渦中 使い方。 戦火の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

誰もが知っている単語「How」の使い方を深めて会話を広げよう!

渦中 使い方

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い? 世界中で猛威を振るっている新型肺炎コロナウィルス。 世界中でも多くの死亡者を出して、私たちの日本でも猛威を振るい自宅待機など生活や経済に多大な影響をもたらしていますよね。 そんな中で皆さん 「コロナ渦」「コロナ渦中」という言葉や文字もよく目にしませんか? これ・・実際に皆さんなんて読んでいますか? 「 渦」というのは、「 うず」と読むのですが「 コロナ渦中」は「 コロナうずなか」? 実は、この漢字を読めない人が最近大勢いて勘違いが発生しているそうです! 「 渦(うず)」という漢字は存在するのですが、 「コロナ渦」という日本語は存在しません。 という所で大きな驚きですが、ではどうしてテレビや新聞などで「 コロナ渦」という文字を私たちは目にするのでしょうか? 実はテレビや新聞で使用されているのは「渦」という漢字ではないのです。 正しい漢字はこちらです。 「 禍」で、皆さん読めますか? この「禍」は、音読みで「 カ」と読むので「コロナ禍」と書かれていると「 コロナカ」と読むことになります。 訓読みでは「わざわい」とも読むらしく、漢字って難しいですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の意味は? ではそもそも 「 コロナ禍」ってどういう意味なのでしょうか。 日本人を30数年やってきましたが、全く知らない言葉なのですが皆さんいかがですか?笑 コロナ禍の意味はこちらです。 「 新型コロナウィルスが招いた危機的、災厄的な状況」 コロナ禍という言葉に、そこまでの意味が含まれていたなんて知りませんでした。 そしてもう一つ目にする「 コロナの禍中」の意味は分かりますか? こちらです。 「 新型コロナウィルスが原因で混乱した騒ぎの中」 ~の禍中という言葉は聞いたことがありますので「コロナの禍中」の意味は理解できますが、日本語は奥深いですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の使い方は? コロナ禍の意味は理解しましたが、では日常的に私たちはどのように「 コロナ禍」という言葉を使えばいいのでしょうか? 「 コロナウィルスによって私たちがもたらされる不幸」 というのが、大体の意味ですので「まじで、最近コロナ禍だよね~(最近、コロナで私たち不幸だよね~」という様な意味で使うのが正しいのかちょっと難しい所だと思います。 しかし調べてみると、私が上記で書いた「 最近コロナ禍だよね~」という意味の使い方ではなく、正しい使い方があるようです。 例文をいくつか見つけました。 「 コロナ禍によって客足が激減し、閉店を余儀なくされた。 」 政府から出された全国緊急事態宣言によって、営業を自粛に追い込まれた飲食店やホテルなどの現状もニュースなどで連日取り上げられています。 外出自粛などによって、客足が激減し閉店するしかなくなった。 という状態を「コロナ禍」と表現するのですね! 「コロナ禍は学生たちの就職活動にも多大な影響を与えている。 」 新型コロナの影響で、営業などが悪化し内定を受けていた学生たちの多くが営業不振で内定取り消しになった。 というニュースも多く目にしました。 そのような学生たちの現状も「コロナ禍」になるのですね! コロナ禍の間違いやすい漢字まとめ コロナ「禍」の漢字って一目見て、一発で「カ」と読む人って少ないのではないでしょうか。 実際に間違いやすい漢字が多く存在しています。 事実、私自身も恥ずかしいですがずっと「 禍」ではなく「 渦」と読んでいました。 他にも「 渦」だけでなく「 鍋」と勘違いしていた人もいたようです! 「コロナ禍ってずっと、コロナ渦(うず)だと読んでた。 恥ずかし」 「え・・コロナ「カ」って読むの?コロナ鍋だと思ってたんですけど!!なんか鍋の中でコロナに煮られているみたいな表現なんだ。 と思ってたww」 と勘違いしていた人が多いようで、私だけでなくちょっと安心しました。 笑 なんでコロナ禍って言われるの? 「コロナ禍」と言われるようになった理由については、分かっていません。 しかし、確実にコロナが世界で特に日本で猛威を振るうようになったのは2020年からです。 なので2020年以降にコロナが猛威を振るいだして、その現状を伝えるために 新聞やネットニュースなどのマスメディアで使用されることが増えたからなのではないか。 と言われています。 なので、コロナが発生していなければ「 コロナ禍」という言葉は存在しなかったわけです。 まさに新しい日本語が誕生した。 という事になります。 今回は、コロナ渦・コロナ渦中の読み方や正しい漢字、そして意味について記載しました。 見たことがある漢字にどうしても思えてしまうんですね。 恥ずかしい思いをしないように、これからはしっかりと見たいですね!.

