顎にできるニキビ原因。 顎ニキビができる意味とは… 原因は生活習慣かも? 正しいケアと治し方まとめ

顎(あご)の下にニキビができやすい原因は?対策とお手入れ方法

顎にできるニキビ原因

毎日お肌のケアをしているのに、なかなかニキビが治らない! それどころかニキビが悪化してきている…。 あなたは、ニキビを隠すためにマスクをしていませんか? また、ニキビを隠すのではなくても花粉症や風邪の対策など、さらにはお仕事の関係でマスクを毎日のように着用している方もいらっしゃるはずです。 実は、マスクをしている肌ってとてもバイキンが増えやすい状態になっているって知っていましたか? 今ではオシャレアイテムとして定番になっているマスクだからこそ、使い方をしっかり確認し、使わなくてもいいときには無理に使わないことでニキビのできない清潔な肌にしていく必要があるんです。 ニキビができるのはマスクのせいだった?! 毎日なにかとマスクをする機会が多い人ほどニキビで悩んでいるものです。 しかし、マスクをしている理由はそれぞれあって、仕事柄でマスクを取り外すことが出来ない…なんていう方もいらっしゃるはず。 もしかしたら、あなたもそのうちの一人なのかもしれないですね。 そんな方こそ、ニキビで悩んでいる確率がとても高いものです。 そんな私たちの生活に欠かすことの出来ないマスクが、実はあなたのニキビの原因になっていると知ったらどのように感じるでしょうか? ちょっとショックですよね。 その理由をお伝えする前に、今はなぜマスクをする女性が増えているのかを見ていきましょう。 マスクをする女性が増えている あなたは、どうしてマスクをしているのでしょうか? また、マスクをまだあまり付けていないけれどもこれからマスクを着用しようと考えているかもしれないですね。 そのようなあなたと同じように世の中の女性たちで、マスクを付ける人がとても増えているんです。 「今は風邪がはやってるわけじゃないのになんでだろう?」なんて感じたことがあるかもしれません。 花粉シーズンでもない、それにインフルエンザが蔓延するような季節でもない・・・。 それなのにマスクをする女性たちは、マスクをオシャレアイテムとして使いこなしています。 マスクをしているときってマスクをしていないときよりも、魅力的に見えるのではありませんか?それを知った女性たちがこぞってマスクを着用しているんです。 そのため、女性向けのオシャレなマスク、アロマオイルが配合されたマスク、耳元がゆるくなっているマスクなどなど色々な商品が開発されています。 では、実際に女性たちはどうしてマスクをつけているのかその理由を見ていきましょう。 あなたもあてはまるかもしれないですね! 風邪を引いているわけではない人も多い マスクというと、本来であれば「風邪」を引いているときに周りの人に移さないようにしたり、風邪やインフルエンザ・ノロウイルスなどの感染する病気がはやっているときにそれを予防する意味でつけますよね。 そのように使うのがマスクの正しい使い時なのですが、今ではそのように風邪や感染症、花粉対策ではないのにマスクをつける女性がとても多くいるんです。 なぜかというと、とても便利だからです。 メイクをしていないのであれば、そのすっぴん姿をすぐに隠すことが出来ますし、さらに口元や鼻を隠すことによって本当の顔よりも何割かキレイに見せることが出来るからです。 そのため、マスクをしているからといって「風邪大丈夫ですか?」なんて声をかける時代ではなくなってきているということになります。 マスクをしている人を見ると大切にしたり、看病してあげなければいけないような気がしてしまいますがそうもいかないということになります。 しかし、マスクをすればそこがすっぽりと隠れますよね。 それに輪郭までも隠すことが出来ます。 要するにもともと持っている顔を隠して、目元だけで相手に自分を伝えることが出来るということです。 女性であれば、目元はメイクでいくらでもキレイに、そして大きな目元に変えることが可能です。 そのため、口元を隠すことで目を強調し、わざとマスクをすることで自分を美人にみせているんです! もしかしたらこれまでに「この人ってキレイだなぁ」と感じていた相手が食事のシーンでマスクをはずすと、まったくの雰囲気の違う人に見えたりするものです。 それってかなりの衝撃で驚いてしまうくらいの方もいらっしゃるなですよね。 それくらいにマスクの美人効果は絶大ということになります。 あなたも、そのようなテクニックを使っているかもしれないですね! メイクの手間を省くため メイクってどんなに簡単なものでも、日焼け止めをぬって、下地を塗って…なんて色々な工程をたどっていかなければなりません。 しかし、毎朝のようにそれらの時間を確保できるというわけではないんですよね。 急いで仕事に向かいたいときもあるし、学校に遅刻しそうでメイクに時間をとることができない…なんてことも。 しかし、女性としてのプライドですっぴんのままで出かけたり、電車に乗りたくないと感じる人はたくさんいるものです。 そんなとき、マスクはとてもかっこいい救世主になります。 なんてたって、すっぴんの肌をそっと覆ってそこを他人から隠してくれるのですから! また、目元のメイクには力を入れるけれどチークやリップメイクをしたくない、めんどうくさいと思う方もマスクを着用しています。 メイクの手間を省くだけではなく、目元を強調することでさらに美人に見せてくれるのですから、誰でも頼ってしまいたくなるものですよね。 マスクをするとニキビが出来やすい原因とは? あなたは、これまでにマスクをした数時間後、もしくは翌日にニキビができてしまった経験をしたことはありませんか?筆者はあります。 マスクをすると、「保湿されて肌が潤う」なんて言葉も聴いてあったために、とても驚いたのを覚えています。 もしかしたらあなたもそんな言葉を信じて、マスクを着用していたのかもしれないですね。 たしかに肌は潤っているものの、オマケとしてニキビちゃんが登場しちゃうのですから困ったものです。 しかし、どうしてマスクをつけるだけでニキビができてしまうのでしょうか? それもマスクで出来るニキビって、白ニキビとかそんな優しいものじゃなくって赤くて痛いニキビが多いんですよね…。 ここでは、マスクをするとどうしてニキビが出来やすくなってしまうのかその原因をお伝えしていきます。 