ホホバ オイル 無印。 無印良品の美容オイルを徹底比較!使い方・つけ心地・コスパ…どれで選ぶ?

無印より安くて良質なホホバオイルみつけた!おすすめは栄養たっぷり未精製ゴールデンオイル

ホホバ オイル 無印

無印良品のホホバオイル:ホホバオイルの色の違いって? ずっと長年、 無印良品のホホバオイルを使っていました。 この無印良品のホホバオイルは、比較的、手頃な価格なのでなくなっては買い、なくなっては買っていました。 ホホバは、英語で「jojoba」です。 *スペイン語から来ているのでジョジョバでなくホホバです。 しかし、1年位前に、無印良品のホホバオイルは無色透明ですが、他のホホバオイルで黄金色ものの存在を知りました。 この違いは何かしら?と。 ホホバオイルの色の違い:精製か?未精製品か? この色の違いは、 精製品か?未精製品かの違いなのです。 無印良品の無職透明のホホバオイルは 、精製品で、黄金色のホホバオイルは、 未精製品なのです。 どう違うのでしょうか? まず未精製ホホバオイルとは? ホホバの種を潰して 低温・低圧で圧搾してとったオイルです。 これは、あまりたくさんの量がとれません そして何も化学処理をしていないので、黄金色のオイルです。 別名、 「ゴールデンホホバオイル」とも呼ばれています。 たくさんの量が取れないので価格は高いです。 価格は高いですが、 低温・低圧で手間をかけて搾油された未精製ホホバオイルは、精製ホホバオイルに比べて、 驚くべき美容効果がたくさんあるのです。 精製ホホバオイルとは? 未精製ホホバオイルの搾り取られた残りカスには、 まだホホバオイルが残っています。 この残りカスに残っているホホバオイルは相当の量になります。 この残りのオイルを取りだすために、 高温高圧での圧搾処理をします。 そして残りカスからもホホバオイルを採り出して化学処理をしたのが、精製ホホバオイルなのです。 大量生産が可能なので価格は安いです。 化学処理と高温高圧での熱処理をしているので、色は無色透明になっています。 色が透明なので、別名「クリアホホバオイル」とも呼ばれています。 そして栄養素や美容効果は残念ながら、無精製ホホバオイルに比べて少ないです。 ・・という事は、私は、値段が安いからと、無印良品のホホバオイルを使っていたのですね。 アメリカ カルフォルニア州そしてアリゾナ州からメキシコ北部が原産です。 ああ、それでなのですね。 メキシコはスペイン語圏だから「jojoba」というスペルでホホバと読むのでね。 スペイン語はわかりませんが「jo」の発音は、ホなのですね。 その証拠に、なんと 年間降水量が20ミリもあれば生育できる植物だそうです。 これはすごい! ホホバの木ってどこかで買えないのでしょうか? 怠け者でお水やりを忘れていても、育つなら観葉植物としていいのでは? なんて思いますね。 ホホバオイルの効果 ホホバの木が、年間降水量20ミリでも乾燥に強くて育つというのは、 ある意味、衝撃で驚きました。 ホホバオイルは抜群の保湿力 ホホバの木は、降水量の少ないアメリカやメキシコの砂漠地帯の過酷な環境でも、枯れてしまわず生き続けるのです。 そして枯れてしまわないために、水分を保存するというか、水分を閉じ込めようとする力があるのです。 