金栗の嫁。 金栗四三

金栗四三の妻・春野スヤとは?大河ドラマ「いだてん」での役は綾瀬はるか!

金栗の嫁

大河ドラマ「いだてん」 第15話「あゝ結婚」 あらすじ【ネタバレ注意】 お見合いの理由 はとお見合いの経緯について、兄・とから聞かされた。 スヤの夫・重行は病弱で去年の夏に亡くなっており、幾江は重行に代わる跡継ぎを探していると、実次が四三を推してきたという。 金栗家は池部家にオリンピックへの渡航費を出してもらった恩があり、今も池部家からは田畑を借りていた。 そこで実次は四三を池部家に養子に出して恩を返すつもりもあった。 「順番がおかしい!養子縁組してから縁談では?」 当の四三は混乱していた。 「スヤと祝言あげて庄屋の旦那さんなるのが、なにが不服か?」 幾江に言われて四三は返す言葉がない。 実次はすでに話がまとまったと思い、満足そうな顔をしている。 「田んぼと嫁は別物だ!」 思わず、四三が叫ぶとスヤは縁談を水に流して欲しいと言って部屋を出て行ってしまった。 すると幾江が四三を怒鳴りつけた。 「のぼせなさんな!私が欲しいのはスヤであって、あなたではない!」 重行の死後、スヤは実家の春野家に戻り、幾江は1人寂しく暮らしていた。 しかし、幾江はスヤの姿を偶然見かけ、確信したのだという。 「この人と暮らしたい。 家がどうなろうが、商売がどうなろうが、どうでもいい。 スヤが一番。 」 そこから幾江は、もう一度スヤを嫁にもらうために四三を養子にしようと決めたのだった。 このため、幾江は「この縁談が流れれば、養子の話もない」と言うのであった。 スポンサーリンク 金栗四三と春野スヤの結婚 家から帰ると四三は実次から明後日が祝言だと告げられた。 四三はベルリン・オリンピックで雪辱を果たすという夢を語り、熊本で教員になることはできないと言った。 しかし、予想外に実次は「分かった。 ならば余計に結婚せい」との言葉を返してきた。 そして実次は「教員の給与なんかたかが知れているから、資産家の池部家に養子にいって思う存分走ればいい」と続けた。 「それにお前、スヤさんのこと好きだろ?」 ハッキリ言われてしまい、四三は言葉に詰まってしまった。 同じ頃、池部家ではスヤと幾江が話していた。 「スヤさえ戻ればいいから跡継ぎはほかに探す」という幾江にスヤが首を横に振った。 「私は四三さんがよかです。 四三さんじゃなきゃ、この話は終わりです!」 翌日、四三はいつものとおり冷水欲をしながら、海軍兵学校に落ちた日のスヤの言葉を思い出していた。 「丈夫な体をお国のために使うか、自分のために使うか、決めるのは四三さんの自由です」 そして最後の一杯を浴びた四三は心を決めた。 大正2年春、四三は池部家の養子となりスヤを嫁とした。 夜、並んで床につくとスヤが話し始めた。 「嬉しい。 お母さんに恩返ししないと。 池部家を2人で・・・・」 言いかけたスヤの言葉を途中で四三はさえぎった。 「オレには4年後があります。 雪辱を果たすまでは何よりオリンピックが優先なんです」 するとスヤは笑顔で言った。 「・・・だったら私も何はさておき、お母さんですね」 そして翌日、四三はお互い頑張ろうと言って、スヤを熊本に残し東京に戻っていった。 スポンサーリンク 少年・田畑政治 この頃、は旅巡業中で浜松の「勝鬨亭」という寄席にいた。 