ちょっとビックリするような原因があるので心の準備をしておいてくださいね! 擦れて肌と摩擦を起こすから マスクは、肌にピッタリとフィットするものもあれば、サイズを間違えて購入してしまえば、それは肌と摩擦を起こすことになります。 かといって、あまりにもピッタリしたサイズであっても話すときにマスクが多少動くので、それで摩擦を起こしているんですね。 肌触りがよいものや高級なマスクだと肌にすれてもまったく痛くないのですが、安い大量生産のマスクを身に付けるとその摩擦が特に起こりやすくなります。 肌って実はあなたが思っているよりも繊細な組織だってことをしっていましたか? ゴシゴシ洗うだけで肌を守るために皮脂をたくさん分泌しちゃったり、水分が失われることで肌を守るためにわざわざ堅くしてしまったり…。 かなり硬派なやつで、保守的なんです。 そのため、マスクでもなんでも肌にこすれるだけでかなり過剰に反応します。 そして、それで乾燥を促されたと勘違いし、皮脂がどんどん出てしまうんですね。 また、すれることによって肌のバリア機能を壊してしまうので、バイキンが肌に入りやすい状況を作り出してしまうことも…。 痒くなる あなたは、マスクをしていて肌が痒いと感じたことはありませんか? つけた瞬間はいいのですが、数時間もたつとどうしてもかゆくなってしまいますよね。 では、どうして肌がかゆくなっているのでしょうか? ずばり、肌とマスクの間で蒸気が発生し、それが肌には違和感として感じられているからです。 もしくは、すでにニキビの原因であるアクネ菌が増殖してしまっているなんてことも。 また、痒くなってがまんできればいいのですがたいていの方は肌をかきますよね。 そっとかもしれませんが、それはマスクのなかに指をつっこんで肌を掻く方もいれば、マスクをそのままこすってしまうという方もいるでしょう。 もしも直接指で肌を掻いてしまっているのであれば、あなたの指についている雑菌が肌に付着しています。 そしてそれがニキビの原因になっていることも。 マスクの上からこすれば、マスクにいつまでもメイク物質や肌から出てきた蒸気や汗が付着していることになり、かなり不衛生な状態になってしまいます。 要するに痒くなっているときには、もうニキビができる一歩手前ってことなんです。 むれてしまう マスクってなれないと、呼吸までも苦しくなってしまいませんか?だからこそ、細菌たちを寄せ付けないマスクの役割があるのですが…。 長時間マスクを着用した後に、肌を触ってみたり、マスクの内側に触れるとびっしょりと水分が付着していてビックリするのではありませんか? それはあなたの口や鼻から出た空気が水分となり、付着しているんです。 水蒸気(空気)のまま、外に放出されなかったのでそこに残ってしまっています。 そのように肌に水分が付着するだけではなく、さらにメイク物質と混じってしまったり、ヨダレがたれていたりするとそこに雑菌が繁殖しはじめます。 痒くなると同じく、ムレるのはニキビができる大きな原因のひとつだということになります。 通気性が悪く雑菌が繁殖する さきほどもお伝えしましたが、マスク内は非常に通気性が悪いです。 さらにムレており、不衛生な環境になっています。 そこになんらかの形で細菌が入り込んだり、もともとニキビ予備軍だった毛穴などがあったりするとそこに住み着いていたアクネ菌が活発に活動し始めるんですね。 ほら、梅雨の時期になるとカビが増殖するでしょう? それと同じく肌の上でも、ムレるような湿度が高い状況では、雑菌たちの格好の活動場所になってしまうってことなんです。 きれいに見せるために着用していたマスクの下でバイキンがどんどん増えていると思うと、かなりびっくりするのではありませんか? また、人によってはマスクをつけているとだんだんマスク内が臭くなるなんてことも…。 それは明らかにマスク内で雑菌が増殖している証拠になります。 そのマスクを付け続けると高い確率で、ニキビが発生することでしょう。 マスクを着けてもニキビが出来にくくするためには? ニキビができてしまう原因を知ったところで、マスクの着用をやめることができない!と感じている方もいらっしゃるはずです。 でも、ニキビができるのなんてゴメンですよね。 見た目も悪いし、痛いし、それにもっとマスクが手放せなくなってしまう…そう考えているはずです。 原因をお伝えしましたが、その原因をさけるようにマスクを着用すればいいだけの話なんです。 ここでは、どうすればニキビが出来にくい状態にしながらマスクをつければいいのかをお伝えしています! ぜひ参考にして実践してみてください。 ピッタリしすぎていると、話すだけで口が動いたときなどに肌に擦れやすくなってしまうからです。 逆に大きすぎるサイズを選ぶとさらに肌にすれるのでNG。 要するにマスクを選ぶときには、なるべくピッタリもせず、さらにはゆるくもない中間的なものを選べばいいもの。 女性でも顔が大きい方は、女性用を選ぶと小さく感じてしまうはず。 そのため、女性でも大きめ用を選んでください。 男性用では大きすぎてしまうので、それまた注意が必要になります。 立体的なものを選ぶ マスクってピンキリです。 立体的な形をしているものもあれば、ひとつのパッケージに10枚くらい入っていて108円で購入できるけれど立体的ではないもの…などなどありますよね。 あなたは、これまでにどのタイプのマスクを使ってきたでしょうか? もしも顔にフィットするような格安のマスクを使っていたのであれば、もうそのマスクは使わないようにしてください。 なぜかといいますと立体的ではない分、顔に擦れやすくなりますし、さらにムレやすい状況を作ってしまいやすいからなんです。 温かい空気がすぐに壁にあたったら、そこに水分ができてしまうでしょう? ですから、どんなに安くても値段重視でも立体的なものを選んでください。 そうすれば、あとあとニキビの治療費にお金をかけるような事態になりません。 その空間があるのとないのとでは着け心地もムレ加減もまったく違うんです! それに呼吸がしづらいなんてこともありえません。 要するに通気性が他のものよりもよいということになり、雑菌の増殖を防いだり、遅らせる効果があるということになります。 素材が柔らかいものを選ぶ ニキビが出来てしまう原因の項目で、肌に擦れることでニキビができる…とお伝えしましたね。 