どこまでも 歌詞。 どこまでも歌詞の全貌とは?モアナと伝説の海PV動画や視聴感想は?

どこまでも 手塚国光(置鮎龍太郎) 歌詞情報

どこまでも 歌詞

生年月日:1988年6月22日(28歳) 出身地:愛知県豊田市 今回、映画のエンディングを担当するのは、 加藤ミリヤ。 安室奈美恵に憧れ、歌手になることを意識したと言われているほど、アムラー少女だったそうです^^ デビュー当時は、現役女子高生で会ったこともあり、等身大の自分から共感を呼ぶ歌詞が支持され、 女子高生のカリスマでありました。 歌だけでなく、ファッションや言動にまで陶酔する女子高校生が多かったこともあり「ミリヤー」を誕生させました。 最近では、小説家ともデビューしており、多彩な才能を限りなく発揮されておられます。 今回、レコーディングにあたり、このような心情を語っておられます。 モアナと伝説の海:主題歌の歌詞は? どの道を進んでも たどりつくとこは同じ 許されないの 憧れの遠い海 生まれてからずっと島の外に出ることは許されていないモアナ。 心身ともに成長した 葛藤が歌詞にも表れていますね。 空と海が出会うところは どれほど遠いの 追い風うけこぎだせば きっとわかるの どこまで遠く行けるのかな 生まれ育った島の外には、想像できないほど広く遠い世界が広がっている。 踏み出したいけど、両親のことを思うと、なかなか勇気が出ない・・・。 そんな時、一番理解してくれるタラおばあちゃんの導きとマウイとの出会いがあったのでしょう! 光り輝く海が私を呼んいる おいでよと 早く見つけて欲しいと呼んでる 教えてよ そこには何が待っているの これから出会う新しい世界への期待感や高揚している心情が表れている歌詞ですね^^ このような素敵な歌詞を、モアナとなって歌い上げる二人の歌姫は必見ですね。

次の

合唱 気球に乗ってどこまでも 歌詞

どこまでも 歌詞

モアナ主題歌ってどんな曲? モアナの主題歌は モアナ自身の心情を表現している とても感傷的な歌です。 エンドロールでも流れ、 アナと雪の女王に継ぐ流行が起きるのでは? とディズニー担当者も話ている曲です。 モアナ主題歌として 英語版、日本語版で多く歌われています。 モアナ主題歌「全英語歌詞、和訳」まとめ! 私は水際に立っていたの 私が覚えている限りに関してだけど なぜなのか本当にわからないのよ 私自身完璧な娘だったらと思ったけど 私はその水に戻るのよ どんなに厳しくても私は挑んでみるわ どんな変化も取り入れるのよ どんなやり方でも追いかけていくの 私が作りやり方すべての道筋を どんな道も私がわかっているところに繋がるの 私がいけないところへ 私が長い間かけていくところへ 空と海が出会う場所、あの水平線を見た? 私を呼んでいるのよね。 誰も知らないわ、どれだけ遠い距離かなんて もし海であの帆が私の後ろについていたのなら いつかきっと気付くのよ もし行くとしてもどこまで行くかは わかりようがないのよ この島で誰もが幸せってことを知ってるわ 全てがしっかりしていて この島ではみんなに役割がある ことを私は知っているの。 だから、きっと私は自分の役割をこなすの。 プライドを持って導きましょう。 みんなを強くできるものよ 協力してくれると助かるわ。 でも、私の中では違う歌が響いてる。 どうしてしまったのかな? 海で煌めくあの光が見える? 眩しいのよね。 でも、どれだけ深さがあるかなんて 誰も知りようがないの。 光が私に呼び掛けてるようね、 だから私を見つてちょうだい ねぇ教えて、 地平線の先には何があるの、 私はその線を越していけるのかな。 空と海が出会うところが見えるかしら? 呼ぶのよ、私を誰も知らない、 どれだけ遠く続くのか。 もし海の上で風が味方してくれるなら いつかわかるわ、ずっと遠くに行くの モアナ主題歌「英語歌詞」の意味とは? この物語は、父親から海へ出ることを 禁じられていたモアナが 女神の盗まれた「心」を取り戻すために 周囲の反対を押し切り 大海原へ向かう姿が描かれています。 劇中で描かれるモアナの強い意志、 海の自然の姿や広大なスケールが 主題歌にも現れています。 曲の始まりはこのように歌われています。 海へ出る事が許されていなかった モアナの視点は島にあります。 やらなければならない事を 胸に海へ出る事を決意しているようです。 続く部分ではこのように歌われます。 広い海をどんな風に進んでいけばよいのか 悩みながらも導かれたままに 進む事を決め、 決してあきらめない気持ちが伝わってきます。 そしてサビとなるフレーズがこちら。 空と海が出会う場所、あの水平線を見た? 私を呼んでいるのよね。 誰も知らないわ、どれだけ遠い距離かなんて もし海であの帆が私の後ろについていたのなら いつかきっと気付くのよ もし行くとしてもどこまで行くかは わかりようがないのよ 広大な海と、海に選ばれた モアナの会話のようです。 一体どこまで行けばよいのか 不安な思いを抱きつつも、 最後まで全てを海に委ねる事を決めた モアナの心の内が現れているようです。 人はそれぞれ役割を持って生きています。 島で生きる人間や生き物、 海で生きる生き物や植物もそう。 そしてモアナにはモアナの役割がある。 辛い時もくじけそうな時も、 いつでもモアナに寄り添う曲として。

