監査法人 アドバイザリー 激務。 公認会計士のアドバイザリー業務とは?仕事内容、身に付く知識やメリットについて

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの1日選考会とは。

監査法人 アドバイザリー 激務

仕事内容 会計監査の一環として行う、コンピュータ利用監査技法を用いたERPシステム等の業務プロセスの分析 【具体的】 ・企業の業務プロセス、アプリケーションとデータフローの把握とリスク評価分析 ・ERPシステムからのデータ抽出 ・分析データモデルの構築 ・データ分析ツールを使用したデータ分析 ・上記を実施するための各種研究開発 (言語:SQL使用) 【魅力】 ・ERPの経験があり、デジタル、データ領域に興味がある方が活躍されています。 金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、155ヶ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。 法廷基準を上回る育児・介護休業や短時間勤務制度など、職員が仕事と育児のバランスを保ちながら働き続けられる制度の拡充に努めており、2014年度に導入した病児保育サービス、2015年にスタートしたコンソーシアム型保育施設など、大手監査法人として初の取り組みを行ってきました。 今後も、子育て世代が安心して働ける環境整備をよりいっそう進めております。 また2016年8月より、育児・介護による時短勤務者を対象に、在宅での勤務実施が可能な制度が開始しました。 勤務地• 仕事内容 ・監査上の分析要件をくみ取り、分析シナリオの構築や、データのチェック・加工、データ分析、報告を実施します。 各企業の財務諸表監査におけるデータ分析スペシャリストとして、以下のような内容を実施して頂きます。 金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、155ヶ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。 法廷基準を上回る育児・介護休業や短時間勤務制度など、職員が仕事と育児のバランスを保ちながら働き続けられる制度の拡充に努めており、2014年度に導入した病児保育サービス、2015年にスタートしたコンソーシアム型保育施設など、大手監査法人として初の取り組みを行ってきました。 今後も、子育て世代が安心して働ける環境整備をよりいっそう進めております。 また2016年8月より、育児・介護による時短勤務者を対象に、在宅での勤務実施が可能な制度が開始しました。 勤務地• 仕事内容 データ分析の要件とクライアントのデータ内容を把握し、入手データのチェックや加工処理のための要件整理および実際の加工処理をしていただきます。 また、作業効率向上のため、反復的に行う処理については、標準化・システム化していただきます。 【具体的】 各企業の財務諸表監査におけるデータ処理エキスパートとして、データ処理専任者で構成されるデータプロセスチームの中核として、データ処理のみならず、データ処理基盤の構築・展開に関する以下のような内容を実施して頂きます。 金融、情報・通信・メディア、製造、官公庁など、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有するとともに、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGインターナショナルのメンバーファームとして、155ヶ国に拡がるネットワークを通じ、グローバルな視点からクライアントを支援しています。 法廷基準を上回る育児・介護休業や短時間勤務制度など、職員が仕事と育児のバランスを保ちながら働き続けられる制度の拡充に努めており、2014年度に導入した病児保育サービス、2015年にスタートしたコンソーシアム型保育施設など、大手監査法人として初の取り組みを行ってきました。 