おそうじ隊501 開業。 おそうじ隊501FC加盟サイト|創業40年の清掃の全国フランチャイズチェーン加盟情報

まだ山形県でエアコンクリーニングしないで!評判業者5選!ランキング

おそうじ隊501 開業

おそうじ隊501 建物全般をターゲットとした膨大な市場と安定性のある仕事です。 当FCでは、その中でも継続性を重視した事業展開と、組織化できる仕組みを強みとした発展性のあるビジネスモデルとなっています。 ハウスクリーニング・清掃 対応エリア• 北海道• 神奈川• 和歌山• 鹿児島• 沖縄 予算• 101万円~500万円の予算で探す キーワード• 定年のない働き方• 1人で独立開業• 社会に貢献• 技術を身につける• 地域密着の仕事• 未経験からスタート• 研修制度あり• 自宅で始められる仕事• 開業パッケージで始める 以前に掲載していた企業情報となります。 現在は当サイトからの募集は行っておりません。 おそうじ隊は長年の経験と実績、研究から培った 技術により、ほぼ全ての市場へアプローチを可能とします。 また、地方都市での開業についてもシステム自体が地方都市型・大都市近郊型ですので、近隣1時間圏内は充分商圏として期待できます。 加盟店の継続率の高さがそれを物語っております。 むしろ、近隣加盟店と協力体制を築けることがなによりの強み。 技術面や知識の共有、時には仕事の応援など、互いに助け合い、サポートしあえる良好な関係性が私達の強みです。 いざという時の支えがある。 同じ仕事をしている仲間がいる…。 それが単独開業との違いであり、メリットです。 事業を拡大することにより、多数のスタッフを有した企業の経営を行うことが可能です。 市場性 おそうじ隊501は、オフィスや店舗、医院、美容院などの商業施設がメインです。 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングというの欠かせない業種です。 その為、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を獲得できます。 また、基本的には人手仕事であるため設備、機材についての投資が少なく開業が可能な為、本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができます。 それにより、安定した売上を見込むことができます。 本部の継続的な支援のもと、 事業を拡大することにより、多数のスタッフを有した企業の経営を行うことが可能です。 理念教育から営業研修、技術研修、経営管理研修、運営研修などの各種研修から開業準備指導まで、開業に必要なことを全て実施していきます。 開業時にも開業支援を行い、開業後も情報発信や電話・巡回指導など、継続して運営サポートをしていきます。 しかし私達は、ただ清掃技術の習得だけでは資金を投じてFC加盟することはないと考えております。 基本技術の習得、機材の供給後の開業は出発点でしかなく、むしろ運営・経営こそが難しいのも事実だからです。 独立開業支援という初期の活動もさることながら、中長期の運営支援、協力関係にあると提言いたします。 また、個別の研修も実施しており、地域のニーズに合致したサービスの研究も行なっています。 以前に掲載していた企業情報となります。 現在は当サイトからの募集は行っておりません。 企業概要 会社名 株式会社モリサービス 事業内容 ビル・オフィス・店舗の清掃、賃貸物件の空室清掃、ハウスクリーニング 住所 神奈川県厚木市岡田3080-3 関連掲載企業• 今月の掲載企業ピックアップ!•

