ティファール クック フォーミー 口コミ。 電気圧力鍋の購入を考えています。

クックフォーミーエクスプレスを2年使い分かった良し悪しを口コミ! | ぐーたらワーママの3楽ブログ

ティファール クック フォーミー 口コミ

クックフォーミーを使うと、普段の料理と何が変わるのか? どのようなメリットがあるのかを実際の口コミを交えてご紹介していきます。 時間がかかる料理も素早く調理! クックフォーミーは、 圧力調理、蒸し料理、炒め料理、煮込み料理全てができる電気圧力鍋です。 角煮や筑前煮など、美味しいけれど 時間がかかる料理が簡単に作れることで、人気が出てきました。 鍋で調理をする場合、 角煮は完成まで2~3時間かかります。 クックフォーミーで調理をした場合は、約30分に時間を短縮できます。 クックフォーミーでの調理は、火加減の調整でずっと鍋を見ていなくてはいけない手間から解放してくれます。 忙しく働いている方や、小さい子どもから目を離せない方には、特におすすめです。 料理初心者でも簡単調理!食材を入れるだけ クックフォーミーでの調理の基本は、 材料と調味料を入れて完成まで待ちます。 電気を使用した調理なので、初心者には難しい 火加減も気にする必要がありません。 クックフォーミーで 簡単に料理ができる理由は、料理のレシピが豊富に内蔵されている点にあります。 レシピ本を台所で開きながら調理をするのは、水場なので難しいこともあります。 水濡れや火の近くであることを気にして調理をすると、時間もかかり料理中のストレスも多くなります。 クックフォーミーには、 スープ、メインのおかず、サブのおかずなどのレシピが内蔵されています。 レシピに沿って材料と調味料を準備して、調理はクックフォーミーに任せることができます。 初めて調理をするものでも、失敗が少なくなるというメリットがあります。 私はクックフォーミーを買ってかなり楽になりました! 火加減を気にしないでいいのって本当に楽です。 スイッチ入れている時は料理のことは忘れて他のことができるので、マルチタスクが減って頭が楽になりました。 スペースと予算の都合がつくならおすすめです。 電気を使用した調理なので、初心者には難しい火加減も気にする必要がありません。 ボタン1つで本格的に美味しい料理が作れる! 料理をしているときは、どうしても料理だけにかかり切りになってしまいます。 火の調整や、煮込む時間を考えると、毎日手間のかかったものを作るのは難しくなります。 クックフォーミーは、材料の準備をし、調理開始のボタンを押すだけです。 毎回の 料理の仕上がりにムラもなく、自分で作るよりも失敗が少なく美味しい料理が作れるのが魅力的なポイントです クックフォーミーで調理をしている間は、他のことに時間を使えます。 生活にかかせない料理なので、ストレスが少なく時短になる方法で調理をしたい方におすすめです。 クックフォーミーの残念な口コミ クックフォーミーは、 時間のかかる料理を時短するアイテムですが、事前に自分の生活スタイルに合うか確認しておくとより安心です。 自分が料理にかける時間と値段がつり合うものか、きちんと考えておく必要があります。 すぐに買うことは難しくても、ボーナスの時期に購入を検討するなど、 無理のない計画を立てると安心です。 