スロットル バルブ クリーナー。 早速施工!! スロットルバルブクリーナー

ダイハツ ムーヴ L902S WAKO'S ワコーズ スロットルバルブクリーナー TV

スロットル バルブ クリーナー

ロードスター - スロットルボディ スロットルボディは車から外して清掃するのが一番いいみたいなんですが、車に詳しくない私です。 スロットルボディを車から外してしまうことに大きな抵抗がありました。 ちゃんと外せるのだろうか?? 仮に外せたとして、きちんと元に戻せるのだろうか??といった不安です。 また、車から外してしまうとガスケット交換もしなければならないようでしたので尚更敷居が高かったのです。 結局、スロットルボディは車から外さずに、手の届く範囲のみを清掃することにしました。 インターネットの情報によると…、スロットルバルブにはモリブデンコートが施されており、モリブデンコートは傷つけてはいけないとのこと。 私の車は2001年式の古い車です。 古い車という理由だけで、モリブデンコートはされていないだろうと勝手に判断、作業に当たりました。 最近になって分かったのですが、これは間違いでした(後述)。 間違いだらけだったスロットルボディ清掃 インテークパイプを外し、スロットルボディを覗き込んでみます。 想像していたよりも汚れていない印象です。 ロードスター - スロットルボディ 清掃後 しかし! 最近になって分かったのですが、 の情報によると、スロットルバルブの縁の黒い汚れ、これは汚れではなく、傷つけないよう注意!とインターネットに記載されていた、あのモリブデンコートらしいのです。 モリブデンコート、きれいに落としちゃいました(汗) モリブデンコートがない状態だとアイドリングが不安定になるらしいです…。 モリブデンコートを落としてしまってからもう半年ほど経ちましたが、幸い、アイドリング不調は起きていません。 清掃前も清掃後も、エンジンが温まると、アイドリングは800rpmで安定します。 結果オーライですね。 もしも、モリブデンコートを落としてしまったことが原因でアイドリング不調が発生した場合は、 という会社の (品番:981019、定価:3,672円)という製品を塗布してあげればいいという情報を見つけましたので、記録に残しておきます。 あと、スロットルバルブの軸受部分もゴシゴシ磨かない方がいいらしいです。 グリスが落ちてしまうそうです。 歯ブラシでゴシゴシやってしまいました。 グリス大丈夫かなぁ。。 スロットルボディ周りは、やさしく清掃すべき箇所のようです。 根拠のない勝手な思い込みで作業してしまいましたが、走りに影響が出ないか不安です。 スロットルボディ周りの詳しい仕組みが分かっていないので尚更不安なんです(でも、当時はネットでそんな情報見つけられなかったんだよなぁ…)。 間違いだらけのスロットルバルブ清掃でした。 スロットルバルブクリーナーという製品 から という吸気系の洗浄剤が出ていますが、RECSではスロットルボディまでは洗浄しきれません。 スロットルボディの洗浄用には PDF という専用の製品が、同じWAKO'Sから出ています。 専用製品だけあって、モリブデンコートへの影響も少ないそうです。 WAKO'Sの製品なら、という安心感もありますね。 次回のスロットルボディ清掃がいつになるかは分かりませんが、次回はスロットルバルブクリーナーを使用することも考えてみたいと思います。 これは、自動車整備士の人から聞いた話なんですが(面識のない人なのでどのくらい信頼できる情報かまでは分かりません)、その人は、スロットルバルブ清掃よりも、上記RECSを施工することを勧めてくれました。 RECSの点滴をすると、吹け上がりがよくなるそうです。 RECSにも興味がありましたので、それほど遠くない内にRECSの施工をしてみる予定です。 追記:RECS施工しました。 6,480円と施工料金は高めでしたが(車の排気量によって料金は変わってきます)、走行距離22万キロオーバーの私の車では効果抜群でした! 低速域から高速域まで全領域でトルクが増しました。 多走行車にはお勧めです。 2016. 01 その自動車整備士の人は、RECSを施工することでエンジンオイルが汚れるから、RECSの施工はエンジンオイル交換直前がベターだと言っていました。 逆に、家の近くのRECS施工店はエンジンオイルの汚れはそれほど気にする必要はないと言っていました。 うーん、エンジンオイル交換直前の方が、より安心なような気はしますね。 RECSは施工店が限られてきます。 どこで施工すればいいか分からない人は、近くにRECS施工店があるかどうかを、WAKO'Sへ直接聞いてみるといいと思います。 RECSを卸している店舗を教えてくれるんじゃないかなぁ?? 下記、 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗でもRECSを施工できる店舗は少なくないのではないかと思いますよ。 ちなみに福島県会津若松市では Googleマップ でRECSを施工可能です(上記 RECS 取扱施工店一覧に載っていない店舗です)。