ここは3度の飯が出て、宿泊もできるため芸人たちの間では「困ったときの勝鬨亭」として有名だった。 この勝鬨亭には「ちいちゃん」という娘が働いていて、孝蔵を気に入っていた。 ある日、孝蔵はちいちゃんのお酌で酒を飲み、お茶子のという少年に自分の高座の感想を尋ねてみた。 「まぁ大したもんでしたよぉーいっぱい練習したんですねー偉いなーって」 ちいちゃんによると政治は近くで酒造業を営む「八百庄」の次男で、父のお供で小さい頃から寄席に来ているのだという。 「そんだけ?どこか面白いところとか言えよ」 孝蔵がもう一度、尋ねると政治は言った。 「面白くねぇ」 ハッキリ言われて孝蔵が腹を立てていると、小円朝が口を挟んできた。 「当たってるよ」 これで頭に血がのぼった孝蔵は小円朝につかみかかった。 「じゃあ、てめえの噺はどうなんだよ!このハゲ!」 そして孝蔵は勝鬨亭から追い出されてしまった。 スポンサーリンク 治五郎とスヤの応援 東京ではが体協の金銭問題ばかりを話し合う理事たちにイライラしていた。 金栗四三はそんな嘉納治五郎に結婚の報告もできなかった。 そのまま夏となり、金栗四三は館山で強化合宿を行った。 7月に開催するオリンピックには暑さ対策が必須だと感じていた金栗四三は、「耐熱練習」を称して日中も帽子をかぶらず、ひたすら走るという無茶苦茶なことばかり繰り返していた。 この猛暑の中、孝蔵の方は万朝と二人で旅をしていた。 ある日、浜名湖にかかる弁天橋を渡ろうとすると、ふんどし姿の少年たちが器用に泳いでいる姿を見かけた。 浜松には古くからある「浜名湾流」の子供たちだろう。 すると、孝蔵はその中にいる政治を見つけた。 「おーい。 浜名の河童!もぐってウナギでも捕って来い!」 政治は一生懸命泳ぎ続けていた。 秋に過ぎて冬になり、四三の東京高等師範学校卒業式が近づいてきた。 卒業生は通常、全国の中学校の教員となるが、四三だけは2年半後にせまったオリンピックを目指し、マラソンだけに集中しようとしていた。 四三はこの決意を池部家に手紙で知らせると、熊本の金栗家に池部幾江が怒鳴り込んだ。 「騙したんか!」 四三の手紙には養子の話も、縁談も破談になってもかまわないと書かれていて、兄の実次もひたすら謝るしかなかった。 一方、もまた金栗四三の決断に怒っていた。 「4年間も官費で教育を受けながら、教員にならないのはどういうことか」 それでも金栗四三は東京でトレーニングを続けると教員たちを前に宣言した。 すると嘉納治五郎は金栗四三に裸足になって皆に見せるように指示した。 「見ろ!血豆だらけじゃないか。 みっともない足だ。 教員は学生の手本となるべきであり、これでは人の上には立てんな」 さらに嘉納治五郎は続ける。 「こんな足では世界一のマラソン走者ぐらいにしかなれん」 遠まわしに思いっきり走れと言ってくれている嘉納治五郎に金栗四三は感謝した。 そして嘉納治五郎は、金栗四三に日本初のプロのスポーツ選手になることを指示するのであった。 その後、四三のもとにスヤから手紙が届いた。 手紙には怒り狂う幾江を四三がオリンピックを制覇するまでの辛抱だとなだめていると書かれている。 スヤの思いに四三は感謝し、すぐに返事を書いた。 『これを励みに日々精進します。 スヤさんもお体ご自愛下さい』.