なるほど! だから、そのホホバの木から取ったオイルというのは、 保湿効果抜群なのですね。 納得!納得です。 ホホバオイルは酸化しにくい それから次に、ホホバオイルが、 酸化しにくいのが特徴です。 お肌の老化による衰えは、言い換えると、細胞が酸化するという事。 リンゴの皮をむいてしばらく置いておくと茶色になるように、細胞が錆びていくという事です。 ホホバオイルには、酸化が遅い不飽和脂肪酸が多く含まれているのです。 酸化を防いでくれるので、シワ・たるみなど肌の老化からのエイジングケアに効果があります。 アンチエイジングには、もってこいのオイルです。 ホホバオイルは低刺激性 また、ホホバオイルは低刺激なので嬉しいです。 肌のバリアとなって乾燥・荒れを防いでくれます。 万能のオイルなのですね。 おすすめの、NATURAL ORCHESTRA(ナチュラルオーケストラ) 私のおすすめは、 NATURAL ORCHESTRA(ナチュラルオーケストラ)のオーガニックホホバオイルです。 黄金色の未精製ホホバオイルを探していて、たどりつきました。 私の数人の、美容マニアといってもいい友達もこれを使っています。 世界的四大有機認証機関4つに公式認定 「NATURAL ORCHESTRA」は、日本で唯一、世界的四大有機認証機関4つに公式認定されているブランドなのです。 信頼性抜群なのです。 「NATURAL ORCHESTRA」こんな悩みを解決してくれます。 お肌が乾燥する・荒れる。 シミ・くすみが気になる。 しわ・たるみが目立つ。 かゆみを伴うお肌のガサつき。 髪がばさつく。 抜け毛。 これらの悩みって、全部 エイジングでなでいですか! ずばり!私のエイジングの悩み全部です。 つまり、この「NATURAL ORCHESTRA」は、アンチエイジングに超おすすめのオイルなのです。 ホホバオイルにはワックスエステルという成分が多く含まれていて、 350. 000種の植物を鑑別した結果でも多量のワックスエステルを含む植物は ホホバ以外にはないとの事。 このワックスエステルは、乾燥や異物から守り潤いを保つ事により、 肌荒れを防ぎ、肌や髪に本来のツヤとハリを与えてくれるのです。 製造のこわだり NATURAL ORCHESTRAのホホバオイルは、日本の工場で丁寧に生産されています。 有害なものが混入していないかどうか? 品質基準を満たしているかどうか? 何度も原料の成分分析が行われて、厳しい基準をクリアーした高品質なオイルなのです。 とても信頼できます。 ホホバオイルの私の結論 確かに、無印良品のホホバオイルは、NATURAL ORCHESTRAのホホバオイルより安いです。 何分の1でしょうか? 美容効果が同じなら、当然、安い方がいいです。 (特に、関西の中年女性は、値段にはうるさいのです!) しかし、美容効果を考えると、 私は迷わずNATURAL ORCHESTRAのホホバオイルを選びました。 無印良品さん ごめんなさい! たぶん、あまり老化を感じていない若い女性にとっては、手頃な価格の方がリピートしやすくいいと思います。 ホホバオイル自体の効果は抜群なのすから。 ただし、私のように、エイジングでたくさんたくさん悩みがある中年女性にとっては、効果の違いは大事なのです。