今後も、子育て世代が安心して働ける環境整備をよりいっそう進めております。 また2016年8月より、育児・介護による時短勤務者を対象に、在宅での勤務実施が可能な制度が開始しました。 勤務地• 仕事内容 世界最大のグローバルファームであるPwCのネットワークやコネクションを活かして、データ分析の経験や知識をクライアントのマネジメント層に対してアプローチできます。 また、多種多様な専門家との協業を通して、自身のスキルアップや視野を広げることで、クライアントへの付加価値を増大させたアプローチができるようになります。 また、多種多様な能力を持った人材が個々の能力を活かせる風土を大切にしております。 【キャリアパス】他監査法人と比較して、部署、ポジションの垣根が薄く、多様なジョブの経験を通じてキャリア形成を支援する制度が用意されており、オープンエントリー制度による部署異動も可能。 また、PwCコンサルティング、PwCアドバイザリー、税理士法人PwCなど他のPwCグループ会社へ移籍、PwCのネットワークを活かして海外で活躍する道も用意されています。 【多様な働き方】作業の場からコラボレーションの場へ。 在宅勤務やフリーアドレス制など多様な働き方を推進しています。 ライフイベント(育児、介護)を迎えた方や、時間的・地理的制約を抱えた職員も、 最前線で活躍していただくために、多くの支援制度を導入しています。 勤務地• 仕事内容 データリスクを意識した データ利活用とガバナンスの現状評価及び改善策の立案と導入支援していただきます。 デジタルトランスフォーメーションや経営環境の変化(戦略、規制、テクノロジー導入など)に伴うデータ環境の変遷を正しく示唆し、 データ利活用推進のご支援に従事いただきます。 スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• 仕事内容 【データ分析基礎技術の研究開発業務】 人工知能技術・機械学習技術領域の基礎的な技術の研究・開発から、当該技術を基にした新規サービスの開発・提供支援まで幅広く従事いただきます。 スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• 仕事内容 【具体的な職務内容】 金融機関(主に銀行・信託・証券)、事業会社(金融兼業)に対する、スコアリングモデル見直し支援、データベースマーケティング実行支援 【詳細】 ・データの収集・クレンジング ・データの分析・解析 ・統計的に有意な変数の当たり付け、検証、選定 ・分析・解析結果を踏まえたモデリング ・分析・解析結果を踏まえたマーケティングプラン・商品プラン検討 ・結果・プランのPPTへの落とし込み ・クライアント向けのプレゼンテーション 主な対象は個人向けローン・クレジットカード・運用商品・保険・決済手段等の金融サービスです。 スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• 1ステップの簡単手順で登録可能! 仕事内容 金融機関を中心に、金融機関の顧客や協働先を含め、以下の業務推進(各種調査、分析及び対応方針の検討、プロジェクトマネジメント等)を行って頂きます。 スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• 仕事内容 医療機関・官公庁・自治体に向けたヘルスケア分野の課題を情報分析や戦略立案により解決するため、提案活動及び上流サービスデリバリー、IT戦略、IT計画、各種調査分析をお任せします。 スタッフクラスのコンサルタントでも 800万以上ケースもございます。 勤務地• 仕事内容 クライアントの管理部門・内部監査部門が実施する各種モニタリング業務に対して、アドバイザリーを提供するチームのプロジェクトメンバーを募集しています。 