特にたくさん入っていて安いマスクを使っているという方は、そのマスク痛くないですか? 安くてたくさん入っているマスクというのは、かなり材料費を低くして大量生産されていることが多いです。 通気性だとか、使い勝手よりも安く多く作ることを目的とされています。 また、かゆみも起こりません。 なかには、ヒアルロン酸やコラーゲンが歯号されている生地を使っているマスクもあるので、本当にきれいになりたいのであればそのようなマスクを選ぶようにするといいでしょう。 肌への刺激が少ない 素材が硬いとどうしても肌に大きな負担を与えてしまいます。 あなたは、洗顔した後に顔をゴシゴシとタオルで拭きますか?拭かないはずです。 肌は、それくらいの摩擦だけでも損傷を感じ、肌を硬くしてしまうからです。 肌を大事にしている方であれば、肌を押さえるようにして水分をふき取っているはず。 また、肌が硬くなると本来やわらかいはずの毛穴までも開かなくなります。 毛穴が開かないのであればいいじゃん…と思うかもしれないのですが、そうでもないんです。 その硬さは、洗顔しているときの毛穴汚れを出してくれる泡さえも入り込めないほどにギュッと硬くなっているから。 要するにニキビの原因の汚れを出すことが出来ず、さらにそれをむらしてしまうことによって赤ニキビのようなイタイニキビになってしまうんです。 だからこそ、毎日の肌につけるものだからこそ、肌への刺激が少ない柔らかいマスクを選ぶようにしましょう。 使い捨ての物を使う マスクは、必ず使い捨てのものを使うようにしましょう。 今では、布マスクが少しのブームになっていますが、洗濯をしてもしっかりと雑菌を洗い流せないことがあるんです。 それを着けてしまえば、さらにその雑菌を復活させ、どんどん繁殖し、あなたの顔はニキビだらけになってしまいます。 頻繁に変えることで清潔を保つ しかし、使い捨てのマスクであれば、頻繁に変えることができます。 そうするとマスクに増殖してしまったバイキンをいつまでも肌に付着させなくてすみますし、新しいものは清潔なので肌で増えている雑菌の繁殖を抑える効果も。 先日使ったマスクをそのまま着用するような方がいますが、それはニキビを作ってくれといっているのと同じなので絶対にやめましょう。 ニキビができる仕組みとは? そもそもどうして私たちの肌にニキビなんていう醜いものができてしまうのでしょうか? ここでは、ニキビができてしまう仕組みをご紹介していきます。 マスク以前に、もしかしたら既にニキビになりやすい肌になっていたのかもしれません。 そのような場合は、マスクをこまめに変えてもどんなに良い製品に変えてもニキビは治りません。 まずは、あなたの本当の肌を見つめなおして見ましょう。 私たちの体や顔には、たっくさんの毛穴がありますよね。 そこには、汚れやカラダから分泌された皮脂をためておくポケットみたいなものがあるんです。 そこに皮脂や化粧品で取りのぞけなかったもの、さらには古い肌の角質などが入り込みます。 しっかり洗顔をしたり、保湿をしているなど肌を大事にしていればその角栓ができる前にその汚れを取除けるのですが…。 睡眠不足でターンオーバーが乱れていたり、メイクをしっかり落としていない生活などが続くと角栓はいとも簡単に出来上がってしまうんですよね。 その結果、毛穴はつまります。 そして、その毛穴にはアクネ菌などその汚れをエサとする雑菌がすみつき、どんどん繁殖します。 その繁殖したバイキンをやっつけるために白血球が戦ってくれるのですが、ここまでいくともう赤ニキビになっているはず。 皮脂の増加 では、どうして毛穴がつまってしまうのでしょうか?少し触れましたが、それは皮脂が毛穴にたまってしまっているからです。 皮脂というのは、人間であればどんな人でも分泌されているものです。 肌に薄い油の膜をはることで肌の乾燥を防いでくれているんです。 しかし、肌の乾燥がひどかったり、さらには肌に刺激を与えすぎたりすると脳みそは「肌を守らなくちゃ!えい!皮脂を多く分泌して肌をまもって!」と必要以上の皮脂を分泌してしまうんです。 その結果、毛穴つまりになる皮脂が増え、さらには顔がテッカテカになってしまうわけです。 不潔 きちんと洗顔ができていない、メイクも落とせていない、枕カバーやシーツを変えていない…。 これらは、肌を不潔にしているのとまったく同じです。 肌は何もしなくてもいい、なんていわれていますが、思春期だったりメイクをしているのであれば、しっかりと泡洗顔をする必要があります。 そのようにキレイに落としきれていないから、バイキンのエサだらけになり、ニキビが出来てしまうんです。 洗顔のし過ぎ 顔がテッカテカになったり、ニキビができると「汚いからだ!」と逆に洗顔しすぎてしまう方もいらっしゃいます。 しかし、これってかなりの逆効果です。 なぜならば、洗顔をすればするほどに顔の皮脂をとってしまうから。 そうするとさっきお伝えしたのと同じように、脳みそが肌の乾燥を守るために必要以上の皮脂を分泌してしまうんですね。 そして、毛穴につまってしまうわけです。 肌の乾燥 毛穴つまりの大きな原因は、不潔にしていることと乾燥です。 顔がテッカテカになっているとどうしても「乾燥している」と気づかないものなのですが、多くの方が乾燥のためにニキビができてしまっています。 そのテッカテカの皮脂は、あなたが肌が乾燥するようなことをしてしまったからそうしてテッカテカになっているだけ。 しっかり保湿をすることでその皮脂を減らすことが出来ますよ。 なぜ顎にできやすい? ニキビの原因、そしてマスクをしているとどうしてニキビができやすくなってしまうのか…それぞれの原因を見てきましたね。 きっとあなたにもあてはまることがあったのではないでしょうか? ちなみに筆者は、乾燥させてしまうことを繰り返していたため(テカテカが嫌で洗顔ばかりしていました)に皮脂がどんどん出てニキビが繰り返しできるという悪循環にはまっていました。 しかし、乾燥対策をすることでパタッとニキビがでなくなり、今ではほぼニキビと無縁の生活をしています。 そのような原因がわかったとしても、どうして「顎にばかりニキビができちゃうんだろう」「マスクとったら、めっちゃ目立つじゃん」「もうマスクが手放せない!」と感じている方もいるはず。 