腐れ神とは。 「腐れ神」に関するQ&A

妖怪腐れ外道 (ようかいくされげどう)とは【ピクシブ百科事典】

腐れ神とは

ご注意ください。 年内の発売が決定した「プレイステーション5」。 発売予定のソフトが続々と発表されており、名作シリーズの続編や完全新作に胸を高鳴らせ、アレコレ想像を膨らませている今日この頃。 中でも筆者がやっぱり気になるのは、リメイク版の『デモンズソウル』です。 アクションRPGの歴史に一石を投じた名作の復活に、いやおうなしに期待が高まっています。 本記事ではこの作品の特徴的なボスキャラクターを中心に、リメイクに期待するポイントをまとめてみました。 改めて『デモンズソウル』について もはや語るまでもないことですが、作品について少し振り返りを。 2009年に発売された『デモンズソウル』は、フロム・ソフトウェアがPS3向けに開発したアクションRPGです。 硬派で暗く重々しく、そして高難易度な作風で、多くのゲーマーを虜にしました。 昔のアクションゲームによくあった「死んで覚える」というゲーム性を踏襲しており、プレイヤー自身の成長が攻略の近道となる作品と言えます。 慣れや反復練習の成果が如実に表れる作りだったため、 「オレ、昨日より上手くなってる!」という実感を得やすかったのも大きな特徴。 筆者も骸骨やら亡者やらタコ人間やらに蹂躙されながらも、「何度でも立ち上がる自分」に酔いしれていました。 業界に与えたインパクトは絶大で、アクションゲームとRPGの両方を一気に数段階上のステージに引き上げた作品だったといっても過言ではないでしょう。 筆者個人は、RPGの原点である『ウィザードリィ』の進化の到達点がこの『デモンズソウル』だ、と強く感じたものです。 本作は現在のところ移植もリマスターもされておらず、PS3でしかプレイでききません。 作品の要でもあるオンラインサービスもすでに終了しているため、今からプレイしようと思っても、作品のすべてを楽しむことができない環境下にあります。 この作品が10年の月日を経てどのように生まれ変わるのか。 期待しないわけにはいかないでしょう。 よりリアルになった「腐れ谷」の「ヒル溜まり」がプレイヤーの心を折る? 『デモンズソウル』に登場する舞台の中で、良くも悪くも強い印象を残したのは「腐れ谷」でしょう。 虫やらナメクジやら毒沼やら、生理的に受け付け難いとされるものをふんだんに盛り込んだ土地。 後の『ソウル』シリーズには、この「腐れ谷」の系譜とも言えるダンジョンがお約束のように登場することになります。 このゲームは明るい舞台はほとんどなく、基本的に暗く陰気臭い場所ばかり。 しかしどのダンジョンも「腐れ谷」に比べればかわいいもの。 この谷に足を踏み入れた後に改めて訪れた「ボーレタリア王城」は、楽園と見間違うほど美しく見えたものです。 この谷の敵は気味の悪さでどいつもこいつも拮抗していますが、個人的には「ヒル溜まり」がナンバーワン。 最新の映像美によって再現される「ヒル溜まり」は思わずプレイの手を止めてしまうほどの出来上がりなっていることでしょう。 あまりリアルすぎると本当に先に進む気持ちが挫けてしまうので、そのあたりの細かい調整にも期待したいところです。 「マンイーター」の絶望は、今更ちょっとぬるいよね 本作の基本であり、最も重要なテクニックは「敵との戦いはタイマンに持ち込まなければならない」ということ。 ゲーム序盤で雑魚に絡まれてあっという間にタコ殴りにされてしまう経験を経て、プレイヤーは1対1で戦うことを覚えます。 複数の敵が固まっているところでは、うまく1体ずつおびき寄せることが重要。 大勢の敵をまとめて薙ぎ払うタイプのゲームではないという点は、非常に新鮮に感じられました。 複数の敵が絡んでくるボスもいましたが、タイマンに持ち込めばちゃんと戦えるものばかり。 そんな1対1の戦いに慣れたころに遭遇するのが悪名高き「マンイーター」。 狭い通路で足場を気にしながら立ち回る苦しい戦いの中、2体目のマンイーターが登場したときにはさすがに目を疑いました。 何度も投げそうになった本作において、本当にあきらめようかと感じた瞬間でした。 そんな思い出も今は昔。 