次の

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い?正しい漢字や意味は?

渦中 使い方

「そんな中」という言葉は、ある出来事が起きている間に、別の出来事が起きたことを示す時に使う言葉です。 二つの出来事が同時期に行われていたことをわかりやすくするために使用されます。 結婚式でエピソードを語る時や、ビジネスで時系列に沿った話をする時には「そんな中」という言葉を使うことで、聞き取り手の関心を高めることが期待できます。 「そんな中」には「一方別のところでは」という別のニュアンスも含まれています。 同じ場所で同じ時間に二つの出来事が起きていることを示すこともできますし、違う場所で二つの出来事が起きていることを示すこともできます。 英語では 「そんな中」は英語では「Meanwhile」を使用します。 「二つのことが起きるその間に」という意味と「一方その間に」という意味の二つの意味を持っています。 使い方は「そんな中」と同じで、二つの出来事を説明する間に使用します。 「そんな中」から受ける印象 「そんな中」は同時に起きている二つの出来事の関係性をつなぐ言葉であり、その二つの出来事の違いや差を強く印象付けることができます。 「大きな爆発があったが、私は寝ていた」と書くよりも「大きな爆発があった。 そんな中、私は寝ていた」と書いた方が、「爆発」と「寝ていた」ことの対比を強調することができます。 また突発的に起こったことを表現するのにも有効です。 「人が多く集まっていたが、私たちは出会った」と書くよりも「人が多く集まっていた。 そんな中、私たちは出会った」と書いた方が、思いも寄らず運命的に出会ったことを印象付けることができます。 「そんな中」の敬語表現 別の敬語表現がもたらす印象 「そんな最中」は「そんな中」に比べて、より限定的な時間を指すときに使われる敬語表現と言えます。 一つの出来事が渦中にあり目まぐるしく状況が動いている時に、別の出来事が重なった時などに使う言葉です。 結婚式で「そんな最中、二人は出会いました」という言葉を使うと、出会いが運命的であることを強調できます。 「そんな状況の中」は「そんな中」に比べて、二つの出来事の差が大きい印象を与えることもできます。 「雨が降っていた。 そんな中、彼は走っていた」という表現でも良いですが、「雨が降っていた。 そんな状況の中、彼は走っていた」と書くことで、雨が降っていたことと、走っていることの対比をさらに印象的に表現することができます。 使い方 「世間がオリンピックに湧いていた、そんな中、新郎新婦は出会いました」 「大雨が降っていた。 そんな中、傘もささずに立っていた」 「図書館は静まり返っていた。 そんな中、本をめくる音だけが響いていた」 「転職活動を進めています。 そんな中、貴社の募集要項を拝見させていただき応募致しました」 「家族は言い争いが絶えなかった。 そんな中、私は成長していった」 「世間ではあなたは忘れかけています。 そんな中、私はあなたを想い続けています」 そのような状況の中 「そのような状況の中」という言葉は「そんな中」をより丁寧にした敬語表現です。 敬語を使う場面は、相手への伝わりやすさを重視すべきなので、丁寧すぎるということはありません。 敬語を使うべき相手は、ビジネスであれば上司や取引先などがすぐに思い浮かびますが、私生活でも学生時代の恩師や病院の先生などがあります。 私生活やくだけた雰囲気の場でも、目上の人がいる場合、敬語が使えるかどうかは重要です。 「そんな中、仕事をしていました」というよりも「そのような状況の中、仕事をしていました」という敬語表現にしたほうがより敬意の姿勢が伝わるでしょう。 ビジネスシーンでないところだからこそ、敬語を使いこなすことで、あなたに対する評価を上げることができるでしょう。 「そんな中」の別の敬語表現の例文をあげてみましょう。 敬語表現としては「そんな折」「そのような折」「そんな最中」などがありますが、それぞれ使用するのにふさわしいシチュエーションがある敬語表現だということを忘れてはいけません。 就職活動を経験した人であれば、企業に対するメールや履歴書などで敬語表現の重要さが身にしみてわかっているでしょう。 同じ力量を持った二人の応募者がいて、ひとりが「そんな中」という言葉を使って、もうひとりが「そのような折」という敬語表現の言葉を使っていたら、後者を選ぶことに間違いはないでしょう。 小説や漫画をよく読む人であれば、わかりやすい文章はそのまま面白さに繋がるといった経験をしたことがある人も少なくないでしょう。 小説では敬語表現はマストではありませんが、「その最中」「そのような折」という表現があると状況がわかりやすく伝わってきます。 普段の会話では使われない「そんな中」という言葉ですが、だからこそ話す内容を印象的に残すことができます。 待ち合わせに遅刻した友人を責める時、「1時間も待った」というより、「大雨が降っているそんな中1時間も待った」という方がより自分の感情が相手に伝わるでしょう。 「そのような折」「その最中」「その時」などいろいろな類語が存在する「そんな中」という言葉は、その分いろいろなシチュエーションで使える言葉であると言うことができます。 シチュエーションによって使い分ける人を見ると、かっこいいという印象を受けます。 「そんな中」という言葉を使うのはビジネスシーンや手紙など敬語を使う場面で、それは自分の感情や意思を相手に伝えたい場面とも言うことができます。 自分の感情や意思を伝えたい時に「そんな中」という言葉を使うことをおすすめします。

