城崎 温泉 混浴。 城崎温泉

城崎温泉

城崎 温泉 混浴

兵庫県の北部エリアに位置する 「城崎温泉」は、全国でも名湯として有名で人気のある温泉街です。 全国からの多くの観光客で一年中賑わっています。 そんな城崎温泉でオススメの日帰り温泉の楽しみ方が 「城崎温泉 外湯めぐり」です。 「城崎温泉」と聞けば、「温泉旅館に宿泊して旅館の露天風呂を堪能し、豪華料理を堪能する」、といった最高の贅沢な過ごし方もアリですが、城崎温泉には全部で「7つの外湯」があり、これらの外湯を順番にめぐる温泉三昧な過ごし方もオススメの過ごし方のひとつです。 日帰りの方でも城崎温泉のお湯をじっくりと堪能できるので「外湯めぐり」はオススメです。 そんな「外湯めぐり」を楽しみながら、城崎の温泉街を浴衣を着ながら下駄の音を鳴らし歩く時間は、まさに「癒し」そのものです。 城崎温泉の「7つの外湯」は、それぞれ趣向が異なっていますので、「順番に入浴しながらまわっていくのもよし」、「人気のある外湯や気になる外湯のみを入浴していく楽しみ方もよし」ですね。 また「7つの外湯」以外にも、「5つの足湯」も城崎温泉街にはありますので、それらも合わせて楽しみましょう。 それでは、今回は兵庫の名湯 「城崎温泉 外湯めぐり」の楽しみ方についてご紹介していきたいと思います。 この記事の目次• 1,「城崎温泉」での外湯めぐりの楽しみ方 前述したように「城崎温泉」は関西を代表する温泉街。 湯としても全国的に有名ですよね。 そんな城崎温泉で日帰りでも気軽に温泉が楽しめるのが「外湯」ですが、ここでは 「外湯めぐりの楽しみ方」について、まずはご紹介したいと思います。 先程日帰り温泉でも十分に楽しめるのが「外湯めぐり」の嬉しいポイントとお話しましたが、但し、普通に外湯にすぐに行くのではなく、せっかく城崎温泉に訪れたならば、存分に温泉気分を堪能しなければなりませんよ。 (1)「浴衣」と「下駄」をレンタルして温泉街めぐりを楽しみましょう。 まずは、外湯めぐり前に温泉街ならではの 「浴衣」と 「下駄」をレンタルしてみましょう。 宿泊で訪れる方は、旅館で「浴衣」と「下駄」はレンタルできますし、日帰り温泉で訪れた方も城崎温泉の温泉街の中に「浴衣」や「下駄」がレンタルできる旅館の日帰りプランやショップがあります。 まずは、浴衣と下駄を身につけて温泉街の雰囲気を味わいましょう。 (2)「7つの外湯」からお好みの外湯をめぐりましょう。 次に、 城崎温泉には「7つの外湯(「さとの湯」、「地蔵湯」、「柳湯」、「一の湯」、「御所の湯」、「まんだら湯」、「鴻の湯」)」があります。 温泉の泉質は共通して同じですが、それぞれの外湯の特徴はまったく異なります。 順番にまわって7つ全ての外湯を入浴してまわるか、自分の気になる外湯のみ入浴するかなど、計画を立ててみてくださいね。 (3)「5つの足湯」も忘れずに堪能しましょう。 更には外湯めぐりの途中には、 「5つの足湯」もありますので、足湯めぐりも楽しみのひとつですし、また飲食店などもありますので、温泉のお湯上がりの休憩をはさむこともできます。 このように、「城崎温泉」の外湯めぐりは、温泉街ならではの雰囲気の中、風情ある「浴衣」と「下駄」で温泉気分を存分に味わいながら、自分好みの「日帰り入浴の楽しみ方」を体験することが可能です。 2,「城崎温泉」の泉質紹介 城崎温泉にある「7つの外湯」をご紹介していくにあたり、事前に 城崎温泉の「泉質」をご紹介しておきます。 7つの外湯は全て共通した泉質です。 それでは、「城崎温泉の泉質情報」は、以下の通りになります。 3,城崎温泉の「7つの外湯」をご紹介 それでは、 城崎温泉の名物「7つの外湯」について、各外湯の施設情報をご紹介いたします。 もっとも城崎温泉駅から近い外湯の 「さとの湯」。 