ないです。 Aウンディーネ、Aミューズなど。 習得すれば上位レアのスタイルに継承出来るので、更に戦力アップも望めます。 他にはアビリティなどですが、絡み合った要素になってくるのでおすすめキャラなどの記事でまとめたいと思います。 スタイルLvで強化できること まず能力値の補正が上昇します。 素の能力値はキャラ依存なのですが、スタイルによって補正がかかります。 これは同キャラでもスタイルによって腕力が上がりやすかったり、すばやさが上がりやすかったりと違いがあります。 補正だけでなく、一定のLvごとにボーナスによる+値も付与されます。 まずはパーティに編成しているスタイルLvから優先的に上げましょう。 上限Lvに到達したら別のスタイルを上げることによるメリットもあります。 それが画像にもある「マスターレベル経験値」というものです。 マスターレベルはキャラ全体の強化! マスターレベルはキャラやスタイルではなく、キャラ全員の共通パラメータとなっています。 カテゴリは武器ごとであり、大剣を装備するスタイルのLvを上げて得たマスターレベル経験値は大剣マスターレベルに統合されます。 マスターレベルが上がると技・術の威力、OverDrive時の威力の2要素が0. 5%と僅かですが上昇していきます。 多くのスタイルのLvを上げていけば、同じ武器を使うキャラ(スタイル)すべての威力上昇につながるわけです。 装備強化も重要! こちらは進化前と進化後の装備を上下に並べた画像。 数字は小さく見えますが、装備による威力補正は目に見えてダメージが大きくなりますので少しでも高い装備を手に入れたいものです。 本作では武器はガチャではなくクエストドロップや交換にて入手。 序盤はBレアリティを使うことになりますが、先のクエストでAが入手できます。 その頃には強化用の武器や素材も貯まるのでLvを上げるといいでしょう。 HARDを何話か進めるとSレアリティも報酬に登場します。 体感では1~2%のドロップ率かなぁ?といったところでした。 武器の進化直後は少しだけ性能ダウン! 注意点として、進化した直後、レベル1に戻った装備は少しだけ性能ダウンします。 進化させるときは、強化素材も持っていてすぐにLvを上げられる準備が出来てからにしておくといいでしょう。 防具の選び方は属性耐性を見る! 武器は固定なので単純に威力の高いものを選べばいいのですが、防具は種類がいくつかあるので選択に迷うかもしれません。 一見、防御が低そうな「ローブ」でも弱いわけではなく術系の属性耐性が高い、などといった特徴があります。 物理面ではプロテクトスーツなどの全体鎧が属性耐性値が上がりやすいのですが、すばやさが下がることで被弾が増えるなどのデメリットもあります。 クエストやイベントのボス相手など敵の攻撃属性に合わせた防具を選ぶのがベストです。 クエストごとに付け替えるのは面倒なので、バランス重視の装備としては弱点を補うようにするといいでしょう。 主防具、副防具ともにスタイル別にマイナス値になっている属性耐性を上げてくれる種類を装備させましょう。 装備を鍛えればマイナスが0より高くなり、弱点を打ち消す事も可能です。 まとめ 属性耐性を考えるとSSレアリティが筆頭候補になりますが、ボスなど固定の属性が相手ならSやAでも活躍できる可能性は十分にあります。 他のソシャゲよりも、レアリティによる絶対差は少ない印象です。 それより何より、キャラ依存の能力値が いかに成長しているか、が最も重要です。 ゲームが進んできてからSSレアの新キャラを手に入れても、即戦力にならないことがほとんど。 コツコツと育成することが本作では重要です。 能力値上昇はクエストクリア時だけでなく、遠征でも可能です。 より長時間の遠征へ参加させて、デイリーミッションでも入手できる「遠征即時帰還チケット」で即時帰還を繰り返すのが最も早く成長させられる手段となります。 ボスが倒せないなどつまづいたときは、少し前のクエストで今の装備よりレアリティの高い装備のドロップを狙いましょう。 高レアの武器を進化させれば、ダメージを大きく引き上げられます。 今作はガチャ入手したスタイルが腐りにくいシステムになっているので、さらなる強化でより良いシステムになる事を期待しています。 次の機会はオススメキャラ、スタイルやボス攻略を書いていきたいと考えています!.

