アクサダイレクト生命。 アクサ生命とアクサダイレクト生命の違いとは?メリットデメリットについて

アクサダイレクト生命保険の口コミと評判をFPが解説!

アクサダイレクト生命

08% より引用 得点: 50. 23%となり、50億円に近い保険を売ってもその 4分の1近くの赤字が出ています。 同じネット生保に分類されるライフネット生命も似たような状況ですが、ライフネットの売上はアクサダイレクト生命の二倍以上あり、損失率は半分以下です。 ネット生保は、ネットだけの販売では利益が出ないという結論が出てしまった感がありますが、なんとか黒字化して欲しいと思います。 格付けや苦情率など 全ての保険会社で基準が統一されていない項目なども書いておきます。 格付け アクサダイレクト生命の格付け情報は見つかりませんでした。 苦情率 2018年度苦情件数:349件 年度末保有契約数:約126,000件 保有契約1件当たりの苦情率:約 0. 28% ランキングに使った項目の解説 ソルベンシー・ マージン比率 通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標 保険料等収入 保険会社の保険料だけの売上高 経常 収益 保険料等収入と、その他の売上全部。 保険会社全体の売上 経常 利益 当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益 利益率 経常 利益を経常 収益で割った数値 アクサダイレクト生命の評判 口コミサイト・相談サイトなどを見て、アクサダイレクト生命の評判をまとめてみました。 良い評判 アクサ生命の営業職に終身保険を勧められていますが、ネットを見たら同じ内容なのにアクサダイレクト生命の終身が安かったです。 アクサダイレクト生命の、がん保険と医療保険の健康祝金は他社生保より良いと思います。 普通の評判 セカンドオピニオンサービスが無料付帯する 定期の 医療保険で最安レベルですが、10年更新に注意です。 アクサダイレクト・アクサ生命・アクサダイレクト生命は、アクサグループだけど別会社です。 悪い評判 がん保険に、外来手術給付と通院給付が無いです。 保険金や給付金の不払い率が高いと思います。 管理人より:ネット販売保険や通販保険は加入時の告知ミスが多いようで、保険金や給付金を支払請求したときの審査で不備が見つかり告知義務違反になることが、対面販売保険より頻発するそうです。 保険料もう少し安くなれ!と思いませんか 無料でFPに頼っちゃいましょう 保険の見直しで、ワンランク上の暮らし FPの保険の相談は何度でも 無料 アクサダイレクトの終身医療 「アクサダイレクト 生命の終身医療」ではないんだ? と思いましたが、そこはツッコまない方が良いのでしょうか。 1入院の上限日数は60日で、保険期間中の通算入院保障日数の上限は1,095日までになります。 保険料払込期間は60歳まで、65歳まで、終身払いから選択可能で、60歳まで払いまたは65歳まで払いを選んだ場合は、保険料払込期間の終了後に死亡すると入院給付金日額の10倍の死亡給付金が支払われます。 また、保険期間中の手術は回数無制限保障で保障対象の手術は約1,000種類です。 ここからは任意付加ができる特約などの解説です。 3大疾病保険料払込免除特約 アクサダイレクトの終身医療で規定している3大疾病は、がん 上皮内新生物を含まない悪性新生物 ・急性心筋梗塞・脳卒中で、これら三種類の病気の治療目的で 入院を開始したときから保険料が免除されます。 他社生保の場合は、急性心筋梗塞と脳卒中について規定の症状や状態が60日以上継続した場合など、もう少し条件が厳しくなるのですが、入院開始時から効力が発生するのは大サービス的な保障内容です。 3大疾病についての特約や保障は、この保険料免除だけになります。 