駅のすぐ隣に位置しています。 施設もとても広いのが特徴です。 城崎温泉で外湯めぐりしたいけど、時間があまりにない方にはおすすめです。 「地蔵湯」は、「衆生救いの湯」と言い伝えられています。 建物に特徴があり、和の灯籠や五角形の窓は見どころなんで、是非、訪れた際はその辺りをチェックしてみてくださいね。 「柳湯」は、「子授けの湯」として言い伝えられています。 外湯めぐりを楽しみながら、現地の方に歴史の話を聞いたりするのも楽しみのひとつです。 「一の湯」は、城崎温泉街のちょうど中心に位置するところにあり人通りも大変多い場所です。 「招福の湯」として言い伝えられています。 「御所の湯」は、城崎温泉の外湯めぐりの中でも高い人気を誇っています。 外湯の中では一番新しく建物もまるで「神社」や「お寺」のような建物のようで雰囲気がよいです。 お風呂も広く、「内湯」と「露天風呂」、また「サウナ」まであります。 露天風呂には滝があり、滝を眺めながらお湯につかれるロケーションは特にオススメで、「御所の湯」ならでは。 ぜひ、城崎温泉の「外湯めぐり」の中では、必ず訪れてみてください。 「まんだら湯」は、養老元年(717年)温泉寺開祖道智上人の曼陀羅一千日祈願によって、この場所に温泉が湧き出て「城崎温泉」が生まれたとされています。 そのため、「一生一願の湯」として言い伝えられています。 「まんだら湯」では、露天風呂の「桶風呂」がポイント。 決して広くないですが、この桶風呂を体験しに多くの人が訪れる「まんだらの湯」。 外湯めぐりでは、一度は体験していただきたいお湯のひとつです。 「鴻の湯」は、この場所で「こうのとり」が足の傷をいやしたことから名付けらた城崎温泉の外湯の中でもっとも歴史ある外湯で有名です。 「しあわせを招く湯」として言い伝えられています。 城崎温泉街の中の外湯では、もっともJR「城崎温泉駅」からはなれている外湯で、散歩がてら徒歩15分ほどかけて行ける感じです。 もちろんタクシーを使っても便利ですし、鴻の湯の目の前には駐車場があるので、車でも行けるのが便利なポイント。 鴻の湯の特徴は、「露天風呂」があり、「内湯」もありますが、露天風呂の雰囲気がよいのと、一番奥側に位置していることから、外湯の中では比較的人が少なめな場合が多いようです。 そのわりに近くには「城崎温泉 元湯」があったり、足湯や温泉玉子を作れたりと周辺も楽しめる場所もありオススメです。 「外湯めぐり券」は、外湯の一日入浴券で、なんと一日入り放題なんです。 5,城崎温泉の「5つの足湯」のご紹介 出典:城崎温泉無料写真集/ こちらも忘れてはいけないのが、城崎温泉では、「7つの外湯」と合わせて 「5つの足湯」があります。 温泉街ならではの楽しみ方のひとつ「足湯」も是非、体験してみてくださいね。 城崎温泉にある「5つの足湯」スポット情報 1,「さとの湯」の足湯 2,「柳湯」の足湯 3,「一の湯」の足湯 4,「城崎文芸館前」の足湯 5,「城崎温泉元湯」の足湯 全て無料で足湯につかることができます。 以下は、「さとの湯」にある足湯です。 7,【宿泊予約】「城崎温泉の温泉旅館」宿泊に関するお得な料金での予約方法 この記事では、「城崎温泉の外湯」についてご紹介してきましたが、せっかく城崎温泉に行くなら、「温泉旅館に宿泊したい」と思われる方も多いはず! そんな方のために、「城崎温泉」にあるおすすめの温泉旅館をお得な料金で宿泊できる方法をご紹介いたします。 以下で、好みの温泉旅館を探し、予約状況やお得な料金で宿泊できるプランを探して予約してみてください。 8,「日本の秘湯」ゆーナビ編集部コメント — 2016 11月 22 3:23午前 PST 出典:instagram/asuchan0806さん いかがでしたか? 