次の

スロットルバルブクリーナーの販売特集【通販モノタロウ】

スロットル バルブ クリーナー

スロットルバルブの清掃 比較的簡単な作業 インタークーラーを外します スロットルバルブケースのカバーを外します 上側の1本を外すだけでOK 輪郭が汚れていました 色々と外す手間はあるものの、作業自体はとても簡単。 エンジンカバーを外し、インタークーラーを取り外す。 画像を見ていただけるとわかると思うのですが、インタークーラーはネジ3本で止まっており、ネジを外せば後は周りのパイプを外していけばすんなり外れます。 後ろに1本、細い小さなホースがついているので忘れがちになりそうです。 外す際は注意が必要です。 外したついでにインタークーラーの中もパーツクリーナーでジャブジャブ吹き付け、清掃しました。 これが中々汚れていて、出てくる廃液は茶色。 長年の使用で内部に入り込んだオイル等の汚れかと思われます。 あまりにもたくさん出てくるのでパーツクリーナーほぼ1本使う勢いで洗浄しました。 インタークーラーを外した後はスロットルバルブが収まっている上部のカバーを外していきます。 ここは他のパイプと同様、2つの留め金で挟んでいるだけなのでペンチ等で緩ませれば外すことができます。 2つありますが上側の1つだけ外せばカバーは外れてきます。 ここまで3か所位のパイプ類を外してきますが、おそらくどこのパイプも接続部がブローバイのオイルである程度汚れていると思います。 気になる方は合わせて清掃してもいいでしょう。 私は少しパーツクリーナーで吹く程度に留めました。 スロットルバルブはそこまで汚れてもいなかったのですが、せっかくここまで外したことだし何もしないのも勿体ないので、手持ちのワコーズ・スロットルバルブクリーナーとウエスで拭きつつ清掃。 すぐ横にワイヤーがあるのでそれでバルブを開け閉めしながら無理のない範囲でクリーナー吹きつけ、ウエスで拭く、を何度か繰り返しました。 スロットルバルブの輪郭が汚れていたのですが、クリーナーだけでは全く汚れは落ちませんでした。 ウエスで拭いてみると真っ黒。 なんだかなあ~と思いつつ、作業を終了。 逆の手順で組み付けて元通りにします。 スロットルバルブ清掃後はECUリセットも スロットルバルブの清掃が終わった後はECUのリセットを行うのが望ましいとのこと。 コンピューターにあるこれまでの吸排気の学習状態をリセットすることが狙いです。 リセットすることでソニカは新車時の真っ白な状態に戻ることができます。 ヒューズボックスにあるECUのヒューズを抜くだけで大丈夫だそうですが、私はバッテリーを外して対処しました。 アイドリング不調解消 作業終了後、試しに5分程近くを走りました。 アイドリングの不調は完全に治っていました。 信号待ちのエンストしそうになるブルブルとした症状は完全になくなり、元々の安定感のあるアイドリングを取り戻しました。 余談ですがこの作業のあと、久しぶりにロイヤルパープルを使ってオイル交換しました。 なめらかさに定評のある米国製オイル レッドラインと肩を並べる?と評判のオイルです。 10年程前まで頻繁に入れていましたが量販店では中々手に入らないのと、当時と違って今は結婚したのであまり自由にお金が使えないこともあって、この手の少々お高いオイルはあまり手が出せなくなってしまったのですが、ボーナスが入ったこともあって奮発しました。 やっぱりイイですね。 最近はエステル系のオイルばかり使っていますが、改めてロイヤルパープルを再評価したいです。 いつも高回転で回している軽自動車にこそ良質なオイルを入れたいところですけど、懐事情もあるのでどうしてもコスト優先になってしまいます。 加えて燃料添加剤も投入。 本当はワコーズの物を入れようと思っていましたが、値段が100円しか違わないし、なんとなく気になったのでこれを入れてみました。 商品紹介プロモを見てましたけど高速でリッター辺り2km伸びたとかなんとか言っていました。 あまり信じてませんけど効果が出れば御の字ということで気休め程度に入れています。 PEA配合と記載があるのである程度、溜まったカーボンの除去はできるんじゃないかと。 ここまでしてあげたらソニカのエンジンの調子はかなり良くなりました。 お盆明けの通勤はしばらくの間楽しめそうです。

次の

スロットルバルブクリーナーの販売特集【通販モノタロウ】

スロットル バルブ クリーナー

ワコーズ RECS レックス スロットルバルブクリーナー エンジン内のカーボン汚れを洗浄し、コンディション回復 エンジンは使用期間の経過とともにカーボンスラッジが蓄積していき、本来の性能を発揮していないことが多々あります。 特に省燃費や環境配慮を重視した最近のエンジンでは、EGRにより多量の排気ガスを再循環させるようになっていて、吸気経路や燃焼室へのカーボンスラッジ等の汚れが増える傾向にあります。 ワコーズ RECS レックス 吸気系洗浄システム ワコーズ レックスは、専用機材を用いてRECS洗浄剤を注入し、インテークマニホールド・吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、排気バルブまで短期間で洗浄し、燃焼状態を改善します。 エンジン内のカーボンスラッジの除去・洗浄効果は大きく、エンジンコンディションを本来の状態に戻し、パワーの回復、アクセルレスポンスや燃費改善、有害ガスの低減などの効果が得られます。 ガレージHRSではRECS処理の際、燃料へカーボン除去&エンジンコンディション回復効果のある独自の添加剤を使用してエンジン洗浄の効果をより確実なものにしています。 お手軽費用でエンジン内部にたまったカーボンやスラッジを取り除き、エンジン性能をリフレッシュ。 ファミリーカーからハイパワー車・チューニングカーまで、車を愛する全ての人へ ワコーズ RECS レックス こんな時におすすめです• 走行距離が増えて性能ダウンしてきたエンジンをリフレッシュしたい• エンジンのコンディションを良好に保ち、長く乗りたい。 渋滞の多い市街地走行がメイン、短距離・短時間での運転が多く、エンジン内部が汚れやすい• 直噴エンジン車(エンジンの構造上、通常の車よりカーボンスラッジ等の汚れが多いため)• USEDカーを買ったが、前オーナーがどんな使い方・メンテナンスをしていたか不安• 構造上カーボン蓄積の多い直噴エンジン車のコンディションを回復したい ワコーズ RECS + カーボン落とし 施工料金.

次の