モバイル パスモ 定期。 【Android】モバイルPASMOの発行方法&注意点

カード型PASMO定期券からモバイルPASMO(パスモ)へ移行しようとして諦めた話

モバイル パスモ 定期

JR のサイトを確認しても明確な記載がない まずモバイルSuica を始めようと思ったとき一番気になったのが• 定期券を引き継ぐことができるのか?• カード内の電子マネーはどういう扱いになるのか?• オートチャージを導入する手順ってどうなの? というところでした。 こういうのって下手をすると、手続きの方法によっては損をしてしまったり、二重に登録されてしまったりといったことが起きる可能性があります。 そのため、先に調べておこうと JR のサイトを確認しましたが、書いてあるのは 「買い直しで区間変更」のみ。 結局モバイルsuica アプリ上で定期券を新規で購入し、今持っているカード型のSuicaは 「区間変更手続き」の処理を使って払い戻しをしてもらうという方法になるのか… と思っていましたが、モバイルSuica窓口に確認しつつ移行してみたところ、もっとシンプルな方法で引き継ぎができることがわかりました。 みどりの窓口に行かなくても 定期券の引き継ぎが可能 定期券の区間変更扱いでの払い戻しというのはみどりの窓口でしかできませんが、 モバイルsuica への定期券の移行(引き継ぎ)はスマホだけで完了できることが判明。 僕が少し勘違いしていて、 「モバイルSuica」と「定期券・オートチャージが利用できるVIEWカード」をごっちゃにしてました。 「定期券の購入やオートチャージをするためのクレジットカード」としてVIEWカードがありますが これは「 カード式Suicaとして定期券・オートチャージができるもの の場合VIEWカードしか対応していない」ということであり、モバイルSuicaには特に関係無いものなんですね。 モバイルSuicaの場合には他のクレジットカードでも定期券の購入や移行・オートチャージの利用ができたのですが 「モバイルSuicaでも定期券とオートチャージを行うためにはVIEWカードが必要だ」と勘違いして、カードの手続きが済むまで移行してませんでした。 別のブログ記事で「区間変更扱いでの払い戻し」をしてもらうために、新規でモバイルSuica上から定期券を購入し、みどりの窓口で払い戻してもらったら払い戻しの金額が少ない 区間変更ではなくただの払い戻し扱い になっていてトラブルになったというのを見ていたため みどりの窓口担当者の前で「ほら今から新規で定期券買いますよ!?」と見せるつもりでした。 引き継ぐ場合には、カード型Suica定期券の裏に記載されているJEから始まる数字を入力し、本人との認証をするだけでその場で引き継ぎが完了します。 VIEWカードを契約するほうが全然お得 結局、VIEWカード以外のクレジットカードで登録できるため、登録前にVIEWカードを新規発行しておく必要性はなかったんですが 他のクレジットカードを利用する場合には年会費 1,030円 がかかるため、VIEWカードを契約して登録したほうがどのみちお得です。 VIEWカードプラスの場合、電子明細の確認を毎月行うことでポイントが付与されるため、実質年会費無料。 ビックカメラSuicaカードの場合は、1年間に1度でも利用すれば翌年年会費無料なので、定期券やチャージを利用する人は実質的に無料となるため、作っておいても損はないと思います。 VIEWカードプラスは買い物の際のJREポイント還元率が0. 5%に対し、ビッグカメラSuicaカードはJREポイント0. AndroidにもGooglePayが導入され、これからどんどんとカードレス・キャッシュレスが進んでいくと思います。 ただ単に決済が楽になるだけでなく、ポイントと言う形で還元されお得に利用できるのは嬉しい限りです。 全く利用していない人と、ほとんどをキャッシュレスで行う人とでは同じ金額を使っても相当出費に差が出そうですね。 SIMフリーのAndroidでも、高性能な機種がFelicaに対応してきていますし、Felica非対応端末の方も今が買い替え時かなとも思います。 Felica 対応した Google の Pixel3 など注目の機種も発売予定ですし、活性化していますね! 僕が先日購入したOPPOのR15 Proもおすすめです。