「城崎温泉」は、春夏秋冬どの季節に訪れても温泉だけでなくその街並みやグルメを楽しむことができます。 その中でも私がオススメしたいのは「冬」です。 冬の城崎温泉は、「いよいよ冬本番だ!」というようなテンションにさせてくれます。 「城崎温泉」のある兵庫県の北部エリアでは冬になると雪が降り積もります。 そんな雪化粧の中の温泉街は素敵な景色になり、また冷えた体が温泉であったまるという意味でも最高なんです。 また、城崎温泉は冬になると「グルメ」も忘れてはいけません。 冬になるとこのエリアは「カニ」のシーズンをむかえます。 そのため、カニ料理は旅館に宿泊する方はもちろん、日帰りで訪れた方も料理屋さんに入るとカニが食べれるお店も多くなります。 そんなことから、外湯めぐりはもちろん、雪化粧の景観、カニなど冬のグルメなど、冬の城崎温泉が一年の中でもっとも楽しめる季節かなと思ったりしてしまうわけです。 笑 もちろん、冬以外も季節によってそれぞれの楽しみ方があるので、ご心配なく。 城崎方面へ行かれる方は、名湯「城崎温泉」での日帰り温泉の楽しみ方をご参考にしていただければと思います。 9,【関連情報】城崎温泉と同じく兵庫県内にある有名温泉地のおすすめ情報 この記事では、城崎温泉街の楽しみ方のひとつ「外湯めぐり」をご紹介しましたが、ここでは、その他にも兵庫県内の城崎温泉以外にも有名温泉街で立ち寄り湯が楽しめるおすすめ情報をご紹介しておきます。

次の

城崎温泉【夫婦・家族一緒に入れる温泉

城崎 温泉 混浴

兵庫県の北部エリアに位置する 「城崎温泉」は、全国でも名湯として有名で人気のある温泉街です。 全国からの多くの観光客で一年中賑わっています。 そんな城崎温泉でオススメの日帰り温泉の楽しみ方が 「城崎温泉 外湯めぐり」です。 「城崎温泉」と聞けば、「温泉旅館に宿泊して旅館の露天風呂を堪能し、豪華料理を堪能する」、といった最高の贅沢な過ごし方もアリですが、城崎温泉には全部で「7つの外湯」があり、これらの外湯を順番にめぐる温泉三昧な過ごし方もオススメの過ごし方のひとつです。 日帰りの方でも城崎温泉のお湯をじっくりと堪能できるので「外湯めぐり」はオススメです。 そんな「外湯めぐり」を楽しみながら、城崎の温泉街を浴衣を着ながら下駄の音を鳴らし歩く時間は、まさに「癒し」そのものです。 城崎温泉の「7つの外湯」は、それぞれ趣向が異なっていますので、「順番に入浴しながらまわっていくのもよし」、「人気のある外湯や気になる外湯のみを入浴していく楽しみ方もよし」ですね。 また「7つの外湯」以外にも、「5つの足湯」も城崎温泉街にはありますので、それらも合わせて楽しみましょう。 それでは、今回は兵庫の名湯 「城崎温泉 外湯めぐり」の楽しみ方についてご紹介していきたいと思います。 この記事の目次• 1,「城崎温泉」での外湯めぐりの楽しみ方 前述したように「城崎温泉」は関西を代表する温泉街。 湯としても全国的に有名ですよね。 そんな城崎温泉で日帰りでも気軽に温泉が楽しめるのが「外湯」ですが、ここでは 「外湯めぐりの楽しみ方」について、まずはご紹介したいと思います。 先程日帰り温泉でも十分に楽しめるのが「外湯めぐり」の嬉しいポイントとお話しましたが、但し、普通に外湯にすぐに行くのではなく、せっかく城崎温泉に訪れたならば、存分に温泉気分を堪能しなければなりませんよ。 (1)「浴衣」と「下駄」をレンタルして温泉街めぐりを楽しみましょう。 まずは、外湯めぐり前に温泉街ならではの 「浴衣」と 「下駄」をレンタルしてみましょう。 宿泊で訪れる方は、旅館で「浴衣」と「下駄」はレンタルできますし、日帰り温泉で訪れた方も城崎温泉の温泉街の中に「浴衣」や「下駄」がレンタルできる旅館の日帰りプランやショップがあります。 