長期入院時一時金給付特約 入院給付金 疾病・災害入院給付金 は1入院について60日が限度ですが、長期入院時一時金給付特約を付けると、 入院日数が60日を超えたときに入院給付金日額の大小に関係なく 一律50万円が支払われます。 アクサダイレクト生命の保険料試算画面で長期入院時一時金給付特約の利便性を「3大疾病・7大疾病はもちろん」と訴求しているのですが、この終身医療保険に7大疾病の規定も7大疾病についての保障もありません。 入院時一時金給付特約 長期で はない方の入院時一時金給付特約です。 入院前や入院時に必要な諸雑費や交通費と考えると良いでしょう。 病気やケガで入院したときに 一律5万円を支払ってくれます。 災害入院と病気入院についてそれぞれ一年間に二回を限度としています。 女性疾病入院特約 アクサダイレクト生命が規定する女性特定疾病の治療で入院したときに入院給付金と同額の女性疾病入院給付金が支払われます。 1入院につき60日限度で保険期間中に通算1,095日までが限度になります。 基本保障には無い良性新生物・上皮内新生物も保障してくれるのが最大の特徴で、 流産に終わった妊娠や分娩の合併症なども保障してくれます。 先進医療特約 90種類以上ある先進医療は、体を切らず内臓に悪影響を与えず体内の悪性腫瘍の塊を消し去ることができるなどの最先端の医療技術ですが、最先端過ぎて技術料が高額になるので、公的健康保険がほとんど適用されません。 先進医療特約は、全額自己負になる先進医療の技術料を、 保険期間中の上限を2,000万円までとして保障します。 また、先進医療の治療を受けると、 一回一律10万円の先進医療一時金が支払われます。 これは先進医療を受けに行くための諸雑費を保障するような一時金です。 任意付加の特則は健康祝金です よく言う健康ボーナスです。 三年間、入院給付金が支払われるような事由が無かった場合、入院給付金の大小に関係なく 一律5万円が支払われます。 任意付加の特則なので別途保険料が必要ですが、年齢などの条件によってはこの特則だけの保険料が月額1,400円以上になるなど、 元本割れの可能性があることを考えましょう。 88・・・円なので、健康祝金特則の保険料が月額1,889円以上になると元本割れです。 複数回入院の通算 同じ病気または医学上重要な関係がある病気で2回入院した場合、先の入院についての退院日と、次の入院の初日 入院日 の間隔が180日以内になると、この2回の入院を 1回の連続した入院にまとめて通算します。 例えば、脳血管疾患で60日入院し、退院した日から80日後に再度脳血管疾患で45日入院した場合、この2回の入院を105日間の連続した1入院として通算します。 これは、3回以上の病気入院をした場合も適用されます。 また、車に轢かれて入院するなど不慮の事故が原因で入院した場合も、同じ事故が原因で2回以上入院したのであれば、それらの入院期間の間隔が180日以内の場合は連続した1入院になります。 多くの生保会社の医療保険は2入院の間隔が180日以内の場合一入院通算をしますが、どんな傷病であっても通算する生保会社もあれば、関連が無い傷病は一入院通算しない生保会社もあります。 医療保険を検討される際は、できればネットではなく保険募集人にしっかり確認しておきましょう。 アクサダイレクトの収入保障2 ネット申込、契約年齢は満20歳〜60歳、医師の診断書は不要で告知のみ、年金額を細かく設定できる収入保障保険です。 保険期間と保険料払込期間は四種類 保険期間と保険料払込期間は同じ期間になり、最低期間は10年です。 45歳までは歳満了で4種類から選べますが、46歳以後は選べる満了年齢が少なくなります。 20歳〜45歳:55歳満了・60歳満了・65歳満了・70歳満了から選択 46歳〜50歳:60歳・65歳・70歳満了から選択 51歳〜55歳:65歳満了・70歳満了から選択 56歳〜60歳:70歳満了のみ 意外に細かく設定できる年金額 収入保障保険の保障形態は被保険者の死亡または高度障害で、一定額・月払いの「年金」を保険期間が終わるまで支払い続けます。 