実は、マスクをしているとどうしても顎部分に口から出た水蒸気の水分がたまってしまうんですよね。 そこにバイキンが増殖しやすくなってしまうということになります。 それだけではなく、顎というのはもともと角質が硬くなりやすいところでもあり、普段から汚れがたまりやすいところでもあります。 それらの二つの要素が組み合わさることによって、顎にニキビができやすくなってしまうというわけです。 マスクをしているとニキビ跡も治りにくい またあなたは、ネットや書籍などで「マスクをしているとニキビ跡がきれいになる!」なんて情報を目にしたことがあるのではないでしょうか? それって大きな間違いなんです。 たしかに保湿効果があるためにニキビ跡が縮まるように思えるのですが、ニキビ菌をさらに繁殖させることになり、さらにニキビを作り出し、新しいニキビにしてしまうことも。 もしも保湿をしたいのであれば、マスクではなく化粧品などで補うようにしましょう。 紫外線対策としては良い しかし、マスクは紫外線対策としては良い仕事をしてくれます。 というのも、ニキビ跡に紫外線ってNGなんですよね。 それは、ニキビ跡そのままにシミを作ってしまうから。 そうするとせっかく毛穴が閉じたとしても、そのまま影でシミとしてそこにニキビ跡として残り続けてしまうんです。 ですから、外出するときの外に出ているときだけにマスクをしてみると良い効果だけ得ることが出来るでしょう。 マスクに頼らず肌をキレイにする覚悟をして! また、マスクをしている方のなかには、自分をキレイに見せるためにマスクをしている…もしくは、汚い肌を隠すためにマスクをしているという方がいらっしゃるかと思います。 そのようにマスクに一度でも頼ってしまうとなかなかそこから抜け出せないですよね。 しかし、そのように長時間いつまでもマスクをしていても、あなたの肌は変わりません。 それどころかニキビは悪化し、バイキンが増殖するのでなんだかくさい肌になってしまうかもしれません。 ですから、夜だけでもいいのでしっかりとスキンケアを行なうこと。 そして、マスクをしなくても自分の顔や肌に自信がもてるように努力してください。 あなたは、世界でたったひとつのお顔をしているのですから、かくして生きているのなんてもったいないです。 そういうときは、3時間ごとには新しいマスクに変えるようにしてください。 そうすれば、マスクの悪い影響を取りのぞけるからです。 しかし、風邪でもなんでもないのにオシャレのためにマスクをしているというのであれば、短時間だけマスクを着用するようにすること。 顔に外の空気をあてるだけでも、肌に良い効果(ビタミン生成)などを得ることが出来るからです。 とはいっても、どうしても長時間マスクフェイスでいたいといのであれば、3時間ごとに新しいマスクに交換するようにしてください。 ニキビを隠すためのマスクは尚更NG! 今回は、マスクをするとどうしてニキビが出来てしまうのかその原因やどのように対処していけばいいのかについてお伝えしてきました! いかがでしたか? なかには、もともとあったニキビを隠すためにマスクをしてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ニキビを隠すためにマスクをすると悪循環でニキビを悪化させたり、もっとひどいニキビを作るきっかけになってしまいます。 だからこそ、マスクは短時間使用にとどめ、ニキビを改善できるような肌づくりをしていきましょう。

次の

顎ニキビと女性ホルモンは親密な関係?!これで顎ニキビと今度こそお別れ

顎にできるニキビ原因

こめかみ・頬・首・顎にできるニキビは内臓疾患が原因! 肝臓・胃腸を労って改善! あんまりググったり知恵袋で調べても適切な答えが返ってきてないなと思ったのでこのように今回はまとめてみました。 ちなみに知恵袋なんかでは、『スキンケアの問題(合う合わないや洗顔のしすぎなど)』『ホルモンバランス』なんかが多かったです。 (多分この部分のニキビに悩んでいる人はその辺は調べて全部やってると思います。 僕もその一人でした。 ) また、質問者の中でも『皮膚科に行ったけど改善されなかった』と言う方が結構いらっしゃいました。 皮膚科から処方される塗り薬や処方薬(抗生物質やビタミン剤)を飲んでも治らないのなら原因はほぼ内臓疾患で決まりです。 ) と言うわけで各部位ごとに原因を解説していきたいと思います。 こめかみニキビは『肝機能の低下』、 頬は『胃腸環境』 が原因 こめかみニキビは『肝機能の低下』、頬は『胃腸環境』が原因 『こめかみニキビ』と検索して出てくる内容で一番多かったのが『洗顔料やシャンプーの濯ぎ残し』『皮脂腺が集中してる部分だから案外できやすい』など正直レアケースをまとめたものが多かったです。 上記の理由はぽつっと1つだけニキビができた場合などと『いつもはできないのにできたこめかみニキビ』に限ります。 たまにではなく 集中して多くのニキビができてしまったり、スキンケアを行なってもなかなかニキビが治らない、または慢性的に新しいニキビがこの部分にできてしまうと言う方は原因はスキンケアではなく8,9割『肝機能の低下』でニキビが発生しています。 また、 年齢が20代を超えていて『お酒やタバコをよく嗜む』『糖質を多く摂りがち』『食生活に肝臓に負担をかけるものが多い』という方でこめかみニキビの発生に悩んでいる方は特に 肝機能の低下を示唆しているものだととれるので肝臓を労わる生活を心がけましょう。 頬ニキビの主な原因は『胃腸に対する負担』と『糖質や脂の過剰摂取(肝臓も関係あり)』です。 頬のニキビも『慢性的に悩んでいる方』や『スキンケアで治らない方』『大量にできてしまう』『できたニキビが中々治りづらい』という方は特に上記の原因を疑ったほうがいいです。 頬ニキビに悩んでいる人は 『胃腸に負担をかけないこと』を心がけて、さらに腸 内環境をよくする『乳酸菌』や食生活では普通の油ではなく血液循環をよくする『オメガ3脂肪酸』などの上質な油のみを摂取することを心がけると改善する場合が多いです。 首や顎は『ホルモンバランス』や『胃腸に対する負担』が原因 首や顎は『ホルモンバランス』や『胃腸に対する負担』が原因 首や顎は『ホルモンバランス』や『胃腸内環境』が原因になっている場合が多いです。 