行政書士 授業料。 公務員が取得できる資格まとめ【行政書士試験も免除】

講師を徹底リサーチ!行政書士通信講座

行政書士 授業料

STEP1 無料会員登録 既に会員登録がお済みの方は次のステップへお進みください。 STEP2 カートに入れてお申込み 上記ボタンよりお申込み手続を進めてください。 なお,「 お支払方法・お届け時間等の指定」のページにおいて,「 支払不要」をご選択ください。 行政書士は,行政書士法に基づく国家資格者で,他人の依頼を受け報酬を得て,役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理,遺言書等の権利義務,事実証明及び契約書の作成等を行います。 行政書士になるための試験である行政書士試験は毎年11月上旬に年1回実施されています。 【行政書士試験】 合格実績 令和元年度行政書士試験における基幹講座受講生(入門総合講義・演習総合講義・これらを含むカリキュラム)の合格率は72. 7%,全国平均が11. 5%の中,実に6. 32倍の合格率となりました。 合格された方のインタビューやアンケート結果を紹介しておりますので,是非ご覧ください。 行政書士試験 記述式試験の予想問題80問の演習を行うものです。 アガルートアカデミー講師陣作成のオリジナル行政書士試験模擬試験です。 本講座は,「判例」に特化して集中的に完全マスターする講座です。 平成22年以降の行政書士試験本試験の短答式試験過去問全問全肢を解説する講座です。 平成22年以降の行政書士試験本試験の記述式試験過去問全問題を解説する講座です。 基本テキストのインプットを一通り終えた方を対象に,再度重要事項を条文レベルで確認する講座です。 一般知識で出題される文章理解につき各種レベルの設問と解説で,短時間で行政書士試験合格レベルの読解力を身につける講座です。 一般知識分野を網羅的にインプットし,過去問と予想問題の演習で一気に攻略する講座です。 実務講座・開業講座 行政書士試験に合格した方が,行政書士としてスムーズに業務を遂行し開業できるよう,実務ノウハウをご提供する講座です。 特殊車両通行許可申請に関して、法令知識はもちろん、実際のオンライン申請のやり方をすべて解説しており、受講後に特殊車両通行許可申請が自分でできるようになる講座となっています。 アガルートアカデミーが選ばれる理由• 1 圧倒的な講師力 講義やゼミを担当する講師は,長年行政書士試験の受験指導に携わるプロ講師です。 また各講師は受験指導経験が豊富で,法的知識はもちろん,つまずきやすいポイントや試験で狙われやすい知識などについても深い造詣をもっています。 2 講師作成のオリジナルテキスト 行政書士試験に精通した講師が,合格に必要な知識を精査し,信頼できる文献の裏付けを取った上で,全てテキストに盛り込んでいます。 そして,何度も目を通すことになる 基幹講座のテキストはフルカラーです。 原則として翌営業日には,テキストを発送させていただきますので,スムーズに学習を開始いただけます。 3 多機能な受講システム 最大3倍まで可能な倍速再生,テキスト同時表示,音声ダウンロードなど受講生が学習しやすい機能が搭載されています。 そのため, いつでも,どこでも,何度でも,無駄なく通信講座をご受講いただけます。 キャンペーン情報/割引情報/合格特典 各種お役立ち情報• これから行政書士を目指す方へ これから行政書士試験を受験し,行政書士を目指す方へ,行政書士とは何か,行政書士になるためにはどのようにすればよいのか,行政書士試験の試験情報,行政書士試験に合格するための戦略を解説し,アガルートアカデミーの入門総合カリキュラムをご紹介しています。 行政書士試験の試験情報 行政書士試験とはどのような試験か,どのようなことが出題されるのか,どのように勉強していくことが重要なのか等、行政書士試験に合格するための学習にあたって必要となることを紹介しています。 科目ごとの攻略法 行政書士試験で出題される各科目(民法,行政法,憲法・基礎法学,商法,一般知識)の攻略法を解説します。 行政書士試験コラム 行政書士はどんな仕事をしているの?行政書士になったら毎月どれくらいの収入に見込めるの?ということから,勉強方法,モチベーションに関するものまで様々なトピックをまとめています。 豊村慶太の速攻チャージ!基礎法学 豊村慶太講師による基礎法学の講義を無料で公開しております。 豊村慶太の政経社ポイント講義 豊村慶太講師による行政書士試験 一般知識対策の政経社ポイント講義を無料で配信しております。 豊村慶太の統治条文一気読み 豊村慶太講師による憲法統治条文一気読みを無料で配信しております。