次の

【の渦中に身】の例文集・使い方辞典

渦中 使い方

5W1HのHにあたるHowは、皆さんにおなじみの英単語です。 How are you? やHow old are you? などは、初めて英語に触れた頃に覚えた基本フレーズですよね。 でも、なかなか奥も深いHowの世界。 しっかり使えるようになると、英語表現の幅が格段に広がります。 会話の相づちになるフレーズもたくさんあるため、相手の話を引き出すときに役立つ単語です。 定番フレーズのちょっとしたニュアンスの違いもご紹介します。 何かのやり方を指南する「ハウツー本」(how-to guides)というジャンルもありますよね。 1953年公開と、古い映画になりますが、『How to Marry a Millionaire』(邦題:百万長者と結婚する方法)というマリリン・モンローのアメリカ映画のタイトルが思い出されます。 (彼女の説得の仕方を教えてあげよう。 (これの作り方を知りたいです。 ) ・This is how to make this. (これの作り方は、こうです。 と質問します。 ・How can I go there? (どうやってあそこへ行けますか?) ・How can I eat this? (これは、どうやって食べるのですか?) How can I~? は、普通に方法を尋ねる質問方法ですが、使いようによっては皮肉として言うことも出来てしまいます。 上記2つの例を皮肉として理解する場合、最初の例文は「いったいどうしたらあんなところへ行けるというの?(行けるわけないじゃない!)」、2番目の例は、「こんなもの、どうやって食べろというんだ?(食べられるか!)」となります。 素直な質問として聞きたいのか皮肉を言いたいのかは、状況と口調次第、あなたの意図次第ということです。 How could you do this! と言えば、「よくも(こんなことが出来たものだ)!」とも出来るし、「よくこんなことが出来たね!(すごい)」と聞こえるようにすることも出来ます。 ・How can I make the difference? ・How can I do? (どうしたらよいでしょう?) ・How can I say? 単に手段を訊くのではなく、どうしたいのかが分かっている上で、その方法を尋ねる形です。 ・How can I make it better? (どうやったらもっと良くすることが出来るだろう?) ・How can I make my dreams come true? (どうやったら夢を叶えることが出来るだろう?) ・How can I make him study hard? (What about you? とも) です。 How about you? How about you? (彼のコメントはちょっと引っかかりますね。 あなたはどう?) 1番目の例文は意向を訊いているだけですが、2番目の例文のように相手の意見を尋ねる場合はHow did you like it? (あなたはどう思いましたか?)あるいはWhat do you think? (あなたはどう思う?)やなどに置き換えることが出来ます。 ・How do you like this movie? (この映画について、どう思う?) また例えば、食べ物を目の前にしてHow do you like this? と訊けば、「どう?美味しい?」という意味になります。 と質問します。 「I heard you visited her. How did it go? (またはHow was it? )」 (彼女を訪ねたって聞いたよ。 (その訪問は)どうだった?) 「We talked peacefully. 」 (落ち着いて話が出来たよ。 ) ・How are you? (元気ですか?) ・How am I? (OKですよ。 といいますよね。 ・How handsome is he? (彼はどのくらいハンサムなの?) 例えば、どのくらい長く(long)、早く(soon)、遠く(far)などを訊くときは、次のようにいいます。 ・How long does it take to get there? (あそこに行くには、どのくらい(の時間が)かかりますか?) ・How soon can you come? (どのくらい早く(すぐに)来られますか?) ・How far is the station? (駅はどのくらい遠いのですか?) 最後のHow farは距離を尋ねるものですが、物理的な距離だけでなく、どのくらい深く遠くまでという意味にもなります。 ・How far do you understand? (どこまで理解しましたか?) ・How far do you know about it? ・How often do you come here? (ここへはどのくらい(の頻度で)来るの?) ・How many coffee did you order? (コーヒーをいくつ注文しましたか?) ・How much did you eat? (どれくらい食べましたか?) ところで、この質問はすでに食べた量を訊くものですが、次の問いは事前確認の質問です。 ・How much can you eat? (どれくらい食べられますか?) 次に挙げる質問は、食べられそうな量を単に訊くものでもありますし、言い方によっては「いつまで食べるの?まだ食べるつもり?」という意味で言うことも出来ます。 ・How much are you going to eat? (どのくらい食べるつもり?) 同じ要領をHow longを使ってやってみると、こうです。 ・How long did you wait? (どのくらい待ちましたか?) ・How long can you wait? (どのくらい待てますか?) ・How long are you going to wait? ・How wonderful you are! (あなたって、素敵ね!) 言っていることは「You are wonderful! 」と同じですが、How を使った言い方だと、より感情がこもって聞こえます。 ・How cold tonight is! (今夜は何て寒いんだろう!) ・How strange…(何てヘン何だろう・・・) You are kindやYou are smartと言おうとするとき、代わりにHow kind of you! (何て親切なのでしょう!)やHow smart of you! (何てスマートなんでしょう!)という言い方もあります。 前者はつまり、「ありがとう!」のように感謝を伝える表現ですし、後者は、「さすが!」 という感じです。 結局は言い方次第ですが、Howを使うと、より気持ちが伝わる感じがしますね。 ・How sweet of you! (なぜ?)ですが、How come? という表現もあります。 同じく「なぜ?」です。 下の例文は、どちらも「なぜ、今日は学校が休みなの?」と訳すことが出来ますが、若干、ニュアンスに違いがあります。 ・Why is the school closed today? ・How come the school is closed today?? Whyを使った文は、単に理由を訊ねているものです。 それに引き換え、How comeを使った文は、ちょっと非難めいて聞こえます。 どうして学校は休みなの?(休むべきじゃないでしょ?)という感じです。 次のように書くと違いが分かりやすいでしょうか。 ・Why? (なぜ?) ・How come?? (そういうものですよ。 ) ・You know how. (どういうものか、分かりますよね。 口調次第ですので、誤って伝わってしまうのではないかなどと心配することはありません。

次の