次の

【募集終了】株式会社モリサービス/おそうじ隊501での独立・開業・起業|フランチャイズ加盟募集.net

おそうじ隊501 開業

ハウスクリーニングで独立して開業したいと思っている人もいるのではないでしょうか。 確かに、ハウスクリーニングならある程度容易であるため、比較的に開業しやすいものです。 しかし、いきなりゼロから開業をはじめると大変です。 ハウスクリーニングで独立して開業するためには、フランチャイズがおすすめです。 というのも、フランチャイズならいろいろアドバイスしてくれるため、より安心して開業できるためです。 しかし、フランチャイズもいろいろなところがあるため、注意して選ぶ必要があります。 ここでは、ハウスクリーニングのおすすめのフランチャイズとそれぞれの特徴などについてご紹介します。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ぜひ参考にしましょう。 Contents• ハウスクリーニングで独立して開業する方法 ハウスクリーニングとはどのようなものか? ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングとはどのようなものかについて十分に把握しておく必要があります。 ハウスクリーニングというのは、普通の家庭から掃除のプロが頼まれて、なかなか普通の人では掃除ができにくい汚れなどをきれいにするものです。 近年は、共稼ぎの世帯が多くなったりすることなどによって、ハウスクリーニングを普通の家庭でも使うようになってきています。 特別な資格はハウスクリーニングを開業する際に必要なく、機材の高いものが必要ないため、費用が少なくても開業ができることも魅力でしょう。 ここでは、おすすめのフランチャイズに入る場合の長所と短所についてご紹介しましょう。 フランチャイズに入る長所としては、知名度があるため信頼されることです。 ハウスクリーニングの場合は、作業を家の中で行うため、信頼されるということが非常に大切です。 一方、 フランチャイズに入る短所としては、月々のロイヤリティやイニシャルコストがかかることです。 なお、ロイヤリティというのは、フランチャイズの名称を使うためにかかる費用です。 このロイヤリティはフランチャイズによって違っており、月額で安い場合は3万円、高い場合は15万円になります。 また、途中で解約することがフランチャイズによってはできない場合もあるので、契約の内容なども調べることが必要です。 1位「おそうじ本舗」 特徴 おそうじ本舗は、誰もがテレビのCMで一回は目にしたことがあるくらい有名で、フランチャイズチェーンとして全国的なものです。 ハウスクリーニングの場合は、頼まれた人の家の中で掃除をするので信頼されている必要があります。 おそうじ本舗は、知名度が高いので頼まれた人から信頼をもらっています。 そのため、オーナーとしては営業をスムーズに行いやすいでしょう。 本部には、• 毎月6万円のロイヤリティ• 2万円の広告分担金 のトータル8万円を払う必要があります。 別のハウスクリーニングのフランチャイズと比較して毎月の8万円は高めになりますが、サポートがその分充実しています。 開業が経験が無い場合でも成功するように、 一緒に現場に行ってくれたり、営業してくれたりするだけでなく、業務提携も地元の会社と進めてくれます。 オーナーが営業や掃除方法に不安がある場合は、フランチャイズとして非常におすすめでしょう。 ハウスクリーニングをおそうじ本舗で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 将来に対して大きな期待が持てるようになった お客さんはお金を支払っているにも関わらず、掃除が終わった後には感謝してくれます。 そのため、自分の気持ちは仕事をスタートから非常に充実しています。 また、サポートをしっかりしてくれるため、困ったりすることはありません。 経験が無かったので非常に不安でしたが、だんだん研修によって不安も無くなり、経験を開業して積み重ねるにつれて将来に対して大きな期待が持てるようになってきました。 経費が毎月かかる 毎月、販促、宣伝費がロイヤリティの他に計上されます。 おそうじ本舗は有名で、仕事を多くいただけますが、経費が毎月かかるため、仕事をその分多く取る必要があるので大変です。 また、2年の契約期間で短めです。 しかし、フランチャイズであるため、余程のことが無ければ、契約は更新されるようです。 なお、オフィスクリーニングがメインですが、基礎はハウスクリーニングと変わらないため、それほど心配する必要はないでしょう。 ダイオーズカバーオールは、オフィスサービスを長年行ってきました。 そのため、 取引先が数十万件もすでにあるので、お客さんを確保するためにオーナーは営業する必要がないのがメリットです。 営業したことが無いため心配であるという場合は、フランチャイズとして非常におすすめです。 プランや地域によってロイヤリティやイニシャルコストは違ってきますが、他のフランチャイズと比べると高めです。 600万円のイニシャルコストが必要であるため、若いオーナーのようにお金を確保しにくい場合は厳しいでしょう。 イニシャルコストは高くなりますが、お客さんが確実に得られる、売上がしっかりと保証されるようになっています。 安定性を重要視して、ある程度イニシャルコストが用意できている場合は、ダイオーズカバーオールがいいでしょう。 ハウスクリーニングをダイオーズカバーオールで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 営業をオーナーが行う必要が無い ダイオーズカバーオールの場合は、営業をオーナーが行う必要が無いのがいいです。 そのため、仕事が安心してできます。 イニシャルコストはかかりますが、売上をフランチャイズで保証しているのが素晴らしいです。 もともと掃除が得意であったので、オーナーになろうと思いました。 