年金月額は最低5万円から1万円刻みで選択でき、年金額の幅は年齢と共に拡大されますが、年金額に上限があります。 20歳:5万円〜23万円 25歳:5万円〜26万円 30歳:5万円〜30万円 35歳:5万円〜35万円 40歳:5万円〜44万円 45歳:5万円〜58万円 50歳:5万円〜84万円 55歳:5万円〜84万円 年金支払保証期間 アクサダイレクトの収入保障2は、2年間または5年間の年金支払保証期間を選択できます。 一定期間についての保証なので、保障ではなく保証が正しい語句になります。 収入保障保険の保険期間の末期に年金支払事由が発生し、保証された 契約時に選んだ 年数より短い年金支払期間になる場合、保証された年金支払年数に延長してくれます。 年金支払保証期間を設定していない収入保障保険で、保険期間の終了10ヶ月前に被保険者が死亡した場合、10ヶ月間毎月年金が支払われるだけです。 例えば年金支払保証期間を5年で契約している場合、被保険者が死亡が保険期間の終了10ヶ月前であっても、そこから5年間に延長して毎月年金が支払われます。 年金の一括受取もできます アクサダイレクト生命のウェブサイトの例からの引用です。 例えば30歳の被保険者が年金月額10万円・60歳までの保険期間で契約し、運悪く40歳で他界したとします。 10万円 x 12ヶ月 x 20年=2,400万円が受取年り年金総額です。 被保険者が40歳で死亡したときに、将来受取れる年金全額を一括して受取ると約2,261万円になります。 一括受取すると減額してしまう理由は、将来発生するはずの利息分も含めた年金受取り総額が2,400万円の所を一括前受けしたので、将来の利息分が無くなったようなものです。 収入保障保険は定期保険と一緒に考えましょう ですが、例えばお子さんが二人いる家庭の40歳のご主人が他界したとして、生命保険から翌月10万円だけというのも不安です。 収入保障保険の年金一括前受けで、受取総額が目減りすることも避けたいですよね。 死亡保険が収入保障保険だけというのも不便がありますので、できれば定期保険も一緒に加入しておくことも考えましょう。 災害割増特約を付加できます 災害死亡・災害高度障害保険金は、死因や高度障害状態の原因がが病気以外の場合に、死亡・高度障害保険金が支払われますが、病気死亡よりも極端に可能性が低くなります。 死亡に備えてこの特約を付けるのであれば、保険料総額が少々高くなりますが、死亡保険金が1,000万円とか2,000万円の定期保険に加入する方が実用的です。 ライバルはコレだっ ネット申込で細かい設定ができる収入保障保険という意味では、で、保険料の健康体割引があります。 健康体割引がある収入保障保険は です。 重厚な保障を望むのであれば一択でしょう。 アクサダイレクトのがん定期 アクサダイレクトのがん定期は、終身保障ではなく、定期のがん保険です。 基本保障、特約、無料サービスの三部構成になっています。 定期保障のがん保険 「定期」というのは、一生涯保障では無く、何年間だけ保障とか、何歳まで保障などの「一定の期間だけ」を保障する意味です。 ふと思ったのですが、この商品は「アクサダイレクトのがん定期」なんですよね。 アクサダイレクトと言えば自動車保険だと思うのですが、「アクサダイレクト生命のがん定期」と表記しなくていいんですかね? どうしても「生命」という文字が無いことにこだわってしまいます。 基本的な保障 話が曲がりましたが、基本保障は がん入院給付金が一日10,000円から20,000円で、その範囲内で5,000円刻みの増減が可能 初めてがんと診断確定されたときに受け取ることが出来るお金 がん診断給付金 が、がん入院給付金の100倍で 100万円から200万円です。 入院日数無制限なので、月額保険料からすれば、かなり良い保障内容に思えます。 