次の

「モバイルPASMO」実現が難しい本当の理由:モバイル決済最前線

モバイル パスモ 定期

PASMO(パスモ)利用者に朗報です。 2020年3月18日より モバイルPASMOのサービスが開始しました。 今まで、交通系ICカード・電子マネーでモバイル対応をしていたのは、Suica(スイカ)のみでした。 PASMOのモバイル対応により、 PASMOエリアの関東私鉄・バスの定期券をスマホで使えるようになりました。 今までPASMOカードを利用していた人が、モバイルPASMOに切り替えるメリットは下記のとおりです。 スマホで定期券(鉄道・バス)の利用・購入ができる• バス特のポイントやチケットがスマホで確認できる• ほとんどのクレジットカードから、定期券購入やチャージが可能• 紛失・故障時の再発行手続きが、スマホでできる 目次• おサイフケータイ対応のAndroidスマホでPASMOが使える モバイルPASMOの利用開始は簡単です。 おサイフケータイ対応のAndroidスマホに、モバイルPASMOアプリをインストールします。 あとはモバイルPASMOにチャージをすれば、カードタイプと同じように、電車やバスの利用、交通系電子マネー対応のお店の支払いに使えます。 PASMOカード、おサイフケータイ対応スマホともに、非接触型ICの「FeliCa(フェリカ)」技術を採用しています。 そのため、モバイルPASMOでも、カードタイプと同じチャージや支払いができます。 iPhone(Apple Pay)には未対応 残念ながら、モバイルPASMOのサービス開始当初は、 iPhoneではPASMOを使えません。 モバイルSuicaでもそうだったように、今後、iPhone(Apple Pay)にも対応する可能性はあるので、今は待つしかなさそうです。 ちなみに、モバイルSuicaは、おサイフケータイ対応のAndroidスマホ、iPhone(iPhone7以降)、Apple Watch(Apple Watch2以降)、フィーチャーフォンでも使えます。 あわせて読みたい: 一部機種はモバイルSuicaと併用可能 スマホの機種ごとに、モバイルSuicaとの併用可能・不可がわかれます。 モバイルSuica・PASMOの両方とも、発行可能(併用可)• モバイルSuica・PASMO、どちらかのみ発行可能(併用不可)• モバイルSuicaのみ対応 2020年3月18日現在、ほとんどの機種でモバイルSuicaとの共存ができません。 SONYのXperia 1やGoogleのPixel 4など、比較的新しい機種のみ対応しています。 手持ちのスマホで、モバイルPASMOが使えるかどうかは、「」で確認できます。 併用不可のスマホにモバイルPASMOをインストールすると、下記の文字が表示されて、エラーになります。 カード処理でエラーが発生しました。 他の交通系カードが既に発行されております。 詳細はサポートポータルもしくは、をご確認ください。 (F0-08) ちなみに、モバイルPASMO非対応の機種にインストールすると「注意事項 ご利用の機種はおサイフケータイに対応しておりません」と表示されます。 モバイルSuica・モバイルPASMOを併用できる場合、おサイフケータイアプリの設定から、メインカードを「モバイルSuica」または「モバイルPASMO」に切り替えができます。 たとえば、スマホをかざした際にPASMOを使いたいときは、メインカードを「モバイルPASMO」に設定すればOKです。 メインカードから外れた方は、自動改札機やバス運賃機、レジなどでの利用はできません。 スマホで定期券の利用・購入ができる モバイルPASMOの恩恵をもっとも得られるのが、 PASMO定期券の利用者です。 モバイルSuicaはJR東日本グループのサービスで、JR東日本の路線が含まれない定期券の発行はできませんでした。 そのため、首都圏の地下鉄や私鉄、バスを通勤や通学で使う人は、カードタイプのPASMO定期券を持ち歩く必要がありました。 モバイルPASMOに定期券機能がつくことで、 スマホでいつでも定期券が購入でき、スマホ一つで移動が可能になります。 特にバス定期券利用者は、スマホで定期券の購入ができるのは、結構ありがたいと思います。 従来、バス定期券の購入には、営業所や案内所の窓口で申込み書を提出する必要があり、手間がかかりました。 さらに、窓口の営業時間は「遅くても20時まで」が多く、訪れるタイミングが難しい場面もあったのが、スマホでいつでも購入・更新ができるのは助かります。 