ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】対戦環境で対策必須な強ポケモン一覧/対戦考察【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

ミミッキュは素早さで上をとっている相手に対し、 剣舞をしながら、攻撃をばけのかわで受け、上がった攻撃で仕留めるというのが基本的な戦い方となっている。 上を取られている場合でもかげうちで削ることができる。 相手のダイマックスターンを枯らせる ばけのかわは相手のダイマックスわざを凌ぐこともできる。 ばけのかわやダイウォールでダイマックスターン稼ぎが出来るのもミミッキュの長所だ。 最近ではゴーストダイブでさらに時間稼ぎをするミミッキュが増えてきた。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 個体値も0を目指そう。 ただしミミッキュは最遅でもそれなりに速いため、必ず有利になるわけではないので注意。 安定してトリックルームを発動可能 特性「ばけのかわ」により大抵の状況下で1回行動できるため、トリックルーム要員に最適。 鈍足アタッカーのドサイドンやローブシン、ヨクバリスなどに繋ぐと強力だ。 トリックルームのターンを無駄にせず早期退場を狙える上に、対面した相手に絶大な負担をかけられる。 ほぼ確定で身代わりを貼れるので、 素早さで勝っている相手なら一方的に倒すことができる。 基本的には技構成は固定 受けのHPを削るためののろいは必須。 みがわりがあると補助技を対策でき、いたみわけを覚えさせれば回復と削りを同時に行える。 攻撃技は威力重視でじゃれつくがおすすめだ。 攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 ドヒドイデやミロカロスのねっとうで身代わりが壊れないようにすると、より突破不可能な状況を作れる。 また先制でゴーストダイブをすることで、 ばけのかわと合わせてダイマックスターンを枯らす動きがしやすい。 でんじははダイジェットエース対策 でんじはは、ダイジェットを使用してくるエースポケモン対策として採用。 ミミッキュはやられてしまうが、後続のポケモンで対応しやすい状況を作れる。 パーティによってはウッドハンマーやみちづれなどに変更しよう。 ドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる こだわりスカーフを持つことで、S種族値で劣るドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる。 性格をいじっぱりにしているのは、4振りドラパルトをじゃれつくで確定1発にするためだ。 技や持ち物の選択肢 技の選択肢 技 解説 ・便利な先制技 ・急所率が高いタイプ一致技 ・ダイホロウでBダウンが可能 ・威力の高いタイプ一致技 ・ダイフェアリーで状態異常対策ができる ・のろいやダイマックスのターンを稼げる ・ヌオーやトリトドンに有効 ・でんきだまを持たせて使う ・ダメージを与えつつ相手をまひさせる ・対ミミッキュならばけのかわを剥がせる ・じめんタイプもまひする ・スカーフを持たせて使う ・相手をまひさせる ・みがわりとの相性がいい ・やけどにしてAを下げる ・やられる直前に使って1体をみちづれにする ・受けの補助技を封じる 持ち物の選択肢はかなり多い 持ち物は回復きのみ、特にオボンのみや攻撃重視のいのちのたまが定番。 でんきだまをなげつけるで投げてまひにするのもおもしろい。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 ばけのかわを貫通するか、物理を受けながらはがね技で抜群を狙える。 アーマーガアでほとんどなにもさせない アーマーガアの夢特性は、 能力を下げられず相手に跳ね返すというもの。 ミミッキュの攻撃で通るのはゴースト技だけであり、ダイホロウのBダウンの効果も跳ね返せる。 シャドークローの急所以外には安定した対応が可能だ。 ばけのかわを剥がしながら相性のいいポケモンに交代できるため、相手に1ターン与えずに済む。 物理耐久の高いノーマルタイプで対策 ミミッキュの攻撃技は基本的に ゴーストとフェアリータイプのみ。 ノーマルタイプでゴースト技を無効にすれば、攻撃手段はじゃれつく ダイフェアリー しかない。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

そこで、「つるぎのまい」で攻撃を上げて相手パーティ全滅を狙ったり、弱点技を持っている敵にも強気な立ち回りが可能です。 ミミッキュは攻撃の種族値はそこまで高くないので、持ち物は攻撃力を上げるために「いのちのたま」を採用しています。 「ダイホロウ」の威力も、「シャドークロー」より高い。 ただし、攻撃までに2ターンかかるので、相手の交換に注意。 ミミッキュで、水や地面タイプのポケモンに対して、役割を持たせたい場合に採用する。 「のろい」で自主退場もできるため、「トリックルーム」のターン数を残しやすい点も評価できます。 「アッキのみ」を発動させることで、「ばけのかわ」が消えた後の物理耐性を上げています。 これにより、「ギャラドス」の「ダイジェット」などを耐えたあとに、「トリックルーム」を展開することが可能です。 自分より素早さの低い相手に強く、「みがわり」を活用して、相手のダイマックスターン消費させることができます。 弱点をつける場合は、「じゃれつく」で攻撃することも可能です。 「みがわり」でHPが残り少なくなった場合には、「のろい」で相手に負担をかけて退場するか、「いたみわけ」で相手のHPを減らしつつ回復する、といった選択ができるので非常に強力です。 採用する場合は、「じゃれつく」と変更して、攻撃の努力値を、防御に振るのがおすすめです。 ミミッキュの役割と立ち回り 「つるぎのまい」で攻撃をあげるエースアタッカー 「ミミッキュ」は、基本的に「つるぎのまい」で攻撃を上げて敵のHPを削るアタッカーの役割です。 特性「ばけのかわ」の効果で、安全につるぎのまいで攻撃を上げることができるので、等倍でも多くのポケモンを倒すことができます。 ばけのかわは、ダメージは軽減できますが、追加効果や状態異常は有効なので注意しましょう。 純粋な殴り合いに持ち込めますので、より単体性能は上昇しています。 ミミッキュと相性のよいポケモン ミミッキュのタイプ相性を活かせるポケモン 「ミミッキュ」は、3タイプの攻撃を無効にできる点が優秀です。 ミミッキュで技を無効にできる、相性補完のよいポケモンを編成して、有利な対面を作りましょう。 また、 ミミッキュで技を無効にされる可能性を利用し、相手の技選択を鈍らせることが可能です。 例えば、ドラゴンタイプ同士が対面した際に、相手は裏に控えているミミッキュを警戒して、立ち回る必要があります。 また、ミミッキュが狙われやすい「おにび」も、特攻は下がらないので有効です。 特にドリュウズは攻撃が高い上に、「アイアンヘッド」でミミッキュの弱点を付くことができるので、ミミッキュ対策として非常におすすめです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論・対策

