スパイダーマン メガネ。 トム・ホランド、珍しいメガネ姿披露!「スパイダーマン」新作、バリ島でファンイベント開催 : 映画ニュース

スパイダーマン:ファー・フロム・ホームを観てきた!(ネタバレ)

スパイダーマン メガネ

トム・ホランド、珍しいメガネ姿披露!「スパイダーマン」新作、バリ島でファンイベント開催 2019年5月29日 17:30 ファンと交流をするトム・ホランド [映画. com ニュース] 「」の続編「」のファンイベントが5月27日(現地時間)、インドネシアのバリ島で開催され、主演のが登壇した。 「」から始まったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェイズ3完結作でもある本作では、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー(ホランド)が、「」を経て次なる戦いに挑むさまを描く。 ファンイベントでは、バリ島に伝わるバロンと呼ばれる聖獣が登場し、華々しくおもてなしの舞を披露。 現地の民族衣装を着た人々が楽器を演奏するなか、さまざまなスーツのスパイダーマンたちもお祝いにかけつけた。 ファンから大歓声で迎えられたホランドは「僕らはホームから遠く離れたところ(ファー・フロム・ホーム)、インドネシアのバリに来て、ファンイベントに参加している。 ここに来られてうれしいし、みんなとこの作品をシェアできるのが待ちきれないよ!」と興奮の様子。 本作について「基本的には、映画は前作から続く形なんだ。 まるでローラーコースター(ジェットコースター)のような展開だよ!」とアピールし、ファンと一緒に撮影するなど、交流を楽しんでいた。 また、ホランドはこの日珍しいメガネ姿を披露。 SNS上では「トニー・スタークが頭をよぎった」という声も上がっており、本作ではスパイダーマンの師匠ともいうべきアイアンマンの後継になるのか注目されている。 「」は、6月28日から世界最速公開。 (映画. com速報)•

次の

【ネタバレ】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』完璧に70点を取ることの難しさチェ・ブンブンのティーマ