まずは、浴衣と下駄を身につけて温泉街の雰囲気を味わいましょう。 (2)「7つの外湯」からお好みの外湯をめぐりましょう。 次に、 城崎温泉には「7つの外湯(「さとの湯」、「地蔵湯」、「柳湯」、「一の湯」、「御所の湯」、「まんだら湯」、「鴻の湯」)」があります。 温泉の泉質は共通して同じですが、それぞれの外湯の特徴はまったく異なります。 順番にまわって7つ全ての外湯を入浴してまわるか、自分の気になる外湯のみ入浴するかなど、計画を立ててみてくださいね。 (3)「5つの足湯」も忘れずに堪能しましょう。 更には外湯めぐりの途中には、 「5つの足湯」もありますので、足湯めぐりも楽しみのひとつですし、また飲食店などもありますので、温泉のお湯上がりの休憩をはさむこともできます。 このように、「城崎温泉」の外湯めぐりは、温泉街ならではの雰囲気の中、風情ある「浴衣」と「下駄」で温泉気分を存分に味わいながら、自分好みの「日帰り入浴の楽しみ方」を体験することが可能です。 2,「城崎温泉」の泉質紹介 城崎温泉にある「7つの外湯」をご紹介していくにあたり、事前に 城崎温泉の「泉質」をご紹介しておきます。 7つの外湯は全て共通した泉質です。 それでは、「城崎温泉の泉質情報」は、以下の通りになります。 3,城崎温泉の「7つの外湯」をご紹介 それでは、 城崎温泉の名物「7つの外湯」について、各外湯の施設情報をご紹介いたします。 もっとも城崎温泉駅から近い外湯の 「さとの湯」。 駅のすぐ隣に位置しています。 施設もとても広いのが特徴です。 城崎温泉で外湯めぐりしたいけど、時間があまりにない方にはおすすめです。 「地蔵湯」は、「衆生救いの湯」と言い伝えられています。 建物に特徴があり、和の灯籠や五角形の窓は見どころなんで、是非、訪れた際はその辺りをチェックしてみてくださいね。 「柳湯」は、「子授けの湯」として言い伝えられています。 外湯めぐりを楽しみながら、現地の方に歴史の話を聞いたりするのも楽しみのひとつです。 「一の湯」は、城崎温泉街のちょうど中心に位置するところにあり人通りも大変多い場所です。 「招福の湯」として言い伝えられています。 「御所の湯」は、城崎温泉の外湯めぐりの中でも高い人気を誇っています。 外湯の中では一番新しく建物もまるで「神社」や「お寺」のような建物のようで雰囲気がよいです。 お風呂も広く、「内湯」と「露天風呂」、また「サウナ」まであります。 露天風呂には滝があり、滝を眺めながらお湯につかれるロケーションは特にオススメで、「御所の湯」ならでは。 ぜひ、城崎温泉の「外湯めぐり」の中では、必ず訪れてみてください。 「まんだら湯」は、養老元年(717年)温泉寺開祖道智上人の曼陀羅一千日祈願によって、この場所に温泉が湧き出て「城崎温泉」が生まれたとされています。 そのため、「一生一願の湯」として言い伝えられています。 「まんだら湯」では、露天風呂の「桶風呂」がポイント。 決して広くないですが、この桶風呂を体験しに多くの人が訪れる「まんだらの湯」。 外湯めぐりでは、一度は体験していただきたいお湯のひとつです。 「鴻の湯」は、この場所で「こうのとり」が足の傷をいやしたことから名付けらた城崎温泉の外湯の中でもっとも歴史ある外湯で有名です。 「しあわせを招く湯」として言い伝えられています。 城崎温泉街の中の外湯では、もっともJR「城崎温泉駅」からはなれている外湯で、散歩がてら徒歩15分ほどかけて行ける感じです。 もちろんタクシーを使っても便利ですし、鴻の湯の目の前には駐車場があるので、車でも行けるのが便利なポイント。 鴻の湯の特徴は、「露天風呂」があり、「内湯」もありますが、露天風呂の雰囲気がよいのと、一番奥側に位置していることから、外湯の中では比較的人が少なめな場合が多いようです。 