プロジェクトの対象業務は多岐に渡りますが、各分野の専門家の指示のもと、プロジェクトの成果物作成からクライアントとのミーティングへの参加、社内事務手続きなどプロジェクトに関する一連の業務に関与していただきます。 【主な業務内容】 ・分析データ入手のためのコミュニケーション ・データクレンジング ・データを定められた構造へ加工(指定ツール有) ・ツールを使用したデータ加工処理の自動化(指定ツール有) ・データ分析・解析 ・データ分析結果のとりまとめ ・その他上記に付随する業務 会社特徴 PwCは、世界158カ国743都市に223,000人以上のスタッフを有する世界最大の会計事務所グループです。 「PwCビジネスアシュアランス社」は日本の4大監査法人の一つ「PwCあらた有限責任監査法人」が、2015年に新設した会社です。 PwCが世界で培った監査に関する知識や経験を活用し、公認会計士による会計監査の枠組みを超えて、クライアントのビジネスモデルに適応したサービスを開発・提供することによって、クライアント価値の維持・向上や改善に貢献することをミッションとして掲げています。 【キャリアの幅を広げられる環境】 これまで一連の流れの一部にしか携われなかった方でも、同社では組織や経営、ビジネスプロセスなど、別の角度から幅広くシステムに関わることができます。 会計監査やシステム監査、内部統制の専門家としてのスキル・経験を得るとともに、将来のキャリアパスとして、内部監査部門やリスク管理部門などでも通用する専門性が身につきます。 【ワークライフバランスを実現】 監査・評価業務は正しい結果を返すことが求められるため、 作業の進め方やスケジュールをセフルコントロールできます。 他の作業との調整やプライベートの充実など、ライフスタイルに合った働き方を実現できます。 お客様先での常駐型勤務ではないため、時間の融通をつけやすい点が特長です。 また、繁忙期でもハードな働き方はなく、繁忙期が終わったタイミングでまとめて休みを取るなど、メリハリのある働き方が可能。 勤務地• 仕事内容 企業内外の様々なデータを活用したコンサルティング業務をお任せします。 データ活用や予測モデル開発(機械学習・AIを含む)によって、クライアントの抱えるビジネス課題を改善・解決するために、課題設定からデータ分析、業務への落とし込みまで幅広く従事していただきます。 ・ データ分析に係る専門性を、多様な業種のクライアントへのビジネスコンサルティングに活かすことができる業務です。 ・ 自社ツールを持たないためクライアントファーストな分析ができます ・研究開発チームを持っているため最先端の技術に関われる ・ 職場の人間関係はフラットで、職位にかかわらず意見が尊重される職場です。 仕事内容 同チームにて、クライアントの事業課題や社会アジェンダに対し、新技術を活用したソリューションを開発し、そのサービス化・事業化をお任せいたします。 AI、IoT、ビッグデータ、Fintech、ブロックチェーンなど、新しい技術を活用し、企業や社会のリスク低減、新しい価値創造を担います。 仕事内容 【会計監査のためのデータ分析コンサルティング業務(Audit Analytics)】 各企業の会計監査の現場で抱える課題・要望に対し、データ分析のスペシャリストとして公認会計士と協業していただきます。 ・分析手法の立案支援から分析の実施 分析結果の解釈からインサイトの提供までを一貫して関わります。 【リスクアドバイザリー業務】 経営管理高度化により企業の持続的成長をサポートする仕事です。 企業をとりまく環境の変化は日々激しさを増しており、経営者の意思決定を支える仕組みとして、リスクや課題の把握・管理のための有効な経営管理基盤が強く求められるようになっています。 会計監査のためのコンサルティング業務の知見とのシナジーを活かし、財務、経理、事業リスク他、データ分析コンサルタントとしての活躍が期待されます。 deloitte. html•