次の

金栗四三の妻 春野スヤ|大河ドラマ『いだてん』と事実の違いは?

金栗の嫁

レキシン 金栗四三の子孫・家系図、現在に続く末裔は? 日本マラソンの父といわれる 金栗四三(かなぐりしそう)は日本人初のオリンピック代表選手としてストックホルム、アントワープ、パリのマラソン競技に出場し世界への扉を開き、国内ではマラソンだけでなく、陸上競技や女性のスポーツへの参加、進出に大きく尽力し、日本スポーツの国際化にも大きな貢献をしました。 金栗四三や十種競技の野口源三郎らが原案を考えた箱根駅伝は現在も多くの人々に支持され、学生ランナーの憧れとなっています。 この金栗四三は23歳の時に一つ年下の同郷熊本県玉名郡出身の医師の娘、 春野スヤと結婚し6人の子供に恵まれました。 また存命中には10人の孫も生まれており、子沢山の大家族だったようです。 今回は金栗四三の子供や孫は現在、何をされているのか調べてみました。 100年後、曾孫同士が交流 2012年7月14日、二人の男性がスウェーデンのストックホルムに招待されました。 一人は金栗四三の出身地の首長である熊本県玉名市市長・高嵜哲哉(たかさきてつや)、 もう一人は蔵土義明(くらどよしあき)さんで、彼の祖母が金栗四三の娘、すなわち蔵土さんは金栗四三の曾孫に当たります。 ストックホルムではオリンピック開催100周年を記念して、100年前と同じマラソンコースを走るオリンピック開催100年記念マラソン大会と 金栗四三の功績を称えた顕彰プレートの除幕式が行われるため二人を招待しました。 ストックホルム入りした蔵土義明さんはマラソン大会の前日に、ストックホルム郊外に住むタチアナ・ペトレさん宅を訪問しました。 ペトレさんは100年前にストックホルムオリンピックのマラソン競技に参加した金栗四三が体調を崩し森の中に迷い混んで倒れたときに、これを介抱して助けたペトレ氏のひ孫に当たります。 ペトレさんは、倒れた金栗四三に元気をつけてもらうために曾祖父が提供したシナモンロールとラズベリージュースで蔵土義明さんを歓迎し、100年前の曾祖父同士の交流、45年前の金栗四三のゴールインの話題に花を咲かせました。 金栗四三の曾孫、ストックホルムの地を走る 金栗四三の曾孫である蔵土義明さんは7月14日に行われたマラソン大会にもエントリーしており、そのゼッケンは「822」。 これは金栗四三がストックホルムオリンピックで付けたゼッケンと同じで大会実行委員会が用意したものです。 蔵土義明さんは「822」のゼッケンと日の丸を胸につけてスタートし、金栗四三が100年前に倒れたと言われている場所でタチアナ・ペトレさんが用意したテントで接待を受けたあとゴールを目指して再びスタート、スタジアムに戻ってくるとアナウンスによって蔵土義明さんが紹介され、 大歓声を浴びながら4時間25分1秒でゴールイン。 大会後の取材で蔵土義明さんは 「スウェーデンの方々、ペトレ家、そして多くの日本の関係者の方々の協力とスウェーデン日本大使館のバックアップがあって私はこの大会に参加することができました。 走っている最中も、日本ガンバレの声援をいただきスウェーデンの方々の暖かさに触れることもできました。 機会があればまたスウェーデンの地を走りたいです」と答えています。 永遠に輝く金栗四三が導いた交流の輪 マラソンがスタートする少し前、金栗四三が介抱されたぺレス家が建っていた場所、現在はソレンチューナ市立体育館が建っている場所になりますが、 そこで金栗四三の功績を称えた顕彰プレートの除幕式がペトレ家の人も参加して行われました。 翌年2013年にはペトレ家の方々が来日、タチアナ・ペトレさんの弟であるヨハンさんが東京マラソンに参加、その後玉名市を訪問し、金栗四三の墓にお参りした後、記念館であらためて金栗四三がスポーツに貢献した功績を見学しました。 金栗四三がストックホルムオリンピックに参加したときは、船と鉄道を乗り継いで20日もの日数を費やして訪れた遠い北欧の国だったスウェーデンも、今では飛行機で13~15時間で飛んでいける身近な国となりました。 スウェーデンの人々が金栗四三を通して日本という国を敬愛して入れているように日本人もスウェーデンという国をもっと身近に感じられるようになればと思わずにはいられませんね。 金栗四三が遺したものは子孫だけではなかった 2012年12月18日に放送されたテレビ東京系列「開運、なんでも鑑定団」に古めかしいシューズが出展されました。 出展したのは徳永慎二さんで、昔からこのシューズの由来が非常に気になっていたたため調べてもらおうと番組に応募されたそうです。 専門家の鑑定の結果、 このシューズは最も初期のマラソンシューズ「カナグリシューズ」であることが判明、本人評価額は50万円でしたが、なんと4倍の200万円の値段がつきました。 金栗四三は現役を退いたのちも東京大塚にあった播磨屋足袋店の主人・ 黒坂辛作(くろさかしんさく)とマラソンシューズの開発を続け、オリンピックやボストンマラソンに参加した日本選手にこのシューズを履かせ、 山田敬蔵(やまだけいぞう)が1953年に播磨屋のマラソンシューズを履いてボストンマラソンで優勝、その後も国内外でカナグリシューズを履いたランナーが優秀な成績を納めました。 徳永慎二さんの父・重敏さんが金栗四三と家が隣り同士で親交があり、50年以上前に金栗四三から直接手渡しでもらったと言うことだそうです。 金栗四三の人としての魅力 学校の歴史の教科書では学ぶことのない金栗四三。 しかし、彼の人生や足跡を追いかけてみると、その人間的な魅力、物事に対する真摯な姿勢、フロンティア(開拓者)としての不屈の精神とたゆまぬ努力にはただただ頭の下がる思いです。 後世の私がこう思うのですから、金栗四三と同じ時代を生きて、彼に接した人々はより強くその思いを持ったのだと思います。 彼がマラソン選手としてだけでなく、指導者、教育者としても多くの功績を遺したのは彼の回りに彼に共感し、協力を惜しまなかった数多くの人がいたからなのだと思います。 2020年の東京オリンピック開催によって突如脚光を浴びることとなった金栗四三ですが、今一度彼の人生や功績を振り返り、彼の偉大さに触れていただきたいと思うのです。