次の

行政書士講座は「通学」?「通信」? 合格できる行政書士講座の探し方

行政書士 授業料

A ベストアンサー 顧問報酬と安くても作業報酬の両方が得られます。 作業報酬だけですと、価格競争に巻き込まれ、他の資格者事務所に顧客を奪われやすくなります。 しかし、顧問契約となっていれば、定期的な訪問や必要に応じた相談などを受けていることから、作業自体もスムーズかつ比較的軽くもなることでしょう。 さらに、資格者のほうも、顧問報酬と発生見込みの作業量からの報酬を検討したうえでの顧問報酬と作業報酬にしているはずです。 また、顧客側もいつも頼んでいるとはいえ、単発の依頼だけですと相談もしにくかったりもします。 そうすると新しいところへ相談し、そのまま依頼になる可能性もあります。 安定収入と安定受注、顧問という立場によるさらに深いお付き合いになることでの受注増などがあると思います。 私は、税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士事務所などで働いた経験のある零細法人の役員ですが、業務の区分けを知らない依頼者も多いのです。 行政書士と司法書士では、その業務についての上下関係はありません。 そもそもが業務範囲が異なったり考え方が異なります。 しかし、それぞれの資格者で業務が重なる部分もあり、顧問となることで、顧客の無知で自分以外に流れて行った仕事も減ることになるでしょう。 良い悪いを別に月数千円でのライト顧問などと称して、条件付きの顧問契約もあります。 相談などの方法や回数・時間を条件とするのです。 ですので、顧問契約は、双方の契約なわけですから自由です。 貧乏暇なしになるような資格者であれば、経営が下手なのかもしれませんね。 また、顧問契約による顧客への安心を売るという部分があります。 それの見返りの部分も顧問料に含めることができることでしょう。 顧問報酬と安くても作業報酬の両方が得られます。 作業報酬だけですと、価格競争に巻き込まれ、他の資格者事務所に顧客を奪われやすくなります。 しかし、顧問契約となっていれば、定期的な訪問や必要に応じた相談などを受けていることから、作業自体もスムーズかつ比較的軽くもなることでしょう。 さらに、資格者のほうも、顧問報酬と発生見込みの作業量からの報酬を検討したうえでの顧問報酬と作業報酬にしているはずです。 また、顧客側もいつも頼んでいるとはいえ、単発の依頼だけですと相談もしにくかった... Q 表題のとおりなのですが。 私は行政書士試験合格者です。 しかし、登録はしていません。 今後、登録して開業する気もありません。 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。 しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。 表題のとおりなのですが。 私は行政書士試験合格者です。 しかし、登録はしていません。 今後、登録して開業する気もありません。 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務... A ベストアンサー 行政書士は独占業務がないから。 あっても付随的な業務だから。 この一言に尽きると思います。 私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。 これは2次試験の選択科目免除のためです。 登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。 そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。 大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。 司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。 会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。 Q 現在会社員をしていますが、 行政書士の資格を取得して 副業で行政書士業をしようと考えています。 そこで、3点、疑問があります。 まず1点目は、 嫁さん(非行政書士)でも 役所に書類を提出することが出来るのか? というのも 会社の休日が、土日祝なので 平日に役所に行くことが出来ないのです。 ですので、 平日の昼間に動ける 嫁さんに変わりにいくことが出来るのか、 もちろん、書類作成等は 自分でやります。 2点目は、 法人にすれば、会社が副業を認めていなくても 行政書士業をすることが出来るのか? 私の会社は、副業を禁止しています。 ですので、法人にして 法人で商売をしようと考えています。 この考えは、基本的に 問題ないでしょうか? 3点目は、 実際問題、副業でどれくらい稼げるか? です。 「副業行政書士開業マニュアル」という書籍では、 週40時間働いて 年収256万円稼げます。 と書かれています。 しかし、実際には どうなのでしょうか? それぞれ違いはあるとは思いますが、 ある程度の目安として お答えしていただければと思います。 以上、3点が聞きたい事です。 どうぞ、宜しくお願いいたします。 現在会社員をしていますが、 行政書士の資格を取得して 副業で行政書士業をしようと考えています。 そこで、3点、疑問があります。 まず1点目は、 嫁さん(非行政書士)でも 役所に書類を提出することが出来るのか? というのも 会社の休日が、土日祝なので 平日に役所に行くことが出来ないのです。 ですので、 平日の昼間に動ける 嫁さんに変わりにいくことが出来るのか、 もちろん、書類作成等は 自分でやります。 2点目は、 法人にすれば、会社が副業を認めていなくても 行政書士業をすることが... A ベストアンサー >2点目の法人にすればOKというのは、 >会社にバレないから、という理由からです。 役員には誰がなるんでしょうか? あなた自身が役員になれば、それは公になりますから、そこからバレる可能性があります。 また、行政書士として仕事をするからには、その名前も公になります。 それに、行政書士として仕事をしたとき、あなた自身への報酬はどうするつもりでしょうか? 無報酬で仕事をするつもりではないですよね? 会社組織にしたとしても、その会社からお金を受け取れば結局は同じことです。 >会社の休日が、土日祝なので >平日に役所に行くことが出来ないのです。 その「副業行政書士開業マニュアル」にどんなことが書いてあるのか分かりませんが、 平日に役所に行けない人が、行政書士の仕事ができるんでしょうか。 行政書士の大半の仕事は、書類を作るための情報を集めることにあります。 そのためには、依頼人から話を聞くだけでなく、関係者に会ったり、関係省庁に足を運ばなくてはなりません。 例えば、土地建物の謄本を取ったり、関係者の戸籍を調べたりとか。 これは奥さんではできないことです。 書類を作れるような状態になった時点では、仕事は9割がた終わったとしてもいいくらいです。 また、顧客はどうやって見つけるつもりでしょう。 (それも「副業行政書士開業マニュアル」に書いてあるのでしょうか?) 事務所を開いて看板を掲げれば、ぽつぽつとお客さんがくるかもしれませんが、それをやらないとすると、大きな会社と専属契約を結ぶか、または他の忙しい事務所からこぼれた仕事をもらうしかないでしょう。 どちらにしてもある程度信用がなければできないことです。 >2点目の法人にすればOKというのは、 >会社にバレないから、という理由からです。 役員には誰がなるんでしょうか? あなた自身が役員になれば、それは公になりますから、そこからバレる可能性があります。 また、行政書士として仕事をするからには、その名前も公になります。 それに、行政書士として仕事をしたとき、あなた自身への報酬はどうするつもりでしょうか? 無報酬で仕事をするつもりではないですよね? 会社組織にしたとしても、その会社からお金を受け取れば結局は同じことです。 >会社の休日... A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー >社内でその知識を生かせたらと いいんじゃないかと思います。 ご質問について 行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。 しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。 それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合にはそれらは一連の流れをもった一体のものです。 そして、2)の前提となる4)法律の理解が必要不可欠です。 したがって、行政書士のサービスの本体は、作成等という弁護士法72条制限の代名詞の下で…という留保がついた1)~4)の一連の活動を行うことにほかならないと言わざるをえません。 