会員登録・クレジットカード登録が必要 モバイルPASMO定期券の購入・利用には、 会員登録と本人名義のクレジットカード登録が必要です。 本人名義のクレジットカードが発行できるのは、「原則、18歳以上(高校生を除く)」のため、高校生以下はモバイルPASMOで定期券を作れません。 対応ブランドは、 VISA、Mastercard、JCB、American Expressです。 5大国際ブランドの内、Diners Club(ダイナースクラブ)のみ対応していません。 海外発行のクレジットカードや、3Dセキュア認証非対応のカードも登録不可です。 クレジットカードは2枚まで登録可能で、「仕事用とプライベート用」や「運賃用と買い物用」など、クレジットカードを用途別にも使い分けられます。 カードタイプのPASMO定期券の場合、定期代の支払いは、 特定のクレジットカード(鉄道事業者提携クレジットカード)のみや 現金のみという場合が多かったです。 モバイルPASMOなら、手持ちのクレジットカードで定期券代を支払えるのは、お得感があります。 ポイント還元率の高いクレジットカードで支払えば、多くのポイントを獲得できます。 クレジットカードの登録の際は、事前に各クレジットカードで本人認証サービス(3Dセキュア)の登録が必要になります。 本人認証サービスの登録手続きは、カード会員サイトから行えます。 鉄道 小田急、京王、京成、京急、相鉄、東急、新京成、東武、東京メトロ、東京都交通局、西武鉄道、北総鉄道、ゆりかもめ、千葉モノレール、横浜高速鉄道、横浜市交通局、横浜シーサイドライン、埼玉高速鉄道、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス) バス 小田急バス、江ノ電バス、川崎市交通局、川崎鶴見臨港バス、関東バス、京王バス、京成バス、西武バス、相鉄バス、立川バス、東急バス、東京都交通局、東洋バス・千葉シーサイドバス、西東京バス、日立自動車交通、横浜市交通局 PASMOエリアで上記に名前がない鉄道事業者は、伊豆箱根鉄道、江ノ島電鉄、関東鉄道、湘南モノレール、多摩モノレール、東葉高速鉄道、箱根登山鉄道、舞浜リゾートラインです。 将来的にモバイルPASMO定期券を販売するかどうかは、まだ情報が出ていません。 とりあえず、モバイルPASMOサービス開始時は、上記鉄道事業者のモバイルPASMO定期券や連絡定期券は購入できない可能性がある、と考えたほうがよさそうです。 バス特のポイントやチケットがスマホで確認できる PASMOやSuicaでバスに乗車すると、 「バス特(バス利用特典サービス)」が利用できます。 バス特(バス利用特典サービス)では、毎月のバス利用額に応じて、運賃1円ごとに1バスポイントが貯まります。 1,000バスポイントが貯まるごとに、100~330円分の「特典バスチケット」がもらえ、次回のバス利用時に運賃が自動的に値引きされます。 今までは「バスポイントが何ポイント貯まっていて、バスチケットの残額はいくらあるか?」の確認が難しく、なんとなく使っていた人が多かったです。 モバイルPASMOなら、 バス特情報がスマホから確認できるため、ふだんからバスを利用する人にとって、使い勝手が良くなりました。 バス特の情報確認は、モバイルSuicaでは非対応です。 ほとんどのクレジットカードからチャージ可能 今までPASMOの残高へチャージ(入金)するには、駅の券売機やチャージ機、バス営業所、コンビニなどのチャージ対応店舗、セブン銀行ATMまで、わざわざ行く必要がありました。 また、クレジットカードからPASMOへのチャージは、PASMOオートチャージ対応のクレジットカードを利用した「クイックチャージ」と「オートチャージ」のみ使えました。 モバイルPASMOなら、手持ちのクレジットカードを登録すれば、スマホからすぐにチャージでき、残高不足の心配がありません。 さらに、チャージ金額に応じたクレジットカードの決済ポイントも貯まり、現金チャージよりもお得です。 モバイルPASMOに登録可能なクレジットカードは、 VISA、Mastercard、JCB、American Expressです。 PASMOは最低でも初乗り運賃以上の残高がないと、駅の改札機で足止めにあいます。 電車やバスの利用時に残高不足で困った経験がある人は、スマホで即時入金できるメリットを実感しやすいと思います。 さらに、PASMOオートチャージサービスに対応したクレジットカードなら、モバイルPASMOでオートチャージも利用できます。 