次の

金栗四三の家系図と子孫を画像付きで解説!54年8ヶ月の道のりとは?

金栗の嫁

熊本県北西部、福岡県との県境に和水町(なごみまち)という自然豊かな町があります。 金栗四三は、1891年(明治24年)の夏、この和水町(当時は春富村)の中林というところに、8人兄弟の7番目として生まれました。 父が43歳の子であったことから「四三」と名付けらたそうです。 今でこそ、金栗は「日本マラソンの父」と称されますが、4~5歳までは異常体質と言われるくらいひ弱な子どもだったそうで、特に2歳の頃までは夜泣きをしては家中の者を困らせていたという逸話が残っています。 吉地尋常小学校を卒業した後、金栗が10歳の時に玉名北高等小学校(現南関第3小学校)に入学。 自宅から学校まで山坂の難所を越える往復約12キロの通学路を近所の子どもたちと毎日走って行き戻りする「かけあし登校」を卒業までの4年間続けました。 金栗のマラソンの始祖であった自宅からの通学路は「金栗ロード」と呼ばれており、本人も「マラソンの基礎は、小学校時代に(片道)一里半の通学を行った事である。 」と語っています。 「かけあし登校」の高等小学校を卒業した後、金栗に十分な教育を受けて欲しいとの家族の支援もあり、1905年(明治38年)には玉名中学校(現玉名高校)に進学。 家族の想いに応え、成績はとても優秀でした。 そして、1910年(明治43年)に東京高等師範学校(現筑波大学)に入学し、マラソンランナーとして大成していくのでした。 金栗が20歳となった1911年(明治44年)。 第5回オリンピック・ストックホルム大会(スウェーデン)に向けて、日本初のオリンピック国内予選大会(25マイル)が東京・羽田で開催されました。 この大会で金栗は、当時の世界記録を27分も上回る2時間32分45秒の大記録で優勝し、周囲を驚かせます。 このことにより、金栗は初のオリンピック日本代表選手に選出され、嘉納治五郎校長からその知らせを受けます。 しかし、金栗は「自分ごとき山猿が・・・」とはじめは代表を固辞。 それでも、嘉納校長の「日本スポーツ界の黎明の鐘となれ」という熱い説得に感動し、日本のオリンピックの扉を開ける決意を固めるのでした。 そして、オリンピック大会本番。 ストックホルムで大敗を喫した金栗ですが、翌朝の日誌には「(前略)粉骨砕身してマラソンの技を磨き、もって皇国の威をあげむ」と新たな決意を綴っています。 その後、金栗は23歳で結婚しますが、この時も結婚式から5日目には単身で東京に戻り、オリンピック制覇の宿願に専念するのでした。 しかし、ランナーとして絶頂期にあり、「金栗の優勝は疑いなし」と期待された1916年(大正5年)の第6回オリンピックベルリン大会は、第一次世界大戦のために中止。 この悲運に金栗は無念の涙をのみました。 その4年後である1920年(大正9年)の第7回アントワープ大会(ベルギー)では、2時間48分45秒で16位。 母イクエに宛てた手紙では「雨ふり寒く皆くるしみました。 わたしもよく走りましたが練習中に足を痛め、一時6位にまで走ったが追い抜かれ16位になった。 」と書いています。 大正13年(1924年)、パリ大会では33歳という年齢ですでにランナーとしては円熟期を過ぎており、32. 3km地点で意識を失い途中棄権となりました。 帰国後、第一線の選手活動を引退するのでした。 特に1911年のオリンピック国内予選大会では、当時の世界記録を27分も上回る大記録での優勝でした。 