そのわりに近くには「城崎温泉 元湯」があったり、足湯や温泉玉子を作れたりと周辺も楽しめる場所もありオススメです。 「外湯めぐり券」は、外湯の一日入浴券で、なんと一日入り放題なんです。 5,城崎温泉の「5つの足湯」のご紹介 出典:城崎温泉無料写真集/ こちらも忘れてはいけないのが、城崎温泉では、「7つの外湯」と合わせて 「5つの足湯」があります。 温泉街ならではの楽しみ方のひとつ「足湯」も是非、体験してみてくださいね。 城崎温泉にある「5つの足湯」スポット情報 1,「さとの湯」の足湯 2,「柳湯」の足湯 3,「一の湯」の足湯 4,「城崎文芸館前」の足湯 5,「城崎温泉元湯」の足湯 全て無料で足湯につかることができます。 以下は、「さとの湯」にある足湯です。 7,【宿泊予約】「城崎温泉の温泉旅館」宿泊に関するお得な料金での予約方法 この記事では、「城崎温泉の外湯」についてご紹介してきましたが、せっかく城崎温泉に行くなら、「温泉旅館に宿泊したい」と思われる方も多いはず! そんな方のために、「城崎温泉」にあるおすすめの温泉旅館をお得な料金で宿泊できる方法をご紹介いたします。 以下で、好みの温泉旅館を探し、予約状況やお得な料金で宿泊できるプランを探して予約してみてください。 8,「日本の秘湯」ゆーナビ編集部コメント — 2016 11月 22 3:23午前 PST 出典:instagram/asuchan0806さん いかがでしたか? 「城崎温泉」は、春夏秋冬どの季節に訪れても温泉だけでなくその街並みやグルメを楽しむことができます。 その中でも私がオススメしたいのは「冬」です。 冬の城崎温泉は、「いよいよ冬本番だ!」というようなテンションにさせてくれます。 「城崎温泉」のある兵庫県の北部エリアでは冬になると雪が降り積もります。 そんな雪化粧の中の温泉街は素敵な景色になり、また冷えた体が温泉であったまるという意味でも最高なんです。 また、城崎温泉は冬になると「グルメ」も忘れてはいけません。 冬になるとこのエリアは「カニ」のシーズンをむかえます。 そのため、カニ料理は旅館に宿泊する方はもちろん、日帰りで訪れた方も料理屋さんに入るとカニが食べれるお店も多くなります。 そんなことから、外湯めぐりはもちろん、雪化粧の景観、カニなど冬のグルメなど、冬の城崎温泉が一年の中でもっとも楽しめる季節かなと思ったりしてしまうわけです。 笑 もちろん、冬以外も季節によってそれぞれの楽しみ方があるので、ご心配なく。 城崎方面へ行かれる方は、名湯「城崎温泉」での日帰り温泉の楽しみ方をご参考にしていただければと思います。 9,【関連情報】城崎温泉と同じく兵庫県内にある有名温泉地のおすすめ情報 この記事では、城崎温泉街の楽しみ方のひとつ「外湯めぐり」をご紹介しましたが、ここでは、その他にも兵庫県内の城崎温泉以外にも有名温泉街で立ち寄り湯が楽しめるおすすめ情報をご紹介しておきます。

次の

城崎温泉でカップルにおすすめな観光スポットランキングTOP8!日帰り温泉で混浴も

城崎 温泉 混浴

カップルの日帰り旅行には城崎温泉がおすすめ! 城崎温泉は、京都や大阪から車で3時間。 電車で2時間半という行きやすい場所にあります。 小旅行にでかけやすい距離のため、カップルでゆっくり過ごすのにピッタリ。 温泉旅館によっては、日帰りでも浴衣のレンタルサービスを利用できるため、浴衣デートも楽しめます。 温泉のほかにも観光施設がたくさんあるので、「温泉だけじゃ物足りない!」というカップルも満足できるはず! 城崎温泉の特徴は?カップルに人気の秘密は「七つの外湯めぐり」 城崎温泉がカップルに人気なのは、なんといっても外湯めぐりができるから。 「」を購入すれば、歴史ある7つの外湯を大人1,200円・子ども600円でめぐり放題! 