熱収縮チューブ 100均。 明日からの釣りに使える!100均で買える釣りに便利な道具まとめ。

明日からの釣りに使える!100均で買える釣りに便利な道具まとめ。

熱収縮チューブ 100均

自作アシストフックに必要な物 必要最小限では「釣り針」「結ぶ糸」「熱収縮チューブ」。 カン付きの針ならこれだけでも作れます。 でもこれだけでは 結び目が大きくなるし、スッポ抜けと接続に問題があるので、 最低限として次を用意してください。 針 チヌ・ヒラマサ・マダイ用などでゲイブ幅2cmくらいの物 強靭な糸 ケプラーノットなど 結ぶ補助糸 ミシン糸でおk 瞬間接着剤 100均でおk 熱収縮チューブ 内径5mm前後 溶接リング スプリットリングでも可 詳しい手順は 他力本願するとして簡略し、かいつまんで説明していきます。 アシストフック全体の長さを決め、必要な物を用意 ダブル(フック2本)の場合は、ケプラーノットの長さは ルアーの2倍くらい。 長いほうが微調整がしやすいです。 今回の例では、「9cmのメタルジグ」に使うのを作るので、だいたい15cmくらい。 針はチヌなら10号、マダイ・ヒラマサだと13号を使っています。 熱収縮チューブは2cmくらいで2個カット。 リングは直接ルアーに繋げるならスプリットリングに 通せばOK。 私はスナップに接続するので溶接リングのみです。 瞬間接着剤を使えるようにして……これで下準備は終了! 2. 熱収縮チューブを通してから針と糸を結ぶ 先に溶接リングを付けるほうが、全体のイメージをつかめやすい。 熱収縮チューブは 先に通しましょう。 「このっ…」と針を通せないこともないですが、だいたい破れます。 かなり端折ってますけど、イメージとしては伝わるかと。 ケプラーは 針の内側に必ずくるようにしてください。 そうしないと力が伝わりにくく、あわせでへにょります。 針と糸はミシン糸を編みこむことで接続します。 まあ「フライタイイング」をするようなものですね。 バイスやボビンホルダーなどの器具は必要なく、手で持ってなるべく隙間がでないようミシン糸を巻くだけ。 画像は仮止めをしている時で、ここで瞬間接着剤をチョンと。 それから1~1. 5cmの幅で編みます。 編みこんだら再び瞬間接着剤を染み込ませ、コーヒーでも一口飲んで、少し乾燥させてから余分な糸をカットして熱収縮チューブを炙って固定。 リングを付け長さを調整しつつ完成 リングは糸を二重にして通し、リングを引き抜く感じ。 チチワのサルカン結びみたいなもので、「」を知っている人にはピンと来るでしょう。 ここまでで下準備も含めて、慣れれば 5分程度で終わります。 接着剤の乾燥を考えると、2セット同時進行が望ましいかな。 特にルアーが8cmを超えると、 フックの位置が半分より前になる物が多いんですよね。 上は「 ただ巻き用」、下は「 よく動かす用」です(アバウト)。 けど正直どっちも 変わりません。 アイを含めて『9. 5cm』あるスメルトダックスだと、市販のものではフロントに付いている物と長さが対して変わらない。 そうなるとリアのトレブルが必要に感じてしまうし、そもそもジグにトレブルはバレやすくなるので要らないくらい。 市販でも『ロングタイプ』があるんですけど、外洋ジギング向けになるから 針が大きくなりすぎる傾向があります。 ショアからではゲイブ幅2cmもあれば事足ります。 15cmずつ使うから33セットを作れる。 熱収縮チューブ:オーナー製の内径5mm0. 人件費をなしにすれば、 市販の半額くらいで済む計算になります。 値段は別として、本当に欲しい物を作るには自作が手っ取り早いといえます。 ちなみに今までスッポ抜けたりしたことはないですね。 10kg超えのアカエイでも毎回耐えてますし。 強度的には問題ないです。

