火星 人 プラス 2020 日 運。 天王星人プラス2020年3月、4月の月運【細木かおりの六星占術】

火星人マイナスの特徴・相性・2020年運勢【六星占術】火星人マイナスは「積極的に人と接する」

火星 人 プラス 2020 日 運

好きなH:正常位。 兎にも角にも回数をこなす事を重視する。 何故か火星人の特徴である繊細さがHに出ないのが不思議である。 男女共に長めの陰毛である。 好きになったら中々告白出来ない。 火星人+:2020年(2021年の運勢も同じ)• 1月:乱気:中殺界• 2月:再会:充電期間• 3月:財成:金運上昇• 4月:安定:充実感• 5月: 陰影:大殺界の初め• 6月: 停止:大殺界・八方塞がり• 7月: 減退:大殺界の終わり• 8月:種子:運気回復• 9月:緑生:運気上昇• 10月:立花:重要な時期• 11月:健弱:小殺界:健康に注意• 12月:達成:目標達成 今後の運勢• 2011年:財成• 2012年:安定• : 陰影• 2014年: 停止• 2015年: 減退• 2016年:種子• 2017年:緑生• 2018年:立花• 2019年:健弱• 2020年:達成• 2021年:乱気• どんな境遇においても強靭な精力で疲れ知らずです。 加えて奇抜な事が好きなので、変わった体位も問題なくこなします。 天性変人である故に周囲に自分の考えや性癖なども理解されません。 それでも尚、自分の理想郷(変人の考えうる世界)を崩さずに本音と建前を上手に使い分け生きていくのです。 いずれにしても直感で予測不能の立ち回りと得意とする火星人。 の中でも異質です。 恋人が出来たら間違いなく相手は、困惑と同時進行でどんどん火星人の変な世界へ引きずりこまれていく事でしょう。 2013年は「陰影」:ストレスが溜まる一年に。 プライドの高さが裏目に出る。 相手を気遣ったエッチは疲れも溜まる。 行為がひと段落したら癒しのピロートークを。

次の

火星人プラス(+/陽)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

火星 人 プラス 2020 日 運

心身ともに充実期。 目下の人との縁が薄いため、組織や集団になじみにくい特徴があります。 束縛を嫌い、自由を求めつつも、チャレンジ精神は旺盛です。 畑違いのことに手を出しても、持ち前の集中力とセンスを発揮し、その道のプロも驚く結果を残すこともあるでしょう。 個性的なおしゃれで人を惹き付ける才能もあり、一流ブランドだけを身に着けるというのではなく、ファッションには「自分らしさ」にこだわる、一本筋が通った印象を与えるでしょう。 世の中の一歩先を行きたいという思いも強く、アンテナを張り巡らせることも得意です。 自分のアイディアや知恵に頼りすぎてしまう側面もあるため、人の言葉に耳を傾けるようにしましょう。 2020年の運気は、「達成」の運気 に入ります。 心身ともに充実し、本当にやりたかったことが見つかったり、願っていたことがかなうなど、順調に物事が運ぶようになるでしょう。 これ以上にないほどの強力な運気が、あなたの背中を押してくれる流れにあるため、どんなことにも臨機応変にテンポよく行動するようにしてください。 人と接するときには先入観や偏見を捨て、常にフラットでオープンなスタンスで接するようにしましょう。 あなたのほうから積極的にアプローチすれば、相手もあなたに心を許してくれるようになるはずです。 自分の長所を最大限に発揮できるため、人間関係に広がりが生まれ、仕事や趣味など、すべての面でいい結果を生むヒントが見つかるでしょう。 2020年はいままで二の足を踏んでいたことや、興味はあったけれど未着手のものに積極的に取り組むと大きな飛躍が期待できるほか、いつも以上に楽しむことができるはずです。 特に火星人は「水守の星」と呼ばれ、「水」に関係する事柄に縁があるため、休日をワイナリーで過ごしてワインのテイスティングをしたり、湯に恵まれた最新リゾートで自分の内なる声に耳を傾けてみると、想像以上に大きな発見があるに違いありません。 【吉方位】 吉方位は、西北西、北、東。 華やかな交流を楽しめる運気にあるため、夏には海やプールをはじめ、ガーデンパーティなどを催してみてもよいでしょう。 また、話題のスイー ツをお取り寄せしたり、調味料やハー ブにこだわったお料理会を開いてみるのもおすすめです。 家のなかでは自分の好きな花をテーブルに飾り、品のよい美術品を玄関に飾っておきましょう。 気心の知れた友人から旅行に誘われたら、おしゃれをして積極的に出かけるとよいでしょう。 【2020年の金運】 収支のバランスをうまくコントロールすることができ、貯蓄プランも堅実なものが見つかる期待がもてます。 思ってもみない掘り出し物が手に入ったり、いざというときに臨時収入が入るなど、金運の強さを実感できる場面があるでしょう。 「棚からぼた餅」と喜んでばかりいるのではなく、夢を実現するために必要な投資の一助として使ったり、貯金の目標額をもう少し上げてみるなど、さらなる向上を目指すことで運気もよ り上昇することになるでしょう。 【2020年の健康運】 年間を通して健康運が良好なため、大きく体調を崩す心配もないでしょう。 何度かチャレンジしても続かなかったダイエットやエクササイズなど、再度トライするチャンスです。 成功すれば自信がつくだけでなく、健康的な生活に一歩近づけるでしょう。 地域の仲間や友人とジム通いなどを始めてみると、苦手としているグループ行動も楽しめるようになるはずです。 人と触れ合うことで、メンタル面でも一歩成長できるでしょう。 一男二女の母。 細木数子のマネージャー兼アシスタントを経て、六星占術の継承者に。 母・数子の意思を継承し、個人鑑定と「六星占術をヒントにより幸せな人生を」を柱とした講演会を行い、さまざまな世代に、六星占術をどのように活かせるかを伝えている。 著書に2019年12月刊の母・細木数子から受け継いだ幸福論『あなたが幸せになれない理由』細木かおり/著(講談社刊)、『六星占術によるあなたの運命』、ほかに母・数子との共著で『新版 幸せになるため先祖の祀り方』『六星占術によるあなたの宿命』(すべて飛鳥新社刊)がある。 また、2019年2月にテレビ初出演を果たし、同年5月には初の冠番組を持ち、大きな反響を得る。 講演会「Kaorism in 神戸」開催 開催場所:神戸三宮東急REIホテル 日時:3月1日(日)開場12:00/開演13:00/終演15:00 監修=細木かおり 撮影=蛭子 真 編集協力=今野枝履子 「婦人画報」2020年1月号より.

