集団ストーカー。 集団ストーカーとは?実在する組織とストーカー被害の実態と対策!

集団ストーカー|ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

集団ストーカー

集団ストーカーとは 迷惑防止条例、数々の 法律の範囲のギリギリの悪質な行為 嫌がらせなど をする犯罪が増加傾向にあります。 不特定多数の人間が特定の人物に24時間365日、ありとあらゆる手法で車両、自転車の追尾を行うこともあります。 時と場合によって、駅や出先などあらゆる場所で先回りをして待ち伏せします。 集団ストーカーの特徴は 「日常のなかの嫌がらせ」特定の人物がいない環境だと、加害者はよく見かける通行人です。 車両を運転するドライバーだったり、いろいろな仕事に携わっている人たちに過ぎません。 特定の人物がいる時だけ、相手にわかるような行動をします。 例えば、普通に歩いてる人が、通りぎわに咳をしたり、携帯を向けたりする行為は特定の人物がいる時に行います。 そのため、第三者の前では一切行いません。 常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても 「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を作られてしまいます。 しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人なため、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに盗撮されてかもしれない。 盗聴されてるかもしれない。 不安が大きくなったり、自分のことを 見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けます。 このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す心理状態を利用した手法が一般的に使われただけではありません。 エスカレートすると車両・バイクの煽り運転、信号無視など共同危険行為を行います。 この集団ストーカーは、プライベートの時間だけで起こるわけではありません。 仕事の妨げとなる妨害行為をしたり、飲食店内での嫌がらせ接客、異常までのノイズキャンペーンという行為を起こしたりします。 お年寄りや子ども、ベビーカーを使ってのコリジョンキャンペーンという、故意に被害者にぶつかり、トラブルを起こさせようとするグループも存在します。 若い人だけではなく、お年寄りを利用して井戸端会議を装って特定の人物の悪評を近所中に言いふらしたり、インターネットを利用して拡散して近所の コミュニティからの孤立をさせる手法を取ります。 その他にも 騒音被害、電磁波被害、異臭被害、盗聴、盗撮被害が複数重なっている被害に加えて個々の弱点や性格を細かく調査をして偶然が偶然を装った犯罪を集団ストーカーと呼んでいます。 この集団ストーカーは、特定の人が玄関から外に出かける瞬間に車両のクラクションやスマートフォンのアラームで仲間に知らせて加害行為を行う傾向があります。 集団ストーカーの犯罪は決して「犯罪」として認知されてはならない 被害者が常に不利な状況でいなくてはならないため、集団ストーカーの実態を周知されることを非常に警戒しています。 SNSで拡散されることを意識してなのか被害状況をネット上に書かれてないかネットストーキングしてまで、加害行為を加害者と第三者に気が付かれないように、被害者同士のコミュニティを作らないように必死で 「火消し」行為を行っています。 迷惑防止条例の改正や世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせ行為者が多く、警察に通報しても「厳重注意」で済めばいいほうでしょう。 大半は通報者の神経質からくる過剰反応としか見られないことが多いです。 組織的な犯行の可能性がある場合 人物を1人特定し嫌がらせ行為をやめさせるように持っていきます。 盗撮・盗聴調査• 電磁波調査• オンライン調査• スマートフォンの乗っ取り調査やwifi調査• 監視カメラで加害行為を突き止める• GPS調査など 迷惑防止条例の違反であれば警察に立証でき、訴訟を起こす資料を確実に収集することは可能です。 まずは、情報がどの媒体で拡散しているかなど突き止めること。 アナログ式で情報の出所が困難であっても、出先まで調査員が追跡して状況を確認することも可能です。 集団ストーカー調査は調査だけではなく調査後のアフターケアももちろん致します。 不安になったらいつでも私たちが駆けつけて、近況を報告して今後の対策に役立てることもできるでしょう。 集団ストーカーの加害者側は、被害者の理解者を作られることを非常に嫌います。 時には「調査員がいても無駄」とアピールするかもしれません。 それでも良いのです。 私たちが皆さんのそばにいるだけで、心の余裕ができますし安心して生活できる日を取り戻す原動力になりますので、 必ず解決するまでお手伝い致します。

次の

集団ストーカーの対策や撃退の方法やその目的!被害者の会ってある?