温泉街は日本全国にたくさんありますが、旅館のお風呂がめぐり放題の温泉は少ないので、うれしいポイントです。 「七つの外湯めぐり」ができる場所 ・駅舎温泉 さとの湯 ・一の湯 ・御所の湯 ・まんだら湯 ・地蔵湯 ・鴻の湯 ・柳湯 七つの外湯はすべて、 ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉。 どこか懐かしいレトロな温泉街で、日本海の恵みがたっぷりのご飯に舌鼓を打ったり、華やかな浴衣を着てゆっくり散歩するという風情のあるデートができますよ。 城崎温泉のおすすめ情報 城崎温泉の泉質 城崎温泉の泉質は、ナトリウムやカルシウムなどの塩化物が豊富に含まれている「塩化物・高温泉」です。 別名「熱の湯」とも呼ばれており、塩の効果で体の芯まで温まります。 冷え性やダイエット、疲労回復に効果があるだけでなく、お肌の保湿もしてくれます。 宿泊するほどゆっくりする時間がなくても体がリラックスできるので、日帰り旅行にもピッタリです。 城崎温泉の泉質 泉質名 塩化物泉(掲示用泉質) 浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症 飲用適応症 萎縮性胃炎、便秘 塩化物泉について 城崎温泉の日帰りスポットおすすめランキングTOP8 城崎温泉のおすすめ日帰りスポット&日帰り温泉を、カップルでじっくり堪能。 素敵な想い出を作ってくださいね。 第1位:しあわせ&夫婦円満「鴻の湯」 「鴻の湯(こうのゆ)」は、城崎名物「1日ぐるっと入り放題外湯めぐり券」で巡れる外湯のひとつ。 1400年前に、こうのとりが温泉で足の傷を癒したという伝説が残っています。 青々とした緑に囲まれた露天風呂が評判で、「しあわせを招く湯」や「夫婦円満の湯」とも言われる人気スポットです。 町から少し離れた場所にあるので、静かな時間を過ごしたいカップルにおすすめ。 終着駅にある展望台から見渡せるのは、城崎温泉の全景や青々とした日本海!眼下に広がる温泉街はもちろん、季節によって表情をかえる山々に心奪われること間違いありません。 片道7分ほどで頂上にたどり着くので、移動もスムーズ。 ロープウェイのふもとにある売店には、城崎の湯を使って作られた温泉卵も食べられますよ。 「城崎ロープウェイ」の施設情報 店舗名 城崎ロープウェイ 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1 電話番号 0796-32-2530 営業時間 9時10分〜17時10分 定休日 毎月第2・第4木曜日 料金 大人900円、子供450円 URL 第3位:美しい水族館にうっとり「城崎マリンワールド」 城崎マリンワールドは、セイウチのヒゲに触れる水族館です! ヒトデに触れる水族館は日本にたくさんありますが、セイウチのヒゲに触れるところは珍しいですよね。 そのほかにも、フィッシュダンスという魚の珍しい動きを見れたり、魚のエサやりも体験できます。 また、日本海を一望できるテラスや新鮮な海の幸を食べられるレストランもあるので、ランチにも困りません。 めったにできない貴重な体験や、珍しい光景も見られるので、きっと忘れられない体験になるでしょう。 「城崎マリンワールド」の施設情報 店舗名 城崎マリンワールド 住所 兵庫県豊岡市瀬戸1090番地 電話番号 0796-28-2300 営業時間 9時00分〜17時00分(最終入場は16:30まで) 定休日 年中無休 料金 大人2,470円、子ども620円 URL 第4位:久美浜湾を眺めながらランチ!「レセプションガーデン」 城崎温泉でのランチには、「レセプションガーデン」がおすすめです! レセプションガーデンは、海と山に囲まれた久美浜の甲山にあるおしゃれなレストラン。 