関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていない 自分が開業したのは関東でしたが、関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていないためデメリットでしょう。 関東でしばらく仕事を経験して、地元の関西にその後は戻って仕事をしたいと考えていましたが、自分の地元はカバーされていないため仕事ができないので困っています。 売上が保証されるのは非常にいいですが、イニシャルコストがその分高く、個人の場合は非常にハードルが高いと思います。 営業の経験が無い、全くパソコンを操作した経験が無いというような初心者の場合は、非常におすすめです。 なお、 入るためには、2人以上の従業員が必要になります。 ハウスクリーニングのほとんどはオーナーのみでも入れますが、おそうじ隊501の場合は最低でも2人の従業員が必要です。 そのため、ほとんどのオーナーにとって障害になっています。 しかし、従業員を開業するために求人するサポートを行っています。 ハウスクリーニングをおそうじ隊501で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 丁寧に教えてくれたので非常にありがたかった 入っている店がお互いに年齢やエリアに関係なく、結束が強いため助かります。 何かあれば、すぐに電話などで連絡できるため安心です。 また、掃除方法以外に、丁寧に事務や営業方法などを教えてくれました。 パソコンが全く操作できませんでしたが、丁寧に教えてくれたので非常にありがたかったです。 従業員が2人以上必要というのはハードルが少し高い おそうじ隊501に入る場合は従業員が2人以上必要というのは、仕事をオーナーだけで行っている場合はハードルが少し高いでしょう。 また、契約期間の2年間は、別のフランチャイズと比較して短いと思いました。 研修においては、掃除の基礎だけでなく、ウエブでの営業・集客活動まで学習することができます。 開業した後も研修において獲得したお客さんを引き継ぎすることができるため、「最初から始めるため心配である」という不安はありません。 掃除や営業の経験がない場合は、フランチャイズとしてぴったりでしょう。 おそうじ革命は、開業する前の研修が充実しているため、経営に失敗しにくいように教えてくれます。 しかし、長い研修期間があり、イニシャルコスト・ロイヤリティが高くなります。 ハウスクリーニングをおそうじ革命で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 集中して仕事ができる そのまま従業員の時のお客さんを引き継ぎすることができるため、儲ける予測ができて開業が安心してできました。 新しい仕事を紹介してくれたり、宣伝をホームページでしてくれたりするため、集中して仕事ができます。 しっかりとサポートしてくれるため、プライベートも仕事も充実しています。 1年半の研修を受けることが必要である 開業はいきなりできるということでなく、1年半の研修を契約社員として受けることが必要です。 また、首都圏だけをカバーしているのがデメリットです。 同じような業者が首都圏は多くいるため、非常に競争が激しくなっています。 自社の商品も売っており、楽しく掃除がなります。 細かいところまで、ダスキンのハウスクリーニングでは対応してくれます。 窓周り• 水周り• ランドリー• 玄関 などの掃除であれば、全てダスキンに任せるときれいになります。 ダスキンの場合は、エアコンのハウスクリーニングが高い人気になっています。 ハウスクリーニングを自宅で依頼する場合は、エアコンが多くなります。 エアコンクリーニングの場合は、ダスキンでは12960円で1台当たり行っており、割安に2台目からはなります。 しかも、抗菌加工がオプションでできるため、非常に衛生的にも安心できます。 エアコンの内部は、掃除を自分で行うのは困難ですが、ホコリやカビ、臭いを高圧洗浄で除去してくれます。 これ以外にも、人気が高いのはハウスワイドサービスです。 ハウスワイドサービスでは、まとめて家の中を掃除してくれます。 自分で隅々まで部屋の中を掃除するのは困難ですが、ハウスワイドサービスがこのような場合はおすすめです。 ハウスクリーニングをダスキンで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 入っている店同士がきちんとネットワークを作っている 老舗であるダスキンの場合は、入っている店同士がきちんとネットワークを作っており、入っているオーナーたちが地域ブロックごとに定期的勉強会などを行っています。 入っているオーナーたちがお互いに連携することによって、親交を深めるようなところがあります。 オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目である ダスキンの場合は、オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目でしょう。 というのは、ダスキンにぜひ入ってくださいと営業されるということではありません。 ダスキンスクールが大阪にあり、創業してからの考え方や歴史などがここには展示されています。 このようなことをきちんとダスキンの考え方を分かってもらうために行っており、儲かるかどうかのみでダスキンを検討する場合はそれほどおすすめではないと思います。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングのフランチャイズがおすすめです。 ハウスクリーニングのフランチャイズとしては、ここでご紹介したように、ランキング1位の「おそうじ本舗」がおすすめです。 というのは、サポート体制がしっかりしており、初めての場合でも安心であるためです。 なお、オフィスクリーニングにチャレンジしたい場合は、メインにオフィスクリーニングを行っているダイオーズカバーオールがおすすめです。