料理にかかる手間を、クックフォーミーに任せることができるというのはポイントになります。 長期的に見れば料理にかける時間は、膨大なものになります。 クックフォーミーで時短料理をすれば、空いた時間を自由に使えるというメリットもあります。 大きくて場所取るし、洗うのが面倒なんです。 どこに置くかを決めておかなければ、キッチンに置けなかったという事態に繋がってしまいます。 クックフォーミーは米が10合炊けるほどの、サイズがあります。 一人暮らし用のキッチンに置くには、サイズが大きいのが気になる点です。 置き場所やコンセント位置を確認してから、購入するのが安心です。 大きな釜を内蔵しているため、煮物やスープ料理も量がたくさん作れます。 その日だけではなく、作り置きをしたい場合にもおすすめです。 家族の人数が多い方でも、一人暮らしの方でも、料理を多く作り置きしてアレンジしながら食べられる楽しみがあります。 ホットクック、朝準備しとけば予約調理で帰ったら出来上がってるっていうのが嬉しいけど朝の準備する余裕あるのかって疑問だったんだ。 クックフォーミーは予約調理はできないけど帰宅後の調理を楽にできるのかなって。 どのように使いたいのか考えて、自分のライフスタイルに合っているかを考える必要があります。 電気圧力鍋の特徴として、時短料理が得意というメリットがあります。 朝に時間画なく帰宅後に料理を手軽にしたいという場合は、クックフォーミーでの調理が向いています。 炊飯の予約調理はできるので、朝に炊飯の予約をして、帰宅してからおかずを一品調理することも可能です。 レシピの数は豊富です。 クックフォーミー CY7011JP は60種類、クックフォーミーエクスプレス CY8511JP は150種類のレシピが内蔵されています。 レシピの中に普段よく食べるものや、食卓に上がるメニューが多いかを確認しておくと買った後に、上手く活用できないといった失敗は少なくなります。 多くのレシピがあるため、作ったことのない料理に挑戦できたり、パーティーなど特別なときに振る舞う料理を簡単に調理できるメリットもあります。 色々な料理を時短で作ってみたい方にとっては、内蔵レシピの種類が豊富なクックフォーミーがおすすめです。 内蔵レシピ以外にも、手動で設定した時間調理を行うこともできます。 まとめ クックフォーミーはメリットの方が大きい! クックフォーミーには、メリットやデメリットがそれぞれあります。 自分のライフスタイルや、料理が得意かどうかを考えておくと安心です。 <クックフォーミーのデメリット>• 値段が高い• サイズが大きい• 予約調理は炊飯のみ <クックフォーミーのメリット>• 調理中は他のことをできる• 内蔵レシピで簡単に調理ができる• 調理時間の短縮ができる• おかずの作り置きなど大量の料理にも便利 クックフォーミーを使うシチュエーションを考えると、 帰宅後に簡単に料理をしたいときや、小さな子供がいるときの料理などが挙げられます。 電気圧力鍋なので、 調理時間が短く、火元を気にしなくても料理ができるというのが大きなメリットです。 購入するには勇気の入る値段ですが、毎日料理にかける時間を減らせて、おいしい料理ができることは非常に魅力的です。 日々の食事の準備をストレスなく、失敗もなくできるため、料理が苦手な方でも楽しく調理の準備ができます。

