神奈川 県 ナンバー プレート。 ナンバープレート情報局・原付ナンバー(神奈川県)

ナンバープレート情報局・原付ナンバー(神奈川県)

神奈川 県 ナンバー プレート

ただし、保管場所の位置、契期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限ることや、車両限定の有無など、契約内容により申請する車の使用権原が認められない場合もありますので、よくご確認ください。 手数料 自動車保管場所証明書交付申請手数料 2,100円(神奈川県収入証紙による納付。 ) 保管場所標章交付手数料 500円(神奈川県収入証紙による納付。 ) 【】 書類の提出先及び受付時間 保管場所変更の手続きが必要な場合• 使用の本拠の位置を変えずに、保管場所の位置を変更した場合• ただし、保管場所の位置、契約期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限ることや、車両限定の有無など、契約内容により申請する車の使用権原が認められない場合もありますので、窓口で確認ください。 手数料 保管場所標章交付手数料 500円(神奈川県収入証紙による納付。 新車を購入した場合• 中古車の購入等により、保管場所が変わった場合• 届出後に保管場所が変わった場合• 引越しにより保管場所が変わった場合 警察への届出が必要な地域(適用地域) 下記の地域に、使用の本拠の位置(住所地や事務所)がある場合に届出が必要になります。 横浜市、川崎市、藤沢市、横須賀市、相模原市(津久井警察署管内は除く。 ただし、保管場所の位置、契約期間、貸主、借主(申請者)の記名押印があるものに限ることや、車両限定の有無など、契約内容により申請する車の使用権原が認められない場合もありますので、窓口で確認ください。 手数料 保管場所標章交付手数料 500円(神奈川県収入証紙による納付。 ) 【】 書類の提出先及び受付時間 電子申請前に準備するもの• インターネットに接続可能なパソコン• 添付書類を読み込むスキャナー• マイナンバーカードとカードリーダー• 手数料等を振り込むためのインターネットバンキングへの登録等 【】• 保管場所証明電子申請手数料 自動車保管場所証明書通知申請手数料 2,100円(インターネットバンキングまたはATMによる納付。 ) 保管場所標章交付手数料 500円(インターネットバンキングまたはATMによる納付。 ) 電子申請ができる対象範囲• 新規新車登録[新しく(自動車登録をしていない)自動車を購入した場合]• 中古車新規登録[利用が一時的に中止されている登録自動車を購入した場合]• 変更登録[登録自動車を所持する使用者が引っ越しをする場合等]• 移転登録[使用者の名義を変更する場合(使用の本拠の位置の変更を伴います。 )等] なお、軽自動車等の届出は、現在のところ利用ができませんので警察署の窓口で、書面による手続きを行ってください。 電子申請の窓口 申請サイト(自動車保有関係手続のワンストップサービス) その他 車庫証明だけの電子申請はできません。 自動車を保有するために必要な手続き(検査・登録、保管場所証明、自動車関係諸税の納税等)の一括申請となります。 詳細は「」のサイトをご覧ください。 申請受理後の手数料は、自動車保管場所証明書交付申請手数料等徴収条例に基づき、返還しません。 (証明不可の場合も返還しません。 ) 保管場所証明申請書等ダウンロード•

次の

ナンバープレート情報局・原付ナンバー(神奈川県)