次の

ロマサガRS 強くなるにはコツコツと!

ロマサガrs aスタイル 育成

【 ロマサガRSスタイル育成 】火力不足を感じたときに試したいこと どーも僕です。 ロマサガRSやってますかー? リリースされてから多少?やらかした部分はありますが、平成最後の年リリースということもあって、全体的によくできているアプリの一つだと思っています。 +懐かしさもね! 私自身はライン着せ替えやスパクロをほっぽり出してプレイしている毎日です。 おかげ様でなんとかメインチームの戦闘力が19000程度までに育成できました。 ですが、このゲーム19000でもまだまだヒヨッコ・・・・日々地道に育成に励んでおります。 そこで今回は少し戦闘が厳しくなってきたなぁって方や主に私自身に向けて育成関係についてお話ししていきたいと思います。 技・術覚醒 各スタイルが覚えている技や術を覚醒できる場所です。 (主に消費BPを少なくできます)正直私自身まだほとんど覚醒させていません。 消費BPが減少すれば戦闘時の技・術の使用タイミングが楽になると考えられます。 覚醒に必要な素材• 対応秘伝の書• 対応する砂• 対応する石• オーラム(かなり高額) 遠征 それぞれパーティーを組んでスタイルを遠征に出します。 遠征ではスタイル強化EXPのほかに強化素材、オーラム、スタミナ回復などが得られますが各パラメーターもアップできるので未使用スタイルも編成に組み込んで遠征させましょう。 現在の遠征ステージ• 洞窟・・・・・・初級• 地下水道・・・・初級• 西の森・・・・・中級• 東方の草原・・・上級 となっています。 各光石とオーラムはレアリティ及び進化段階に応じて必要個数、必オーラムが変動します 火力不足を感じたら ということで今までは各種育成関係システムの紹介でしたが、今回のメインがここからです。 ある程度の階層まで進んでくると急に先に進めなかったりしませんか? そんな時に少し自分のスタイルを見直してたらないところを強化していくのもコンテンツをクリアするのに非常に重要だと思います。 どの部分が強化不足なのかを見直しながら再度編成や育成を考えてみましょう。 スタイルの育成ついて(大体個人的意見) このゲームの売り?は何と言っても自分の気に入ったスタイルを育成すること・・・・にあるそうです。 ですが、出現する敵にはそんなことは関係ありません。 (いきなり息の根を止めるスタイル) と、これは少々言い過ぎですが、お気に入りのスタイルがある程度育ってこないとなかなか難しいことであるのは確か。 なのである程度相性は無視して編成するためには基礎能力(パラメーター)をあげることが肝心かなと考えます。 パラメーターの効率的な上げ方は、強敵に勝利することですが、遠征に組み込むのもかなり重要だと思います。 また、ロマサガRSでは武器はスタイルに合った武器しか装備できませんが、防具、副防具、装飾品は共通で装備できるため、敵の相性に合わせて防具関係を装備すれば、攻撃自体はあまり通らなくても防御だけは装備相性によって防ぐことができると思うので機会があれば見直してみてください。 そのうえで注意するポイントは• 武器の強化・進化は万全か• 防具の強化・進化は進んでいるか• 行き詰まった敵への対策は万全か• スタイルのレベルは上限まで達しているか(現在の限界突破レベル)この点について最大レベル(50)まで到達していない場合はまだまだ伸びしろがあると思うので焦らずじっくり• 限界突破を見据えた訓練は欠かさず行っているか• ある程度マラソン(ハム)をしてパラメーターを上昇させる この辺を地道に繰り返すことでかなりの強化になると思いますので、少し行き詰まってしまった方は見直しをしてみてください。 