次の

合唱 気球に乗ってどこまでも 歌詞

どこまでも 歌詞

線路はつづくよどこまでも I've been Working on the Railroad アメリカ民謡/アメリカ大陸横断鉄道の夢を乗せて 『I've been Working on the Railroad』は、19世紀から伝わる。 日本では、『線路はつづくよどこまでも』として知られている。 歌の舞台は、西部開拓時代のアメリカ。 大陸横断鉄道の工事現場で働く工夫達の様子が描かれている。 日本語の訳詞を手がけたのは、『』の作詞者として知られる佐木敏。 実は佐木氏以外にも、フォスター歌曲の訳詞者として有名な氏もこの曲を訳詞している。 1869年 初のアメリカ大陸横断鉄道が開通 アメリカ国内で南北戦争が繰り広げられていた1862年7月、アメリカ連邦議会により大陸横断鉄道の建設許可が下りた。 工事を請け負ったのは、ユニオン・パシフィック鉄道とセントラル・パシフィック鉄道。 ところが、南北戦争中でアメリカ国内の成人男性は皆戦場へ。 不足する労働力をまかなうため、大量の中国人・アイルランド移民が採用された。 シェラネバダ山脈の厳しい地形と気候の前に、数多くの労働者の命が失われていった。 1869年5月10日、東のユニオン・パシフィック鉄道と、西のセントラル・パシフィック鉄道が、ユタ州のプロモントリーでドッキングし、初の大陸横断鉄道が開通した。 I've been working on the railroad All the livelong day I've been working on the railroad Just to pass the time away 朝から晩まで線路工事 あっという間に時間が過ぎていくよ Can't you hear the whistle blowing Rise up so early in the morn Can't you hear the captain shouting Dinah, blow your horn 汽笛が鳴るのが聞こえるかい? 朝っぱらからこんなに早く起こされるんだ 親方も叫んでる 「ダイナ、汽笛を鳴らせ!」 Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow your horn Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow Dinah, won't you blow your horn ダイナ 汽笛を鳴らしてくれ ダイナ 汽笛を鳴らしてくれ Someone's in the kitchen with Dinah Someone's in the kitchen I know Someone's in the kitchen with Dinah Strumming on the old banjo, and singing 誰かがダイナとキッチンにいる バンジョー鳴らして歌ってる Fie, fi, fiddly i o Fie, fi, fiddly i o Fie, fi, fiddly i o Strumming on the old banjo フィ・ファイ・フィドリ・アイ・オー バンジョーかき鳴らしながら 関連ページ 『大きな古時計』、『森のくまさん』、『すいかの名産地』など、有名なアメリカ民謡・童謡特集 『線路は続くよどこまでも』のメロディで歌うキャンプソング・レクリエーションソング。

次の