次の

【監査法人で働く社員の年収は?】比較、ランキング別に説明します

監査法人 アドバイザリー 激務

本記事では第9回の開催に向けて、今年1月に開催された の内容を振り返ります。 第8回 公認会計士ナビonLive!! のトークセッションでは、 「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」をテーマに、事業会社とコンサルティングファームで活躍する5名の公認会計士と、会計業界に精通した転職エージェントでもある公認会計士ナビ編集長が、公認会計士のキャリアについて語りました。 第8回 公認会計士ナビ on Live!! 本記事では、トークセッション 「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」より、 グローウィン・パートナーズ株式会社のシニアヴァイスプレジデントである長田新太 氏(公認会計士)のコメントをご紹介します。 登壇者 長田 新太 グローウィン・パートナーズ株式会社 シニアヴァイスプレジデント/公認会計士 2008年、公認会計士試験合格後、新日本監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所。 法定監査の他、財務デューデリジェンス業務等に従事。 その後、フロンティア・マネジメントに入社。 またFA部門のシニアマネージャーとして、人材採用・教育、部門戦略策定等のマネジメント業務にも携わっている。 監査法人とコンサルティングファーム、両者の違いに感じた新鮮な驚き 規制に縛られずアドバイスができる開放感 新日本監査法人から、総合コンサルティング会社であるフロンティア・マネジメントに転職し、FA(ファイナンシャル・アドバイザリー)業務に従事した長田氏。 その後、当時約30名程度であったグローウィン・パートナーズ株式会社に転職し、FA部門のキーマンとして同社の規模が約3年で約3倍にまで急速に拡大する過程に貢献した長田氏。 コンサルティングの道に進むべくして会計士になったような長田氏の経歴だが、最初にコンサルティングファームに転職をしたときは、監査法人との違いに驚くこともあったという。 監査には、指導機能・批判機能がありますが、そのうちの指導性が面白いと思っていました。 ですが、監査法人で指導性を発揮しようとしても監査は規制業種ということもあり、どうしてもマニュアルや規則に収まる範囲内でやらざるをえませんでした。 一方、コンサルティングファームでは、思いきりアドバイスできる開放感があり、監査法人との違いに驚きました。 また、自分自身の経験や知識がダイレクトに商品になることも、コンサルの魅力です。 コンサルティングファームに入りたての頃、クライアントの方と話をしていた際、ふと、会計士試験で暗記していた細かい知識を思い出して伝えたところ、それだけでもとても感謝されました。 積み上げてきた知識や経験がクライアントからの評価に直結するところも、コンサルティング会社ならではの良さだと思います。 監査法人では感じたことがなかった、狩猟民族的な感覚 コンサルティングファームに転職し順風満帆なキャリアを歩んできているように見える長田氏だが、何も苦労がなかったわけではない。 監査法人にいたときはお客さんが決まっていて、上司からアサインされて、月に何回とか決算とか、決められたときに行って監査をします。 ある意味、仕事は上から与えられるような感覚です。 ところが、転職先のフロンティア・マネジメントで、営業活動にも関わったことにより、自分たちで取ってこなければ仕事はないということに気付き、価値観が大きく変わりました。 M&Aの仕事をとるために、自分でマーケティングをしたり、上司と共にファンドや事業会社をまわって提案や営業活動を行い、それによってどのようにすれば仕事がとれるのか考えるようになり、狩猟民族的な感覚が芽生えました。 当初は大変にも感じましたが、経験を積むにつれて心地よく面白く感じるようになりました。 監査経験はどの程度コンサルファームで応用できるのか? FA(ファイナンシャル・アドバイザリー)は監査経験を応用しやすい領域か 監査法人からコンサルティングやFASへの転職を考えている方には、監査法人の経験だけで通用するのか気になるところだろう。 長田氏は、FA業務と監査経験との関係について語ってくれた。 有価証券報告書を利用してプレゼン資料を作成するときや、投資家やクライアントに資料を説明するときに、有価証券報告書をチェックしていた経験があるのでやりやすいというところはあります。 一方、PPA(Purchase Price Allocation)では、被買収側企業の資産負債を時価評価して、買収価額を適切な勘定科目に配分することになります。 