特約は、がん手術給付特約 定期型 、がん退院療養特約 定期型 、がん先進医療特約 通算500万円まで の三種類です。 三種類の特約は同時付加が必須です。 定期保険なんです 気をつけなければいけない事は二つありまして、 契約年齢は69歳までが限度であること。 10年ずつの 更新があるので10年おきに 保険料が上昇するということです。 30歳と40歳とでは大して保険料が上がっていないように見えますが、ガンが発症する可能性が大きくなる50歳あたりから、急激に保険料が上がります。 ネット販売で 医師の診断書は不要、簡単な告知のみで申し込みできる手軽さ 基本保障にこだわらなければ、がんによる入院給付金は一日最大2万円までで、給付日数の制限無し。 というのは魅力的です。 無料サービスが付いています 最近の生命保険は無料サービスが付帯している物が多いですよね。 アクサダイレクト生命の無料付帯サービスは、セカンドオピニオンサービスと、医師・看護師などに健康相談が出来るサービスです。 ガン手術と入院日数の話 入院給付の日数無制限というと、がんで入院すると凄い大金が給付されそうな気がしますが、早期発見が多く、軽度のがんの手術は短期化しています。 というか、ベッドに寝っぱなしで血栓ができてはまずいので、点滴スタンドに掴まりながらでも昼・夕に看護師と一緒に50メートルは 歩かされます。 さらに翌日には看護師無しで歩かされます。 体を切ったのに何故歩けるの? 大腸自体に神経が無いので、大腸の傷の痛みは無いのですが、皮膚と筋肉を切った痛みはあります。 それでも腹腔鏡手術は、開腹手術と比較して傷が極端に小さい為に痛みが比較的小さいこと、切開部分が小さいので傷の治りが早いのです。 鉗子とカメラで直径1cmの傷が四カ所、臍を含めて6cm程の傷が一カ所と、腹を切って腸を切り出す手術だというのに、最近の痛み止め点滴と痛み止め薬の性能が凄いので 翌日には歩けるのです。 目標一週間 さらに腹腔鏡手術は、 手術日も含めて標準というか 目標入院日数が 一週間なんです。 このように、手術技術の多様化や傷を小さく出来る手術の確立、点滴や薬の性能の向上が、入院日数の短期化につながっていると思います。 アクサダイレクトの終身保険 上記のがん定期と同様に、基本保障、特約、無料付帯サービスの三部構成になっている終身保険です。 終身保険は簡素でわかりやすい 基本保障は100万円〜4,000万円の範囲内で100万円単位での変更が出来る、死亡・高度障害保険金です。 特約ですが、かんぽ生命や共済などを除く生命保険会社に必ず無料付帯れている、リビングニーズ特約だけが無料付帯できるようです。 無料付帯サービスは がん定期と全く同じで、セカンドオピニオンサービスと医師・看護師などに健康相談が出来るサービスの二本立てです。 終身保険を安くします なんだ? 何の変哲も無い普通の終身保険だよね? と思いがちですが、この終身保険は「 低解約返戻特約付きの終身保険」なんです。 定解約返戻特約は、保険料を通常の終身保険よりも安く出来る代わりに、保険料払込期間満了以前に解約すると結構損するという利点と欠点がある終身保険です。 多くの方は、保険料払い込み期間の満了日まで保険料を払い続けると思うので、加入前に無理にならないような保険料払い込み期間を選べば、中途解約による損を被ることも少なく、安く終身保険に加入出来たという利点を享受することでしょう。 細かい保険料払込期間 その保険料払込期間ですが、ネット販売の終身保険だと、コスト削減などで保険料払込期間が細かく選べないこともあるのですが、アクサダイレクトの終身保険は結構細かく保険料払込期間を選ぶことが出来るのが利点です。 この終身保険は一度検討する価値があるのではないでしょうか。 収入やライフスタイルに合った保険ですか FPにアドバイスしてもらいましょう あなただけのプランで、ひとつ上の毎日 専門家の保険相談は何度でも 無料!.

