ライオンズ テール。 Wild Dagga 【ライオンズテール】について

ライオンズ用語集

ライオンズ テール

ライオンズ用語集 終身会員 1.20年以上正会員であり、所属クラブ、その他地域社会もしくは 国際協会に対してその功績の著しいもの。 2.病気が重篤である者 3.15年以上正会員であり、少なくても70歳に達している者は、今後の 国際会費全額に代わる500ドルの納入等所定の手続きを経れば終身会員に なることができる。 スポンサー 新会員をクラブに推薦する事、またはその推薦を行った会員。 スポンサーになった会員は、新会員に対し常に関心を持ち、新会員が活動的な 会員になれるよう配慮するとともに、良き相談相手とならなければならない。 クラブが新クラブ結成を主力になって推薦する事もスポンサーといい、この クラブをスポンサークラブと呼ぶ。 家族会員制度 家族会員の資格は、会員の同居の配偶者及び父母、子供と その配偶者であり、二親等始め広義の親族も有資格者とする。 また、正会員同様にクラブに関する事柄に対して1票の投票権を有する。 各種会費は国際会費は半額の19.5ドル(約2,000円/年)とし 複合地区費は1,320円、地区費は500円、クラブ会費は各クラブの 自主性による。 (エコー誌新年号) 国際協会としては07年1月に制度がスタートしており、331複合地区では 07年12月のガバナー協議会で正式に発足した。 331A地区においても08年2月の第3回キャビネット会議で議決された。 申請方法は国際協会指定の申請書に必要事項を記入し、クラブ幹事の 署名が必要である。 5R1Zでは、江部乙LCに4名の家族会員が誕生している。 今後はクラブ内の会則の整備や会員間のコンサンセスが必要と思われる。 国内では九州複合地区が、家族会員制度に反対しており、未だ承認していない。 メークアップ(MaKe Up) 例会の前後それぞれ13日間以内に次のいずれかに該当する場合は 例会に出席したものとみなされる。 1.他クラブの例会等に出席。 2.所属クラブの理事会へ出席 3.同常設委員会への出席 4.同クラブ主催の会合 5.リジョン又はゾーンの会合への出席 6.国際大会、東洋アジアフォーラム、複合地区、地区大会等 正式な会合への出席 7.国際本部、外国の地区、事務局の訪問(訪問の証明書が用意されている) ライオンズ・テーマ(Lion Tema) 旗、バナー、ゴング、木槌、名札等の備品管理の責任を持つ。 各例会の前にそれらを適切な場所に配置し、例会後は適切な保管場所に 戻す。 例会の進行を努め会場の秩序を維持する。 クラブ理事(Club Director) 任期は2年で、半数ずつ毎年改選される。 理事の呼称について 残任期間を基準とする例が多かったが、1年目の理事を1年理事 2年目の理事を2年理事と呼称することになった。 理事はクラブ役員であり、すべての理事は他の役員と共にクラブ理事会を 構成し、クラブ会則第8条3項の任務を遂行する。 ファイン(Fine) ライオンズの例会において、その場の空気を沸き立たせ、会員相互の 親睦を図る目的でテールツイスターはファインを課す権限をもっている。 ファインは金額的には僅少なもので、運営費に繰り入れるのが原則である。 キャビネット(Cabinet) 地区ガバナー・キャビネットを略していう。 議長としての地区ガバナー 前地区ガバナー、地区名誉顧問会議長、キャビネット幹事、キャビネット会計 リジョンチェアパーソン、ゾーンチェアパーソン、地区委員長などをもって 構成される。 ガバナー(District Governor) 正式には地区ガバナーといい、国際協会の役員である。 地区年次大会においてライオンズクラブ国際協会を代表し、さらに 地区運営の責任者としてキャビネット構成員を指導する。 その任期中に地区内のクラブに対して公式訪問を行う。 任期は国際大会の閉会時から次の国際大会の閉会時まで。 連続再選は許されない。 幹事 幹事は会長及び理事会の指揮監督のもとに、所属地区及び国際協会 間の連絡に当る。 クラブ内では、クラブの会合及び理事会の議事録、出 席率、委員の任命、選挙、会員の情報、会員の住所及び電話番号、会 員の会費納入の記録を含む全般的な記録を保管する。 4半期又は半年毎に各会員に対して会費その他の納入金を請求し、 それを受け取りクラブ会計に引き渡す。 国際本部の要求する月報を含めキャビネットの要求する報告書を提出。 所属ゾーンおける地区ガバナー諮問委員会の委員となり協力する。 (ライオンズ必携〜クラブ会則より) 会則及び付則 国際協会会則及び付則、複合地区会則、クラブ会則及び付則などがある。 国際協会会則および付則はライオンズの最高規程である。 クラブは、クラブ会則及び付則標準版を採用するよう勧められている。 ライオンズクエストプログラム 薬物乱用防止を含めた青少年のための教育支援プログラムのこと。 1984年にクエストインターナショナルとライオンズクラブ国際協会が 協同で開発し、現在はLCIFがすべての権利を所有している。 プログラムは、小学校高学年、中学生用の「思春期のライフスキル教育」 が開発され、NPO法人青少年育成支援フォーラムが運営している。 例会 クラブは一定の日時を決めて定例会を開かなければならない。 日本の各クラブでは、毎月2回の例会を開いている(芦別クラブでは 第二・第四水曜日)。 例会出席は、会員の基本的義務の一つである。 会費 クラブ運営費に充てるために会員が納入するもので、その額はクラブごと にその会則で定めるが、会食費その他クラブ運営以外に使用されるものは 会費と呼ばない。 クラブは、この会費から国際会費、複合地区会費、地区会費、ライオン誌 特別負担金その他を支払う。 現在の国際会費は、年間US43ドル。 芦別クラブは運営会費、事業会費 会食会費を含めて、月額13,000円、年額156,000円である。 リジョン・ゾーン 地区ガバナーは、地区管理のためいくつかのリジョンに分け 更にそのリジョンを4ないし8のクラブからなるゾーンに分ける。 リジョンチェアパーソン 地区ガバナーに任命されるリジョンチェアパーソンは、地区ガバナーの 指導を受け、リジョン内の各ゾーンチェアパーソン及び地区委員長の活動 を監督する。 ゾーンチェアパーソン 地区ガバナー及びリジョンチェアパーソンの指導監督を受け、責任者と してゾーンの運営にあたると共に、ゾーンにおける地区ガバナー諮問委 員長として同委員会定例会議を開催し、議長を務める。 ライオンズ・ローァ 文字通り「ライオンの雄叫び」で、意図するところは本来、退屈、疲労また は眠気を一掃するために議事を中断し、会員起立して両手を前方水平に 突き出しつつ「ウォーッ」とやったところにあるらしい。 現在は会議の終了を示す場合、又は気勢を上げる形式として定着している。 本来一声形式のものであるが、我が国では三声形式も慣習化されている。 ライオンズ(奉仕)デー 1917年10月8日にテキサス州のダラスで開かれた第1回ライオンズ 国際協会を記念して、毎年10月8日をライオンズデーとして活発な記念 事業を行っている。 1970年にマッカロー国際会長は初めて世界ライオンズ 奉仕デーとして実施を訴えた。 会員会計にあるライガー会費 ライガー(Liger)は父がライオンで、母がトラの雑食動物である。 逆に父がトラで母がライオンの場合は、タイゴン(Tigon)である。 ライオンズクラブでは、通常例会時の食費である会食会費に対して 観桜会等の例会時の飲食費にあてる費用としてライガー会費という。 アクティビティ ライオンズクラブが地域社会に対して行うあらゆる奉仕活動のことをいう。 クラブ単独で行うのが基本であるが、いくつかのクラブや他の奉仕団体、自 治体と合同で行う場合がある。 国際的アクティビティ機関としてLCIFがある が日本ライオンズは、この機関への献金においても際立っている。 テールツイスター 直訳すると犬が尾を振りながらおねだりすること。 ライオンズでは役員の一人で、例会で種々のアイディアによって会合を盛り 上げ会員間の親睦を盛り上げるのがその任務である。 ドネーションにも深く 関わる。 ドネーション 寄付金のこと。 会員の慶事、誕生、結婚、入学、新築、全快などの内祝い や弔意見舞いなどに対する謝礼、その他の意を持って、会員が自発的に 行った寄付金である。 金額に制限はない。 テールツイスターは、いろいろな事実を紹介して、 会員が寄付を行うのを助ける。