対象カード登録でオートチャージにも対応 PASMOでは、PASMO・Suicaエリアの駅改札機を通過時に、残高が設定金額未満だと、一定金額が自動的にチャージされる「PASMOオートチャージ」が利用できます。 モバイルPASMOでも同様に、PASMOオートチャージ対応のクレジットカードを登録・設定すれば、モバイルPASMOでもオートチャージが使えます。 パスタウンカード(JCB)• 小田急ポイントクレジットカード• 京王パスポートカード• 京急プレミアポイントカード• 京成カード• 相鉄カード• SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン• TOKYU CARD• Tokyo Metro To Me CARD• 東武カード• 横浜交通hama-eco card• Shonan Card 一部のクレジットカードについては、で、詳細なカードスペックを紹介しています。 よろしければあわせてお読みください。 各種ポイントサービスにも対応 PASMOでは PASMOキャッシュレスポイント還元サービスと、 各事業者が独自に実施するポイントサービスがあります。 いずれもモバイルPASMOでの利用が可能で、カードタイプとほぼ同様に使えます。 PASMOキャッシュレスポイント還元サービス PASMOを使って買い物をした際、対象店舗で2%または5%のポイント還元が受けられます(電車・バス運賃の支払いは対象外)。 キャッシュレスポイント還元サービスを受けるには、事前に専用サイトでメールアドレスの登録と必要事項の入力をします。 会員本登録の入力ページには、PASMOのID番号を入力する欄があります。 モバイルPASMOに登録すると、新しくPASMO IDが発行されるので、モバイルPASMOでもPASMOキャッシュレスポイント還元サービスを利用できます。 ただし、1つのメールアドレスに対して、PASMO IDは一つしか登録できません。 すでにPASMOカードでキャッシュレスポイント還元サービスを利用している方は、別のメールアドレスで登録する必要があります。 各事業者が独自に実施するポイントサービス(例:メトポ) たとえば、東京メトロの「メトロポイントクラブ(メトポ)」のように、PASMO事業者が独自のポイントサービスを実施しているところもあります。 メトポでは、登録したPASMOで東京メトロ線に乗車すると、利用回数や曜日に応じたポイントが貯まります。 メトポはモバイルPASMOでも利用可能です。 東京メトロ駅構内にある水色のICチャージ専用機で、本登録やPASMOカードからの変更手続きをします。 物理的に、カードタイプ以外はポイントの登録や受け取りができない(券売機などにカードを挿入する必要があるなど)仕様だと、モバイルPASMOでポイントサービスの利用は難しいのがデメリットです。 紛失・故障時の再発行手続きがネットでできる カードタイプのPASMOを紛失したとき、記名PASMOとPASMO定期券は再発行が可能です。 PASMO紛失時の再発行手続きの手順は、下記のとおりです。 PASMO(Suica)エリアの駅やバス営業所へ行く• 「PASMOを紛失したので再発行手続きをしたい」と伝える• 申請書に必要事項を記入して提出、本人確認書類(運転免許証など)を提示する• 再発行整理券を受け取る• 再発行登録の翌日から14日以内に、駅やバス営業所へ行く• 係員に再発行整理券を提出、本人確認書類を提示する• デポジット代500円と再発行手数料520円を支払う カードタイプのPASMOは、当日中に再発行ができず、翌日以降に再発行をしに出向く必要がありました。 モバイルPASMOの場合、スマホの紛失や故障時の利用停止や再発行が、ネットから行えます。 PASMO再発行のために、2度も駅やバス営業所まで行く必要がないのは、手間がなく便利です。 ただし、会員登録をしていない無記名タイプでは、再発行や払い戻しができません。 これはカードタイプと同じ仕様です。 PASMO定期券・バス利用者は切り替えのメリットあり モバイルPASMOの利用が向いているのは、 PASMO定期券・バス利用者です。 スマホで定期券の購入・利用ができ、期限が切れる前に券売機や窓口で継続購入する手間が省けます。 また、バス特のポイント・チケット情報がスマホで確認できるため、よくバスを利用する人にも向いています。 一方、モバイルPASMOとモバイルSuicaとの併用が難しい関係で、.