集団ストーカー

集団ストーカーとは 迷惑防止条例、数々の 法律の範囲のギリギリの悪質な行為 嫌がらせなど をする犯罪が増加傾向にあります。 不特定多数の人間が特定の人物に24時間365日、ありとあらゆる手法で車両、自転車の追尾を行うこともあります。 時と場合によって、駅や出先などあらゆる場所で先回りをして待ち伏せします。 集団ストーカーの特徴は 「日常のなかの嫌がらせ」特定の人物がいない環境だと、加害者はよく見かける通行人です。 車両を運転するドライバーだったり、いろいろな仕事に携わっている人たちに過ぎません。 特定の人物がいる時だけ、相手にわかるような行動をします。 例えば、普通に歩いてる人が、通りぎわに咳をしたり、携帯を向けたりする行為は特定の人物がいる時に行います。 そのため、第三者の前では一切行いません。 常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても 「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を作られてしまいます。 しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人なため、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに盗撮されてかもしれない。 盗聴されてるかもしれない。 不安が大きくなったり、自分のことを 見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けます。 このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す心理状態を利用した手法が一般的に使われただけではありません。 エスカレートすると車両・バイクの煽り運転、信号無視など共同危険行為を行います。 この集団ストーカーは、プライベートの時間だけで起こるわけではありません。 仕事の妨げとなる妨害行為をしたり、飲食店内での嫌がらせ接客、異常までのノイズキャンペーンという行為を起こしたりします。 お年寄りや子ども、ベビーカーを使ってのコリジョンキャンペーンという、故意に被害者にぶつかり、トラブルを起こさせようとするグループも存在します。 若い人だけではなく、お年寄りを利用して井戸端会議を装って特定の人物の悪評を近所中に言いふらしたり、インターネットを利用して拡散して近所の コミュニティからの孤立をさせる手法を取ります。 その他にも 騒音被害、電磁波被害、異臭被害、盗聴、盗撮被害が複数重なっている被害に加えて個々の弱点や性格を細かく調査をして偶然が偶然を装った犯罪を集団ストーカーと呼んでいます。 この集団ストーカーは、特定の人が玄関から外に出かける瞬間に車両のクラクションやスマートフォンのアラームで仲間に知らせて加害行為を行う傾向があります。 集団ストーカーの犯罪は決して「犯罪」として認知されてはならない 被害者が常に不利な状況でいなくてはならないため、集団ストーカーの実態を周知されることを非常に警戒しています。 SNSで拡散されることを意識してなのか被害状況をネット上に書かれてないかネットストーキングしてまで、加害行為を加害者と第三者に気が付かれないように、被害者同士のコミュニティを作らないように必死で 「火消し」行為を行っています。 迷惑防止条例の改正や世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせ行為者が多く、警察に通報しても「厳重注意」で済めばいいほうでしょう。 大半は通報者の神経質からくる過剰反応としか見られないことが多いです。 組織的な犯行の可能性がある場合 人物を1人特定し嫌がらせ行為をやめさせるように持っていきます。 盗撮・盗聴調査• 電磁波調査• オンライン調査• スマートフォンの乗っ取り調査やwifi調査• 監視カメラで加害行為を突き止める• GPS調査など 迷惑防止条例の違反であれば警察に立証でき、訴訟を起こす資料を確実に収集することは可能です。 まずは、情報がどの媒体で拡散しているかなど突き止めること。 アナログ式で情報の出所が困難であっても、出先まで調査員が追跡して状況を確認することも可能です。 集団ストーカー調査は調査だけではなく調査後のアフターケアももちろん致します。 不安になったらいつでも私たちが駆けつけて、近況を報告して今後の対策に役立てることもできるでしょう。 集団ストーカーの加害者側は、被害者の理解者を作られることを非常に嫌います。 時には「調査員がいても無駄」とアピールするかもしれません。 それでも良いのです。 私たちが皆さんのそばにいるだけで、心の余裕ができますし安心して生活できる日を取り戻す原動力になりますので、 必ず解決するまでお手伝い致します。

次の

集団ストーカーとは?実在する組織とストーカー被害の実態と対策!