次の

ティファール 電気圧力鍋 クックフォーミー エクスプレス CY8521JP

ティファール クック フォーミー 口コミ

スポンサードリンク クックフォーミーとヘルシオ ホットクックの特長 クックフォーミーもヘルシオ ホットクックも、鍋で作る料理であればほとんどのものが作れます。 したがって、両者で作れる料理のメニューには、それほどの違いはないと思われます。 ただ、両者にはそれぞれある特長を持っています。 クックフォーミーは圧力調理ができること。 そして、ホットクックは無水調理ができることです。 クックフォーミーでは無水調理はできませんし、ホットクックでは圧力調理はできませんので、ここが両者の一番の違いと言えそうです。 圧力調理のできるクックフォーミーには、調理時間を短縮できるというメリットがあります。 例えば、通常約45分かかるビーフカレーもクックフォーミーなら約26分で作れてしまいます。 忙しくて料理をする時間が無いという方には、このメリットはなかなか魅力的だと思います。 一方、ヘルシオ ホットクックの無水調理とは、食材や野菜などに含まれる水分を利用して調理するものです。 余計な水を使用しないため栄養素の流出が抑えられ、食材の旨味が凝縮された料理ができます。 同じメニューであっても、無水調理で作るといつもとは一味違ったメニューになります。 ここまでの両者の特長の違いをまとめると、• クックフォーミーは調理時間を短縮できる• ホットクックでは独特なメニューが作れる ということになりますね。 使いやすさではクックフォーミーか? クックフォーミーの本体内にはレシピが内蔵されています。 これはクックフォーミーの大きな特長の一つです。 クックフォーミーの液晶画面にはレシピが表示されるので、ユーザーはその指示に従って準備をすれば良いのです。 いちいちレシピブックを広げて見る必要が無いというこのシステムは、なかなか画期的で便利で使いやすいと思います。 一方ヘルシオ ホットクックの場合は、付属のレシピブックを広げて作りたいメニューのページを探し、そのメニューの番号を本体に入力するという作業が要ります。 まあ、最初からそいうものだと思えば面倒には感じないでしょうし、慣れてしまえば特に問題はないと思いますが、本体画面だけで操作できるクックフォーミーと比べてしまうと、何だかちょっと面倒臭い感じがしてしまうかも知れません。 逆に言えば、クックフォーミーの操作の仕方は実に画期的でスマートであるということ。 使いやすさという点ではクックフォーミーに軍配が上がりそうです。 自動調理メニューの数を比較 クックフォーミーもヘルシオ ホットクックも、自動で調理してくれるというのが大きな魅力です。 となると、自動で作れるメニューの数も大きなポイントとなりそうです。 クックフォーミーには、前菜からメインディッシュ、デザートまでの61レシピが内蔵されています。 (注)ティファールのHP上では60レシピと書かれている部分が多いですが、製品仕様には61レシピと書かれていますし、取扱説明書に掲載されているレシピも61あります。 また、この61レシピは「レシピにしたがって調理する」というモードの中に内蔵されている数であり、「材料を圧力調理する」という別のモードには、さらに36のレシピが内蔵されています。 ただし、この「材料を圧力調理する」というモードは、白米を炊くとか単に野菜や肉などを煮るといったメニューなので、料理メニューとして数えるのもどうかといった感じです。 一方、ヘルシオ ホットクックの場合は、2015年モデル KN-HT99A の自動メニューは85ですが、2016年モデル KN-HT24B では119に増えています。 ヘルシオ ホットクックの自動メニューの中には、単に食材を茹でるだけというメニューも入っていますが、実質的な料理メニューの数を比べてみると、クックフォーミーよりも多少多い感じがします。 特に、ヘルシオ ホットクックには麺類のメニューもありますが、クックフォーミーには麺類のメニューがありません。 もちろん、手動調理すれば麺類も作れると思いますが、自動調理メニューということにこだわれば、ホットクックの方が多彩なメニューがあるという印象ですね。 スポンサードリンク 予約調理について ヘルシオ ホットクックは予約調理が可能です。 最大で12時間後までの予約設定ができるので、午前中に夕食の準備をしておけば夕方には出来ている!といった感じの使い方が出来ます。 ただしすべてのメニューが予約調理できるわけではありません。 予約メニュー数は KN-HT24B が35で、KN-HT99A が16です。 基本的に予約調理できるメニューは、野菜や魚の煮込み料理、カレーやシチュー系といったところです。 一方、クックフォーミーの場合、予約設定が可能なのは、「材料を圧力調理する」というモードのみです。 このモードは白米を炊くとか肉や野菜単体を煮るといったものなので、カレーや煮物などの料理を予約調理することはできません。 ただ、クックフォーミーは圧力調理による時短ができるので、特に予約調理する必要が無いとも言えそうです。 まあ、どうしても予約調理が必要だという方であれば、ヘルシオ ホットクックにした方が良いでしょうね。 大家族ならクックフォーミー? クックフォーミーは2~6人分までの料理が作れます。 したがって、夫婦2人だけから6人家族まで対応できます。 一方、ヘルシオ ホットクック KN-HT99A は2~4人分まで。 つまり、家族が5人以上いる場合はちょっとキビシイです。 しかし、2016年11月に登場した KN-HT24B は2. 4Lの大容量タイプで、2~6人分まで対応できるようになりました。 これまではクックフォーミーしか選択肢がなかった大家族にも、新たな選択肢が生まれたということです。 この KN-HT24B が発売された当初はその価格もかなり高かったですが、現在ではその価格もかなり安くなっています。 クックフォーミーとヘルシオ ホットクックの通販情報 クックフォーミーやヘルシオ ホットクックは、楽天市場などのネット通販サイトで購入できます。 ここまで色々と見て来たように、クックフォーミーにはクックフォーミーの良さがあり、ホットクックにはホットクックの良さがあります。 ここは両者の特長をよく理解した上で、自身や家族にとってより最適な方を選びましょう。 5人以上の家族の場合はクックフォーミーか KN-HT24B のいずれかという感じ。 そして、4人以下の家族の場合は、クックフォーミーと KN-HT99A の対決になりそうです。