次の

なぜ「モバイルPASMO」はiPhoneに提供されないのか?

モバイル パスモ 定期

「モバイルPASMO」の商標出願が話題となっている。 「商標出願2107-122035」として公開されている情報によれば、「腕時計型携帯情報端末、スマートフォン」などを対象としたもので、いわゆる「モバイルSuica」のようなものとして「おサイフケータイ」や「Apple Pay」として利用可能なものが想定される。 「交通系ICカードは相互乗り入れしているんだし、同じ機能だったらモバイルSuicaだけでいいんじゃないの?」と言われる方もいるかもしれないが、「Suicaで定期券を発行するには通勤区間にJR東日本の路線を挟む必要がある」という制限があり、主に首都圏の私鉄沿線の通勤・通学客にとっては「モバイルSuicaを定期で利用できない」という問題が出てくる。 そのため、おサイフケータイやiPhoneを持っていても、通勤用には別途定期用のICカードを持っていたり、あるいはモバイルSuicaを必要としないようオートチャージを組み合わせて利用するのが一般的だ。 まだ「商標出願」というニュースが駆け巡っただけにもかかわらず、「モバイルPASMO」にこれだけ注目が集まったのは、それだけモバイルSuicaだけでは満足できないユーザーの数がそれなりにいることの証左だろう。 ただ残念ながら、PASMO側では少なくとも現状で「モバイルPASMO」提供に向けて何も進展していないことを公表している。 PASMOは鉄道やバスなど主要各社らが参加するPASMO協議会によって運営されているが、同協議会で2018年7月までの年間広報事務局を担当する西武鉄道に質問を投げてみたところ、下記のような返事が返ってきた。 PASMO(西武鉄道)から返答あり。 「モバイルPASMOの商標登録については計画こそあるものの、現時点では何も進んでいない」「(先行して登録だけを行ったのか?)そういうことになる」 — J j17sf 念のため、PASMOを実際に運用する株式会社パスモの方にも質問してみたが、やはり「現状で何も決まっていない状態」との回答で、商標出願のみが何らかの理由で先行したのが実情のようだ。 筆者が情報源から把握している範囲では、「モバイルPASMO」が提供に二の足を踏んでいる理由がいくつか存在している。 本稿では、これらを順番に整理していこう。 技術的ハードル、「モバイルSuica」とのバッティング まず最初にハードルとなるのが、PASMOやSuicaを含む交通系ICカードの仕様に起因する部分だ。 一般に、日本国内で流通している交通系ICカードの多くは「日本鉄道サイバネティクス協議会(通称:サイバネ協会)」の仕様に準拠しており、ICOCAやTOICAなど違う種類のカードであっても、基本的に同じ仕様でカード内の情報が記述されている。 Suicaの例でいえば、ICカード内のFeliCaチップには「FeliCaポケット」に利用される共通領域のほか、実際にSuicaの処理を行うセキュア領域(専用領域)の2つの領域が存在している。 このSuicaのセキュア領域へのアクセスには「0003」のシステムコードが割り当てられているが、他のサイバネ方式のICカードにおいても同じ「0003」のシステムコードが用いられる。 つまり、SuicaとPASMOを単一のICカードとして利用する場合には問題ないが、同じFeliCaチップ内に両規格のアプリケーション(つまりSuicaとPASMO)を共存させるのは難しい。 次にモバイル対応へ話を移す。 おサイフケータイの例でいえば、最初にモバイルSuicaを端末に登録する際に、内蔵のFeliCaセキュアエレメント内に大量のサイバネ領域(環境によるが容量の半分程度といわれる)を確保し、モバイルSuicaを動作させている。 前述のように、サイバネ領域として確保されたモバイルSuicaは他の交通系ICカードと同じシステムコードを共有しており、モバイルSuicaが導入された時点で、例えば「モバイルPASMO」が共存する余地がなくなる。 