土踏まず 筋。 足底筋膜炎に効くキネシオテーピングの巻き方

足底筋膜炎に効くキネシオテーピングの巻き方

土踏まず 筋

Sponsored Link 足の裏が腫れて痛い場合は? 特別な運動をしていたわけではないのに、何でだか足の裏が腫れて痛い… なんて症状があるときは、 「足底筋膜炎」になっている可能性が考えられます。 足底筋膜炎は名前にある通り「足底筋膜」という足の裏にある筋肉が 細かく断裂したり炎症を起こしてしまう病気です。 出典:stretchpole-blog. 激しい運動をしているときはもちろん、慣れない・サイズが合わない靴や高いハイヒールを履いていたり、 激しくなくても何度もジャンプをするような遊びをすることによって症状が現れてしまうのです。 この足底筋膜は普段、しなやかでばねのような動きをして足の動きが スムーズになるように働くのですが、足底筋膜炎の症状が出ているときは 全体が硬くなってスムーズに動かないために痛みが起こります。 足底筋膜炎は炎症ではあるのですが、長い時間をかけて硬くなった筋肉の周りの血行は とても悪くなってしまっているので、痛みの最初期は冷やして痛みを落ち着けるのは有効ですが、 多少痛みが落ち着いてからは足低筋膜と周囲の血流の回復を促すために温めて足の裏を労わりましょう。 足底筋膜炎は正しい治療とケアをすれば、数年で投薬や手術をせずに自然治癒する病気ですので、 足の裏が腫れて痛いと思ったら病院で見てもらうのが良いでしょう。 Sponsored Link 土踏まずや筋の痛みは放っておいてもいいの? 足の裏の痛みの中でも、かかとや指の付け根などの直接地面に接地する場所ではなく、 へこんでいるはず土踏まずや土踏まずの筋が痛んでいるときはどうすればいいのでしょうか。 土踏まずの痛みを感じるときは、まず最初に「偏平足」が疑われます。 偏平足と聞くと、柔道や剣道などはだしで動くスポーツをしている人がなる、 土踏まずのへこみが少ない足を想像する人もいるかと思いますが、 偏平足は必ずしも土踏まずのへこみがなくなるものではありません。 人間の足は、足の親指の付け根・薬指と小指の間の足の付け根・かかとの3箇所でアーチを作り、 そのアーチのバランスによって重い全身を支えているのです。 出典:stretchpole-blog. このアーチのバランスが崩れて土踏まずにある内側縦アーチが 下に下がってしまうことを偏平足というのです。 偏平足も足底筋膜炎と同じように、激しい運動や繰り返しジャンプをしていてもなりますが、 一番多い原因としては長時間ハイヒールなどのつま先に負担のかかる靴を 履いていることによって起こりやすいといいます。 また、痛みを確認しようと土踏まずを触ったときにしこりのようなゴリゴリしたものが 合った場合は、偏平足ではなく「足底腺維腫 そくていせんいしゅ 」かも知れません。 足底腺維腫は足底筋膜に良性の腫瘍が出来る病気で、腫瘍自体はほくろやポリープと同じで がんにならない安全なものですが、実際に平らなところが膨らんでしまうので常に 地面に触っている足の裏では痛みが現れる場合があります。 痛みがなく気にならないようであれば放っておいてもそんなに問題はないようですが、 痛みや違和感がある場合は整形外科での治療が必要になります。 痛いときの対処法はあるの? 足底筋膜炎や偏平足で足に痛みが出てきてしまうと、 治療にはある程度の時間が必要になります。 足の痛みがひどく、病院に入院して外科手術をするようなことにならない限り、 普段通りの生活をしていれば食事やトイレ、 お風呂などで少なからず歩かなければいけないからです。 そんな足の裏の痛みがあるときに出来る対処法は症状によってさまざまなので、 一番は病院でお医者さんに教えてもらうことですが、今痛みがあってすぐに 知りたいという応急処置としての対処法をいくつかご紹介します。 ひとつに、多くの足の裏の痛みは足の使いすぎや筋力が落ちてしまってのことが多いので、 急激な痛みには急性の炎症を落ち着ける冷湿布やアイシング用の氷のうを、 多少落ち着いてきた痛みや慢性的な弱い痛みには血行を良くして回復を 促すために温湿布や熱過ぎない蒸しタオルを使います。 冷やすときも温めるときも、やりすぎは症状を悪化させる元なので、 感覚が鈍くなるほど冷やしたり皮膚が違和感や痛みを感じるほど温めないように気をつけてください。 また、偏平足や足底繊維腫は足のアーチのバランスが崩れている場合が殆どなので、 かかとが高いものや足の幅に対して細い靴は避け、中敷を多く敷いて足の形が 自然になるようにすると痛みを減らせる可能性があります。 靴の中敷だけでなく、お風呂につかりながら足の裏を よく揉み解すのも足の形を直すのに有効ですね。 まとめ 足の裏の痛みや腫れがある場合は、足底筋膜炎の可能性があります。 足の裏の中でも土踏まずや筋だけが痛みときは、偏平足や足底腺維腫が疑われます。 痛みがあるときの対処法は病気によってかわりますが、 冷やすか温めて患部を落ち着かせたり足のアーチを直すことがよいでしょう。 Sponsored Link•