次の

無印のヘアオイルはこの万能オイルがおすすめ!髪にも顔にも体にも!

ホホバ オイル 無印

精製済と未精製の商品がある 商品として売られているホホバオイルには 未精製と 精製済の二種類があります。 未精製はホホバを絞ってから加工しておらず、色は黄色です。 栄養価は精製されたものより高く、美容効果も高いです。 ただ値段も高い上に、精製済と比べると長持ちしません。 精製済はホホバを絞ってから不純物を取り除く為に精製したものです。 色は透明で、栄養価では未精製に劣りますが、価格が安く品質が長持ちします。 保湿能力の面では両者の間に違いはないです。 なのでヘアオイルとして使うならそんなに違いはないので好みで選んでください。 無印で簡単に手に入ります なかなかお店で売られているところを見たことが無い人が多いと思いますが、 無印良品で売られています。 余分なものが入っていないので化学薬品に敏感な方にとってもおススメです。 手触りはサラサラでホホバオイルにありがちな独特な匂いもそこまでしません。 200mlのボトルは かなりコスパがいいです。 毎日使うものですし、髪以外にも クレンジング(鼻を擦ると黒ずみが取れる)など活躍の幅が広く消耗しやすいのでかなり良い商品。 ヘアオイルとして売られているホホバオイルもあります。 ホホバオイル意外にもいろいろな髪に良い成分が入っているのですが、値段が無印のホホバオイルの2倍以上する物もあるので、コスパを重視するなら無印のホホバオイルですね。 200mlを使うなら容器を入れ替えよう 上記したように1番大きい200mlサイズが1番コスパが良く、ポンプも付いているので使いやすそうです。 しかし ホホバオイルは10度前後で固体になるという特性があります。 そしてポンプの吸い上げる管の部分が凍ってしまうと溶かすのに結構時間がかかります。 ということで100ml、50mlサイズのようなボトル(写真のやつ)に入れ替えて使うことをお勧めします。 このタイプのボトルなら溶かすのも簡単です。 天パのしくみ いわゆる天然パーマと呼ばれるうねりのある髪の毛が出来る仕組みは頭皮と毛根のコンディションが原因です。 毛根が汚れていたり、ホルモンバランスの以上による乾燥、皮脂の過剰分泌などをしていると髪の毛も正常に生えてきてくれません。 正常でない髪の毛がどういう状態かというと、髪が作られる際にズボンのチャックのように左右順番につなぎ合わされていくはずの髪の材料(コルテックスと言います)が 所々ずれてハマってしまった状態のようなものです。 ずれてハマったチャックが歪むように、うまく生成されなかった髪の毛も歪んでしまうというわけです。 天パは乾燥しやすい 天パは直毛より 摩擦の影響も受けやすいですし、とても 乾燥しやすい髪質です。 それ故にアイロンでストレートに伸ばしても外気の湿気をスポンジのように吸って元の天パに戻ります。 そういう私の天パも何もケアをしないとパサパサになって浮いてしまい、ボワっとします。 直毛と違って水分を保持する力も弱いので 天パの克服は乾燥を克服するところから始まるといっても過言ではありません。 ホホバオイルが他のオイルより優れている理由 頭皮と髪の乾燥を防ぐことがオイルを使うことの目的です。 そこで持ち前の保湿効果で乾燥を防ぐためにホホバオイルが登場するわけですが、そこら辺のヘアオイルよりホホバオイルの方が優れている理由は ホホバオイルの成分が皮脂に近いことと 髪の内部に浸透できる唯一のオイルであることが大きな理由です。 しかし生活が乱れがちな現代人は皮脂分泌も乱れがち。 過度な乾燥、そしてそれが原因の過度な皮脂分泌を繰り返しがちです。 だから頭皮が乾燥する前に足りない油を足してあげる必要があります。 そんな私たちの体が分泌する皮脂の成分の中に ワックスエステルという成分があります。 このワックスエステルが超重要で、 肌の保湿機能を担っています。 