次の

フランチャイズに加盟してハウスクリーニング業を独立開業する方法

おそうじ隊501 開業

Contents• 集客面で優位に立ちたいならおそうじ本舗 おそうじ本舗の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…259万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…15日間 毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかに月20,000円の「広告分担金」もかかります。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟店オーナーの年収はどれくらい? おそうじ本舗の特徴 おそうじ本舗のメリットは、知名度が高いという点です。 おそうじ本舗は、新聞やテレビなどのメディアでもたびたび取り上げられているため、ハウスクリーニング業界で屈指の知名度を誇ります。 加盟するフランチャイズ本部の知名度が高ければ、それだけで集客が期待できます。 おそうじ本舗は、運営本部の安定感も抜群です。 せっかくフランチャイズに加盟しても、本部が倒産するようなことがあれば、加盟店オーナーも共倒れとなってしまいます。 その点おそうじ本舗の運営母体である「HITOWAグループ」は、20期連続で増収している成長企業で、2017年の売上は426億円に達しています。 これだけ安定した企業が母体にあるなら、おそうじ本舗がなくなる心配も当面ありません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 充実した研修を受けたいならおそうじ革命 おそうじ革命の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…258万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…45日間、または1年間 毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかにシステム手数料や広告金、合わせて39,000円もかかります。 おそうじ革命の特徴 おそうじ革命のメリットは、研修が充実している点です。 おそうじ革命の研修は45日間の短期プランと、1年間の長期プランの2種類があります。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部では、研修期間が2週間程度のところがほとんどですから、45日間でも充分長いと言えます。 また1年間の長期プランの場合、日当をもらいながら研修を受けられるため安心です。 開業前にしっかりした技術を身につけたいという人には、おそうじ革命がおすすめです。 ただしおそうじ革命は、おそうじ本舗に比べると、本部に毎月支払う料金が高くなっています。 毎月の支出を抑えたいという人には、不向きだと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 資金を安く抑えたいならハウスコンシェルジュ ハウスコンシェルジュの開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…197万4千円• ロイヤリティ…30,000円• 研修期間…5日間 料金は公開されていませんが、毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかに広告分担金がかかる場合もあるようです。 ハウスコンシェルジュの特徴 ハウスコンシェルジュのメリットは、開業資金とロイヤリティが安いという点です。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟する場合、開業資金の相場は200~300万円程度ですが、ハウスコンシェルジュは200万円未満で開業できます。 またロイヤリティの相場は6万円ですが、ハウスコンシェルジュは半分の3万円です。 開業資金や毎月の支払いを抑えたいという人には、ハウスコンシェルジュがおすすめです。 ただしハウスコンシェルジュは、研修期間が5日間しかありません。 