次の

熱 収縮 チューブ 透明

熱収縮チューブ 100均

100円均一大好きヒャッキンマンです。 このブログでは 100円均一の商品を使ってみた感想や アイデア等を書き綴って行こうと思っています。 たまに100円均一の商品と、 ホームセンターの安い商品を併せて使う複合技も ご紹介出来たら良いなと思っています。 基本、かんたんに出来ることばかりですので、 参考になれば幸いです。 100円均一でスマホの充電ケーブルを補強・修理してみた 今回用意したアイテムはこれです。 ダイソーの「熱収縮する配線カバー」 これを使用して、 簡単に充電ケーブルを補強します。 こんな感じでしっかり説明文も付いています。 要はこの配線カバーを必要な長さに切って、 ドライヤーなどで暖めると ピッタリサイズに収縮するといった商品です。 私は子供の頃から電気工作等が好きで、 こういった配線カバーを利用することが よくあったのですが、 普通の人は あまり手にしないアイテムかもしれませんね。 熱収縮する熱収縮チューブはアマゾンや 電子部品ならほとんどの物が手に入る でも買うことができます。 こんなものまで100均で手に入るなんて 思ってもみませんでした。 今回はiphone用のライトニングケーブルを補強します。 写真のように皮膜がめくれてたりしても、 断線さえしてなければ大丈夫です。 それに今回の補強を行えば、 断線しにくくなりますので超オススメです。 充電ケーブルが安くなったとはいえ、 純正のケーブルや 高品質のケーブルが断線するのは 大ショックですものね。 それでは作業に移りましょう。 まずは、「熱収縮する配線カバー」の中から 一番太い、好きな色の 配線カバーを取り出して下さい。 取り出したら、 補強するポイントの長さに切って下さい。 ポイントは少し長めに切ることです。 少しキツイですが、 充電ケーブルの先端より配線カバーを通して下さい。 純正のiPhoneのケーブルですと この画像のように通りますよー。 社外品の少し大きなコネクタだと ちょっとキツイかもしれませんので注意です。 カバーかぶせて、ドライヤーで温めるだけで完成です。 この時、ライターを使っても良いのですが、 ライターの火であぶりすぎると、 コネクターを溶かしたり 皮膜を溶かしたりする可能性がありますので、 細心の注意を払って下さい。 おすすめはドライヤーで温めて収縮させる方法です。 どうです? 結構キレイに出来てませんか? 補強してみましたが、 曲げにも強くなりました。 当分この充電ケーブルは使えそうです。 充電もしてみましたが問題有りません。 負担が掛かってよく切れる部分の曲がりも少ないです。 これならまず皮膜がめくれてきたり、 断線することは少ないでしょう。 コネクタ部分から被せる方がマル 2本目も作成しました。 今回はコネクタのところから 熱収縮する配線カバーを被せて縮めました。 こちらの方が曲げにも強い感じです。 最初の白いケーブルもそうすれば良かったと後悔です。 ヒャッキンマンは、また一つ賢くなりました。 基本おっちょこちょいです(笑) 悔しいので、 最初に補強したケーブルも 更にコネクタの所から補強してみました! 完璧です。 めっちゃ強いです。 私はラフにケーブルを扱うので、 これくらいが良いかも知れません。 指で曲げてみましたがカナリ良い感じです。 結構な力を入れているのですが、 根本がたわんで曲がるといった事が なくなりました。 今回紹介した、「熱収縮する配線カバー」 名前を 「スマホの充電ケーブル補強カバー」 に名前を変えれば良いのに。 と思うほど良い結果となりました。 充電ケーブルが 皮膜が破れてる、 皮膜にシワがよってたわんでる、 という方は早速試してみて下さい。 この商品は、 ダイソーの電気ケーブル等を 販売してるコーナーで見つけました。 最初は太さが合うか心配でしたが、 問題もなく大満足です。 また色々な商品をレビューしてみますので、 よろしければまたブログを見て下さい。 100円均一大好き! ヒャッキンマンでした!• 本サイトでは、サイトの分析と改善のためにGoogleアナリティクスを使用しています。 その際、データ収集のためにGoogle がお使いのブラウザに cookie を設定したり、既存のcookieを読み取ったりする場合があります。 Google社によるアクセス情報の収集方法および利用方法については、およびによって定められています。 サイト管理者は、cookieからサイトユーザーの個人情報を把握することはできません。 ブラウザの設定によりcookieの受け取りを拒否することが可能です。 Googleアナリティクスのcookieを受け取り拒否されたい場合は、をご参照下さい。

次の

100均の熱収縮チューブってどうなの?使い方や注意点を分かりやすく紹介!