『ホルモンバランス』が原因になっている場合は特に女性が多く、生理などで首や顎にニキビができてしまう場合や妊娠などでホルモンバランスが乱れた際にニキビが発生することがあります。 その場合はホルモンバランスを整える方法がいくつかあるので場合によって対応するのが良いかと思います。 (ピルなどの服用もニキビ対策になります。 ) また、前述していた頬ニキビも『胃腸に対する負担』のせいで発生する場合があるので 顎や頬の両方にニキビが発生しているなら胃腸の環境をよくしていくとどちらもニキビが改善される場合があります。 ぜひ心当たりがある方は積極的に胃腸内環境をよくしていくことをお勧めします。 こめかみ・頬・首・顎にできるニキビに効く! おすすめのサプリメントまとめ こめかみ・頬・首・顎にできるニキビに効く! おすすめのサプリメントまとめ これらのニキビケアには様々なアプローチの仕方がありますが、今回はあくまでも『内臓疾患』が原因だった場合を想定しているので、生活の悪習慣の改善や食生活などの改善と同時に 『サプリメント』などでニキビ改善をサポートしていくことも効果的です。 各部位ごとにアプローチできるサプリをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください! こめかみ・頬ニキビに効くサプリメント 主に肝機能にアプローチできるものがこめかみ・頬ニキビには効きます。 (肝機能をサポートする系のものでしたら基本的にOKですが、よくある二日酔いの薬系は値段の割に含有量などがよくないのでお金がかかります。 ) サプリメントは安く肝機能改善を促してくれるので非常におすすめです。 筋トレを日常的に行う方やボディビルなどの大会を視野に入れてる方がサプリメントメニューによく加えているのが『 』です。 筋トレを日常的に行なっているとプロテインなどの服用で肝臓や胃腸などの内臓系に負担がかかります。 その為かららの毒素をしっかりと分解できるように肝臓をケアすることが重要と言われています。 筋トレを本格的にしていなくてもお酒やタバコ、偏った食生活や暴飲暴食などで肝臓は日々負担がかかっています。 (ニキビなどで こめかみや頬や顎に慢性的にニキビが発生している人は肝臓や胃腸環境が弱っている事を疑ったほうがいいかもしれません。 ) また、肝機能が低下すると代謝が落ち脂肪燃焼やエネルギー循環、筋肉生成の際の栄養補給効率など様々な面で不利益を被ってしまいがちで、肌荒れやニキビ発生などにもつながってしまう場合があります。 個人的にはユーザーが非常に多い事から信頼性が一番高い肝機能改善サプリメントだと思いますので、真剣に効果を望みたい方は 『 』を試してみることをお勧めします。 (後日レビュー記事投稿予定) デメリットとしては 『』でしか取り扱いがないというのがやや難ありです。 『』では アマゾンなどに比べ安価で購入できるのですが、 注文から到着までの期間が1〜2週間ほどかかってしまいますので、すぐに欲しい方は別のサプリメントを購入してもいいかもしれません。 前述した 『 』でもいいですが、正直いって機能面ではあまり差異はありません。 (効果面において肝臓の機能を高めるのは一緒です) どちらがいいかは『効果がしっかりと体感できるか?』という部分で判断すればいいと思います。 含有量の違いで種類も多々あるので他の方のレビューで高評価が高いものから初めてみるのがおすすめです。 追記: 『』 はウコン(ターメリック)の含有量が多い為、胃が弱い人(普段から胃もたれなどがある)は服用の際は少し注意して服用する事をおすすめします。 ウコンは肝機能改善の代名詞とも呼べる成分ですが、胃に対して若干負担をかけてしまう場合があるので様子を見ながら服用する事をおすすめします。 ちなみに 『』 はアマゾンでも購入することができます。 アマゾンで『プライム会員になっていたり、ポイントで購入したい』という場合や『すぐに使いたい』という方はアマゾンで購入してもいいかもしれません。 アマゾン購入のデメリットを挙げるとするなら『値段がiHarbよりも高い』という部分ですが、それでも速さやアマゾンの恩恵を受けたい方はぜひアマゾンで購入してみてください! コストパフォーマンス重視なら『』での購入を強くお勧めします。 多少の届くまでの時間や送料などのデメリットはありますが、圧倒的に安く購入できるので少し手間があってもいいという方は他の製品も含め購入してみてください! そのほかにも『血行不良改善』や『中性脂肪の血中濃度を下げる』効果がある『フィッシュオイル』も非常に有効です。 いくつかレビューも行なっていますのであわせてご覧ください。 首・顎ニキビに効くサプリメント 首や顎は『ホルモンバランス』と『胃腸内環境』と前述しましたが、ご紹介するサプリメントの他に『ヨーグルトや発酵食品』などで善玉菌を多く摂取すると効果があります。 胃腸内環境をよくしていくのが近道になってくるのでぜひ心がけてみてください。 本来は胃腸の改善のために飲む補助薬品なのですが、胃腸が原因で慢性的な肌疾患が発生している場合 『』を飲むと驚くほど肌トラブルが改善したという声が多くあります。 『』は、 ビール酵母の力で乳酸菌など胃腸の働きに役立つ菌を増やすことで弱った胃腸を助け、消化不良や食欲不振などの内臓トラブルも改善することができます。 毎日の食生活の中で不足しているビタミンの摂取も一緒にできるのでビタミン不足が原因のニキビにも対応できるのも嬉しい効果です。 ぜひ、ニキビ治療のサプリメントとして盲点な内臓治療もできるかなりコスパフォーマンス高めのサプリメントなので試して見てください。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回は『こめかみ・頬・首・顎にできるニキビは内臓疾患が原因!肝臓・胃腸を労って改善!』ということでネットであまり答えが載っていない『こめかみ』『頬』『首』『顎』にできるニキビの原因と対策方法についてまとめてみました。 ぜひ、生活習慣の改善や食生活改善などと一緒にサプリメントを取ることでより効率的にニキビをなくすことができるのでお悩みの方はぜひ試してみることをお勧めいたします。 では今回はこの辺でー!.

次の

顎ニキビができる原因は?繰り返すニキビの対策・ケア方法を医師が紹介!