次の

広島ワイズライオンズクラブ

ライオンズ テール

会長はじめ各委員長就任挨拶と年度計画発表• 前年度会計報告・本年度予算案発表• 納涼例会(鴨川納涼床)• 前年度地区役員 L日夏 報告• 7R2Zゾーン・チェアパーソン 表敬訪問• ガバナー公式訪問例会(5クラブ合同)ホスト木之本LC• 環境保全・献血委員会タイム• 横浜ふじライオンズクラブ表敬訪問• 会員拡大・会則・付則委員会(会員拡大プロジェクト会)タイム• 会員拡大・会則・付則委員会タイム• 財務委員会タイム• クリスマス家族例会• 新年祝賀例会• 社会福祉委員会タイム• 中間決算報告(会計)• 対外親善・迎接委員会タイム• 青少年育成・広報委員会タイム• 指名例会(次年度役員理事候補者発表)• 親睦例会・選挙例会• 次年度委員会構成発表• 清掃奉仕例会• 計画委員会タイム• 三役タイム• 最終引継例会• 会長はじめ各委員長就任挨拶と年度計画発表• 前年度会計報告・本年度予算案発表• 納涼家族例会(郡上おどり)• 環境保全・献血委員会タイム• 青少年育成・広報委員会タイム• 会員拡大・会則・付則委員会タイム• ガバナー公式訪問例会(5クラブ合同)ホスト長浜LC• 横浜ふじライオンズクラブ表敬訪問• 財務委員会タイム• 社会福祉委員会タイム• 対外親善・迎接委員会タイム• クリスマス家族例会• 新年祝賀例会• テール・ツイスタータイム• 中間決算報告(会計)• 計画委員会タイム• 金婚式特別例会 執行部タイム• 指名例会(次年度役員理事候補者発表)• 春の家族例会・選挙例会• 次年度委員会構成発表• 清掃奉仕例会• 環境保全・献血委員会タイム• 三役タイム• 最終引継例会.