次の

火星人プラス2020年運勢!恋愛・復縁・結婚・仕事・健康運は?月運

火星 人 プラス 2020 日 運

六星占術のひとつである 「火星人プラス」。 この記事では、火星人プラスの 2019年11月と12月の 月運と日運について紹介していきます。 特に気になる大殺界の「月」と「日」は、 文字の色を「赤」にしてわかりやすくしましたので、参考にしてくださいね。 火星人プラスの2019年11月の月運 まずは、火星人プラス 2019年11月の 月運から。 11月<健弱> 周囲がやけに明るく楽しげで、自分だけが取り残されたような孤独感に襲われるかもしれません。 また、うまくいっていた人間関係も、火星人のわがままな面が顔を出すとい一気に崩れていきます。 食事やレジャーに誘われる機会が増えそうですが、体調が万全ではないため、気乗りがしないでしょう。 無理に付き合うと本格的に調子を崩しかねません。 旅行やレジャーは来月まで待った方が良さそうです。 秋の味覚を楽しむのも、ほどほどを心がけておきましょう。 アンラッキーデー:4、5、16、17、28、29日 火星人プラス2019年11月の日運 続いて、火星人プラス 2019年11月の 日運をみていきましょう。 ここでも、大殺界の日は 「赤」になっていますので確認しておきましょうね。 1日 (金) 再会 2日 (土) 財成 3日 (日) 安定 4日 (月) 陰影 5日 (火) 停止 6日 (水) 減退 7日 (木) 種子 8日 (金) 緑生 9日 (土) 立花 10日 (日) 健弱 11日 (月) 達成 12日 (火) 乱気 13日 (水) 再会 14日 (木) 財成 15日 (金) 安定 16日 (土) 陰影 17日 (日) 停止 18日 (月) 減退 19日 (火) 種子 20日 (水) 緑生 21日 (木) 立花 22日 (金) 健弱 23日 (土) 達成 24日 (日) 乱気 25日 (月) 再会 26日 (火) 財成 27日 (水) 安定 28日 (木) 陰影 29日 (金) 停止 30日 (土) 減退 アンラッキーデー:11、23日 火星人プラス2019年12月の日運 続いて、 2019年12月の 日運です。 1日 (日) 種子 2日 (月) 緑生 3日 (火) 立花 4日 (水) 健弱 5日 (木) 達成 6日 (金) 乱気 7日 (土) 再会 8日 (日) 財成 9日 (月) 安定 10日 (火) 陰影 11日 (水) 停止 12日 (木) 減退 13日 (金) 種子 14日 (土) 緑生 15日 (日) 立花 16日 (月) 健弱 17日 (火) 達成 18日 (水) 乱気 19日 (木) 再会 20日 (金) 財成 21日 (土) 安定 22日 (日) 陰影 23日 (月) 停止 24日 (火) 減退 25日 (水) 種子 26日 (木) 緑生 27日 (金) 立花 28日 (土) 健弱 29日 (日) 達成 30日 (月) 乱気 31日 (火) 再会 関連記事 火星人プラス2019年の運勢の詳しい内容はこちら!.

次の