この大事なワックスエステルなのですが、 ワックスエステルを含んでいるのは植物界で唯一ホホバだけ。 しかもホホバオイル中のワックスエステルの割合は90%もあります。 要するに ホホバオイルだけが皮脂の代わりになることができるポテンシャルを持っています。 ほかの植物由来のオイルが敵うわけがないんですね。 知ってるわけないですよね。 兵庫県にある施設なのですが、ここでは放射光(電子を光とほぼ等しい速度まで加速し、電磁石によって進行方向を曲げた時に発生する強力な電磁波)を用いた顕微鏡?みたいなものがあるらしいです。 間違ってたらすいません。 つまりは物を分子、原子レベルで観察できちゃうくらいすごい顕微鏡がある施設です。 兵庫県のものを含め、同レベルの施設は世界に3つしかないくらいすごい施設なんですが、そこでとある実験が行われました。 それは植物由来のオイルが髪の毛に対してどう作用するかを内部構造から観察するというもの。 オイルをつけた時点で既に手触りが良かった月見オイルとホホバオイルに焦点をあてて実験は行われたそうです。 そしてホホバオイルだけが髪の内部まで浸透している事を観察することができたそうです。 要点は全ての数あるオイルの中で ホホバオイルだけが髪の内部まで入り込んで保湿する力があるということ。 これってすごい実験ですよね? ホホバオイル以外の植物性オイルはヘアケアに意味がないと証明されたようなものではないでしょうか。 実際はどうなのかは定かではありませんがヘアオイルとしてのホホバオイルは他のオイルの追随を許さないレベルの性能であることが証明されました。 ヘアケア商品で有名な会社です。 髪の内部まで浸透することの意味 髪の内部まで浸透することが認められたところでその重要性がわからないといまいちピンとこないですよね。 髪の内部の成分が欠落したことでズレが生じ、それが髪のうねりの要因の一つになるわけですが、ヘアオイルの役割はこの欠落部分を埋めるところにあります。 しかしホホバオイルのみが髪の内部への浸透を認められたわけです。 つまり他のオイルだと表面にばかりついていて意味がないし、さらにベタついてしまうというわけですね。 髪の表面(キューティクル)に効果はあってもうねりの原因である髪の内部構造(コルテックス)の偏りをどうにかしないと意味がないので、そう言った意味でもホホバオイルしか良い効果が得られないのです。 ホホバオイルの使い方 使い方はとってもシンプルです。 タオルドライをした後にホホバオイルを手に取ってのばし、髪に塗布するだけ。 普段からヘアオイルを使う方は同じように使っていただければ大丈夫です。 髪の内部に浸透するとはいっても多くつけすぎると当然べたつくので、少しずつつけながら自分の毛量にあった量を見つけましょう。 筆者である私自身(天パの権化)がお風呂上がりルーティンを動画にしてみました。 動画の中でホホバオイルを使っているので使い方を勉強していってください。 ホホバオイルで髪がしっとり、柔らかく、まとまる わたしの天パは剛毛でうねっていて乾燥しやすくてまとまらないというまさに天パという髪です。 長年悩まされてきました。 そんなわたしがホホバオイルをレビューしたいと思います。 わたしが使用したのは先ほども紹介した無印のホホバオイルです。 使った感想としては「 本当に俺の髪の毛か?」と疑いたくなるくらいの変化がありました。 パサついて膨らむ前髪もしっとりな質感になり、緩やかに下に向かって落ちるようになりました。 普段は一回転くらい捻れている髪の毛も半回転未満くらいの捻りに。 まるでヘアカタログでみるお洒落なパーマをかけたような髪になりました。 乱雑に光を反射して見るに耐えない様子だった髪。 今までのヘアオイルはいかにもオイル塗りましたって感じのギラついた反射しかしませんでしたが、ホホバオイルを使うととても 自然なツヤをだすようになりました。 あぁ、ホホバオイルが髪の内部にまで浸透するってこういうことかぁと身をもって感じました。