次の

彦根ライオンズクラブ

ライオンズ テール

バナー Banner 正式クラブ旗のこと。 各クラブの創意と工夫で作られるテーブル・バナーあるいはフレンドシップ・バナーのことを単にバナーという場合も多い。 このバナー交換が国の内外を問わずクラブの間で行われている。 百周年記念 Centennial Celebration 2017年にライオンズクラブ創立百周年祭を迎えるにあたり、「2018年6月までに1億人の人々に奉仕する」という百周年奉仕チャレンジの目標が掲げられた。 また百周年記念会員増強賞が設けられ、百周年の期間中(2015年4月1日〜2018年6月30日)に会員増加に貢献したライオンズクラブは1. 新会員のスポンサーと、2. 新クラブの結成の2つのカテゴリーにおける成果に基づき、特別な表彰を受けることができる。 ファイン Fine ライオンズの例会その他の会合において、その場の空気を沸き立たせ、会員相互の親睦を図る目的で、テール・ツイスターはファインを課す権限を持っている。 クラブ会則ではファインの額はクラブ理事会が定める額以下とし、1会合で同一会員は2回を超えてファインを課せられることはないとし、またテール・ツイスターからは満場一致でなければファインを取ることができないとしている。 ファインは金額的には僅少なもので、アクティビティ資金の当てにするべきではなく、運営費に繰り入れるのが原則である。 ファシリテーター Facilitator 一般的な言葉で、進行役/促進者などと訳されている。 国際協会が推進するプログラムにおいて、ファシリテーターの役割は大きい。 従来型の講師が一方的に話して参加者を教え込むことに対し、ファシリテーターは参加者が自発的にテーマに沿って考え行動し、最終的な結論が得られるように支援する。 会議においては中立的な立場を維持する。 フォーラム Forum 国際協会の目的の(g)項にいう自由に討論できる場を指すが、その決議が会員およびクラブに対して拘束力を持たない会合を、大会と区別してこのように呼ぶこともある。 の項参照。 複合地区 Multiple District 1国または1地域が多数の地区に分割されているとき、これらを総合して複合地区を作り、複合地区を形成する各地区は準地区(Sub-District)となる。 複合地区は複合地区会則に基づいて運営されている。 1976年7月から日本ライオンズは330・331・332・333・334・335・336および337の八つの複合地区に分割され、それぞれのガバナー協議会のもとに複合地区が運営されている。 しかし、会則、YCE活動、国際大会参加など共通の問題は8複合地区の協議によって処理されている。 副地区ガバナー Vise District Governor 1994-1995年度から副地区ガバナー制度が設けられ、2008年国際付則改正により第1及び第2副地区ガバナーの複数設置となった(国際付則第9条6項 b c 参照)。 その任務は付則第10条2項に規定されるとおり、地区ガバナーとチームを構成し、力を合わせ地区において効果的にリーダーシップを発揮する。 地区ガバナー・チームは地区における協会の代表者であり、国際理事会の全般的監督下に置かれる。 ブラザー・クラブ Brother Club 兄弟クラブのこと。 狭い意味では同一クラブによってスポンサーされたクラブ同どうしのことを指すが、広く全地区、全日本、全世界のクラブをこのように呼ぶ場合が多い。 保険 Insurance ライオンズクラブおよび地区、さらにはすべてのライオネスクラブおよびレオクラブは、ライオンズクラブ国際協会がAce American Insurance Companyという保険会社を通して加入している一般責任保険の被保険者となっている。 この保険は、クラブや会員がライオンズ事業に参加している間に生じた損害に対して賠償する方的責任を負わされた場合に適用される。 保険は自動的にかけられ、保険料は会員が協会に納める国際会費から支払われている。 保険の補償範囲や総責任限度額など詳細については、国際本部の法律部に問い合わせる。 ホスト・クラブ Host Club 客を迎える主人側のクラブの意味で、会合、催しなどを主催する地元のクラブやYCE学生の受け入れ側のクラブをこのように呼ぶ。 地区大会や複合地区大会を設営するのもホスト・クラブである。 また同一市内に多くのクラブがあるときは、そのうちの最も古いクラブは国際協会の認可に基づいてホスト・クラブと名乗ることができる。

次の