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

のろいいたみわけミミッキュ 今回は先日書いた「ヌルアント」構築についての対策になる「ミミッキュ」を紹介します。 USUM中期から流行り始めたミミッキュの型で、 決定力のないサポートや起点づくりにとても強く出れます。 今日は「のろい」「いたみわけ」ミミッキュの強いところを解説していきます。 技構成 「のろい」 ゴーストタイプが使うと自分のHPを半分減らすことによって相手の最大HPを4ぶんの1毎ターン削る メインのダメージ源。 いかにこのタイプのミミッキュとバレないかが重要である。 通常の剣舞ミミッキュを受けに来た受けポケモンを逆にハメ倒す。 「いたみわけ」 相手のHPと自分のHPを同じ数値にする。 回復ソース。 「みがわり」「のろい」の自傷ダメージを無理やり取り戻す。 この技によって何度も「みがわり」「のろい」を施行する。 「みがわり」 自分の最大HPを4分の1削って自分の身代わりを出す。 抜群がとれる相手には積極的にうっていきましょう。 アドが取れるまで「みがわり」連打 2. 「ばけのかわ」を犠牲にのろいを入れる 3. 受けられるポケモンに引く 後攻であっても殴ってくるということは、安定してうけられるポケモンが後続に存在しない可能性が高いので、対面で打ち負けたとしてもある程度削っておきたいという事なので、 1. アドが取れるまで「みがわり」連打 かなり運が絡む選択肢です。 2回目のみがわりを割られた時点で、「ばけのかわ」破壊のダメージと合わせて「のろい」で落ちてしまいます。 最大リターンを求めるならこちらですが、あまりオススメできません。 「ばけのかわ」を犠牲にのろいを入れる を選択しても構わないと思います。 のろいを入れた後は「みがわり」を連打すればスリップダメージを稼げますので、ある程度まで削ったら「じゃれつく」で落としてしまいましょう。 後続のミミッキュより早いポケモンに、落とされてしまう可能性が高いですが、先に2体目を見れるのでこちらが有利な選択肢をとれます。 受けられるポケモンに引く 後出しでそのポケモンを処理できる控えがいる場合や、相手の構築でどうしても「陰キャミミッキュ」で見る必要があるポケモンがいる場合は退かざるを得ません。 「ばけのかわ」を残して引くことになるので、相手のダイマックスターンの消費などにも一役買ってくれますし、腐りにくいです。 自分より早いポケモンと対面した場合 1. 受けられるポケモンに引く 2. 「ばけのかわ」を犠牲に攻撃技で削りにいく 3. 「ばけのかわ」を犠牲にのろいを入れる 4. 「ばけのかわ」を犠牲にみがわりを張る。 受けられるポケモンに引く こちらが安定です。 そもそも「ミミッキュ」より早いポケモンが「陰キャミミッキュ」の役割ではありません。 他のポケモンを見るために選出していることが殆どです。 選出時点でキチンと引き先を用意しておくのが理想です。 「ばけのかわ」を犠牲に攻撃技で削りにいく 対面次第ではこちらもありです。 基本的には相手が弱点でもない限り、一撃で落とせることはないのであまりオススメではないですが、「サザンドラ」や「ドラパルト」には手痛いダメージを与えることができるのでアリだと思います。 「ばけのかわ」を犠牲にのろいを入れる オススメではないです。 のろいを入れた後の攻撃技で落とされてしまうので「のろい」くらいの仕事しかできません。 起点にはならないですが、最悪ではありませんが、「陰キャミミッキュ」としての役割は果たせないまま落ちてしまいます。 「ばけのかわ」を犠牲にみがわりを張る。 最大リターンを求める選択肢になります。 2回みがわりを壊されてしまうと、ばけのかわ破壊ダメージと合わせて、「のろい」自傷ダメで落ちてしまいますが、1回はやって良いと思います。 相手が物理受けの対策ポケモンに引いてくれたら爆アドです。 「じこさいせい」などで体力を回復してきてもそれが逆にこちらの回復ソースになります。 陰キャミミッキュのダメージ源は「のろい」なので、どんなに硬い相手にも同じようにダメージを与えることができます。 性格・努力値 出来るだけ多くの相手にようき最速での採用になります。 努力値は「攻撃技」での決定力があがるAS振り、不利対面で役割遂行しやすくなるHS振りのどちらかがオススメです。

次の