次の

アクサダイレクト生命保険(axadirectlife)の申込・見積

アクサダイレクト生命

アクサダイレクト生命保険って自動車保険のイメージが強いけど、生命保険 アクサダイレクト生命保険は、アクサ損害保険、アクサダイレクト生命保険の3つの会社のアクサグループを統括する会社で、アクサ生命と言ったときはこのグループ全体を指すことも、アクサダイレクト生命保険単体を指すこともあります。 またその他の資産運用や不動産投資などの関連会社とも連携し、家計の資産運用関連事業で総合的にノウハウを蓄積しています。 アクサグループは世界最大級の保険・資産運用グループであり、アクサ生命もその一部です。 この膨大な経験やデータ、ノウハウから、それぞれの顧客に最適な保険を提案しているが魅力です。 アクサ生命は店舗でもインターネット上でも加入できる生命保険、終身保険、がん保険などを販売しており、アクサダイレクトはインターネットで加入できる保険に特化して販売しています。 アクサダイレクト生命保険、カスタマイズの多様性が口コミで評価高いです アクサダイレクト生命保険は「ひとりひとりにカスタマイズしたプランニングができる」という点で評価が高いです。 保険はプランによってパッケージ化されて販売されていますが、契約者のもつライフプランは千差万別です。 そのため 必要保障も異なり、パッケージ化された保険では無駄な保障部分ができて、保険料が割高になってしまうケースがあります。 しかしアクサダイレクト生命保険では、そのような無駄な保障を作らず、契約者の家計、家庭状況、ライフプランに最適な保障をプランニングしてくれます。 オーダーメイドでの設計や、家庭状況の変化による保障の変化のメンテナンスなど、質の高いサービスを提供しています。 この点では他社に比べてアクサ生命が優れていると言えます。 アクサダイレクト生命保険、カスタマイズの多様性、デメリットはないの?? アクサ生命のデメリットはないの?と思う方もいると思いますが、強いて言えば「審査が厳しい」という点はデメリットになり得るかもしれません。 口コミでは他社に比べて加入時の審査が厳しく、場合によっては加入できないこともあると言われています。 しかし審査が厳しいということは、加入できた人に対してはメリットになります。 審査を緩和すればそれだけ保障を支払う機会が増えて、契約者の保険料負担は割増になるからです。 また持病などがあって通常の保険には加入できないという方に対しては、持病がある方向けの保険も準備されています。 この様な特徴を持つアクサダイレクト生命保険の保険ですが、具体的にはどのような商品があるのでしょうか。 人気商品を詳しく見てみましょう。  アクサの一生保障の終身保険、特徴と人気の理由を知りたい。 死亡時と高度障害となった時に死亡保障が支払われます。 保険料は加入から生涯上がりませんので、できるだけ早いうちに加入することがおすすめです。 そのためその期間中に解約した場合は、支払った保険料よりもずっと少ない返戻金しか戻ってきません。 そのかわりに、その分保険料は安く抑えられています。 加入時は長期的に保険を継続できるような、ゆとりをもったマネープランを作成することが必要ですね。 これは健康習慣を身につけるためのアプリの利用、24時間電話で健康相談できるサービス、糖尿病の予防・早期発見のサポート、三大疾病になった後の通常の生活に戻るためのサポートなどを受けることができるものです。 病気の予防から病気になった後のこことまで総合的にサポートされますので、非常に魅力的です。 ・契約例 【主契約】無配当終身保険(低払いもどし金特約) 【契約者】35歳男性 【保険期間・保険料払込期間】終身 【保険金額】1000万円 上記の契約例の場合、毎月の保険料は「1万5230円」となります。 一定期間は低払いもどし期間があるため、 返戻金は通常の7割に抑制されます。 それ以降は通常の返戻金が受けとれます。 特則をつけなければ、低払いもどし期間はありません。 この保険はシンプルな設計になっていますが、その分割安な保険料で充実した保障を受けることができます。 終身型の生命保険への加入を考えている人には非常におすすめの内容です。 アクサダイレクト生命保険の一番の注目商品、一生保障の医療保険プライム60について解説 アクサダイレクト生命保険一生保障の医療保険プライム60 ・保険の特徴 アクサ生命は医療保険でも有名ですが、その中でも売れているのがアクサの一生保障の医療保険プライム60です。 これは終身型の入院保障保険です。 保険料は割安ですが、保障は充実しています。 特徴を見てみましょう。 さらに手術補完給付特約をつけると、約1000種類の手術・放射線治療も保障されます。 そしてがんによる入院に対しては、支払い日数の制限がありません。 このように保障は非常に手厚く設定されています。 がんの再発や転移にも、保障の面からは安心です。 さらに「無事故割引特則」をつけると、無事故だった場合5年ごとに主契約の保険料が10%割引され、ずっと無事故ならば最大で50%割引されます。 ・保障内容 具体的な保障内容を見てみましょう。 【入院保障(主契約)】 がん入院給付金:入院日額1万円 疾病入院給付金:入院日額1万円 災害入院給付金:入院日額1万円 アクサダイレクト生命保険では特約にも注目すべき 【特約】 手術給付特約:手術1回あたり10万円〜40万円 手術補完給付特約:手術時5万円、放射線治療時5万円 先進医療給付特約:先進医療にかかる技術料と同額(先進医療給付金)+先進医療一時金1回15万円 生活習慣病入院給付特約:1日あたり5000円 見ての通り、医療保険プライム60は主契約部分は入院保障のみとなっていて、非常にシンプルな設計になっています。 そのため必要に応じて特約をつけていく形になります。 つまり保険のプランニングの自由度が非常に高いのです。 上記に上げた以外にも以下のような特約を付加することができます。 ・無事故割引特則 ・特定疾患給付特約 ・3大疾病診断給付特約 ・女性疾病入院・手術給付特約 ・退院後療養給付特約 ・指定代理請求特約 医療保険は特に自分のこれまでの病歴や体質、今後不安な病気などによって、必要保障が大きく変わってきます。 これらの特約によってどのような保障を受けることができるのか、また保障の支払い条件などもしっかりチェックして最適なプランを作成しましょう。