次の

足の土踏まずが痛い……それって「足底腱膜炎」かも!主な症状と解消法とは?(FRaU編集部)

土踏まず 筋

「足の裏を押すと痛いところがあるんだけど、どこか悪いところがあるのかな?」 あなたは今、そう思っていませんか? 確かに、 足裏を押してどこかが痛いと、体のどこかに不調があるといわれています。 また、 押して痛いところに、指圧などで刺激をあたえることによって、血行がよくなったり、自然治癒力が高まったりして、不調がやわらぐことも知られています。 それが、足つぼマッサージの効果です。 この記事では 基本的な知識や方法を身につけることで、自らの足つぼマッサージができるようになるだけでなく、お店などでプロにお願いする際にも役に立つでしょう。 足つぼマッサージについて理解を深め、あなたがより健康な毎日を過ごすために、この記事が貢献できれば幸いです。 足つぼを押して痛いところは不調のサイン 「第2の心臓」ともいわれる足の裏には約60〜70の反射区(つぼ)があり、体のどこかが不調になると足裏のつぼがかたくなったり、カサカサしたり、押すと痛みを感じたりします。 そこで、 痛みを感じる足つぼを押すと、体の不調をやわらげることができます。 このことを活用した様々な種類のつぼ押しによる施術は、世界中で行われてきました。 ここでは足つぼの痛みと効果について説明します。 1-1. 痛いところは悪いところとつながっている 足の裏を押して痛いところがある場合、体のどこかの状態が悪い可能性があります。 足の裏には多くのつぼがあり、こっちのつぼは目とつながっている、そっちのつぼは胃とつながっているなど、それぞれのつぼが各臓器・器官とつながっています。 たとえば、足の左右の親指は頭・脳とつながっているため、頭痛がするときは両方の親指を押すと痛みを感じるでしょう。 足の裏のつぼを押して痛いと感じるなら、体のどこかの調子が良くないはずです。 1-2. 痛いところを押すことで不調ケアになる 足裏の痛いところを押すと、体の不調が緩和されます。 足裏のつぼを押すことで血行が良くなったり、代謝が促進されて老廃物が排出されやすくなったりします。 足つぼマッサージはデトックスや美容、ダイエットにもつながるといわれますが、これも血行促進や代謝アップにもよるものです。 足裏の痛いところを押すことは、不調ケアにつながります。 1-3. ちょっと痛いくらいの「 イタ気持ちいい」が目安 足裏のつぼを押す時の強さは、ちょっと痛い「痛気持ちいい」が目安です。 つぼ押しは弱すぎると効きませんし、強すぎると気持ちいいどころではなくなってしまいます。 ちょっと強いけど気持ちいい、「痛気持ちいい」くらいが理想です。 指の腹で足つぼを押し、少しずつ強めていって、自分なりの「痛気持ちいい」強さを見つけてください。 痛さの感覚は個人差が大きいので、お店などで足つぼマッサージを受ける場合は。 「ちょっと痛い」「ちょうどいい」など、正直に感想を伝えましょう。 足つぼマッサージにおける4つの注意事項 足つぼマッサージは体の不調ケアにつながることがある反面、タイミングによっては体調を悪くしてしまうこともあるので、注意点をまとめました。 食後すぐの足つぼマッサージ、飲酒後、足をケガしているとき、妊娠中がNGとされています。 自分で足つぼマッサージを行う際はもちろんのこと、お店などで足つぼマッサージを受けるときの注意点としても活用してください。 2-1. 食後すぐの足つぼマッサージはNG 食後すぐは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 食後すぐは食べたものを消化するため、消化器に血液が集まっています。 足つぼマッサージをすると血行が良 くなルため、消化器官系の血液量が減り、消化が妨げられてしまいます。 消化器官の働きを助けるため、食後30分は足つぼマッサージをしないでください。 2-2. 飲酒後の足つぼマッサージはNG お酒を飲んだあとは、足つぼマッサージをしないようにしてください。 マッサージを行うことで血行が良くなり、さらに酔いがまわってしまう可能性があるためです。 2-3. 足をケガしているときの足つぼマッサージはNG 足のケガをしているときは、足つぼマッサージをしないようにしましょう。 足をケガしているときは患部やその周辺に刺激をあたえたり、血行が良くなったり、患部そのものを刺激してしまったりすることで、患部の痛みが増すこともあるからです。 2-4. 妊娠中の足つぼマッサージはNG 妊娠中は、足つぼマッサージをしないようにしてください。 足裏には生殖器のつぼもあり、そこを押すことで、体調が悪化する場合があるからです。 妊娠中は体の機能や体調などが変わりやすく、胎児に影響があってもいけません。 妊娠中の足つぼマッサージは控えましょう。 痛い場所別、効果がわかる足つぼマップ 足の裏には多くの反射区 つぼ があり、それぞれのつぼには全身のさまざまな臓器や器官の調子が反映されています。 そのため、足つぼを押して痛みを感じる場所と、その場所とつながっている臓器・器官がどこかを知ることは、体調管理や不調ケアのためにも大切です。 