顎にできるニキビ原因

スポンサーリンク 白ニキビの正体って何? そもそも白ニキビはどうしてできてしまうんでしょうか? 若い頃にはできなかったのに・・・そう感じる方も多いのでは? それもそのはず、若い頃にできる青春ニキビと、大人世代のニキビとはまったく別ものです。 「大人になったらニキビじゃなくて吹き出物っていうのよ~」こんなセリフも幾度となく聞いたことありませんか? ただ、吹き出物と言われるものも、ニキビに違いはありません。 表面だけがポツリとふくれて白ニキビは、 角栓が詰まった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態です。 「閉鎖面皰」とも言います。 皮脂や角質のつまりが透けて見えたりしますよね。 痛みは感じないので、ついついケアを怠ってしまいがちです。 ところが、この中にアクネが入り込んで増殖すると、赤く炎症を起こして 赤ニキビになってしまいます。 まだ炎症を起こしていない初期の段階である白ニキビは、皮膚組織に大きなダメージを受けていません。 白ニキビのうちにケアすることで膿んでしまう黄ニキビや、炎症を起こす赤いニキビになることを防ぐことができます。 白ニキビができやすい場所 大人になってからのニキビは、• 顎(あご)• 口回り• おでこ などのフェイスラインに集中することが多いものです。 顎や口回りは乾燥しやすい上に、毛穴が小さいのが特徴です。 乾燥は皮脂の分泌が少ないためです。 そのため、 顎や口周りはバリア機能が弱く過剰に分泌された皮脂や、古い角質が溜まりやすくなることが白ニキビとなる原因の一つです。 スポンサーリンク 白ニキビができる原因 白ニキビができてしまうのには様々な原因があります。 白ニキビは思春期のニキビと違って、大人になってからできるニキビで、ホルモンのバランスや身体の内側からの原因が大きいようです。 《白ニキビができる原因の一例》• 加齢によるホルモンバランスの乱れ• 生理周期によるホルモンバランスの乱れ顎や• 生活習慣の乱れ• 血行不良• 紫外線• 汚れの洗い残し• 外側からの刺激 など… これらを詳しく解説していきましょう。 加齢によるホルモンバランスの乱れ 毛穴を小さくして詰まらせてしまう原因・・・実は 男性ホルモンにあります。 女性の体にも一定量の男性ホルモンは存在しています。 この 男性ホルモンが年齢とともに増加し、皮脂の分泌量を増やします。 その他にも男性ホルモンは、肌のバリア機能低下させる性質があるのでニキビができやすくなってしまうんです。 様々な原因の中でも、白ニキビができる根本的な原因の一つです。 生理周期によるホルモンバランスの乱れ 女性の場合、性周期というものがあります。 生理周期の中でも 黄体モルモンが分泌される黄体期に入ると皮脂分泌が活発になります。 黄体ホルモンは、プロゲステロンとも呼ばれる女性ホルモンです。 女性ホルモンなのに、この黄体ホルモンは男性ホルモンと似たような働きをします。 そのため、この時期にはニキビができやすくなります。 生理中、ニキビが増えたり肌荒れを起こしたりするのはこのためです。 女性である以上、生理周期は必ずあります。 この時期は特に、睡眠を十分とったり脂っこいものは控えるといったことに気を付けて、できる限りニキビの原因を作らないように心掛けましょう。 生活習慣の乱れ 睡眠不足や 不規則な生活を送っていると、知らず知らずのうちに体はストレスを溜め込みます。 すると、ホルモンバランスや自立神経が乱れてしまい、白ニキビができる原因となります。 また、睡眠不足になると肌が生まれ変わるためのターンオーバーが正常に行われないため、毛穴の老廃物を外に排出することができなくなってしまいます。 不規則な生活によるホルモンバランスの乱れも、先ほどお話した男性ホルモンが優位となるため皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。 乾燥 顎や口周りの乾燥しやすいところに、白ニキビは現れやすいものです。 顎や口周りが乾燥する原因としては、 水分の不足に加え 皮脂分泌が少ないことが考えられます。 その他にも乾燥の原因として、 加齢やホ ルモンバランスの乱れ、 過剰な洗顔、 外部の刺激などがあります。 乾燥した肌はバリア機能が低下します。 すると毛穴は老廃物をしっかり排出できなくなってしまいます。 しかも顎や口周りの毛穴は小さいので、皮脂が詰まりやすくアクネ菌を増加させてしまうのです。 血行不良 血行が悪いと、肌に十分な栄養を送り届けることができません。 同時に環境に適応するための肌の抵抗力も低下してしまいます。 唐辛子や生姜など、身体をあたためる効果のある食べ物や飲み物を取り入れて、血行促進を促しましょう。 紫外線 紫外線がニキビと関係あるのか、ピンとこない人も多いかもしれません。 紫外線を浴びると皮脂は 酸化してしまうため、ニキビができやすくなってしまうんです。 曇りの日や、少しの時間でも油断大敵です。 常に紫外線対策は心がけましょう! 外部からの刺激 顎や顔の周りは、 髪の毛が触れやすい場所です。 また、 マスクを頻繁に使っていてる場合も同じです。 髪の毛やマスクによる刺激は、ニキビを繰り返す傾向にあります。 それ以外にも、 頬杖をつくことや、 頻繁に顔を触る癖なども、ニキビを悪化させ原因になります。 手には想像以上の菌を持っていることを忘れてはいけません。 スポンサーリンク 白ニキビの治し方 白ニキビの根本的なケアとしていちばん重要なのは、 男性ホルモンを抑制し、常に女性ホルモン優位の状況を維持することです。 そのためにどうしたらいいのか・・・ ホルモンバランスを整えるには、女性ホルモンである エストロゲン、あるいは類似作用を持つ イソフラボンといった成分を用いることで大人ニキビの改善が望めます。 また、白ニキビができてしまった時のスキンケアとしておすすめなのが、ニキビ肌用の 皮脂抑制・ 角層柔軟・ 抗炎症効果や 殺菌効果のある洗顔やスキンケアです。 ピーリングなどの 角質ケアもおすすめです。 敏感肌にもおすすめの角質ケア 古い角質を取り除き、新しい肌に生まれ変わらせるために行うピーリングは、刺激が強いために敏感肌や乾燥肌の人は注意する必要があります。 ここでおすすめするのが、毛穴つまりの原因となる古い角質や汚れに働きかけ、ターンオーバーを助けるための 角質ケア化粧水です。 Shimura 角質ケア化粧水 美容専門機関でのピーリングに使われるグリコール酸を、肌に負担をかけない優しいバランスで配合。 