次の

無印より安くて良質なホホバオイルみつけた!おすすめは栄養たっぷり未精製ゴールデンオイル

ホホバ オイル 無印

リピート続出!無印のホホバオイル ホホバオイルは、ホホバという植物の実や種から抽出される天然の植物性オイルのことです。 無印良品のホホバオイルは、ホホバの種子から搾ったオイルを化粧用に精製したものです。 香料や着色料も使用していない100%植物由来のピュアオイルです。 肌なじみが良く、保湿剤としてだけでなく、全身のマッサージや頭皮や髪の毛のお手入れにも使用することができるため、リピートする人が続出している人気商品です。 コスパ良しの無印のホホバオイルは3種類 無印良品から販売されているホホバオイルは、容量が異なる3種類を販売しています。 携帯にも便利な50mlタイプは890円(税込)、使いやすい100mlタイプは1,590円(税込)、たっぷり使える200mlタイプは、プッシュキャップがついて2,490円(税込)と、コスパがとても良いのも人気の理由です。 全身に使えるホホバオイルの効果 ホホバオイルの、使用用途をまとめると以下のようになります。 美容オイル 化粧水で水分を補い肌を整えた後に使います。 肌にホホバオイルを馴染ませることで水分と油分が肌に浸透して保湿力がアップします。• スチームパック クレンジングと洗顔の後に、ホホバオイルをなじませてからお風呂に入ることでスチームパックとして使えます。 蒸しタオルで覆うのも効果的です。 蒸気で肌がしっとりと軟らかくなります。 ボディマッサージ お風呂に入った後、体が温まっている状態のときに、手のひらにホホバオイルをのせて全身をマッサージします。• フットケア/ネイルケア かかとや、爪の周辺にホホバオイルをなじませてマッサージすることで柔らかくなります。 頭皮クレンジング シャンプーをする前に、乾いた状態の髪の毛と頭皮にホホバオイルをなじませます。 頭皮をマッサージすることで、皮脂汚れを浮き上がらせて落としやすくなります。• トリートメント お風呂から上がり、髪の毛をタオルドライした後、毛先を中心にホホバオイルをなじませます。 そうすることで、ドライヤーをかけたときの熱と乾燥から髪の毛を守ってくれます。 このように、ホホバオイルは、顔、体、頭皮や髪など全身のお手入れに使うことができます。 次に、ホホバオイルで本当に乾燥肌が改善するのか、ホホバオイルの成分についてさらに詳しく見ていきましょう。 ホホバオイルでアトピーの乾燥肌でも改善するのか? 100%植物由来のピュアオイルで初めて使う人にオススメとされるのが「ホホバオイル」。 その理由は、人の皮脂の構造とホホバオイルの構造がほぼ同じだから。 そのため、ホホバオイルは他のオイルよりも、肌なじみや浸透力が良く、保湿剤や美容液としての高い効果を発揮します。 また、どんな肌質の人にも合いやすくアトピーや敏感肌の方でも取り入れやすいです。 無印のホホバオイルはどのようにつくられるの? 無印のホホバオイルに使われているホホバは、ペルーなどの農園で無農薬栽培されたものだそうです。 ペールの水はけの良い砂漠の土壌、寒暖差の激しい気候が、ホホバの生育に最適だそうです。 肥料にはホホバの殻を再利用した堆肥を使い、完熟した実から自然に落ちた種子をすべて人の手で収穫して、2〜3日かけて天日で乾燥させます。 その後、絞りとったオイルを丁寧に精製してつくられています。 ホホバオイルに含まれる成分 ホホバオイルには、肌や髪の毛などにいい栄養素がたくさん含まれています。 アミノ酸 アミノ酸は、皮膚や髪の毛の原料となる栄養素です。• ミネラル 実は美肌に欠かせないのが「ミネラル」。 ミネラルが不足すると肌の代謝が乱れシミやそばかすの原因に。• ビタミン類 ビタミンAは、肌を柔らかくしたり、肌の乾燥から防いだりしてくれます。 ビタミンDは、髪の毛の成長を促進したり、頭皮環境を整えたりします。 ビタミンEは、細胞を活性化して血流をよくします。 ビタミン類は、肌の乾燥以外にも、シミやシワ、たるみ、くすみなどのアンチエイジング効果が期待できます アトピーさんにも嬉しいホホバオイルの特徴 ホホバオイルは、酸化(劣化)しにくく成分が変化しない特徴があります。 バクテリアの繁殖を防ぐ作用が高いので、無添加なのに長期保存が可能です。 また、ホホバオイルは匂い少ないのも嬉しい特徴です。 匂いに敏感な方でも安心して使い続けることができます。 ホホバオイルで期待できる効果 ホホバオイルに期待できる効果をまとめるとこのようになります。 肌の調子を整える• 肌トラブルの予防• 頭皮や髪の毛のトラブルの予防• アンチエイジング• 肌の炎症を抑える ホホバオイルは、肌になじみやすく浸透しながら、栄養補給、皮脂のコントロール、保湿、雑菌の繁殖を抑えるなどの効果があり、肌の調子を整えるだけでなく、肌トラブルの予防も対できます。 