集団ストーカー

遂に国連で集団ストーカーが取り上げられたらしい。 これは大いなる前進と考えるべきであろうか。 とにかく、誰でもいいから、集団ストーカーの苦しみを1人でも多くの人に分かってもらうのは有難いことである。 日本でも海外と同じように法整備が進み集団ストーカーは撲滅してもらいたいものである。 以下集団ストーカー問題を克服するより文書引用 表題のように、国連において集団ストーカー・テク犯罪が報告されました。 TIであることが判明した氏にニルス・メルツァー氏が面会し、全世界のTIがアンケートに答えてそれを報告書にしています。 カとロシアとフランスでは電磁波兵器の悪用を取り締まる法律があり、カでは、海外では、ギャングストーキング、エレクトリックハラスメントと呼ばれているが、集団ストーカーの危険性を訴えるCMが流れたらしい。 2008年にはテレビで思考盗聴器関連のテレビ番組が放送されたらしい。 欧米ではこのように集団ストーカーの周知が日本と比べて進んでおり1般人が知る所のものであるのであり、海外の被害者は日本人の被害者に比べて生きるのは楽であろう。 というのも、集団ストーカー被害の何がつらいかって周りに理解者が1人もおらず、この苦しみを分かってくれる人がいないことなのだ。 従って欧米の被害者は周りに理解者がおり、苦しみを理解してくれる人間がいるので苦しみが緩和されるのだ。 日本ではメディアが取り上げた集団ストーカー関連の事件と言ったら松田集団ストーカー事件だけである。 私は前から何度も訴えているが、実は集団ストーカーは誰もが知る所の犯罪であり、犯罪の主体は裏の権力者達ではなく別の何者かであり、彼等が一般人から有名人に音声送信兵器で指示を出し、仄めかしや、アンカリング等をさせてるに過ぎない。 しかし、そうは言っても、テレビで取り上げられるのと取り上げられないとでは雲泥の差があるわけで、集団ストーカーを公にして、被害者の苦しみを理解してもらうだけでも大分違うはずだ。 私もそうしてもらったら大分苦しみは軽減されるだろう。 日本の被害者は一番辛い立場におかれているのだ。 マスコミ関係各社やテレビ局、政治家に訴えてみるか。 のホームページにメールを送りテレビで取り上げてほしいと訴えてみようか。 日本にはいくつか被害者団体があり、それぞれ活動してるが信用できるのは石橋輝勝が理事長を勤めるテク犯罪被害ネットワークぐらいだろう。 一番入会している被害者が多い被害者団体である。 私も入会したいが地元が東北のため中々、東京には行けないのである。 私の地元の被害者数は11人であり結構多いから街宣活動が出来るだろう。 東北なら移動にさほど困らないから東北の被害者に出会い苦しみを共有化出来るだろう。 何故日本だけ公にならないのだろうか。 公になると何か困ることでもあるのだろうか。 日本の集団ストーカー被害者は欧米の被害者より辛い状況に置かれていると言われており、テレビで取り上げられ、公になるだけで苦しみは大分軽減されるだろう。 日本の集団ストーカーは密かに集団ストーカーを楽しんでいるのではないか。 虐めが好きで集団ストーカー被害者の苦しみが彼等の喜びであり、だから公にせずに秘密裏に集団ストーカーを楽しんでいるのではなかろうか。 外を歩けば笑いを堪えている人間に大量に遭遇するが今の日本人は性格が悪くて弱者軽視であり、集団ストーカー被害者の存在が密かに嬉しく優越感に浸っているのではなかろうか。 集団ストーカー被害者に選ばれなかっただけでも優越感に浸れるのではなかろうか。 前の記事で集団ストーカーはカの属国である屈辱を集団ストーカーを利用してその鬱憤を晴らしていることを認めたと書いたが、それと関係あるだろうか。 笑いを堪えてる一般人も集団ストーカー同様、カの属国であることが苦痛で心中密かに集団ストーカーのお陰で鬱憤を晴らす事が出来、集団ストーカーが満更でもないだろうか。 それは分からないがとにかく、何故日本だけ公にならないか謎は深まるが日本でも集団ストーカーを公にして早く法整備をし、集団ストーカーは撲滅してもらいたいものである。 今回の音楽 ノーフィーリングス この記事は更新が1番上に反映されなかった記事である。 なので別記事をアップしそのアップされた記事を消してこの記事をコピーしてアップした記事である。 集団ストーカー被害者がブログの記事がアップされないことがよくあると語っていたので今回変な所に記事がアップされたの集団ストーカーの仕業であろうか。 それとものバグであろうか。 mjpw490.

次の