スパイダーマン メガネ

ホビージャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

JINS(ジンズ)× スパイダーマン コラボメガネ・サングラス発売~映画公開を記念し、スパイダーマンの肉体美を表現

スパイダーマン メガネ

おはようございます、チェ・ブンブンです。 遂に公開されました『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。 MCUシリーズ前作は『』とシリアスの極みだったのに対して、本作は完全なるヴァカンス映画。 2000年代のスパイダーマンシリーズを彷彿とさせる、ゆるさと、いろんな社会問題に媚びない作風を予告編から感じました。 実際に観てみると、それは概ね正しかった。 本作の凄いところは完璧なる70点映画だったのだ。 100点を取りにいって70点の作品に仕上がっている訳ではない。 『エンドゲーム』の余韻を壊さないよう、傑作すぎず駄作すぎない塩梅で完全コントロールされていたのです。 『』の時も感じたのだが、ジョン・ワッツ監督は、シリアスでスパゲッティコードのように複雑化したMCUという柵ジャングルの中で、飄々とスパイダーマンというキャラクターを動かしていく魔術師であった。 と同時に、毎回アメコミ民が「あれもネタバレ、これもネタバレ」とギャーギャー騒ぐものの、ちっともネタバレに感じない鈍感ブンブンですら、今回はネタバレ地雷原だとわかりました。 ということで、本記事はネタバレ全開で書きます。 また、『インフィニティ・ウォー』、『エンドゲーム』履修済み前提で書くので要注意。 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ 若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。 「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描く。 夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターの前に、元「S. 」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れる。 一方、ヨーロッパの各都市をはじめ世界各国には、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現。 世界に危機が迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという男ベックをピーターに引き合わせる。 監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めた。 ベック役に「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。 comより引用 これはバチェラーパーティ映画だ! 「バチェラーパーティー」という言葉を知っているだろうか? 新郎が独身最後の日々を同性の者と過ごし、風俗に行ったり、酒を飲みまくったりと独身生活でしかできないようなことをしてケジメをつけるアメリカの習慣のことだ。 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』がそれを扱った代表作として君臨しています。 本作は、トム・ホランド演じるピーター・パーカーがアイアンマン亡き世界で、ヒーローとして大いなる力を背負う前に通過儀礼として遊びつくす様子が描かれる。 非常にバチェラーパーティーを彷彿するものがあります。 よくよく考えてみたら、トム・ホランドスパイダーマンは常に組織という大海原を漂流し、自分の意思で大いなる力をコントロールしていたことはなかったように思える。 なんだかよくわからないまま、『』に参戦し、アイアンマンには絶妙な距離を開けられる。 そしていつの間にかサノスとの戦争に巻き込まれ遥か彼方宇宙で戦ったはいいものの、指パッチンでもって5年間存在が消されてしまう。 そして知らず知らずのうちに地球へ帰還してみれば、憧れのアイアンマンは鬼籍に入っていた。 そう、彼はほとんど振り回されてばかりだったのです。 それが、次期アイアンマンと世間から期待され、アイアンマンの形見であるハイテクメガネを継承され、自分は本当にヒーローとしてやっていけるのか? と悩み、自分の道、及びポストエンドゲームの軌跡を切り開いていく。 まさに FAR FROM HOME 祖国から遠く離れて な世界を本作は魅せてくれました。 なので、MCUの10年史の締めくくりとして重要な作品となっている。 なんといっても、冒頭で ホイットニー・ヒューストンの『I will Always love you』が流れ、アイアンマンやキャプテンアメリカなどといった劇中の故人に対して謝辞を送る展開は、「これでシリーズはひと段落しますよ」と言いたげだ。 MCUを追っていた者は鳥肌ものでしょう。 しかしながら本作は『エンドゲーム』の余韻を壊さないように70点のクオリティをひたすらに維持します。 特記すべきは、ピーター・パーカーがクラブ活動の一環で欧州を巡る話が軸となっているのだが、それがディズニーチャンネルで放送されるテレビシリーズみたいなノリとなっている。 確かにピーター・パーカーが想いを寄せる相手MJ役のゼンデイヤはディズニーチャンネル製作のドラマ 『シェキラ! 』出身だ。 恋に焦がれて、波のように寄せ合い引かれをチャラチャラと繰り返す様はアメリカの学園ドラマを思わずにはいられない。 そして、ギャグがいちいち緩くて、時には滑ったりします。 ネッド・リーズとベティ・ブラントのいちゃつきギャグがくどかったりします。 ただ、この『エンドゲーム』との落差に油断していると、とんでもないトラップにあっと驚かされるのです。 ジェイク・ギレンホール起用という素晴らしい人選 本作は、 ジェイク・ギレンホールがいなければ駄作になっていたであろう。 彼がミステリオを演じたからこそ、ミスリードが上手く決まりました。 指パッチンによって、多元宇宙の門が開かれ、エレメンタルズという新たな敵が出現する。 それを制圧しようと、ミステリオが現れる。 彼はドクター・ストレンジのように気高い装備に身を包んでいるのだが、表情には弱々しさがあり、親愛なる隣人のような人物である。 ピーター・パーカーは、ヴァカンスがニック・フューリーにジャックされたせいでMJになかなか想いを伝えられない上、エレメンタルズとの戦いで功績を収めることのできない重圧から、アイアンマンの形見であるメガネを 「僕は、相応しい人にメガネを与える橋渡し人なんだ」と勝手に解釈し、ミステリオにあげてしまうのだ。 しかし、実はミステリオこそ全ての黒幕で、アイアンマンによってクビにされたり業績を横取りされた仲間たちを集めて、ポストアベンジャーズなる組織を創ろうとしている野望に満ち溢れたヒーローだったのです。 そして、彼は最新テクノロジーでエレメンタルズというモンスターをでっち上げていたことがわかってくる。 ここで初めて、ミステリオを演じているのがジェイク・ギレンホールだということを思い出す。 犬のように忠実そうな顔をしているが、一度牙を剥けば、狂気で観客の心を鷲掴みにする俳優なのだ。 忠実さと狡猾さ両方の顔をでき、尚且つMCUに参戦していない俳優は彼しかいなかった。 そこを的確に仕留め、起用していくあたり素晴らしいと感じました。 大いなる責任を背負うスパイダーマン そんな『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は結局のところ、ピーター・パーカーがスパイダースーツに着せられている状態から、自らの意思で着込んでいき、大いなる責任を引き受けるまでの物語となっている。 彼は、祖国アメリカから、遠く、それも時すらかけてしまった世界、いく先々修羅場のオデッセイを彷徨い、ミステリオが生み出した幻影の中で自問自答する中で、高校生という分厚い壁を破っていく。 MJにも恋心を伝え、ヒーローとしての確固たる信念を創造する。 これは、社会人数年がたち、ようやく「社会人」としての自己を確立していくプロセスとよく似ている。 だから、決して出来がいい作品とは言えない。 なんなら、終盤のミステリオの焦り具合と、最後の最後でニック・フューリーはタロスの擬態でしたというトンデモオチは酷いと思うのだが、それでもブンブンの心には刺さりました。

次の