つまり、仮に「モバイルPASMO」が存在する場合、それはモバイルSuicaとの排他であり、他の交通系ICカードとの関係も同様だ。 もともとSuicaの仕様をベースに全国展開を行い、モバイル対応など今日の複数サービス混在環境を想定していなかった結果ともいえるが、これがモバイルPASMO導入の最初のハードルとなっている。 この問題の解決方法は現状1つで、「携帯端末への交通系ICカードサービスを登録時にどのサービスを利用するかを最初に選ばせる」しかない。 少しわかりにくいかもしれないが、オンラインチャージや切符購入に使う「モバイルSuica」や「モバイルPASMO」のアプリは共存可能だ。 こちらを仮に「フロントエンド」と呼ぶ。 一方で、電子マネーの根幹を司るFeliCa SE内部のセキュア領域のデータ(アプリケーション)は異なる交通系ICカードサービスで共有領域に存在しており、互いに共存できない。 そのため、モバイルSuicaまたはモバイルPASMO導入時にこのFeliCa SE内のサイバネ領域の利用状況をチェックし、すでに他のサービスに利用されている場合には警告を出したのちに削除するか、操作をキャンセルするしかないというわけだ。 「予算」と「PASMO協議会」の壁 次のハードルが予算の問題だ。 以前に「なぜ券売機や精算機でのモバイル端末でのチャージや精算が行えないのか」という質問をPASMOにしたことがあるが、その回答は「モバイル対応のための専用のシステムを導入する必要がある」というものだった。 つまり、投資に見合っただけのリターンが期待できるかわからないという理由だが、これがモバイルPASMO導入における課題を端的に示している。 2017年3月時点でのJR東日本のSuica発行枚数が6398万枚で、モバイルSuica会員数が444万だ。 現在ではApple Payの国内参入で若干モバイル比率が高まっていると思われるが、この時点でのモバイル比率はわずか7%で、お世辞にも高いとは言いがたい。 少し前のデータだが、で、本稿執筆時点においても2500万枚程度ではないかと推察する。 仮にSuicaほどのモバイル利用率を想定すれば、175万ユーザーということになる。 このユーザー数を対象に「モバイルアプリやバックエンドシステムの開発と運用」を行うわけで、仮にユーザーからの要望があったとして、これが損益分岐点から考えてどうなのかという話になる。 アプリもAndroid向けのおサイフケータイだけでなく、現在ではiPhone対応も考慮しなければいけない。 「1から開発するとペイしない」ということになれば、次に考えられるのは「JR東日本への委託」だ。 実質的に同じ仕組みを利用するため、PASMO協議会参加各社の要望の一部を反映させた形でアプリやサービスを開発し、これを「モバイルPASMO」として提供する。 加盟全社の要望を組み込むのはほぼ不可能なため、折衷案で最大公約数的なものとなるが、少なくとも最低要件である「定期券」の発行などは可能だろう。 ここで問題となるのがやはり「予算」で、委託費がどの程度になるのかという点だ。 ある情報筋の話によれば、PASMO側がJR東日本に同様の提案を行ったところ、PASMO全体ではなく加盟各社ごとに億単位の予算を提示され、導入に二の足を踏んでいるという。 もともとPASMO協議会は加盟各社の合議制であり、体力に余裕がある会社がある一方で、そうでない会社もあるなど、意見を一元的にまとめるのが難しい背景がある。 とはいえ、PASMO側も何らかの検討を進めているのは確かなようだ。 詳細については改めて解説するが、やはり2020年の東京五輪のタイミングを1つのめどに水面下でおサイフケータイを巡る何らかの動きが進んでおり、PASMOもこれに乗る算段をつけているという話も聞く。 いずれにせよ、今年2017年ないし来年2018年のタイミングで「モバイルPASMO」のようなサービスがスタートするのはまだ難しいとみられるが、沿線の方々は落胆せず、もう少しだけ成り行きを見守ってほしい。

次の