この4)がないと、あたかも中がスカスカの骨のような状態ですので、事実上、一般的な総務事務レベルのスキルにしかなっていかないと思われます。 そこで、独立であれ社内であれいずれにしろ、最大化していくという意味で「活かす」ということであれば、4)が極めて重要であるということになります。 4)が最も機能するのは、やはり法務部あるいは法務を意識する部門であったり企業ということになると思います。 中小企業という現実的な場所では、そのような需要を満たしつつ総務にも対応していける人材ということではないかと思います。 また、もしかしたら、特に社内での活用については女性であるか男性であるかが、「いくらかは」影響してくる場合もあると思います(特にホワイトカラーで性別を意識するのは法制的には時代錯誤ではありますが、実態の話として)。 そのようなことまで考慮に入れた場合は、個人的には、人材の需要について、女性の場合は法務的な対応ができる総務、男性の場合は総務的な対応ができる法務、というイメージを持ちます。 また、賃金その他の条件について事実上の差あるいはどのようなポジションで採用されるかについて影響がありえると思います。 私の思想というよりも、実態から受けている印象に基づいて考えた一般的な傾向です。 もっとも、明確に法務部門として設けている企業がそれほど多いわけではないことを考えると、そのような傾向の違いはほとんど無視していいほどのものかもしれないとも思います。 取引の交渉とリスク判断、契約書の作成やチェック、部分的に営業への法的な認識の教育係的な役割、行政上の手続き、行政上の対応における担当者、広告やチラシその他消費者問題にかかわる活動におけるリスク管理、などさまざまに考えられますが、従来、一般に総務が担ってきただろうレベルを超えなければ活かすというところまでは難しいと思いますので、やはり4)の部分で決まってくると思います。 また、あることがそういうものであることを社内へ説明する必要性が出る場合もあると思いますので、それをなし得るだけのIQを実質的に持っていくことが必要になると思います。 ある資格を持っていることによっておのずと特定のポジションが与えられるというイメージは持たないことが賢明と思われ、繰り返しになりますがやはり4)次第と思います。 「行政書士試験の勉強で得た知識」から何かがもたらされるというよりも、「行政書士試験をきっかけとして身に付けた法律的な考え方」があって、「結果として」その資格も持っているということで、それが一応4)を持ち得ることを表示する身分証に過ぎないと考えて臨まれた方が良いと思います。 結局のところ、独立か社内かで力の入れ具合を分けて臨むのは、社内での活用を採用と人事異動のきっかけというレベルに留めてしまう危険性があるという点と、やはり総務や法務くらいしかないのではないかと思います。 また、行政書士の資格を持っていることにより、かえって本来の職務に加えて与えられるタスクや責任が増えるだけで、実質的な給料の減額というようなことも、名ばかり管理職問題を考えると注意する必要はあるかと思います。 行政書士です。 資格を社内で生かすことについて専門家ではないので一般人として書かせていただきました。 >社内でその知識を生かせたらと いいんじゃないかと思います。 ご質問について 行政書士法は業務の独占との関係上、「作成」ということが強調されて規定されています。 しかし、作成であれば提出の代行であれ、代理であれ、その前提としての1)事実関係の特定 2)法律のあてはめ 3)必要な証明手段の選択 などの作業が必要不可欠です。 それは結局、事実としてどのようなことを選択すべきか、法律のどのような解釈に基づくべきかなどについての考慮をも含みうることになり、これらが必要な場合には... A ベストアンサー 従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。 この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。 ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。 現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。 そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。 現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。 この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。 ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。 ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。 A ベストアンサー かなりややこしい問題です。 はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。 ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。 大辞泉では、 「はじめ【始め・初め】 5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。 また、先に立つもの。 つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。 岩波国語辞典では、 「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを が 用いる・用いられるかは明確にしていません。 ただし、副詞に限っては「初め」としています。 新明解国語辞典 「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。 Windows付属のIMEでは、 始め: [一般的][物事に関して][動詞的] 初め: [時間に関して][副詞的] としています。 IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。 しかし根拠は ? です。 漢字の由来としては、 「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。 [始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく] ま、大辞林のとおりですね。 IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。 「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。 初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。 少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。 しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。 歯切れのいい回答にならず申しわけありません。 かなりややこしい問題です。 はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。 ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。 大辞泉では、 「はじめ【始め・初め】 5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く... Q 行政書士試験その後について教えてください。 ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、行政職員として学校に勤務しています。 将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。 試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。 そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。 よろしくお願いします。 行政書士試験その後について教えてください。 ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 現在、行政職員として学校に勤務しています。 将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。 試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...