肌表面の汚れや古い角質に働きかけることにより、肌本来のターンオーバーをサポートする、絶妙な配合バランスを追求した化粧水です。 これはピーリングやスクラブのように肌表面の角質を剥がす刺激の強いものではありません。 毎日の洗顔の後、いつものお手入れの前につけて3分待つだけ! 有効成分が角層内部に働きかけ、ターンオーバーを促します。 肌表面の汚れや古い角質に働きかけ、肌のターンオーバーの乱れを整えます。 紫外線トラブルにアプローチし、透明感アップをサポートします。 肌のうるおいをしっかりキープするから、乾燥が気になりません。 敏感肌だから・・・ 乾燥肌だから・・・ と、ピーリングをあきらめていた皆さんには、特にオススメです。 Shimura 角質ケア化粧水 28ml 全成分表示:水、BG、ペンチレングリコール、クエン酸Na、グリコール酸、PCA-Na、クエン酸、3-0エチルアスコルビン酸 通常価格:4,590円(税抜) お得な定期コースのあります。 皮膚科では 面皰圧出や ホルモン療法が主な治療方法です。 面皰圧出は、白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で中身の皮脂を抜く治療です。 肌表面を傷つけることなく、白ニキビを除去することが可能となります。 やってはいけないセルフ退治! 絶対に避けたいのは、自分で毛穴のつまりを無理矢理押し出して解消しようとすることです。 白ニキビは毛穴が見えず、どうにかつまりを出さなくちゃ治らないと考えがちです。 でも、 無理やり押し出そうとすることは、絶対やってはいけません! そもそも自力で押し出そうとしても、そうそう簡単に皮脂がでてくるものでもありません。 思わずむきになり、必死に押しつぶそうとした挙句、赤い傷になり、傷跡も残ってしまうという残念な結果になってしまうのです。 アクネ菌を繁殖させてしまい、炎症を起こしてしまう状態です。 これは絶対に避けたいものです。 白ニキビの予防方法 白ニキビは、加齢やストレスなど身体の内側からくる原因も大きく関係しています。 なのでなかなか治らないと、あきらめてしまいがちです。 でも、日々のケアを心掛けることで白ニキビをできにくくすることは十分可能です。 正しいスキンケア• 規則正しい生活 この2つをきちんと理解して、すぐにでも取り組んでいきましょう! スキンケア 白ニキビを予防するためのスキンケアはいたってシンプル。 正しい洗顔と保湿です。 な~んだ…と思われがちですが、実はこれができていない人が多いんです。 洗顔は肌に合う洗顔料を選び、しっかり泡立てて泡をユサユサを動かして優しく洗うのが鉄則です。 くれぐれも力を入れすぎたり、長時間洗い過ぎたりしないように注意しましょう。 あくまでも洗顔料であることを忘れずに。 スクラブ入りの洗顔料などは、さっぱりと気持ち良い感じはしますが、肌へのダメージが大きくなるのでおすすめできません。 角質を厚くしたり、肌に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。 こうして厚くなった角質が毛穴に溜まった皮脂を閉じ込めてしまうんです。 これが白ニキビの原因です。 また、洗い残しがないようにしっかりすすぎ、タオルドライの際もこすらないよう優しくふき取ることも重要なポイントです。 さらに詳しい洗顔方法は、で触れています。 白ニキビを予防するには毛穴をキレイにするだけではなく、洗浄後に うるおいを与えてあげることが大切です。 肌は乾燥することで毛穴が小さく細くなり、余分な皮脂や汚れが詰まりやすい状態になってしまいます。 また、乾燥によってバリア機能が低下すると、外部刺激から肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌します。 すると毛穴に余分な皮脂が詰まってニキビになってしまうというわけです。 きちんと保湿をすることで、乾燥予防はもちろん肌のバリア機能が高まり、ニキビのできにくい肌へと変わっていくのです。 また、 保湿 というと、とにかく化粧水をたっぷりつけることだと勘違いしている人が多いようです。 乾燥は肌内部の水分が蒸発してしまっている状態のことを言いますが、化粧水の成分のほとんどは水です。 洗顔後、肌を整えるために化粧水を使いますが、これだけだと蒸発してしまいます。 大切なのは、肌に水分をキープしておくための保湿成分です。 正しい保湿ケアとは、水分を取り入れることではなくて、肌が自ら作り出した水分を留めておくことです。 詳しくはを参考にしてくださいね。 質の良い睡眠 質の良い睡眠を取ることは、正常な ターンオーバーを促します。 それによって毛穴の老廃物を排出することができます。 また、ターンオーバーが正常に働くということは、ニキビ予防のほかに、乾燥やくすみ、メイクのノリを良くするなど、あらゆる肌トラブルを改善に導くことができます。 ポイントは、 質の良い睡眠をとることです。 単に長時間寝ればいいというわけではなく、脳が覚めているレム睡眠と脳も体も休息しているぐっすり睡眠モードのノンレム睡眠がしっかり行われているかというのが大事です。 一般的に質の良い睡眠のパターンは、レム睡眠とノンレム睡眠を90分ごと交互に繰り返しています。 いくら長い時間寝ても、眠りの浅いレム睡眠では正常なターンオーバーが行われません。 レム睡眠・ノンレム睡眠の2つの睡眠パターンをリズムよく行うことは、ターンオーバーを促進するのにとても大切です。 そのためには、寝る前に脳を覚醒させるパソコンなどブルーレイスクリーンを見ることや、カフェインを摂取するなどはなるべく控えましょう。 寝る1時間前にお風呂に入る、ホットミルクを飲むなど、リラックスしながら過ごすことで、良い睡眠へと促すことができます。 ストレスを溜めない ストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れの原因となります。 ストレスを感じたら、なるべく早い段階で休憩をして脳を休めましょう。 ストレッチや外の空気を吸うだけでも気分転換になります。 また、趣味を楽しんだり、友人と会って話をしたり、運動したり…自分の好きなことをする時間を持ちましょう。 ゆっくりとお風呂に使ったり、目を閉じて音楽を聞いたりといったトータルリラックスをすることもストレス解消にはおすすめです。 さらに、ネガティブな思考もストレスを抱えてしまう原因となります。 なんとかなるさ!