神奈川 県 ナンバー プレート

住所変更の方法・やり方 引越などによって自動車の所有者、もしくは使用者の住所が変わる場合には、新たに自動車を使用する住所を管轄する運輸支局で、 住所変更手続き(正式名称:変更登録)を行う必要があります。 ここでは 住所変更手続きをご自分で行われる方向けに、運輸支局での流れや注意点などを掲載しています。 下記のとより、要点をご確認下さい。 掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。 住所変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。 住所変更を行う前準備 必要書類の準備 住所変更に必要な書類の手配。 詳しくは 住所変更にかかる費用の準備 住所変更に必要な費用の用意。 詳しくは 管轄の運輸支局の確認 手続きを行う運輸支局の場所を確認。 運輸支局の一覧は 希望・図柄ナンバーの申し込み 希望する番号や図柄がある場合は申請。 ナンバーの変更を伴う場合で、希望する番号や図柄がある場合のみ。 希望ナンバーについては• 図柄ナンバーについては ナンバーの変更を伴う場合は、運輸支局に自動車を持ち込む必要があります。 (例:横浜ナンバーから川崎ナンバーに変わるなど) また、 住所変更を行う運輸支局の業務時間は、平日のみとなっておりますのでご注意下さい。 検査窓口の受付時間 午前8:45~11:45、午後1:00~3:45 検査窓口の受付時間 午前9:00~12:00、午後1:00~4:00 運輸支局の休日 土日祝 及び12月29日~1月3日 住所変更当日の流れ• 1 運輸支局で用紙の入手・作成 運輸支局の窓口で、不足用紙がある場合は配布を受けます。 (通常下記3枚を用意)• 入手した用紙に必要事項の記入を行っていきます。 記入方法は、運輸支局内に見本等の記載がありますので、そちらをご覧頂きながらご記入下さい。 ナンバーの変更を伴う場合で、希望ナンバーや図柄ナンバーを事前に申請していた場合は、運輸支局内の希望番号予約センターで「希望番号予約済証」を受け取り、申請書(第1号様式)の「希望自動車登録番号」欄に番号をご記入下さい。 2 登録手数料の支払い(印紙の購入) 運輸支局場内の印紙販売窓口で、変更登録手数料分(350円)の印紙を購入します。 購入した印紙を手数料納付書に貼り付けます。 登録手数料額については• 3 運輸支局窓口に書類の提出 書類一式を運輸支局窓口に提出します。 こちらで不備がなければ、新しい車検証が交付されるまでしばらく待機します。 月末の繁忙期は、窓口に書類を提出するまでに長蛇の列となっていたり、新しい車検証の交付まで1時間以上かかることもあります。 4 車検証の交付 窓口で名前(または整理番号)を呼ばれ、新しい車検証の交付を受けます。 交付された車検証に記載ミスなどがないか、必ず確認を行って下さい。 5 税事務所へ変更内容の申告 運輸支局場内の自動車税事務所などの税申告窓口に、変更内容の書かれたとを提出します。 これで今後の自動車税の通知書などは、現住所へ送られるようになります。 ナンバーの変更を伴わない場合は、こちらで住所変更は終了となります。 6 ナンバーの返却(ナンバーの変更を伴う場合) 運輸支局場内のナンバー返納窓口に、ナンバープレートを返納します。 ナンバープレートを外す為のドライバーや、外し方(リアナンバーの封印の破き方)については、返納窓口に用意されています。 7 新しいナンバーの交付(ナンバーの変更を伴う場合) 運輸支局場内のナンバー交付窓口で、新しいナンバープレートを購入します。 ナンバープレートと一緒に取り付けるビスなどを受け取りましたら、自動車に取り付けて下さい。 希望ナンバーや図柄ナンバーを事前に申請していた場合は、こちらでナンバープレートを受け取って下さい。 希望ナンバー(番号選択)については• 図柄ナンバーについては• 8 ナンバーの封印(ナンバーの変更を伴う場合) 最後に取り付けたナンバープレートに封印を行ってもらいます。 車検証と自動車が同一のものと確認されると、リアナンバーに封印がされます。 以上で、名義変更が終了となります。 掲載内容は地域によって若干違いのある場合がございます。 住所変更を行われる前に予め、管轄の運輸支局にご確認下さい。

次の

神奈川県警察/自動車の保管場所(車庫)証明等の手続き

神奈川 県 ナンバー プレート

乗用車のナンバープレートに、アルファベット(英字)が入り始めました。 ナンバープレートの上段(右)に記される「分類番号」に、アルファベットが使われます。 アルファベット入りのナンバーが導入された理由は、手数料を支払えば大きく記される4桁の番号を好きな数字にできる「希望ナンバー制」で、人気が集中している一部の番号を使い果たしたからです。 一度使ったクルマのナンバープレートは、車両の特定にナンバープレートを使うなどの理由から再度使われることはありません。 そのため人気の数字が払底してしまう問題は以前から指摘されていました。 しかし分類番号へのアルファベットの導入によって、今後も利用者に希望のナンバーを提供できるようになりました。 国土交通省によると2018年1月に東京で初めて交付され、次いで神奈川や愛知で交付されています。 普通乗用車ですでに払底している番号は、いずれも3から始まる分類番号(3ナンバーの乗用車)の練馬の「…8」、横浜の「8000」などです。 名古屋の「…1」も人気が高く、分類番号とひらがなを使い切りました。 新制度が導入された後でも、番号が払底していなければ3桁とも数字の分類番号のままで交付されます。 アルファベット導入の方法とは? クルマのナンバープレートは、地名(クルマが登録された運輸支局などを表す文字や使用本拠の地理的名称)、ひらがな(事業用、自家用などの区別のための表示)、数字(一連指定番号)などで構成され、そのクルマが自動車登録ファイルに登録されていたり、クルマが検査を受け、安全性や公害防止の観点から保安基準に適合していることを表すものです。 分類番号は地名の横にある3桁の数字で、クルマの種別や用途を知ることができます。 アルファベットは分類番号の下2桁で使用でき、「30A」や「3AC」「5FH」などと表記されます。 利用者が希望のアルファベットを選ぶことはできません(2018年7月時点)。 使用されるアルファベットは、A、C、F、H、K、L、M、P、X、Yの10文字です。 国土交通省によると、希望ナンバーの払底回避のため、これまでいろいろな案が検討されてきました。 「ナンバープレートのひらがな部分をカタカナやアルファベットに変更する」「4桁の一連番号を5桁にする」などの案もありましたが、比較的容易に実施できる分類番号の変更が採用されました。 分類番号の先頭の数字はクルマの用途や大きさが分かるため、そのまま残されることになりました。 なお、軽自動車検査協会によると、軽自動車も2019年1月1日から分類番号が払底し次第、順次アルファベットを導入する予定です。

次の