「足つぼマップ」を参考に、足つぼのどの部分が痛いと、どの臓器・器官が不調をかかえているのか、その関係性を理解し、足つぼマッサージに役立ててください。 なおこの足つぼマップはリフレクソロジーの反射区です。 詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 関連記事 3-1. 足の親指を押すと痛い場合は、 頭痛を抱えている可能性 両足の親指の腹全体は頭や脳とつながっているので、両足の親指を押して痛いときは、頭痛を抱えていることが少なくありません。 頭痛を感じているときや頭が重いときは、両足の親指の腹全体を押すと効果的です。 また、 考え過ぎて疲れていたり、ストレスによる疲労を感じたりしている場合も、両足の親指全体を押すこと で、頭痛が緩和されたり、頭がすっきりする可能性があります。 3-2. 足の人差し指・中指のあたりを押すと痛い場合は、 目が疲れている可能性 人差し指と中指の間のあたりを押して痛いときは、目の疲れが考えられます。 この部分のつぼは、右足は左目、左足は右目につながっています。 PCやスマホの見過ぎなど、 目が疲れていると感じたら、足の人差し指と中指の間あたりを少し強く押してみて ください。 疲れ目をやわらげる効果が期待できます。 3-3. 足の指先を押すと痛い場合は、 服鼻腔や鼻に不調がある可能性 すべての足の指の先は、副鼻腔につながっているので、足の指先が痛い場合、服鼻腔や鼻に問題を抱えている可能性があります。 アレルギー症状や蓄膿、副鼻腔炎 鼻風邪 などで悩んでいるなら、すべての足の指先を押すことで症状をやわらぐ可能性があります。 3-4. 土踏まずの上あたりを押すと痛い場合は、 肺・気管支に不調がある可能性 土踏まずの上あたりが痛い場合、肺・気管支が不調という可能性があります。 「息苦しい」「呼吸が浅い」と感じているなら、土踏まずの上あたりを押してみてください。 息苦しさや、呼吸が浅い状態を改善することができます。 3-5. 土踏まずのあたりを押すと痛い場合は、 胃に不調がある可能性 土踏まずのあたりには、胃につながっている足つぼがあります。 そこを押して痛い場合、胃が不調であることが 少なくありません。 胃の調子が悪いときは、土踏まずのあたりを押してみてください。 胃の不調がやわらぐ可能性があります。 3-6. 土踏まずのかかと寄りを押すと痛い場合は、 腸に不調を抱えている可能性 土踏まずよりもかかと寄りを押して痛いとき、腸に不調を抱えている可能性が少なくありません。 お通じが良くない、 便秘気味という場合、土まずよりもかかと寄りのあたりを押してください。 腸の調子が整えられ、お通じの状態が改善に向かう可能性があります。 3-7. 左足の真ん中あたりを押すと痛い場合は、 心臓に不調を抱えている可能性 左足の裏の中心から少し薬指のほうへ向かった場所を押すと痛いなら、心臓に不調を抱えている場合があります。 心臓に不調を感じる場合は、左足の裏にあるつぼを押すことで、心臓の働きを活性化できることがあります。 ただし、 高血圧の方や心臓に疾患を抱えている方は、担当の医師に相談してください。 3-8. 土踏まずの内側のあたりを押すと痛い場合は、 膀胱に不調がある可能性 土踏まずの内側のあたりを押して痛みを感じるなら、膀胱に不調がある可能性があります。 尿のキレが良くないという自覚があったり、膀胱が痛いと感じていたりする場合は、この足つぼをもむことで症状の改善が期待できます。 3-9. かかとを押すと痛い場合は、 生理痛・生理不順を抱えている可能性 かかとを押して痛い場合、生理痛・生理不順を抱えている可能性があります。 生理痛・生理不順で悩んでいるなら、 かかとをまんべんなく刺激することで、症状の緩和が期待できます。 3-10. 足の指の付け根を押すと痛い場合は、 自律神経のバランスが崩れている可能性 足の指の付け根のあたりを押すと痛い場合、自律神経の乱れが考えられます。 ストレスがたまっていると思ったら、 自律神経のバランスが崩れている可能性があるので、足の指の付け根のあたりを指の腹で押してみてください。 自律神経の乱れを整える効果があります。 また、足の親指全体をマッサージすることでも自律神経が整えら、精神面でのプラスの効果が期待できます。 3-11. 足の甲にむくみを感じる場合は、冷え 性や首・肩のこりと関係 足の裏のつぼを中心にお話ししてきましたが、足の甲にもつぼがあります。 足の甲はむくみ、冷え性や首・肩のこりと関係があることで知られています。 むくみ、冷え性、首・肩のこりで悩んでいるなら、 足の甲をまんべんなく押してください。 リンパの流れが良くなって、老廃物が体の外へ出やすくなります。 そのことにより、むくみが解消されるだけでなく、体調が良くなったり、やる気がわいてきたり、リラクゼーション効果につながったりします。 足つぼマッサージが痛すぎる場合については下記の記事で詳しく説明しています。 興味のある方はぜひご覧ください。 関連記事.