監査法人での経験があれば、どういったプロセスで審査が進んで、どういったところがポイントになるのかということが理解できますし、その視点で、のれんの耐用年数とか、無形資産の評価のアドバイスができるのは強みになります。 FASの中で最も監査経験が生きるのはDD FASの中でもDD(デュー・デリジェンス)は、耳なじみがあったり、ひょっとするとすでに経験がある方もいるかもしれない。 長田氏は、財務DD業務についても語ってくれた。 財務DDはFASの中では比較的監査と似通っていて、同じような手続きで業務を行います。 我々コンサルタントにとっては、クライアントの期待値をコントロールしながら、限られた情報・時間内で検出された材料をどう料理するかが腕の見せ所になります。 手続きに関しては監査法人の経験が生きるので、監査経験が最も生きる業務だと思います。 また、コンサルティングに憧れを持っているものの、向いているのかどうか分からず、転職を躊躇している方もいるだろう。 長田氏は、コンサルティング業界に向いている人の特性のひとつとして、以下のように語った。 コンサルティングやFASにもいろいろなジャンルがありますが、コンサルティングはスポットのプロジェクトが中心ですので、ある程度類型化はできるものの二度と同じ仕事はありません。 そういう意味では、好奇心旺盛な人はスポット業務の多いコンサルティングの仕事の方が向いているのではないでしょうか。 また、コンサルティング領域に進むと決めたとしても、どのコンサルティングファームが向いているのか判断できずにいるかもしれない。 長田氏は、グローウィン・パートナーズでFA部にて採用活動を行っている経験から会場の参加者にアドバイスを送った。 面接に来る会計士の方だと、大手がいいのか、それとも弊社のような成長過程の中堅ファームがいいのかということで、悩んでいる人が多いですね。 私はこういうとき、ファームを船に例えて話すことがよくあります。 例えば、大手ファームは大きな豪華客船のようなものです。 監査というエンジンがあって、税務というエンジンがあって、コンサル(FASを含む)というエンジンがあります。 豪華客船には何千人という船員が乗っていて、必ずしも全員が漕がなくても前に進みます。 基本的にはみんな真面目に仕事しているけど、大勢いるので中にはフリーライダーのような人もいるかもしれませんが、それでも船は進みます。 一方、グローウィン・パートナーズは創業13年の比較的新しいファームで、3年くらい前までは確か30人くらいしかいなくて、イメージ的にはヨットですかね。 今はオフィスも拡張して80人弱程度まで増えて、クルーザーと言えるくらいになりました。 ヨットやクルーザーの場合、自分が漕いだ分だけ船が進むという感覚がダイレクトに分かります。 漕いだ分だけ売上が伸びているのが目に見えるのが魅力だと感じています。 豪華客船のように完成されたブランドやインフラの上で力を発揮する人もいれば、ヨットやクルーザーを大きくするという目標の中で力を発揮する人もいるかと思います。 転職を考えるときは、どちらに面白みを感じて能力が発揮できるタイプなのか、自分を見極めることが大切だと思います。 長田氏は、現職のグローウィン・パートナーズにおいて、実はCMOという裏の役職にも任命されているという。 CMOとは、チーフ・ミュージック・オフィサーのことで、社内DJとして社内で流す音楽を選曲して、メンバーの仕事がはかどる環境を作ることがミッションです(笑)今日は堅い話をしていますが、実は当社にはそういったフランクな部分もあるんですね。 コンサルティングファームに対して激務であったり、堅いイメージを持つ人もいるかもしれないが、長田氏は、社内では自分の趣味の話もするし、休日もしっかりと休み、音楽やバーベキューを楽しんでいるとも語った。 自分に合ったコンサルティングファームはどこなのか?会計士はコンサルで活躍できるのか?専門的な話からフランクなエピソードまで、長田氏はセッションを通じ、明快でわかりやすいメッセージを聴衆に送ってくれた。 公認会計士ナビの転職エージェントサービス 公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、を行っております。 業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。 転職活動やキャリアプランの作成を親身に、かつ、論理的にサポートします。 本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。 ご希望の方は下記よりお申込みください。