また、肌の炎症を抑えたり、菌の繁殖を防ぐのでアトピーのかゆみなども抑えることが期待できます。 だからといって、 ホホバオイルを使うことでアトピーが改善すると判断してしまうのは難しいです。 もちろん、ホホバオイルは薬ではないので「効く」ということは言えません。 ホホバオイルには、肌を修復させる作用があるため、マイナスにはならないぐらいの表現の方が正解です。 アトピーの乾燥肌を改善させるには、ホホバオイルを上手に取り入れながら、体の内側からのケアを同時に行うことが必須です。 では、具体的にアトピーの方は、ホホバオイルをどのように使えば良いのでしょうか? アトピーの乾燥肌にオススメのホホバオイルの使い方 アトピーの方がホホバオイルを使うタイミングによっては、症状が出やすいタイミングであれば症状が出ることもるでしょうし、肌が治癒するタイミングたと回復しやすくなることもあるでしょう。 ですので、ホホバオイルは基本の保湿ケアとして使いましょう。 ホホバオイルは乾燥肌の基本の保湿ケア ホホバオイルの使い方については、必ずこうしなければならないという決まったものはありませんが、アトピーなどの肌が敏感な方は、無印のホホバオイルのような精製されたものを使うようにしましょう。 未精製のものは、精製したものより栄養素が多いので肌に良いように感じますが、未精製であるため、「酸化(劣化)が早い」「肌に刺激をあたえる不純物が含まれている可能性が高い」ので、刺激が少ない精製されたホホバオイルを使うようにしましょう。 ホホバオイルが精製されているかは色で判断することもできます。 ホホバオイルを使うときの注意点 精製されたホホバオイルは、酸化(劣化)しにくいですが、あまりにも長期間にわたって使用するのはやめましょう。 長くても半年ぐらいで使い切るのがいいでしょう。 固まった場合は、暖かい場所に置くかぬるま湯につけるなどして溶かします。 アトピーや敏感肌の方が、初めてホホバオイルを使う場合は、本格的に使う前に一度パッチテストを行いましょう。 そのため、根本的にアトピーを改善するためには、アレルギーに反応しやすい体質を改善する必要があります。 アトピーの症状が出ると、どうしても症状を治すことが優先されるけど、体質が改善されない限り症状が出たり治まったりが繰り返されるだけになっちゃいます。 体質改善については今から紹介しますね。 アトピーを根本的に改善するために 現在のところ、アトピーを治すための治療法は見つかっていません。 そのため、アトピーの薬として処方されるのは、出ている症状を抑えるための薬になります。 実際に、公益社団法人日本皮膚科学会が後悔している「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」でもアトピーの治療方法として以下のように記載されています。 引用: そうなんです。 だから、最近では、アトピーの体質改善に向けて食事療法なども少しづつですが推奨され始めています。 その中のひとつとして、手軽に摂取しやすい乳酸菌なども注目されています。 そこで、今、肌キュアが注目しているのが「進化系乳酸菌LK-117」です。 進化系乳酸菌と呼ばれる理由は、ヨーグルトなどに含まれている一般的な乳酸菌にはない特別な機能を持つ乳酸菌であり、また350年以上も米をエサに進化しながら生き続けてきた乳酸菌だから。 米由来ということもあり日本人との相性も抜群です。 この進化系乳酸菌LK-117が持つ特別な機能は、アレルギー体質に傾いた免疫バランスを調整する機能です。 ヒトの免には、司令塔の役目しながらウイルスなどを排除するTh1と、アレルギーを引き起こすアレルゲンに反応するTh2という細胞があります。 この2つの細胞は互いにバランスを取りながら免疫をコントロールしているのですが、環境や生活習慣によって、そのバランスが崩れるとTh2の過剰な防御反応を引き起こしてしまいます。 進化系乳酸菌LK-117を摂取することで、崩れてしまった免疫バランスを整えてアレルギー体質を改善に導いてくれるというわけです。 ヒトの腸には、体全体の免疫細胞の約6割が集中していることから、整腸作用を持つ乳酸菌が注目されています。 乳酸菌がなんとなく体にいいというイメージはみなさんが持っているのではないでしょうか。 ですが、進化系乳酸菌LK-117のアレルギー体質に傾いた免疫バランスを調整する機能は、一般的な乳酸菌にはありません。 実際に、菊正宗酒造が発見した乳酸菌の中でもこの特別な機能を持ちことで選び抜かれたのが「LK-117」です。

次の