俺 の ベーカリー 綱島。 「俺のBakery」自由が丘で でかい!サンドイッチをテイクアウトしてみた

俺のベーカリー綱島でフレンチトーストテイクアウト!カロリー情報も

俺 の ベーカリー 綱島

ご予約分のお支払いはクレジットカードによる事前決済のみとなります。 画面上部の「レストランをお選び下さい」より、店舗をご選択いただけます。 発送対応は受付しておりません。 予約販売とは別に当日販売分もご用意しております。 ご予約は7日先分まで受付しております。 1 食パンのカットスライスはできますか。 できるだけ焼きたてのパンをご用意しており、焼きたてのパンが非常に柔らかく冷めるまでスライスできないため、お断りさせていただいています。 2 パンを別々の袋に包装してほしい。 2斤(1本)毎での包装を行っております。 3 1つの袋にまとめてほしい。 ご用意できる1番大きな袋が2斤パンが1本入る大きさのものになるため、大変申し訳ございませんがご対応いたしかねます。 4 買いたい個数で購入できない。 各時間、焼き上がりに合わせてご用意できる本数に限りがあるため、ご予約が集中するとご希望本数のご用意が難しい場合がございます。 但し、当日キャンセル等でご対応可能な場合もありますので、店舗に直接お電話でお問い合わせいただければ幸いです。

次の

俺のベーカリー綱島でフレンチトーストテイクアウト!カロリー情報も

俺 の ベーカリー 綱島

俺のベーカリー綱島はこんなお店 綱島駅から徒歩1分、バス通り沿いにある俺のベーカリー綱島店。 高級食パンを1本(2斤)単位、1000円ほどで販売しているパン屋さんです。 俺のベーカリー綱島のメニューと焼き上がり時間 俺のベーカリーでは2種類のプレーンな食パンがメインの商品となります 2020年3月現在の綱島店では、• 銀座の食パン~香~ 1000円(税込)• 山型の食パン 900円(税込) こちらの2種。 「香」の方は「もっちり濃厚」が特徴で、俺のベーカリーの主力商品。 持ち帰り方悪くてちょっと形崩れた(泣) 正しい様相は上に載せたパンフレットの写真をご参照くださいorz でもまあ、形悪くなっちゃったけど、とりあえず、美味しそう! そしてかなり迫力ある見た目・・・! サイズ自体はそんなに大きくなく、パンの長辺が10センチくらいだったかな。 結構手に持つと小ぶりだな~って感じました。 厚みがすごいんだけど、パン自体は小さめ。 なんですが・・・ これ、食べたときの満足感はんぱないですw とりあえず卵。 すごい。 もはやサンドイッチというより卵。 かろうじてサンドイッチなレベル。 でも!それでいて、 全然しつこさとかはない!!! カラシが入ってるんだけど、それはほんのり感じるレベルで、あからさまにピリッとする感じではなく。 ほんのり気が付くアクセントとして入っていて。 結論 めっちゃ、うまい!!! です。 ぺろりと完食しました。 続いて おいおい 厚みがあるだけにとどまらない。 はみ出てますけども。 加えて有塩バターの厚切り感もすごい。 かなりのハイカロリーが予想されるけれど、この際気にしないことにしました。 これもね!! まーーーーーー美味しかったよ!!!! あんバターって美味しいね。。 バターの塩味を楽しみながら、あんこ(もはやサンドイッチではなくあんこ)をいただく。 SNSとかチェックしたら、(別店舗で)小倉あんバター2切れは重くて食べられなかったって意見もあったけど・・・ 少なくともこのたまごサンドのセットだと小倉あんは一切れだし、全く過剰な感じはしなかったです。 ・・・。 と言いつつ、このふた切れでかなり、 満腹!! 最初小ぶりかと思ったけど、これ以上大きいと食べきれない人も出てきそう。

次の

「俺のBakery」が綱島駅前に路面店オープン。電話&ネット予約も可能

俺 の ベーカリー 綱島

小麦などの材料から製造工程まで、すべてにこだわり、誰もが美味しいと思うであろうパンを提供していきます。 *************** 綱島店はサテライト店を目指していますので、少人数制のチームで活躍していただきます。 協調性がある方、仲間を大事に想って行動できる方、歓迎します。 いろんな体験があなたを待っています。 「人の成長なくして会社の成長はなく、会社の成長なくして人の成長はない」と考えています。 人の成長なくして会社の成長はないと考えていますので、スタッフの受け入れ体制強化を目指し、入社後の疑問や質問に答える「育成担当者」をつけさせて頂きます。 育成担当者になるスタッフだけではなく、店舗、いえ会社全体であなたの成長を願っています。 まだまだ発展途上の我々です。 東京のみならず、日本全国に店舗拡大を計画中(海外ではフランチャイズを3店舗運営)。 まだまだ発展途上の我々です。 私は、包丁を持ったこともありません。 料理のこともあまり詳しいわけでもありません。 でも、だからこそ料理人の皆さんをリスペクトできるのだと思います。 料理人の方々が知識と技術とセンスを駆使して造ったひと皿の美食を前に、私は何度も感動してきました。 創業当時は、飲食業で何の実績もない私の言うことなんか聞いてくれないと思っていました。 『夢』を共有するなんて格好良すぎ、信じてもらえないだろうとなと思っていました。 でも、少しずつ店舗も増えてきて料理人、サービス人の方たちとの間に信頼関係が芽生えるようになったのです。 私たちはこの8年間で、色々なことにチャレンジしてまいりました。 立ち止まって考える人は世の中にいっぱいいます。 でも、私たちは考えることより、実際にそれを『やる』ことを重要視しています。 なぜなら、失敗してもそれは会社の財産になりますから 一緒に、新しい環境で私達とチャレンジしませんか? そして、 『飲食業でしあわせになろう!』.

次の