次の

移転価格アドバイザリーでUSCPAが求められる理由

監査法人 アドバイザリー 激務

4大監査法人の年収は1000万越え? なんとなく年収が高いイメージのある監査法人ですが、実際の年収は一体どれくらいなのでしょうか。 監査法人への就職や年収について紹介していきます。 監査法人のアドバイザリーの年収とは 監査法人のアドバイザリーの年収は、監査法人で働く他の職種に比べて高いのが一般的です。 4大監査法人のアドバイザリーの場合、1年目から年収 550万円程になります。 アドバイザリーの年収は、役職とインセンティブによるところが多いため、個人差はありますが30代のほとんどの人が 1000万円プレイヤーです。 監査法人に就職するには 監査法人に就職するには、公認会計士の資格を取得するのが一番の近道になります。 4大監査法人のような大手は人気があるため、新卒では有資格者でも多少は学歴も考慮され、MARCH以上の学歴の人が多いです。 今はグローバルな案件も多く、英語力があると強みになり、採用されやすくなるでしょう。 監査法人に転職するには 会計士が監査法人に転職するのは、キャリアと実績があればそう難しいものではありません。 他業種から未経験での転職となると、資格があっても年齢がネックとなってしまう場合もあります。 無資格の場合も、中小監査法人なら採用されやすく、大手では契約社員や派遣社員から正社員を狙う方が良いでしょう。 関連相談• 監査法人の年収|パートナーの場合 監査法人の出資者兼、共同経営者であるパートナーに上り詰めると、年収も大幅にアップします。 大手の監査法人でも、優秀な人であれば30代でパートナーになる事も可能です。 パートナーとして働く公認会計士の年収について 公認会計士全体での平均年収は 800万円を超えており、一般企業の会社員約500万円を大きく超えています。 パートナーになればさらに年収は高くなり、大手監査法人では 3000万円以上、中には 1億円を超える人もいるほどです。 公認会計士として地方で働く場合の年収について 公認会計士の年収は、都心部に比べて地方の方が低くなる傾向にあります。 それは会社の規模がと会計士の年収は比例しており、地方では個人経営などの小規模な会計事務所や監査法人が多いためです。 厚生労働省の統計によると、都心部の公認会計士の平均年収は1000万円を超えているものの、地方部では年収500万円以下もざらにいます。 公認会計士として年収3000万稼ぐには 年収3000万円稼ぐ公認会計士は決して少数ではありません。 四大監査法人のような大手監査法人のパートナーであれば多くの人が年収3000万を超えています。 また、都心部で個人事務所を開業した場合も、年収3000万円稼ぐことは可能です。 関連相談• 監査法人の年収|USCPA所持者の場合 最難関である公認会計士の資格よりも難易度が低いUSCPAは今、コストパフォーマンスの良い資格として注目を集めています。 そこで、USCPAの実際の収入はどうなっているのかについてまとめました。 監査法人のUSCPAとして働く新人の年収はいくら? 米国会計基準の監査をしている大手や準大手の監査法人では、USCPAの採用が増えています。 USCPAが、大手の監査法人に新卒で入所した場合、その年収は平均 450~500万円程度です。 監査法人内での年収は、公認会計士もUSCPAもそう大きな差はありません。 USCPAは監査法人で出世すると年収いくら? USCPAの監査法人内での出世は、公認会計士と同じルートになります。 アソシエイトからスタートし、マネージャーになれば大手監査法人では年収1000万円に手が届くでしょう。 さらに出世してパートナーまで上り詰めれば、年収2000万円以上も可能です。 USCPAで監査法人未経験の場合の年収はいくら? 監査法人では、年収は経験に比例するため、他業種からUSCPAを取得して監査法人に転職した場合の年収は、基本的に新卒と同じ450~500万円です。 ただし、USCPAは未経験であっても経理やコンサルなど他のキャリア次第では、年収500~600万円になる場合もあります。 関連相談• 監査法人で働く社員の年収を比較 4大監査法人のような大手だけが監査法人ではありません。 準大手や中小の監査法人の場合の年収はどれくらいになるのか、2つの監査法人をピックアップしてその年収を比較していきます。 監査法人の年収はどこがいいのか 監査法人の年収は、規模が大きければ大きいほど年収も高くなる傾向にあるのが一般的です。 しかし、残業代や役職次第で年収は大きく変わるので、場合によっては中小監査法人でも大手並みに稼ぐことも可能と言えるでしょう。 太陽監査法人の年収について 太陽監査法人は、監査法人業界の中では4大監査法人の次点である準大手監査法人という位置づけになります。 2018年に優成監査法人と合併したため、上場企業のクライアント数では4大監査法人のあらた監査法人をしのぐほどです。 そんな太陽監査法人の年収は、新人で年収約500万円と大手監査法人と変わらない水準になります。 4大監査法人よりもパートナーの占める率が高いため、全体社員の平均年収は、4大監査法人よりも高くなります。 あずさ監査法人の年収について 4大監査法人の一つであるあずさ監査法人の年収は、新人で約500~550万円が平均になります。 マネージャーになると1000万円以上、パートナーは最低でも年収1200万円で、数千万円稼ぐパートナーも多いです。 関連相談• 監査法人の売り上げランキング 最後に、監査法人の年収を知る上で欠かせない、監査法人のランキングについて紹介していきます。 監査法人の年収は、個人の売り上げによる部分が大きいため、監査法人の売上高ランキングは、年収ランキングにも比例すると思っても良いでしょう。 監査法人の売り上げランキング ビジネスや経済に特化した出版社である東洋経済は、全国に124ある監査法人を独自集計して、ランキングを出しています。 ・1位: 新日本監査法人(1064億円) ・2位: トーマツ監査法人(964億円) ・3位: あずさ監査法人(898億円) ・4位: あらた監査法人(370億円) 4位までは4大監査法人が占めていて全体的に売り上げが多いことが見て取れます。 しかし年収も5位以降になると一気に規模が縮小し、5位が太陽監査法人の61億円、その後は京都監査法人の39億円、東陽監査法人が僅差でこれに続きます。

次の