次の

公務員が取得できる資格まとめ【行政書士試験も免除】

行政書士 授業料

Twitter ツイッター での伊藤塾の評判・口コミ 伊藤塾の行政書士対策は人気講座 憲法13~18回視聴終了。 これで憲法の講義は答練除いて終わりました。 憲法めちゃくちゃ面白かった…! 民法入る前に徹底的に復習します。 情報はタダで手に入るというのは実は間違いで、タダの情報には信頼と責任が無い。 有益な情報は有料でこそ手に入る。 — kuzunoha kuzunoha13 伊藤塾の評判は多く投稿されていましたが、特に行政書士関連が目立ちます! 伊藤塾は模試が優秀 行政書士伊藤塾模試第一回は「158点」でした。 択一系が136点、記述は甘めに見て22点。 いや、去年と比べたらこの時期にこれだけ取れるのはいいんだけど、3時間集中し続ける力と速く解く力が足りないかった。 解くだけで175分かかってしまって見直しできず。 — サンライズ sunhyow2020 伊藤塾の公開模試の成績が出ました。 ただ、lecの全国公開模試の記述の添削もアップされていますが、こちらは悪かったです😭。 多分記述足切りだと思っています。 — 未知子 2020年司法書士試験合格します。 アガルートなら間違いなく挫折してた…笑 — 司法試験受験生は笑わない umaru19970615 は歴史ある予備校なのでわかりやすく合格実績も一番なのですが 料金が非常に高いです。 2つ目の投稿の方は価格を比較して資格スクエアを選んだのでしょう… 2ch 5ch での伊藤塾の口コミと評判 匿名であるぶん、ツイッターと比べてよりも辛口な意見が多いのが2ch 5ch です。 への本音の書き込みが多いですが、過激すぎる意見もあるので参考程度にしておきましょう。

次の