次の

土踏まずが歩くと痛い…原因や解決策はあるの?

土踏まず 筋

あまり意識することのない足の裏。 しかし、足の裏にも筋肉が存在し、そこを鍛えることによってさまざまな効果が得られます。 今回は意外とおろそかにされがちな足の裏について、筋肉の構造やその働き、足裏の筋力を鍛えるトレーニングをご紹介しましょう。 足の裏の構造はこうなっている 足は26個の骨で構成され、足の裏には10個の筋肉がついています。 足の裏についている筋肉は、まとめて足底筋群(そくていきんぐん)と呼ばれています。 足底筋群は「短母趾屈筋(たんぼしくっきん)・短小趾屈筋(たんしょうしくっきん)・母趾外転筋(ぼしがいてんきん)・小趾外転勤(しょうしがいてんきん)・足底方形筋(そくていほうけいきん)・虫様筋(ちゅうようきん)」など、数多くの筋肉によって複雑に構成されています。 足の裏を知るうえで欠かせないのが、以下3つのアーチです。 足の外側を結ぶ「外側縦アーチ」 2. 親指のつけ根からかかとを結ぶ「内側縦アーチ(土踏まず)」 3. 親指のつけ根と小指のつけ根を結ぶ「横アーチ」 足裏のアーチは、足底筋群やふくらはぎから伸びている後脛骨筋(こうけいこつきん)や長腓骨筋(ちょうひこつきん)などによって構成されています。 これがバネのように作用して、カラダにかかる地面からの衝撃を和らげているのです。 足の裏は鍛えることが少ないため、筋力が低下してしまうとアーチが崩れてしまいます。 足の裏を鍛えるメリットとは ここでは足の裏を鍛えることによって得られるメリットをご紹介します。 扁平足(へんぺいそく)を防ぐ 皆さんご存じなのが、土踏まず。 土踏まずは、先述した内側縦アーチを指します。 足が疲れてくると土踏まずは低く、地面に近づいていくでしょう。 その状態が続くことを「扁平足(へんぺいそく)」といいます。 扁平足はアーチがほとんどないために、クッションとしての役割が働いていません。 そのため、足の裏が疲労しやすくなり、足の痛みを引き起こす原因にもなります。 発揮できるパワーが大きくなる スポーツに限らず、力を発生させる一番初めの場所はほとんどが足の裏です。 地面と接している足の裏で地面からの反動を受けることにより、カラダを動かす力が生み出されるのです。 しかし足裏が弱く、硬いと、地面からの反動をうまくカラダに伝えることができず、発揮できるパワーも減少してしまいます。 どんなに体幹や足、上半身の筋力が高くても、足の裏が弱ければ力がロスしてしまうのです。 とくに相手選手と接触するラグビーなどのコンタクトスポーツや、瞬発的なダッシュを繰り返し行うサッカーなどは、足の裏を積極的に鍛える必要があるでしょう。 ケガを防ぐ 足の裏が弱いと、土踏まずだけでなくすべてのアーチが低くなります。 アーチが低くなってしまうと、地面を掴むことができずバランス機能が低下し、瞬時に踏ん張る力が弱くなります。 それが原因で転倒し、足の裏だけでなく足関節の捻挫を引き起こしたり、膝・股関節へのストレスが増えて痛みが生じるなど、足以外の部分にも影響を与える可能性もあります。 足の裏を鍛えるとアーチをしっかり作ることができるため、障害予防にもなるのです。

次の