というくらいの前向き思考でストレスを溜めないようにしましょう。 結果的にその方が、うまく物事が運ぶものです。 ビタミン類を摂取する 不規則な食生活はニキビの大きな原因となります。 バランスの良い食事でしっかりと栄養を摂ることが大切です。 特にビタミン類は、ニキビや肌荒れに良い栄養素です。 忙しい人や、一人暮らしをする人の傾向として、一品料理やインスタント食品に偏ってしまうことがあります。 一品料理やインスタント食品では、ビタミン類がなかなか摂取できません。 また、皮脂を過剰に分泌させる脂肪や糖分はなるべく控え、ビタミンBやビタミンAなどを含む食品を摂取することで、ニキビをできにくくすることができます。 石油系界面活性剤やパラベンなどの添加物は肌への刺激になってしまいます。 なるべく天然成分配合のものを選びましょう。 ノンコメドジェニック化粧品なら安心ですね。 《洗顔料を選ぶ際のチェックポイント》• 合成界面活性剤が使われていないものを選ぶ。 クレイ 泥 タイプはオススメ。 肌に優しく自分の肌に合ったものを選ぶ。 数多く販売されている市販のニキビケア専用洗顔料のほとんどには、「 合成界面活性剤」という成分が配合されています。 これは洗浄力が強い反面、肌に負担となり乾燥させてしまうのでおすすめできません。 白ニキビには、毛穴の汚れを落としながら同時にうるおいを届けてくれる「 クレイ 泥 タイプの洗顔料」がオススメです。 クレイタイプは、比較的肌を傷つけずに余分な皮脂や汚れだけを吸着して取り除いてくれます。 「ニキビ専用」には注意! ニキビを早く治したいからといって、「ニキビ用」と書かれた洗顔料などは、洗浄力が強いのでおすすめできません。 比較的初期症状の白ニキビは、最低限のスキンケアを心がけることで十分、予防・改善できます。 ニキビ用の洗顔料には、スクラブ入りのものがあります。 白ニキビに、スクラブ入りや洗浄力の強い洗顔料を使うことは、肌へのダメージの方が心配です。 かえって肌を傷つけ炎症を起こし、赤ニキビや黄ニキビへと悪化してしまうこともあります。 ニキビに悩んだときにスキンケアを見直すことは大切ですが、「それではニキビ用で…」と安易に手に取るのではなく、それが肌へのダメージにならないかを念頭においてから選びましょう。 毛穴に効くおすすめ洗顔料 ニキビの原因となる毛穴の汚れを泡と泥のパワーでしっかり落とす、洗顔料を紹介しますね。 ヘタレないしっかりした泡が肌にしっかり吸着して、ほんとに気持ちがいいんです! 管理人も愛用しているおすすめ洗顔料です。 おすすめポイント• ヘタレない泡がすごい! しっかりとしたモチモチ泡。 今までの泡は何だったんだ・・・ついそんな気にさせらる固くてしっかりした泡立ちです。 それだけではありません。 これだけしっかりした泡なのに洗い流すときは、驚くほどするりと洗い流せます。 W(ダブル)の泡パワーで汚れを吸着 「沖縄産マリンシルト」の豊富なミネラル、「国産ベントナイト」の吸着力、2種類の泥で毛穴の奥の汚れや余分な皮脂をしっかりと吸い取ります。 「豆乳発酵液」配合でしっとりなめらか肌に! 大豆に含まれるイソフラボンには、肌をなめらかに整える、高い「保湿効果」があります。 そのイソフラボンを発酵させることで、濃く肌になじみやすくなります。 洗い上がりはしっとりモチモチ肌に。 化粧水 まずいちばん大切なのは高保湿であることです。 洗顔でしっかり汚れを落とすと、同時に水分や皮脂も奪われてしまいます。 高い保湿力のある リピジュアや ヒアルロン酸などを配合した化粧水はオススメです。 ナノ化した成分は浸透力が高いので、角層までうるおいが届きインナードライ状態を防ぐことができます。 美容液 正しい意味の保湿は、水分を補給することではなく、肌内部の水分を留めておくことです。 そのために、保湿成分をたっぷり含んだ美容液でのケアをオススメします。 セラミド・ヒアルロン酸などが配合されているものを選びましょう。 いくらセラミドやヒアルロン酸が配合されているといっても、成分が肌に届かなければ意味がありません。 数種類あるセラミドの中で、人間の肌にいちばん多く含まれているのは「セラミド2」です。 非常に高い保湿力もあるので、できれば「セラミド2」と成分表示のあるものを選びたいですね。 他にも保湿セラミド1、3、6も保湿機能が高く、肌の乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎への影響が特に強いといわれています。 以上のことを踏まえると、外部からセラミドを補給する場合は、 セラミド1、2、3、6のいずれか、あるいは全部を含むものを選ぶのがいいということになりますね。 ヒアルロン酸であれば、 ナノ化された浸透力のあるものを選びましょう。 おすすめ美容液 世界最小分子サイズの「ナノ浸透型ヒアルロン酸」を配合している美容液の紹介です。 世界最小低分子で肌に浸透 一般的なヒアルロンさんの大きさに比べると、なんと1750分の1の大きさだというから驚き! ちなみに「401. 3da」は分子の大きさです。 ここまで小さくなったヒアルロン酸が、肌の奥まで浸透します。 翌朝の化粧のノリが違います。 無駄な成分を含まない 6つのフリー 不要なものを一切排除した、ヒアルロン酸にこだわった商品です。 敏感肌の人でも安心して使いことができます。 ・パラベンフリー ・アルコールフリー ・オイルフリー ・界面活性剤フリー ・香料フリー ・着色料フリー• 高品質美容液を、まずは低価格で試せる! モイスモアセラム浸透美容液の通常価格は16,200円。 世界最小ヒアルロン酸を使っている高品質の美容液だから、当然コストはかかってしまいます。 徹底保湿成分を高濃度配合 10種類もの保湿成分が肌の潤いを守ってくれます。 独自抽出ビオカタライザープラセンタで健康な肌サイクルをサポート ビオカタライザープラセンタは、通常のプラセンタより、高い純度・高濃度のエキスです。 3つのケア成分で凹凸ニキビ肌をケア 化粧では隠し切れない凹凸ニキビ跡をケアする成分を配合。 敏感肌にも安心!刺激ゼロの5つ無添加 合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンといった添加物を全く配合していません。 フェイスラインの引き締めサポート! お肌を整えハリを補う「水溶性コラーゲン」をリッチに配合。 アロマオイル配合で心もリフレッシュ オーストラリア先住民・アボリジニの間で古くから伝わるアロマ「ティー・トリー」を配合しています。

次の