次の

【ティファール クックフォーミーエクスプレス】のレビュー 実際に使用してわかったメリット・デメリット・口コミまとめ

ティファール クック フォーミー 口コミ

他の電気圧力鍋との圧倒的違い 様々なメーカーから電気圧力鍋が発売されていますが、他の電気圧力鍋との圧倒的な差別化を計れる点として 炒め調理が出来る これが一番大きいです。 正直、 炒め調理が出来る電気圧力鍋がこの『クックフォーミーエクスプレス』しかないので、 炒め調理がしたいならこれ一択です。 圧力調理機能 圧力鍋は短時間で煮込みが出来ていましたが、ガスを使用するので完全放置は危険でした。 『クックフォーミーエクスプレス』なら 電気での調理なので完全放置が可能となります。 食材を切ったら完了 電気調理鍋と言えど、食材を切る作業は人の手でやります。 ただ、食材を切るなどの下準備さえすれば、あとは 食材を釜に入れてボタンを押すだけで完成するので超簡単。 豊富すぎるほどの内蔵レシピ 本体内に搭載されているレシピだけで150あります。 内蔵レシピを毎日1食でも5ヶ月は持ちますで、レシピに悩む心配はありません。 レシピを眺めつつ食べたいものを選べば、 献立を考える時間も短縮になるのでコスパ最強です。 『クックフォーミーエクスプレス』のメリット 『クックフォーミーエクスプレス』を100回以上使用して実感したメリットを挙げていきます。 大容量 6L 3Lの一人暮らし用もありますが、購入したのは6Lのもの。 現在2人暮らしなのですが、十分すぎる内容量です。 炊き込みご飯などの調理時は 多めに作っておけば翌日の調理が不要になるので大容量がコスパ良し。 料理の時短になる 電気圧力鍋なので当然と言えば当然ですが、やはり使っていると実感します。 基本的には具材を切って手順に沿って材料を投入するだけ。 レシピはモニターに出てくるので、わざわざスマホで見る手間がない時点でも時短になります。 それに加えて、 圧力調理なので硬いジャガイモなどもたった3分でホロホロに。 結果的に、火を通す時間分が丸々省けるので時短になります。 栄養価が逃げない 特に煮込み調理で実感します。 通常の鍋での煮込みは、熱によって水分が蒸発します。 それによって栄養価も少なからずは蒸発していきます。 ですが、クックフォーミーエクスプレスなら蓋をしたまま蒸気だけを放出出来ます。 その結果、栄養を閉じ込めたまま煮込み料理が出来るので、小さいお子様がいるご家庭にぴったり。 完全放置で出来上がる クックフォーミーエクスプレスは何がいいかというと とにかく簡単だということ。 レシピを選ぶ• 具材を切る• 手順に沿って材料投入• 蓋をする ほとんどのレシピがこれで完成。 レシピによっては、最初に軽く炒めるものもありますがそれも面倒ではない程度。 蓋をしたらあとは自動で調理が始まり、終わったらアラームでお知らせしてくれます。 待ち時間はスマホをいじったらテレビを観たりしているだけなので、鍋を見張る必要なし。 料理苦手でも失敗しない 上記の料理完成までの手順を見てわかる通り、どこまでも簡単に出来上がります。 正直、 自分で行う作業は具材を切って順序に従って調理するだけ。 失敗するとしたら、手順を間違えるくらいなので、料理に自信がない人にこそ必要ですね。 