それでも行き詰まった場合 上記スタイル育成関係でも厳しいという方は迷わずコンビニへ・・・・というわけではありません。 まだまだやるべきことが残ってます。 第一は戦闘時のたたかいかた。 ロマサガRSは基本的に全3WAVE構成のバトルとなっていますので、技・術の発動タイミング等を考えるだけでも戦況は一変しますのでお試しあれ。 また、ロマサガRSの新システム「オーバードライブ」の使いどころなどの検討も十分役に立ちます。 第2は陣形をうまく使いこなすことです。 陣形によってパラメーター自体が変化するので見直してみてください。 (ロマサガシリーズおなじみの陣形ですね) そして第3にマスターレベル強化です。 (今回これが一番言いたかった~) マスターレベル強化 マスターレベルを上げることによって対応スタイルの技・術ダメージやOD(オーバードライブ)のダメージを上げることができます。 マスターレベルを上げるためには• スタイル強化すると一定のレベルに到達することでそのスタイルが属する技・術のマスターレベルが上がります。 (大剣のマスターレベルなら大剣のスタイルを強化)• お気に入りのスタイルだけの強化ではマスターレベル上昇はあまり望めない(一人だけ強化しても意味ない)• 数多くのスタイルを強化していくことでレベルアップに必要なPtがためやすい。 少しわかりずらいかもしれませんが、皆さんは恐らくリリース記念ガチャやコンテンツを進めていくうえでダイヤを相当数入手しているはずです。 それらを使って多くのガチャを回していると思いますが、ロマサガRSでは何もSSスタイルだけが必要なわけではありません。 むしろ育成のしやすさでいえばAスタイル強化の方が圧倒的に楽で、しかも序盤の攻略にもうってつけ・・・・ しかもマスターレベル上げ要因としては必須なAスタイルさん。 このAスタイルさんを放置していませんか? そこである程度火力的に行き詰まったときにAスタイル達の出番です。 遠征に出すもよし、SSレッドさんがドロップすると噂の1-2-12を鬼ハムさせても良し、とにかく スタイル強化EXPの必要数が少ないAスタイルさんを積極的に育成しましょう。 マスターレベルはスタイルのレベル依存でPtが溜まっていく仕様のようなので、SやSSを育ててマスターレベル上げを狙うよりも、Aスタイルのレベルを手っ取り早く上げさえすれば結果的に対応スタイル全体の火力が上がるので超お勧めです。 例えば10体の斧スタイルを所持していたとします。 そのうち1体がSSで残り全部Aスタイルだとした場合、SSスタイルを優先して育成していきたい気持ちはやまやまですが、それと同じくらい大事なのが他の斧Aスタイル強化となります。 結果マスターレベルボーナスで斧スタイル全体の火力が上がることになります。 マスターレベルボーナスは全体的に低火力の場合恩恵が少ないんですが、火力がそこそこアップしてもう一つ火力不足だなと感じたときに非常に役に立つのがマスターレベルです。 1レベル上がるごとに技・術、ODの順番で0. 5%ずつ火力がアップしていきます。 (少し計算が合わないんだけど、近いうちに調べておきますが、レベル15で下の画像のようになります) これら数値に連携時攻撃力とOD時等のステアップ効果が載ると思われるので、かなりの火力アップが望めると思うので、火力不足を感じたときにはぜひマスターレベルボーナスを狙ってみるのもありです! まとめ ということで今回は、基本的な育成システムの解説と少し火力不足を感じたときに試してみたいことなどを紹介しました。 なかでもワタクシ一番の押しは「マスターレベルボーナス」です。 色々と育成が大変なロマサガRSですが(特にオーラム消費しすぎ!)今後も地道にプレイしていきたいと思いますので、今後ともよろしく~ ではこの辺で~.

次の