シリーズ作品をやりこんだ人にとっては今更マンイーターなど驚く相手ではないでしょう。 そんな上級者のために、リメイク版ではオリジナルより難易度を上げてくるかもしれません。 敵が新しい技を繰り出してきたり、複雑なギミックを用意している可能性もあるでしょう。 マンイーターのおかわりがもう一杯、なんてことも無いとは言い切れません。 PS5版は「リマスター」ではなく「リメイク」と銘打っているため、グラフィックだけでなくプレイ感覚やシステムにも少し変更が加えられるということは十分あるはずです。 より強く、より凶悪になったデーモンたちに出会えるかもしれません。 「竜の神」はもうちょっとギミックが足されてもよいのでは 初見殺し満載でボスの攻略に工夫が必要なのも『デモンズソウル』の魅力の一つ。 「ファランクス」には火炎瓶を投げれば良いし、小間使いはちゃんと始末しておくべきなのは周知の事実。 先述のマンイーターももちろん2体目の登場を待ち構えておく必要があります。 ただ理不尽に敵が強いゲームではなく、立ち回り方や攻略方法がわかれば意外とスムーズに攻略できる。 このあたりの戦略のバランスの妙が、『デモンズソウル』を名作たらしめているのです。 とは言え、初めて遊ぶ人には驚きと衝撃の連続であっても、やりこんだ人にとっては刺激がちょっと不足しているかもしれません。 何しろこのゲームの中毒者は何度も何度もプレイを繰り返し、各ボスもダンジョンのギミックも、それこそ「死ぬほど」覚えていることでしょうから。 同じダンジョンに見えて新しい初見殺しがあったり、デーモンの倒し方にもう一工夫必要だったりすると、かなり新鮮に遊ぶことができるのではないかと思ったりもします。 少なくとも「竜の神」は戦闘に一捻り加えられていると嬉しいところ。 正々堂々の正面切っての対決があると尚良し、です。 バリスタを使って戦うというギミックもなんだかんだ嫌いではありませんが。 今回のリメイクが何を主眼において作られるかによって、この辺りは大きく変わってくるでしょう。 名作を忠実に現代に蘇らせることなのか、現代に合うようにグレードアップさせることなのか。 どうなるかはわかりませんが、とにかく続報を待つばかりです。 オンライン要素こそが このゲームの初体験を彩る 初めて『デモンズソウル』を遊んだとき、特に印象深かったのはオンライン要素。 地面についた血痕を調べることで他の人がどのようにして死亡したのかを知ったり、他者が残したコメントを参考にできたりなど、間接的に人と関わるという要素は非常に新鮮に思えました。 MMORPGのように同行するわけではないけれども、世界中のどこかで自分と同じように悩み苦しみながら冒険している人がいる。 そういった人たちと時間や体験を共有しているという感覚を得ることができる。 それこそが、『デモンズソウル』の新しさだったようにも思います。 現在はオンラインサービスが終了したため、そういったつながりは実質絶たれてしまっています。 これから『デモンズソウル』をはじめてやってみようかなと思っている人にとって、現在の環境は作品の楽しみを100%引き出せるものではないでしょう。 血痕を見て「この先に何か罠があるんだな」と察したり、書かれたコメントを信じて裏切られたりする体験は、初見プレイでこそ最大限に生きてくるもの。 今回のリメイクによってオンライン要素が復活するとなれば、未プレイの人にとってはこんなにすばらしいことはありません。 今現在この作品を遊んだことのない人はリメイク版が発売するまで待って、世界中の人と苦労を共有しながら遊んでいただきたいと思う次第です。 名作のリメイクということで期待と不安がせめぎあっています。 フロム・ソフトウェアが直接開発するわけではないという点を不安視する人もいれば、リメイクを担当するBluepoint Gamesの過去の実績から安心感をもっている人もいるかもしれません。 追加要素や変更を歓迎するというスタンスもあるでしょうし、過去の思い出そのままに楽しみたいというプレイヤーも少なくないはず。 まだまだリメイク予定の映像が公開されただけで、実像は見えていない段階。 心が折れそうな日々の再来を、今はただ待つばかりです。 《竜神橋わたる》.