次の

アクサダイレクト生命保険

アクサダイレクト生命

この保険は積立金額、払いもどし金額および満期保険金額などが特別勘定資産の運用実績に応じて変動(増減)するしくみの変額保険です。 特別勘定資産の運用には、資産配分リスク、株価変動リスク、金利変動リスク、信用リスク、カントリー・リスク、流動性リスク、為替リスク、派生商品取引のリスクなどがあります。 これらのリスクはご契約者に帰属し、 ご契約者が損失を被ることがあります。 ご契約を解約した場合の払いもどし金額や満期保険金額などが 払込保険料総額を下回る場合があります。 (払いもどし金額および満期保険金額に最低保証はありません。 特別勘定における資産運用の結果がご契約者の期待どおりでなかった場合でも、アクサ生命または第三者がご契約者に何らかの補償・補填をすることはありません。 運用関係費は、主に利用する投資信託の信託報酬率を記載しています。 信託報酬のほか、信託事務の諸費用など、有価証券の売買委託手数料および消費税などの諸費用がかかりますが、これらの諸費用は運用資産額や取引量などによって変動するため、費用の発生前に具体的な金額や計算方法を記載することが困難であり、表示することができません。 また、各特別勘定がその保有資産から負担するため、基準価額に反映することとなります。 したがって、お客さまはこれらの諸費用を間接的に負担することとなります。 運用関係費は、特別勘定の廃止もしくは統合・運用協力会社の変更・運用資産額の変動などの理由により、将来変更される可能性があります。 「安定成長バランス型」および「積極運用バランス型」の運用関係費は、主な投資対象である投資信託の信託報酬率を基本資産配分比率で加重平均した概算値です。 各投資信託の信託報酬率はそれぞれ異なりますので、各投資信託の価格の変動などに伴う実際の配分比率の変動により、運用関係費も若干変動します。 「世界株式プラス型」で利用する投資信託は、他の投資信託証券を実質的な投資対象としており、投資対象における所定の信託報酬を含めてご契約者が実質的に負担する運用関係費の概算を表示しておりますが、 投資対象の実質組入比率は運用状況に応じて変動するため、ご契約者が実質的に負担する実際の運用関係費の率および上限額は事前に表示することができません。 「金融市場型」の運用関係費は、各月の前月最終5営業日における無担保コールオーバーナイト物レートの平均値に応じて毎月見直されます。 特に早期に解約された場合は、解約控除額が大きくなり、払いもどし金はまったくない場合もあります。 特に早期に変更を行った場合は、解約控除額が大きくなり、変更のお取扱いができない場合もあります。 基本保険金額を減額されたときは、減額分は解約されたものとしてお取扱いしますので、減額部分にも解約控除がかかります。

次の