「オリンピックで日本を強くするにはマラソン選手の育成すること。 一度にたくさんの選手を作るには、駅伝競走が最適だ。 」と駅伝創設を呼び掛け、それに応じた早大、慶大、明大、東京高師の4校によって、1920年(大正9年)に「四大専門学校対抗駅伝競走」の名称で第1回大会が開催されました。 これが新春の風物詩となった箱根駅伝のはじまりです。 なお、この時、金栗は29歳であり、現役中に箱根駅伝を創設したのでした。 また、最も活躍した人に贈られる「金栗四三杯」。 これは金栗が1911年のオリンピック国内予選大会で受賞した優勝カップを複製したものです。 「金栗四三杯」には「世界に通用するランナーを育成したい」という金栗の想いが宿っています。 写真のカップは、オリンピック・ストックホルム大会の国内予選会で優勝した時のカップです。 このカップを複製したものが、箱根駅伝最優秀選手賞「金栗四三杯」として、箱根駅伝を駆け抜けたランナーに贈呈されています。 妻スヤと母のイクエとともに。 金栗は大正3年23歳で結婚しました。 当時の世界記録を27分も上回る大記録でオリンピックマラソンへの参加を決定付けた金栗。 しかし、開催地であるスウェーデン・ストックホルムまでの移動は、福井の敦賀港から船とシベリア鉄道を経由して往復4ヶ月の過酷な長距離移動でした。 さらに現地は夜中も日が昇る「白夜」であったために十分な睡眠がとれず、また食も違い体調管理に苦労しました。 マラソンの当日は金栗を送迎する車も来ず、走って競技場まで移動したそうです。 金栗が目覚めたのは大会が終わった翌日。 金栗はレースを諦めそのまま帰国しました。 マラソンレース中に消えた日本人は、スウェーデンの新聞に載るなど話題となり「のどかな農家のお茶会に参加し消えた日本人」として、スウェーデンオリンピックの語り草となり、有名人でした。 金栗は世界陸上競技史に類を見ないマラソンの大記録の持ち主でもあります。 1912 年のストックホルム大会で行方不明扱いとなった金栗ですが、月日は流れ、金栗が76 歳となる1967 年(昭和42 年)にストックホルム大会開催55 周年を記念する式典が開催されました。 当時の記録を調べていたスウェーデンのオリンピック委員会が、金栗が「(棄権の意思が運営側に届いていなかったため)競技中に失踪し行方不明」となっていることに気が付き、金栗をゴールさせるため、記念式典に招待しました。 金栗はそのことにとても感激し、喜んで参加したのです。 記念式典当日、大観衆の競技場を金栗が走り、テープを切ったとき「日本の金栗、ただいまゴールイン。 タイム54 年と8 か月6 日5時間32 分20 秒3、これをもって第5 回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」 とアナウンスされました。 これに金栗は「長い道のりでした。 この間に嫁をめとり、子ども6 人と孫が10 人できました」と答え、会場は大きな感動の拍手と歓声で包まれたそうです。 この記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録とされていますが、金栗が「レース途中で力尽きた自分を介抱してくれた地元の方々に感謝し、長年に渡って交流を続けてきた時間」であり、「オリンピックでの大敗の悔しさをバネに日本マラソン界の向上に尽力した記録」であるといえます。

次の