熱収縮チューブ 100均

100円均一大好きヒャッキンマンです。 このブログでは 100円均一の商品を使ってみた感想や アイデア等を書き綴って行こうと思っています。 たまに100円均一の商品と、 ホームセンターの安い商品を併せて使う複合技も ご紹介出来たら良いなと思っています。 基本、かんたんに出来ることばかりですので、 参考になれば幸いです。 100円均一でスマホの充電ケーブルを補強・修理してみた 今回用意したアイテムはこれです。 ダイソーの「熱収縮する配線カバー」 これを使用して、 簡単に充電ケーブルを補強します。 こんな感じでしっかり説明文も付いています。 要はこの配線カバーを必要な長さに切って、 ドライヤーなどで暖めると ピッタリサイズに収縮するといった商品です。 私は子供の頃から電気工作等が好きで、 こういった配線カバーを利用することが よくあったのですが、 普通の人は あまり手にしないアイテムかもしれませんね。 熱収縮する熱収縮チューブはアマゾンや 電子部品ならほとんどの物が手に入る でも買うことができます。 こんなものまで100均で手に入るなんて 思ってもみませんでした。 今回はiphone用のライトニングケーブルを補強します。 写真のように皮膜がめくれてたりしても、 断線さえしてなければ大丈夫です。 それに今回の補強を行えば、 断線しにくくなりますので超オススメです。 充電ケーブルが安くなったとはいえ、 純正のケーブルや 高品質のケーブルが断線するのは 大ショックですものね。 それでは作業に移りましょう。 まずは、「熱収縮する配線カバー」の中から 一番太い、好きな色の 配線カバーを取り出して下さい。 取り出したら、 補強するポイントの長さに切って下さい。 ポイントは少し長めに切ることです。 少しキツイですが、 充電ケーブルの先端より配線カバーを通して下さい。 純正のiPhoneのケーブルですと この画像のように通りますよー。 社外品の少し大きなコネクタだと ちょっとキツイかもしれませんので注意です。 カバーかぶせて、ドライヤーで温めるだけで完成です。 この時、ライターを使っても良いのですが、 ライターの火であぶりすぎると、 コネクターを溶かしたり 皮膜を溶かしたりする可能性がありますので、 細心の注意を払って下さい。 おすすめはドライヤーで温めて収縮させる方法です。 どうです? 結構キレイに出来てませんか? 補強してみましたが、 曲げにも強くなりました。 当分この充電ケーブルは使えそうです。 充電もしてみましたが問題有りません。 負担が掛かってよく切れる部分の曲がりも少ないです。 これならまず皮膜がめくれてきたり、 断線することは少ないでしょう。 コネクタ部分から被せる方がマル 2本目も作成しました。 今回はコネクタのところから 熱収縮する配線カバーを被せて縮めました。 こちらの方が曲げにも強い感じです。 最初の白いケーブルもそうすれば良かったと後悔です。 ヒャッキンマンは、また一つ賢くなりました。 基本おっちょこちょいです(笑) 悔しいので、 最初に補強したケーブルも 更にコネクタの所から補強してみました! 完璧です。 めっちゃ強いです。 私はラフにケーブルを扱うので、 これくらいが良いかも知れません。 指で曲げてみましたがカナリ良い感じです。 結構な力を入れているのですが、 根本がたわんで曲がるといった事が なくなりました。 今回紹介した、「熱収縮する配線カバー」 名前を 「スマホの充電ケーブル補強カバー」 に名前を変えれば良いのに。 と思うほど良い結果となりました。 充電ケーブルが 皮膜が破れてる、 皮膜にシワがよってたわんでる、 という方は早速試してみて下さい。 この商品は、 ダイソーの電気ケーブル等を 販売してるコーナーで見つけました。 最初は太さが合うか心配でしたが、 問題もなく大満足です。 また色々な商品をレビューしてみますので、 よろしければまたブログを見て下さい。 100円均一大好き! ヒャッキンマンでした!• 本サイトでは、サイトの分析と改善のためにGoogleアナリティクスを使用しています。 その際、データ収集のためにGoogle がお使いのブラウザに cookie を設定したり、既存のcookieを読み取ったりする場合があります。 Google社によるアクセス情報の収集方法および利用方法については、およびによって定められています。 サイト管理者は、cookieからサイトユーザーの個人情報を把握することはできません。 ブラウザの設定によりcookieの受け取りを拒否することが可能です。 Googleアナリティクスのcookieを受け取り拒否されたい場合は、をご参照下さい。

次の