とりあえずウミガメのスープを仕込もう。。 とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

とりあえずウミガメのス-プを仕込もう。 / 宮下 奈都【著】

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

今回お薦めしたい本は、宮下奈都さんの『とりあえずウミガメのスープを仕込もう』です。 ESSEという雑誌の2011年9月から80回弱分の連載がまとめられています。 宮下さんのご飯にまつわるエッセイがカテゴリーごとにまとめられていて、見開き2ページほどに1話ずつ載っています。 友達のお母さんが作ってくれた大人になっても忘れられないマドレーヌ、子供達が美味しいと行ってくれた高校の教科書のレシピで作るハンバーグ、子育てに行き詰まっているときに公園でおじさんがくれたホットワインなど、美味しいご飯とそれにまつわる話がたくさん出てきます。 面白かったのは、宮下奈都さんが本当にご飯が好きだなと感じるところです。 丁寧にご飯を作っている様子、家族でご飯を食べる時間を大切にしている様子が伝わってきます。 中でも家族との記憶が心に残りました。 今は亡きおばあちゃんとの思い出や、お母さんがこんな気持ちで作ってくれていたのではないかと回想するシーンは、読んでいてジーンと来てしまいます。 エッセイの中で、宮下さんの子供達が生まれるところから、三人いる子供の長男が高校を卒業して巣立つところまでの成長が見られます。 最後に家でご飯を食べる日の献立、最後にお弁当を作ってあげる日などは、お母さん目線で考えたことがなかったので読んでいて「私のお母さんはどんなことを考えていてくれていたんだろう」と自分に置き換えてしまいました。 私はまだまだ家族との時間を大切にできるので、実家に帰る機会を増やしてもっとご飯を一緒に食べようと思えました。 エッセイは人柄がよく出るものだと思っているのですが、このエッセイは宮下さんの優しい人柄が全面に出ていたと思います。 子供達三人もとても優しくて、お母さんが作ってくれる料理を美味しいと素直に喜んでいるし、お手伝いも率先しています。 翻って私はというと、お手伝いもほとんどしたことがなくて、お母さんにとっても良い娘ではなかったのではないかと少し反省もしました。 ご飯の思い出は家族の思い出と直結しますし、美味しい思い出は良い思い出に繋がっていきます。 その様子がとても伝わってくるようなエッセイでした。 時々小説や本に言及することがあるのですが、「 食べもののおいしさは、そのときの心理状態に大きく左右される。 つまり、小説の描写として使いやすいのだ。 」と書かれていました。 効果的にご飯を使う、作家さんのテクニックも垣間見れるようで面白かったです。 サクサク読めて、心温まるようなエッセイです。

次の

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

書き下ろし短編も! 本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の著者がおくる食エッセイ 「毎月一回食べもののことを書く。 食べることと書くことが、拠りどころだった気がする。 」 「まえがき」より 月刊誌『ESSE』の人気連載が、待望の書籍化! 北海道のトムラウシに1年間移住したり、本屋大賞を受賞したり……。 さまざまな変化があった6年半の月日を、「食」をとおして温かく描き出す。 ふっと笑えて、ちょっと泣けて、最後にはおなかが空く。 やさしく背中を押してくれるエッセイ78編に、書き下ろし短編1編を収録。 うれしいはずなのに、がんばらなきゃならないのに、心細くて怖いのはなぜ? お祝いすら心の重荷になるのはどうして? 「お姉ちゃん、一緒にお菓子を焼こうよーー」ある日、家にやってきた妹と話すうち、私にとっての「描く」ことを取り戻していく。 」に加筆・修正したものです。 短編「ウミガメのスープ」は書き下ろしです。

次の

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。の通販はau PAY マーケット

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。

目次 2011年からESSEで連載していたものを集合した本 「とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 」は2011年からESSEで連載していたもので、1章~3章まではエッセイとなっていました。 最後に「ウミガメのスープ」という短編小説が書かれています。 「まえがき」が書いてあるので、「まえがき」を読んでエッセイ集だったんだ!と知りました。 失敗ポイントを貯めていこう! 1章では「つくること、食べること」が書かれています。 1章で私の心に残ったのが、 失敗ポイントです。 著者の宮下奈都さんのお子さんがめずらしく授業中に手を挙げて答えたけれど、間違えちゃってみんなに笑われた、という失敗に対して「失敗ポイントがたまったね、失敗ポイントが貯まると、ごはんのリクエストができるんだよ。 」と励ましていました。 とっても素敵!! 失敗ポイントが貯まる!って思って、大人でも失敗を恐れずにチャレンジできたらいいなぁと思いました。 失敗ポイントためるぞ~!! ハイカラなおばあちゃん 2章では「なんでもない日のごはんとおやつ」で、手作りのアップルパイや、スイカの話、海苔やアジフライの話など普段のごはんやおやつのまつわる事が書いてあります。 3章の「思い出の食べ物」の中ではおばあちゃんの話がでてきて、それがとても楽しかったです!おばあちゃんは片頭痛持ちで、頭痛がすると、インスタントコーヒーを がぶがぶ飲むとか、運動会のお弁当でおにぎりを頼んだのに、 焼き海苔をはさんだホットサンドだった!とか。 なんてユーモラスなおばあちゃんなんだろうと思いました。 おばあちゃんは、 ハイカラだった、とも書かれていていいなぁ~と思いました! 私もハイカラになるぞ~!! 「ウミガメのスープ」を読んだ感想 ウミガメのスープって本当にあるのか、例えか何かなのかと思っていました。 アイザック・ディネーセン()の同名小説の映画化作品で、同年度のを受賞した。 本に書いちゃうくらいだし、私はまだ宮下奈都さんの本を全部読んでいないけどこの本の他にも「ウミガメのスープ」って言葉がでてきています。 そして、 この短編は意外にも姉妹の話でした。 すっごく良いことがあったのにお祝いのお返しで悩んでいたり、これからの自分が不安になったり。 良いことの裏側で不安な事とかが大きくなってしまっている感じがよくわかります。 前へ進んでいない時ってどんどん不安が大きくなってしまうんですよね~。 私がそうなのでいろいろ思い当たります。 前へ!進もう~~! もやもやがあるときって誰かに聞いてもらえるとスッキリしたり良いアドバイスがもらえたりしますよね。 この短編では妹がアドバイスしてくれていて、すごくいい関係の姉妹だなぁと思いました。 おわりに この本を読んで気になっていた「ウミガメのスープ」が映画にでてくるものだった、と分かってよかったです! marinote.

次の