次の

ダークソウル2 (DARK SOULS II) 神攻略wiki

腐れ神とは

だが、この「タタリ」の根源は、本来は生命神であるが、別の一面であるやに変貌した際に見られた現象なのかもしれない。 を司る神であるだけに性格は憎しみと怒りによって狂わされており、 動くだけで足元の植物を枯死させ、木々を瞬時に腐らせるなど無差別に呪いと死をまき散らす厄災と化している。 タタリ神になったナゴの守、なりかけた乙事主のどちらも瀕死の重症を負っていたにも関わらず作中では凄まじい身体能力と俊敏さを見せているが、前述の通りタタリ神になった代償として理性や精神は無くなりもはやコミュニケーションや意思疎通は不可能となってしまう。 劇中最初に登場したタタリ神はかつての森に住むという名の有る猪神がとの生存戦争に敗れ、走り回る内にその痛みと死への恐怖、そして憎しみによって呪いを集めて変じた者である。 二柱目(二頭目)のタタリ神は鎮西(九州)の猪神の長である。 こちらは完全に変じる前にによって命を吸い取られて果てた。 ナゴの守のような完全なタタリ神にはならなかったが、目の焦点は合わず、以前の様な思慮深さどころか言葉すらも使えなくなった上、血反吐を吐きながら猛進する姿はまるでゾンビと呼ぶにふさわしい。 乙事主自身も一族からタタリ神が出てしまった事を嘆いていたが、皮肉にも自身も人間への恨みと死への恐怖によってタタリ神になりかけてしまった。 この呪いは受けた者を死に追いやる毒を持つと同時に、呪われた者の命を削るのと引き換えに、そのものの潜在能力を強制的に引き出し暴走させるという力を持つ。 アシタカの故郷の長老ヒィさまによれば、痣が時間とともに全身に広がりその激しい苦痛で受けた者を死へと追いやる呪いであるそうな。 この痣による力は劇中ではアシタカが怒りや憎悪、攻撃の意思を持った際に超人的な力を齎していた。 野武士との戦闘では矢を射る際に右腕の痣により腕の筋肉が異常に強化され、 一射だけで首を吹き飛ばし、それを見た別の野武士はアシタカを「鬼」と呼んだ。 その後もタタラ場で 大太刀の刀身を素手で握り、片腕だけで紙のように曲げて見せ、10人掛かりで開閉する大門を片腕だけでこじ開けるなど人智を超えた場面を見せている。 単純に腕力だけが強化されるだけでは無いようであり、タタラ場を去る際に 石火矢の直撃を生身の腹に受けてかなりの出血も見られたが、少し仰け反った程度で先の大門をこじあけている。 ちなみにその時にアシタカが流していた血はかなり黒色を含んだ異様な色をしている。 痣の力は後半でも強まりつつあるような描写があり、甲冑、薙刀や弓で武装した侍4人を同時に相手取った際には薙刀で 斬りかかってきた侍の腕を甲冑ごと切り落とし、別の侍が放った矢を片手で受け止めその矢を甲冑を貫く威力で放っている。 なお、作中では猪神と、それに取り込まれたが一時的にタタリ神化していたが、この世界の他の生物神や生物にも普遍的に「タタリ」を発する力が潜在しているのかは不明。 哺乳類だけでも、(または)や()、作中には登場しなかったが存在するであろうの神やと同じ、、または、熊の神、などもタタリ神化する可能性がある。 ただヒイさまによれば、少なくともナゴの守クラスの動物神がタタリ神化することなど 普通は有り得ないようだ。 その他およびタグ付けに関して ただでさえヤバイ姿(特に蜘蛛恐怖症には卒倒もの)をしているのに、がような様相をしているため、まっくろくろすけファンにはキツイ見た目なのかもしれない。 アシタカが対処した際のシーンや成仏?シーン、っぽい動き方なども含めて、トラウマものである。 後の「」に登場した「オクサレ神」のうち、元は偉大な神だったケースに関しては、本来の神性が人間によって喪われたという点で共通する。 オクサレ神の姿は、「」である蛙と蛞蝓の働く油屋に蛙と蛞蝓を足したような姿で現れ、白蛇神または白龍神の姿で帰っていった。 とは、殺さなくても鎮静化できる点が異なる。 イラスト 上記の「タタリ神」のように、邪神または荒神と化した動物を指すこともあるため、「もののけ姫」で見られたような姿やを思わせる姿の他の生物種が描かれることもある。

次の

千と千尋の神隠しの川の神の団子やよきかなのセリフの意味は?考察してみた!

腐れ神とは

質問一覧• 信じない、反抗する、感謝しない人間に罰を与えたいからですかね。 といった瞬間、河の神が出てきました。 来る時は姿が腐れ神で帰る時は河の神だったので、腐れ神と河の神両方同時に来たんですか?湯婆婆が「千とリン、そのお方はお腐れ神ではないぞ」と言っていて、下に人数を集めるように指示し... ユバーバの(腐れ神だって?)というセリ... なんかねじ曲がったような世界だし、カオナシの不気味さとか暴走するところとか、豚とか、腐れ神とか、コミカルな動きのカエルなどでごまかしてますが、やっぱりこわいです。 ほんわかしているように見えるから余計にこわいの... 神隠し」です。 なんかねじ曲がったような世界だし、カオナシの不気味さとか暴走するところとか、豚とか、腐れ神とか、コミカルな動きのカエルなどでごまかしてますが、やっぱりこわいです。 ほんわかしているように見えるから... 湯から顔を出して、「いよきかな」みたいな言葉を言っていましたが、あれはなんと言っているのですか?

次の