しっかり技術を身につけてから開業したいという人は、別のフランチャイズに加盟したほうがいいでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ゆくゆくは店を大きくしたいならおそうじ隊501 おそうじ隊501の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…250万円• 研修期間…約3週間 おそうじ隊501のロイヤリティは固定ではなく、売上に応じた額となっています。 おそうじ隊501の特徴 おそうじ隊501では、本部が加盟店オーナーに対し、店舗の組織化のサポートもしてくれます。 ハウスクリーニングは一人でも開業できるのがメリットですが、それでは大きな利益は見込めません。 大きな売上を上げるには、スタッフを雇って、組織を大きくする必要があります。 おそうじ隊501では、スタッフの募集や教育、組織の運営などのノウハウも教えてくれるため、ゆくゆくは自分の店を大きくしたいという人におすすめです。 ただしおそうじ隊501に加盟するためには、2名の専業スタッフが必要です。 そのため一人で開業したいという人は、別のフランチャイズ本部に加盟しましょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 営業なしで安定した売上をあげたいならダイオーズカバーオール ダイオーズカバーオールはハウスクリーニングではなく、オフィス清掃のサービスです。 ダイオーズカバーオールの開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…関東:310万~/関西・中部:420万円~• ロイヤリティ…関東:売上の27. 研修期間…10日間 このようにダイオーズカバーオールでは、出店エリアによって、開業資金とロイヤリティの額が異なります。 ダイオーズカバーオールの特徴 ダイオーズカバーオールのメリットは、加盟店オーナーが営業をする必要がないという点です。 ダイオーズカバーオールでは、新規顧客の獲得を本部が担当してくれます。 そのためダイオーズカバーオールは、営業が苦手だと言う人にうってつけのフランチャイズ本部です。 ただしダイオーズカバーオールは、開業資金とロイヤリティが高額だというデメリットがあります。 開業資金は最安でも、関東で310万円、関西と中部では420万円もかかります。 ロイヤリティも関東なら27. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 法人での加盟ならダスキン ダスキンもフランチャイズの展開をしていますが、加盟できるのは法人のみです。 ダスキンには、ハウスクリーニングのほかにオフィスや店舗清掃などもできる「ホームペッケージ」と、ハウスクリーニングのみができる「ホームパッケージ」の2種類のプランがあります。 どちらのプランで契約するかによって、開業資金やロイヤリティの額が以下のように異なります。 店舗業務システム使用料…月22,000円~• 情報連携システム使用料…月5,000円• クレジットカード決済システム使用料…月2,000円 このほかに、毎年56,458円の損害賠償保険料も支払わなければなりません。 ダスキンの特徴 ダスキンもおそうじ本舗同様、 一般知名度が高いため、集客面で優位に立てるというメリットがあります。 ただしダスキンは他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と違って、開業に実店舗が必要です。 そのため開業にあたって、本部に支払う開業資金のほかに、店舗の賃料や改装代なども用意しなければなりません。 もしもダスキンを選ぶ理由が知名度の高さにあるのなら、同じように知名度が高く、なおかつ実店舗がいらないおそうじ本舗を選んだほうが経済的です。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングのフランチャイズ本部は複数あり、それぞれに特徴があります。 ニーズ別の、おすすすめのフランチャイズ本部は以下のとおりです。 自分のニーズに合ったフランチャイズ本部が見つかっても、デメリットが許容できるものか確認してから加盟するようにしましょう。 その点、おそうじ本舗には大きなデメリットがありません。 知名度が高く、集客面で優位に立てるというメリットもあるので、迷ったらおそうじ本舗を第一候補にしておけば、間違いないと言えるでしょう。

次の