牡蠣やカニ、エビを使った料理が評判で、休日には行列もできる名店です。 おしゃれな店内はもちろん、穏やかな久美浜湾を眺めながら食べるご飯は恋人も大満足することでしょう。 さらに、珍しい雑貨や服が買えるセレクトショップも併設されているので、お土産選びにもぴったりです。 城崎温泉は京都にも近いため、車で30分ほどでいけますよ。 「レセプションガーデン」の施設情報 店舗名 レセプションガーデン 住所 京都府京丹後市久美浜町向磯2575 電話番号 0772-83-3131 営業時間 11時30分〜21時00分 定休日 不定休 URL 第5位:「みはらしテラスカフェ」 「みはらしテラスカフェ」は大師山の山頂にある、自家焙煎のコーヒーショップです。 城崎ロープウェイを降りてすぐの場所にあるため、アクセスも良好。 情緒ある城崎温泉街を眺めながら、おいしいコーヒーをいただけます。 さらに、コーヒーだけでなく丹波牛や八鹿豚を使ったホットドッグも大人気! とことん素材にこだわっているからこそ味わえる絶妙なハーモニーに、舌鼓を打つこと間違いありません。 コーヒー好きはもちろん、休憩に立ち寄るのもおすすめです。 「みはらしテラスカフェ」の施設情報 店舗名 城崎珈琲 みはらしテラスカフェ 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1ロープウェイ山頂 電話番号 0796-32-3365 営業時間 10時〜16時 定休日 第2・第4木曜日定休 URL 第6位:源泉かけ流し!日帰り貸切温泉「錦水」 「錦水(きんすい)」は、日帰りでも貸切温泉や浴衣のレンタルができる人気の温泉です。 人気の秘密は、貸切風呂のクオリティの高さ! なんと、「檜風呂」「岩風呂」「陶器風呂」の3種類も、源泉かけ流し温泉を堪能できます。 但馬の旬の食材を楽しめる昼食つきのプランなので、お腹も一緒に満たせます。 事前予約が必要ですが、午前中に向かうと夕方まで荷物預かってもらうこともできるので、日帰り旅行にはピッタリの温泉です。 「錦水」の施設情報 店舗名 城崎温泉の旅館 錦水 住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島759 電話番号 0796-32-2024 営業時間 貸切風呂:11時30分〜14時30分 荷物預かり:16時30分まで 定休日 — 料金 5,000円(ランチ込) URL 第7位:事前予約OK!日帰り貸切温泉「城崎温泉 川口屋」 「川口屋」は、石造りの貸切露天風呂がある温泉。 浴衣のレンタルプランがあるため、浴衣を着て外に出たいという人にもピッタリです。 さらに、但馬牛やカニなどおいしい料理が食べられるのも魅力のひとつ。 貸切風呂は予約できるので、「空いてなかったらどうしよう……」と当日に慌てることもありません。 温泉にゆっくり使って、おいしいご飯を食べる。 そんな贅沢なひとときを過ごすことができます。 竹林を眺めながら入浴できる露天風呂は、静かで落ち着いた時間を過ごしたい時にぴったり。 貸切温泉には、バラのお風呂やライムやオレンジを浮かべた自然石切出し風呂、そして天然石をまるごとくり抜いた浴槽にりんごを浮かべたお風呂の3種類。 全国的にも珍しく、とっても可愛くて思わず写真に収めたくなりますよ。 また、日帰り温泉のコース料理もとっても豪華!但馬牛のしゃぶしゃぶに、地魚のお造りなどをぜいたくに堪能できます。 タオルやバスタタオルは貸してもらえるので、手ぶらでいけるのもうれしいポイントですね。 カップルで寄り添いながら、心と体をじっくり癒やすことが可能です。 恋人との素敵な想い出作りに、ぜひおでかけくださいね。 城崎温泉のおすすめ情報はこちら.

次の