内臓レシピのおかげで献立に悩まない クックフォーミーエクスプレスに内蔵されているレシピ数が150もあります。 頻繁に使うレシピは実質20個程度ですが、 でぷれ こんな感じで 好奇心と探求心を同時にくすぐられるので自炊が楽しくもなります。 家庭では難しい煮込みやローストも簡単 煮込みやローストはなかなか手作りでは難しい調理方法。 ですが、クックフォーミーエクスプレスなら カレーを作るのと同じレベルの作業で終わります。 難しい料理が家庭で出来ると、優越感に浸れるのでお値段以上の価値を生み出せます。 火を使わないので子供にも安心 具材を切ってお釜にポンで出来上がるので、当然火は使いません。 名前も『電気圧力鍋』ですし。 調理開始のボタンをお子様に押させてあげると喜ぶので是非とも試してみてください。 大きいので 置くスペースが必要 とにかく大きいです、何故なら6L分入るほどの大容量だから。 どの家庭でもわかる比較としては 『炊飯器の1. 5倍の大きさ』 要するに、炊飯器以上のスペースを確保しないといけないので、購入の前に配置決めはしておきましょう。 パーツが多いから洗うのが大変 細かいパーツが多いです、多いからこそここまで簡単に調理が出来るということでもあります。 細かいパーツ全てを毎回洗う必要もないので、 お釜と天面の蓋だけ洗っていれば問題なし。 釜がでかいから洗うのが大変 これも6L分入るほどの釜なので大きいのは当然。 大きいですが、釜の中はコーティングがされているので汚れは簡単に落ちてくれます。 シ ンクで炊飯器の釜が洗えるスペースがあるなら、そこまで苦労しないので安心してください。 完成時の蒸気がすごい 圧力鍋あるあるですが、完成時の蒸気がすごいです。 煙検知器があったら確実に反応するレベル。 配置の際は、なるべく換気扇に近いところに置くようにすれば特に問題はありません。 我が家では、換気扇にクックフォーミーエクスプレスがあるので蒸気を気にせず調理が出来ます。 融通が効かない 口コミでもありましたが、手順通りにやらないとエラー音を吐きます、ちょっとうるさい。 ですが、 逆に言うと間違っているアナウンスなので従っていればちゃんとおいしく出来上がります。 保温時間が短い こちらも口コミでもありました保温時間。 5時間しか出来ないのは確かに短いです。 ですが、 再加熱が出来るので食べる時に再加熱してしまえば大丈夫。 5時間以内に食べることもほとんどないので、個人的にはあまり気になりません。 結論: デメリットはあれど、許容範囲内。 メリットを考えるとこれくらいは全く気になりません。 『クックフォーミーエクスプレス』のスペック 主要スペックを簡単にまとめます。 値段 28,500円 製造元 品名型番 T-fal クックフォーミー エクスプレス CY8511JP 定格消費電力 1200w 本体サイズ cm 幅:38. 5 本体重量 kg 約6. 5 本体コード長 m 約1. 実際の価格は、こちらから確認してみてください。 記載価格が定価なので、それよりも値下がりしていたらお買い得というサインです。 『クックフォーミーエクスプレス』はこんな人におススメ! いろいろまとめましたが、『クックフォーミーエクスプレス』をオススメしたい人はこちら.

次の